助成制度名

平成30年度笹川科学研究助成(実践研究)

実施団体

(公財)日本科学協会

関連URL

お問い合わせ先

公益財団法人日本科学協会 笹川科学研究助成係
〒107-0052 東京都港区赤坂1丁目2番2号 日本財団ビル5F
TEL 03-6229-5365 FAX 03-6229-5369   Email:josei@jss.or.jp
※恐れ入りますが、Yahooメールの使用はご遠慮ください。

募集ステータス

募集終了

募集時期

2017年9月4日~2017年10月16日

対象分野

すべて対象

対象事業

調査・研究

内容/対象

1. 本助成制度の趣旨
(1) 本助成制度は、課題の設定が独創性・萌芽性をもつ研究、発想や着眼点が従来にない新規性をもつ研究を支援します。
(2) とりわけ実践研究部門においては、急速な社会構造の変化に伴って生じる様々な問題の解決に向けた、実践を伴う研究を支援するものです。
(3) 毎年度の研究期間終了後、審査選考を行い、優れた研究成果を挙げた方や、厳しい研究環境のなかで真剣に研究に取り組んだ方など数名に「奨励賞」を授与しています。
(4) 本助成を受けた方が、その成果を国内だけでなく海外にも広めていくことを目的に、研究成果の発表に係る経費の一部を支援する「海外発表促進助成」を設けており、研究者としてのステップアップと、国際的な舞台で活躍する研究者に育つよう応援しています。

2. 助成対象となる研究
A 教員・NPO 職員等が行う問題解決型研究
学校、NPOなどに所属している方が、その活動において直面している社会的諸問題の解決に向け
て行う実践的な研究を求めます。
例)○学校教育現場における新たな学習指導方法の研究
○不登校・引きこもりの自立支援のための研究
○地域のまちづくりのための研究
○よりよい環境や福祉の実現のための研究 など

B 学芸員・司書等が行う調査・研究
学芸員・司書等が博物館や図書館等の生涯学習施設の活性化に資する調査・研究を求めます。
また、所属機関とは別の機関や、大学、自治体などの異分野の機関・施設と連携した研究も歓迎し
ます。
例)○博物館・図書館の活性化に資する研究
○博物館資料・図書館資料に関する基礎的または応用技術的な研究
○博物館・図書館現場における新たな学習教材・教育プログラムの開発・研究
○博物館・図書館の利用者支援に関する研究
○地域特性や地域資源を活用しながら住民との協働により社会貢献が果たせる研究 など

応募制限

その他
教員、学芸員、司書、カウンセラー、指導員、市民活動・地域活動等の専門的立場にある方などで、特に年齢は問いません。なお、非常勤や嘱託等の方は、雇用期間内に調査・研究が終了することを条件とします。

応募方法

申請は本会 Web サイトで行います。E-mail や郵送など、他の方法では受け付けられません。選択
申請方法について詳しくは、本会 Web サイトにある「申請マニュアル」を確認してください。ま
た、NPOについては次の書類を、E-mail に添付(1 通につき3ファイルまで、1 ファイル 10MB
まで)または郵送にて提出してください。
① 会則(規約)あるいは定款
② 過去2年間の事業報告書(決算書を含む)
③ 過去の活動実績がわかるニュースレターやチラシ等

選考方法

学識経験者で構成する笹川科学研究助成選考委員会で、審査選考(金額査定を含む)を行います

決定時期

申請に対する採否の結果は、2018年3月上旬までにメールで通知します。
選考結果に対するお問い合わせには、応じられません。

助成金額

助成金総額:
1件あたりの上限額: 500,000円

昨年度実績

応募件数:124件 / うち継続 - 件
助成件数:30件 / うち継続 - 件
助成金総額:0円 / うち継続 - 円

備考

・この助成制度は団体のホームページを参照して、CANPAN運営事務局で入力しているものです。
・詳細は関連URLのリンクより当該団体のホームページにてご確認ください。
・昨年度実績の助成金総額はホームページに記載がないため、暫定的に「0」を入力しています。
  • 戻る