助成制度名

多摩川およびその流域の環境浄化に関する 基礎研究、応用研究、環境改善計画のための研究・活動助成

実施団体

(公財)とうきゅう環境財団

関連URL

お問い合わせ先

公益財団法人 とうきゅう環境財団
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1−16−14 渋谷地下鉄ビル5階
TEL:03-3400-9142

募集ステータス

募集終了

募集時期

2016年9月1日~2017年1月13日

対象分野

まちづくり、環境保全、子どもの健全育成、農山漁村・中山間地、その他

対象事業

調査・研究、事業プロジェクト

内容/対象

公益財団法人とうきゅう環境財団(理事長 鈴木 克久)は、1975年(昭和50年)より、多摩川およびその流域の環境浄化の促進や自然環境の保全などに必要な調査や試験研究を毎年公募してきています。その結果、これ迄に1,209件(学術研究755件、一般研究454件、14億26百万円)の調査・試験研究のお手伝いをさせて頂きました。 2017年(平成29年)4月からの助成についても、従来と同様、意欲的な調査や試験研究を募集致します。

1.応募資格者
下記研究対象テーマに掲げた調査や試験研究に意欲のある方であれば、どなたでもご応募いただけます。
2.助成研究対象テーマ
① 産業活動または住生活と多摩川およびその流域との関係に関する調査および試験研究
② 排水・廃棄物等による多摩川の汚染の防除に関する調査および試験研究
③ 多摩川およびその流域における水の利用に関する調査および試験研究
④ 多摩川をめぐる自然環境の保全、回復に関する調査、試験研究。
⑤ シンポジウム、音楽会あるいは出版等による環境啓発活動や、歴史的な遺産あるいは社会システムの維持保全・回復運動等、多摩川及びその流域における環境保全や文化の創造に広く寄与するもの。

研究の種別 学 術 研 究
研究の区別 環境問題改善のための調査や試験研究で、専門性が高く、その分野の学識経験を必要とするもの。
1件当りの助成金 総額の上限額 400万円
単年度の助成金上限額  200万円
研究期間 最長2ヶ年
助成対象費目
(1)器具備品費
(2)消耗品費
(3)旅費
(4)謝金
(5)その他
 
研究の種別 一 般 研 究
研究の区別 環境問題改善のための調査や試験研究で、一般の市民が、特別な学識経験を必要とせず取り組めるもの。
1件当りの助成金 総額の上限額 100万円
単年度の助成金上限額  100万円
研究期間 最長2ヶ年
助成対象費目
(1)器具備品費
(2)消耗品費
(3)旅費
(4)謝金
(5)その他

一般研究については、従来からの調査・試験研究に加えて、シンポジウム、音楽会あるいは出版等による環境啓発活動や、歴史的な遺産あるいは社会システムの維持保全・回復運動等、多摩川およびその流域における環境保全や文化の創造に広く寄与すると思われるものも選考の対象といたしますので、奮ってご応募下さい。

応募制限

なし

応募方法

当財団所定の申請書に必要事項を記入、捺印の上、財団宛ご提出下さい。

選考方法

2017年(平成29年)3月に開催予定の当財団選考委員会にて選考のうえ、理事会に諮って最終的に決定します。

決定時期

2017年(平成29年)3月に開催予定の当財団選考委員会にて選考のうえ、理事会に諮って最終的に決定します。

助成金額

助成金総額:
1件あたりの上限額: 2,000,000円

昨年度実績

応募件数:0件 / うち継続 - 件
助成件数:39件 / うち継続 - 件
助成金総額:21,915,510円 / うち継続 - 円

備考

・この助成制度は団体のホームページを参照して、CANPAN運営事務局で入力しているものです。
・詳細は関連URLのリンクより当該団体のホームページにてご確認ください。
・昨年度実績について、応募件数はホームページ上で記載がないため、暫定的に「0」と入力しています。
  • 戻る