助成制度名

2020年度 芸術創造特別支援事業リーディング・プログラム「YokohamArtLife(ヨコハマートライフ)」

実施団体

関連URL

お問い合わせ先

公益財団法人横浜市芸術文化振興財団 広報・ACYグループ
〒231-0023 横浜市中区山下町2 産業貿易センタービル1F
電話:045-221-0212 ファックス:045-221-0216 メール:yal@yaf.or.jp
受付時間 9:00~17:00 ※平日のみ

募集ステータス

募集中

募集時期

2020年4月17日~2020年6月1日

対象分野

保健・医療・福祉、まちづくり、学術・文化・芸術・スポーツ、人権・平和

対象事業

事業プロジェクト

内容/対象

横浜市と公益財団法人横浜市芸術文化振興財団は、各地域で市民の芸術文化体験を広め、深めていくために、芸術創造特別支援事業リーディング・プログラム「YokohamArtLife(ヨコハマートライフ)」を実施します。
この取組みは、距離や時間、気持ちを理由に少し遠くに感じる“芸術文化”を「もっと身近に、もっと気軽に」に変えていくために、日常的にアートに参加する機会を増やすプログラムです。本活動の趣旨にあわせて、一緒にプロジェクトを実施してくださる団体(法人・実行委員会)を募集します。

1 事業名
 芸術創造特別支援事業リーディング・プログラム「YokohamArtLife(ヨコハマートライフ)」

2 開催支援(助成)対象

(1)対象となる取組み
 横浜ならではの芸術文化体験を生み出すプロジェクト。特に、先進的なもの、もしくは将来的な地域への活動定着を狙った実験的なものを支援します。地域の方々に芸術文化体験を提供する内容であることは必須ですが、プロジェクトの内容、形態は自由です。

(2)提案に必要な考え方
 多様化する社会の中で、あらゆる市民が芸術文化活動に参加できるようにしていくために、戦略的なプロジェクトを構築してください。
 ①「移動が困難である、経済的に参加が厳しい、情報の入手が容易でないなど、何かしらの理由で芸術文化に触れたくても触れることが難しい人」、②「芸術文化に関心がなく芸術文化に触れていない人」がいることを想定します。その方々に芸術文化に触れやすい環境の形成(会場、料金、内容の選定等)、また、情報発信方法や多様な参加動機を生み出す工夫が必要です。

(3)想定する会場
 横浜市内にある広場、公園、学校、歴史的建造物等、地域に住む方の身近に存在する地域ランドマークを実施会場として想定しています。(地域ランドマークの詳しい説明は公募要項をご確認ください)

3 対象団体
 上記趣旨に取り組んでいただける法人または法人が代表となる実行委員会。

4 開催支援額(助成申請額)
 ①継続申請 下限なし~上限 1,000 万円
 ②新規申請 下限 500 万円~上限 1,000 万円

5 応募締切
 2020年6月1日(月)

6 相談会
 2020年4月27日(月)、5月13日(水)、5月15日(金)、5月20日(水)、オンラインで開催。

公募に係る詳細・相談会については、下記ホームページでご確認ください。
>>>https://yokohamartlife.yafjp.org

お問合せ
公益財団法人横浜市芸術文化振興財団 広報・ACYグループ
〒231-0023 横浜市中区山下町2 産業貿易センタービル1F
電話:045-221-0212 ファックス:045-221-0216 メール:yal@yaf.or.jp
受付時間 9:00~17:00 ※平日のみ

応募制限

法人格の有無
上記趣旨に取り組んでいただける法人、または法人が代表となる実行委員会。

応募方法

公募要項ページをご確認の上、申請書等をダウンロードして提出してください。
https://yokohamartlife.yafjp.org/public_offering
応募締切は、2020年6月1日(月)24:00 (*受付はメールのみ)です。

選考方法

専門家による審査会にて、開催支援企画を決定します。
第一次審査として書類審査を行い、その中の優秀提案を第二次審査として面談審査します。
ただし継続申請団体については第二次審査から行います。

決定時期

2020年6月下旬

助成金額

助成金総額:
1件あたりの上限額: 10,000,000円

昨年度実績

応募件数:29件 / うち継続 - 件
助成件数:4件 / うち継続 - 件
助成金総額:32,000,000円 / うち継続 - 円

備考

公募に係る詳細・相談会については、下記ホームページでご確認ください。
>>>https://yokohamartlife.yafjp.org
  • 戻る