助成制度名

ジャパン・プラットフォーム(JPF)「共に生きる」ファンド

実施団体

(特非)ジャパン・プラットフォーム

関連URL

お問い合わせ先

特定非営利活動法人 ジャパン・プラットフォーム 地域事業部 震災担当
〒102-0083 東京都千代田区麹町3-6-5 麹町GN 安田ビル 4F
E-mail: proposal@japanplatform.org FAX: 03-6261-4753
URL: http:// www.japanplatform.org/top.html

募集ステータス

募集終了

募集時期

2017年8月1日~2017年8月8日

対象分野

災害救援

対象事業

事業プロジェクト

内容/対象

◎趣旨
□ 生活の糧や心の糧を生み、地域が主体となった「自立」した社会を支える。
□ 子ども、若者から高齢者まで、さまざまな世代が「共生」できる社会を支える。
□ 地域に根ざした伝統と文化を大切にした、「こころ」の復興を支える。
JPF は、東日本大震災及び福島第一原発事故に起因する被災者の方々の「自立」、「共生」、「こころ」を支えることを目指し、東日本大震災の支援活動のため JPF へお寄せいただいた寄付金を財源として、支援活動に共に取り組む団体(非営利法人)をサポートさせていただきます。また、支援事業の実施にあたっては、支援活動・運営の両面において必要に応じて可能な限り JPF がサポートいたします。

①支援領域
□ 福島県及び福島第一原発事故に起因する被災者を抱える地域
コミュニティ支援、セーフティネット支援、生業支援、コーディネーション・サポート

②重視する活動
□ 社会的弱者、生活困難者、経済的・精神的困窮者を対象とする活動
□ 避難先及び、帰還先でのコミュニティ(地域社会)の保持・再生・形成につながる活動
□ 地域の伝統、・文化・生業の存続につながる活動
□ 放射能汚染からくる不安に向き合う活動
□ 支援者・市民社会が、お互いの活動を補い合うための場づくり、及びネットワーキングを促進する
活動

応募制限

その他
対象団体
□ 応募時点で法人格を取得済の非営利法人であること(任意のボランティアグループや団体等は含みません)。
□ 独立した理事会及び事務局が存在していること。
□ 活動報告に必要な経理を実施できる団体であること。
□ 「共に生きる」ファンドに応募するにあたり組織としての合意・決定を行っていること。
被災地において、地元の非営利法人が支援活動を行うことを優先的にサポートします。

応募方法

所定の申請書に必要事項を記入のうえ、上記全ての書類を JPF 事務局に電子メール(proposal@japanplatform.org)または郵送で申請してください。

選考方法

JPF の審査手続きを経て決定します。

決定時期

2017 年9 月下旬を予定

助成金額

助成金総額:
1件あたりの上限額: 10,000,000円

昨年度実績

応募件数:0件 / うち継続 - 件
助成件数:12件 / うち継続 - 件
助成金総額:56,958,576円 / うち継続 - 円

備考

・この助成制度は団体のホームページを参照して、CANPAN運営事務局で入力しているものです。
・詳細は関連URLのリンクより当該団体のホームページにてご確認ください。
・ 第28回(2017年3月)の実績を記載。応募件数は不明のため暫定的に「0」を入力しています。
  • 戻る