一般社団法人ふらっとーほく

基礎情報

団体ID

1421416536

法人の種類

一般社団法人

団体名(法人名称)

ふらっとーほく

団体名ふりがな

ふらっとーほく

情報開示レベル

★

第三者認証マーク

団体の概要

代表者役職

代表理事

代表者氏名

阿部 結悟

代表者氏名ふりがな

あべ ゆいご

代表者兼職

主たる事業所の所在地

郵便番号

989-2112

都道府県

宮城県

市区町村

亘理郡山元町

市区町村ふりがな

わたりぐんやまもとちょう

詳細住所

真庭南新田1-1

詳細住所ふりがな

まにわみなみしんでん

お問い合わせ用メールアドレス

info@flatohoku.jp

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

0223-36-7637

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

9時00分〜17時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

FAX番号

FAX番号

0223-36-7637

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

連絡可能曜日

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2011年4月1日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2012年1月23日

活動地域

複数県

中心となる活動地域(県)

宮城県

最新決算総額

1,000万円~5,000万円未満

役員数・職員数合計

9名

所轄官庁

所轄官庁局課名

このページの先頭へ

活動概要

活動分野

子ども、地域・まちづくり、環境・エコロジー、災害救援、地域安全、経済活動の活性化、起業支援、就労支援・労働問題、観光、その他

設立以来の主な活動実績

2011年4月 任意団体ふらっとーほく創設、活動開始
東日本大震災で被害を受けた宮城県南部地域において、宮城県南部出身者を中心に「地元をなんとかしたい」という想いから活動を開始

4月 「温泉宿に泊まって、ボランティア」事業を開始(同年7月まで)
地震被災地の温泉街(宮城県蔵王町遠刈田温泉)の観光宿泊客増加と、
津波被災地(宮城県亘理郡亘理町、山元町)への
ボランティア派遣者増加の両立を目指す。日本内外から延べ800 名以上の参加

7月 「企業と被災地を繋ぐツアー事業」の開始
本事業がきっかけとなり、2015年2月まで述べ41社2,076名の企業人材の研修コーディネートを行う。

10月 わたりグリーンベルトプロジェクト開始
亘理町の海岸防災林と農地一体を、地域住民や地元小中高校、企業ボランティアが一丸となって、計画・管理するまちづくりプロジェクト。述べ2,000人以上、地元小中高校7校、55,000㎡以上の海岸林の植栽と管理を実施。

12月 経済産業省ソーシャル・ビジネスノウハウ支援事業支援先に選定
「地域資源を活用した体験プログラム開発(まちフェス)事業」を開始。
延べ70名の事業者や住民へワークショップを実施。山元町の農家と協働して「京子の万能ダレ」の商品化、テストマーケティング実施。

2012年1月 一般社団法人ふらっと―ほく設立
今後の継続的な地域づくりの支援活動を目指して、法人化。

9 月 亘理町にて沿岸部海岸林の基本構想書策定ワークショップを5回実施し、沿岸部海岸林と農地のマスタープランを作成

2013年1月 まちフェス〜伊達ルネッサンス〜を開催
亘理町・山元町・新地町のNPOや市民団体、住民と連携し、地域づくりや地域でのチャレンジの裾野を広げるる取り組み。述べ90人の達人(※地域で得意技を持っていてチャレンジしたい住民)による地域体験のプログラムを実施、800名以上が体験に参加、45人以上の若者コーディネーターが活躍した。

9月 まちフェス〜伊達ルネッサンス〜第2回を開催

2014年1月まちフェス〜伊達ルネッサンス〜第3回を開催
2月 わたりグリーンベルトプロジェクトのNPO法人化支援(同プロジェクトは2015年2月に法人化完了し、事業分割を行う。)

4月 地域プロデューサー養成講座 伊達ルネッサンス塾開講
20-30代向けの「地域をよくしたい」と想いをもった若者たちが半年間、地域と自分の活動をつなげる「マイプラン」を作成し、県南広域(及び福島県県北)でネットワークを広げる取り組み。述べ18 名の塾生が県南広域で学び、塾生同士でチャレンジを互いにサポート。塾生のプラン実施には、延べ420名以上が参加・協力。

8月 宮城県南沿岸部の住民による中間支援機能拡充のための調査、伴奏型支援事業の実施
NPOや住民によるネットワーク会議「山元の未来への種まき会議」「亘理ネットワーク」事務局の支援、各地域団体へのヒアリング調査等を行う。

2015年4月 第2期伊達ルネッサンス塾開講

6月 亘理山元商工会からの委託事業事業 新商店街活性化事業、体験ツアー事業の運営を開始

団体の目的
(定款に記載された目的)

本法人は、東日本大震災からの復興に向けて必要な事業を推進し宮城県南部における復旧・復興を行うことで、被災者の自立を支援することを目的とする。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

