助成制度名

地元医師会、行政を交えた顔の見える多職種連携研修会への助成

実施団体

(公財)在宅医療助成 勇美記念財団

関連URL

お問い合わせ先

公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団 助成事業担当:菅野裕子
〒102-0083 東京都千代田区麹町 3-5-1 全共連ビル麹町館
TEL 03-5226-6266 / 050-3559-5401 FAX 03-5226-6269
Mail yuumizaidan@nifty.com

募集ステータス

募集中

募集時期

2018年10月1日~2018年12月7日

対象分野

保健・医療・福祉、まちづくり

対象事業

事業プロジェクト、その他

内容/対象

【基本的な考え方】
・市区町村において在宅医療推進のための多職種のネットワークづくりを目的とします。
・医療系、介護系、行政の参加を基本とし、そのための研修会費用の助成です。

【必須条件】
・医師会(介護または在宅医療担当理事)、および行政担当者が必ず参加していること。
・プログラムにグループワークを組み込むこと。
・地域包括ケアを目的とした在宅医療推進のための多職種連携研修会であること。

【助成内容】
・地元地域の多職種のスキルアップにつながる研修会を開催してください。
・講師(アドバイザー)を招く場合は、地域づくりという点から地元の医師会に依頼をしてください。
・研修会の開催回数は問いません。
・案内チラシ、当日資料等には下記の一文を明記ください。
「助成:公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団」

【助成対象不可】
・一事業所内、特定団体の会員等のみが参加する研修会は助成対象となりません。

【対 象 者】 在宅医療に携わる個人・グループ

【助成総額】 750 万円(1 件あたりの上限 55 万円)

【公募期間】 2018年10月1日(月)~12月7日(金)消印有効

【開催期間】 2019 年 3月~2020 年3月末

応募制限

その他
(1) 医師会(介護または在宅医療担当理事)、行政のどちらも企画側に参加していること。
(2)プログラムにグループワークを組み込むこと。
(3)地域包括ケアを目的として在宅医療推進のための多職種連携研修課であること。
(4)参加費等無料であること。
(5) 在宅医療に携わる個人・グループを対象とします。
(現場で活躍されている方々からの申請を期待しています)
(6) 過去3回以上の助成対象者・共同研究者・グループは、申請多数の場合、新規の申請者を優先的に採択する可能性があります。

応募方法

ホームページからご申請ください。Web 申請が難しい場合は、申請書を印刷し、郵送もしくは、スキャンデータのメール添付による方法にて、事務局まで申請してください。申請書コピーはお手元に控えてください。申請書以外の添付資料の提出はお断りします。

選考方法

選考委員会において公平かつ慎重に審査し、採否を決定します。

決定時期

2月下旬予定

助成金額

助成金総額: 7,500,000円
1件あたりの上限額: 550,000円

昨年度実績

昨年度実績なし

備考

・この助成制度は団体のホームページを参照して、CANPAN運営事務局で入力しているものです。
・詳細は関連URLのリンクより当該団体のホームページにてご確認ください。
  • 戻る