助成制度名

西日本豪雨被害復興支援寄贈プログラム

実施団体

認定NPO法人イーパーツ

関連URL

お問い合わせ先

154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋2-55-8 パレグレイス501
Tel : 03-5481-7369 Fax:03-6805-2728
Mail : info@eparts-jp.org
認定特定非営利活動法人イーパーツ 西日本豪雨復興支援寄贈プログラム

募集ステータス

募集中

募集時期

2018年7月14日~2018年8月31日

対象分野

まちづくり、災害救援、情報化社会、NPO支援、その他

対象事業

組織運営支援、その他

内容/対象

1.寄贈目的、寄贈対象、寄贈条件

寄贈目的
2018年7月の西日本豪雨被害の復旧・復興支援

寄贈対象団体
ボランティア団体、地域づくり団体、NPO法人などの団体
※岡山県、愛媛県、広島県などに事務所をもち市民活動を行なっている団体で、2018年7月に発生した西日本豪雨被害の被害を受けた団体。法人格の有無は問わない。
※「市民活動」とは、市民の自主的な参加による自発的な活動で、営利を目的としない公益性を有する活動とします。
※寄贈対象には社会福祉法人・財団法人・任意団体も含みます。
※以下の団体は、寄贈対象から除かせていただきます。
営利団体、個人
日本国外に位置する非営利団体
医院、病院 、医療研究機関
政府・行政機関・自治会
政治・労働・宗教団体
寄贈PCを再配布する目的の団体

寄贈条件
寄贈の際には、以下にご同意お願い致します。
・寄贈品を2018年7月の西日本豪雨で被害を受けた非営利活動の復旧復興の為に、有効活用して頂けること。
・寄贈品を売却等第三者へ提供しないこと。
・寄贈品はソフトの違法コピー、ソフトの不正使用、ネットワークや他PCへのクラッキング等の公序良俗に反することに利用しない。
・がんばっている様子、PC活用の様子の写真を提出して頂けること。写真は、がんばるNPOとして、「ベストスマイル」に掲載させて頂きます。
・寄贈品の活用報告書を1年後に提出頂けること。
・不要となった場合は、環境保護に配慮し、法律を遵守し正規の手続きで廃棄して頂けること。
・寄贈品の動作保証およびメンテナンス責任は負えません。ただし寄贈後1ヶ月間は初期不良に対してのみ対応させて頂きます。

2.寄贈品

ノートPC
Corei5 2GHz以上、メモリ4GB、HDD160GB程度、モニター12-14inch、無線LAN
・Windows 10、Office 2010 home & business搭載。
・FD/CD-ROM/CD-RW/DVDドライブは原則として付属しおりません。
・バッテリーは消耗品に付き劣化している場合があります。その際はACアダプタで使用して下さい。
1団体3台まで
 
プリンター
brother製インクジェットプリンター(電話付きのものも有)
1団体1台まで
※寄贈品の数には限りがあります。ご了承ください。

応募制限

地域限定、その他
ボランティア団体、地域づくり団体、NPO法人などの団体
※岡山県、愛媛県、広島県などに事務所をもち市民活動を行なっている団体で、2018年7月に発生した西日本豪雨被害の被害を受けた団体。法人格の有無は問わない。
※「市民活動」とは、市民の自主的な参加による自発的な活動で、営利を目的としない公益性を有する活動とします。
※寄贈対象には社会福祉法人・財団法人・任意団体も含みます。
※以下の団体は、寄贈対象から除かせていただきます。
営利団体、個人
日本国外に位置する非営利団体
医院、病院 、医療研究機関
政府・行政機関・自治会
政治・労働・宗教団体
寄贈PCを再配布する目的の団体

応募方法

(1)HP内の西日本豪雨復興支援寄贈プログラムエントリーへ進む
(2)エントリー後、確認メールがお手元に届きます。内容をご確認下さい。内容に修正がある場合は、お手数ですが再エントリーをお願い致します。一番新しいエントリーを受理させて頂きます。
(3)確認メールに従い、被害状況報告書をメールでお送り下さい。
被害状況報告書に被害状況がわかる写真等を貼り付け送付下さい。また、寄贈品の送付先もご記入下さい。

選考方法

寄贈対象の団体であるか、寄贈品の利用法が適切であるか等から選考させて頂きます。

決定時期

寄贈が可能な団体には、エントリー後10日以内にメールにて寄贈の可否についてご連絡させて頂きます。

助成金額

助成金総額:
1件あたりの上限額: なし

昨年度実績

昨年度実績なし

備考

・この助成制度は団体のホームページを参照して、CANPAN運営事務局で入力しているものです。
・詳細は関連URLのリンクより当該団体のホームページにてご確認ください。
  • 戻る