本法人は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1)まちづくりの推進を図る活動
(2)観光の振興を図る活動
(3)災害復興活動
(4)環境の保全を図る活動
(5)経済活動の活性化を図る活動
(6)子どもの健全育成を図る活動
(7)職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動
(8)前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡助言又は援助の活動
(9)その他、当法人の目的を達成するために必要な事業

現在特に力を入れていること

現在は、住⺠による自主的な地域活動・事業を創り支える人材を発掘、育成し、人材ネットワークの核となる基盤をつくりだすことを重点活動におく。

「宮城県県南地域及び、福島県北部の一部地域の地域活動・事業の近い将来の担い手」を発掘・育成するために「地域づくりプロデ ューサー養成講座 伊達ルネッサンス塾」を開講している。

今後の活動の方向性・ビジョン

定期刊行物

団体の備考

このページの先頭へ

活動実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

平成23年度:経産省ソーシャルビジネスノウハウ移転事業 ハンズオン事業対象に選出
平成24年度:総務省平成24 年度「緑の分権改革」実証調査事業 14,170,000円
平成24年度:トヨタ財団 東日本大震災特定課題助成 2,600,000 円
平成25年度:宮城県委託事業:亘理町 海岸林 震災後に繁茂している外来種伐採事業: 987,000円
平成25年度: 住友商事 ユースチャレンジプログラム 2,490,000円
平成26年度: ジャパンプラットフォームともに生きるファンド 1,228,000円
平成27年度:ジャパンプラットフォームともに生きるファンド 6,760,452円

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

平成24年度:「まちフェス伊達ルネッサンス」をNPO法人ガーネットみやぎ、NPO法人みらいと等と開催。
平成27年度:亘理山元における地域団体の現状調査事業(山元の未来の種まき会議、NPO法人ガーネットみやぎと協働)

企業・団体との協働・共同研究の実績

平成23年度:株式会社クレアン、株式会社巡の環と「企業と被災地を繋ぐツアー事業」を開始。

行政との協働(委託事業など)の実績

平成24年度:総務省平成24年度「緑の分権改革」実証調査事業
平成27年度:亘理山元商工会 新商店街活性化事業
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

1,000万円~5,000万円未満

会計年度開始月

10月

その他事業の有無

収支報告

<収入の部> 前々年度(平成26年度)決算 前年度(平成27年度)決算 当年度(平成28年度)予算
内訳 会費
 
 
 
寄付金
 
 
 
民間助成金
 
 
 
公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
その他収入
 
 
 
当期収入合計
 
 
 
前期繰越金
 
 
 
<支出の部> 前々年度(平成26年度)決算 前年度(平成27年度)決算 当年度(平成28年度)予算
当期支出合計
 
 
 
内人件費
 
 
 
次期繰越金
 
 
 
備考
 
 
 

収支報告

  • NPO法人会計基準書式の内訳を表示する
  • CANPAN標準書式で表示する
<収入の部> 前々年度(平成26年度)決算 前年度(平成27年度)決算 当年度(平成28年度)予算
内訳 受取会費
 
 
 
受取寄附金
 
 
 
受取民間助成金
 
 
 
受取公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
 
 
 
経常収益計
 
 
 
<支出の部> 前々年度(平成26年度)決算 前年度(平成27年度)決算 当年度(平成28年度)予算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
 
 
 
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
 
 
 
次期繰越正味財産額
 
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 前々年度(平成26年度)決算 前年度(平成27年度)決算
内訳 流動資産
 
 
固定資産
 
 
資産の部合計
 
 
<負債の部> 前々年度(平成26年度)決算 前年度(平成27年度)決算
内訳 流動負債
 
 
固定負債
 
 
負債の部合計
 
 
<正味財産の部> 前々年度(平成26年度)決算 前年度(平成27年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
 
 

貸借対照表

  • CANPAN標準書式で表示する
<資産の部> 前々年度(平成26年度)決算 前年度(平成27年度)決算
内訳 流動資産合計
 
 
固定資産合計
 
 
資産合計
 
 
<負債及び正味財産の部> 前々年度(平成26年度)決算 前年度(平成27年度)決算
内訳 流動負債合計
 
 
固定負債合計
 
 
負債合計
 
 
正味財産合計
 
 
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

理事会

会員種別/会費/数

加盟団体

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
2名
0名
非常勤
0名
3名
無給 常勤
0名
0名
非常勤
3名
1名
常勤職員数
2名
役員数・職員数合計
9名
イベント時などの臨時ボランティア数
12名

行政提出情報

報告者氏名

報告者役職

法人番号(法人格を取得した時の番号)

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

 

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

未実施

監視・監督情報

このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

 

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

前々々年度(平成25年度) 前々年度(平成26年度) 前年度(平成27年度)
決算報告書(活動計算書/収支計算書)
 
 
 
決算報告書(貸借対照表)
 
 
 
決算報告書(財産目録)
 
 
 
事業報告書
 
 
 

予算・事業計画

前々年度(平成26年度) 前年度(平成27年度) 当年度(平成28年度)
予算書類
 
 
 
事業計画書
 
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら