社会福祉法人大崎福祉会

基礎情報

団体ID

1537971812

法人の種類

社会福祉法人

団体名(法人名称)

大崎福祉会

団体名ふりがな

おおさきふくしかい

情報開示レベル

★ ★

第三者認証マーク

団体の概要

 広島県大崎上島町は瀬戸内海に浮かぶ島で、人口は8千人弱、高齢化率は48%、介護保険料は県内一で、後期高齢者の比率25%は全国の推計より45年早い平成22年に既に超えているという、ある意味高齢化の先進地であります。
 本会は、去る昭和62年5月、地域住民の方々、並びに地元行政の多大なるご支援をいただき設立いたしました。爾来、昭和63年に「特別養護老人ホーム大崎荘」を建設し、平成3年より順次在宅福祉サービスを実施してまいりました。また平成11年には島内ふたつ目の特養として「特別養護老人ホーム大崎美浜荘」を建設、各在宅福祉サービス事業を開始し、地域の高齢者福祉のため努力してまいりました。
また平成18年4月に「知的障害者通所授産施設ふれあい工房」(現指定障害福祉サービス事業所ふれあい工房)を開設したことを契機に、高齢者福祉のみならず、当地域の障がい者福祉の充実にも取り組み、微力ながら地域福祉に寄与してまいりました。
 さらに平成21年に訪問看護ステーションの事業開始、平成24年には訪問系サービスと障害福祉サービス双方の拠点となる、「障がい者及び高齢者の在宅サービス複合施設サポートおおさき」の開設、翌平成25年には、「障がい者グループホームひまわり」の事業開始と事業展開をしてきているところでございます。
離島というハンディの中にありながらも、島ならではのお互いの顔の見える関係という特性を活かし、関係各位のご理解とご援助のもと、より充実した福祉活動の推進を目指しております。

代表者役職

理事長

代表者氏名

小田 博

代表者氏名ふりがな

おだ ひろし

代表者兼職

主たる事業所の所在地

郵便番号

725-0303

都道府県

広島県

市区町村

豊田郡大崎上島町

市区町村ふりがな

とよたぐんおおさきかみじまちょう

詳細住所

大串3032番地1

詳細住所ふりがな

おおくしさんぜろさんにばんちいち

お問い合わせ用メールアドレス

osk-honbu@osakifukushikai.jp

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

0846-67-5112

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

8時30分~17時30分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

FAX番号

FAX番号

0846-64-5550

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

8時30分~17時30分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

1987年5月12日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

1987年5月12日

活動地域

市区町村内

中心となる活動地域(県)

広島県

最新決算総額

5億円以上

役員数・職員数合計

215名

所轄官庁

広島県

所轄官庁局課名

このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

 

障がい者、高齢者、福祉

設立以来の主な活動実績

1987(昭和62)年5月12日大崎福祉会設立
1988(昭和63)年4月1日特別養護老人ホーム大崎荘事業開始
1991(平成 3)年4月22日旧木江町デイサービスセンター事業開始
1992(平成 4)年4月1日旧木江町ホームヘルプサービス事業開始
1999(平成 4)年4月1日旧大崎町デイサービスセンター事業開始
1999(平成 4)年4月1日旧大崎町ホームヘルプサービス事業開始
1999(平成 4)年6月1日特別養護老人ホーム大崎美浜荘事業開始
1999(平成 4)年10月1日居宅介護支援事業所大崎荘事業開始
1999(平成 4)年10月1日居宅介護支援事業所大崎美浜荘事業開始
2005(平成17)年5月15日広島県モデル事業ユニバーサルリビング「オレンジハウス」開設
2006(平成18)年4月1日知的障害者通所授産施設「ふれあい工房」事業開始
2009(平成21)年7月1日訪問看護ステーション事業開始
2012(平成24)年5月1日障がい者及び高齢者の在宅サービス複合施設「サポートおおさき」開設
2013(平成25)年4月1日障害者グループホームひまわり事業開始
2016(平成28)年4月18日地域活動支援センターIらんど事業開始
2017(平成29)年4月1日奨学金貸付事業開始
2018(平成30)年10月1日グループホームオレンジハウス事業開始
(広島県モデル事業ユニバーサルリビング「オレンジハウス」から事業形態変更)

団体の目的
(定款に記載された目的)

 当法人は、多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるよう創意工夫することにより、利用者が、個人の尊厳を保持しつつ、自立した生活を地域社会において営むことができるよう支援する。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

特別養護老人ホーム大崎荘の設置経営
特別養護老人ホーム大崎美浜荘の設置経営
大崎荘短期入所生活介護事業所の設置経営
大崎美浜荘短期入所生活介護事業所の設置経営
大崎荘デイサービスセンターの設置経営
大崎美浜荘デイサービスセンターの設置経営
在宅介護支援センターおおさき
居宅介護支援事業所おおさき
ヘルパーステーションおおさき
訪問看護ステーションおおさき
障害福祉サービス事業所ふれあい工房(就労継続支援B型事業・生活介護事業)
障害福祉サービス事業所第2ふれあい工房(就労継続支援B型事業、相談支援事業所)
共同生活援助事業所ひまわり(障害者グループホーム)
地域活動支援センターIらんど
奨学金貸付事業
共同生活援助事業所オレンジハウス(障害者グループホーム)

現在特に力を入れていること

介護・福祉人材の確保については全国的な課題となっているが、特に島嶼部である当地域では、介護、福祉、看護職の人材は枯渇している状況である。本会ではその人材の確保と育成等について特に力を入れているところである。
 看護師や介護福祉士等の養成学校で修学し、将来の当地域における福祉サービスを担う人材を支援することを目的とし、条件付き返済免除型の奨学金の貸付事業を地元行政と協働のもと、立ち上げているところである。また現在島への移住者(Iターン)は増加傾向にあり、このIターン希望者が働きたくなる職場となるように、住まいの支援など様々な対応を行っている。
 人材育成・定着の面では、法人内の研修体系が構築されており、職員の経験年数や役職に応じた研修を法人内で受けられ、職員が成長できる体制がとられている。またメンタルヘルス対策については、法人及び各事業所に、メンタルヘルス推進者を選任してメンタルヘルスに取り組み、職員が働きやすい職場を目指している。

今後の活動の方向性・ビジョン

 本会が持つ機能と役割を十分発揮し、多種・多様化する地域のニーズへの対応と社会的・福祉的支援を必要とする利用者及びその家族へのサービス提供に応える。併せて、地域福祉の拠点として、その役割と使命を果たし、社会・地域の福祉ニーズに即応した事業展開を図る。

定期刊行物

団体の備考

このページの先頭へ

協働実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

企業・団体との協働・共同研究の実績

行政との協働(委託事業など)の実績

このページの先頭へ

財政

最新決算総額

5億円以上

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

会計情報 CANPAN標準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
内訳 会費
 
 
 
寄付金
 
 
 
民間助成金
 
 
 
公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
その他収入
 
 
 
当期収入合計
 
 
 
前期繰越金
 
 
 
<支出の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
当期支出合計
 
 
 
内人件費
 
 
 
次期繰越金
 
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動資産
 
 
固定資産
 
 
資産の部合計
 
 
<負債の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動負債
 
 
固定負債
 
 
負債の部合計
 
 
<正味財産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
 
 

会計情報 NPO法人会計基準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
内訳 受取会費
 
 
 
受取寄附金
 
 
 
受取民間助成金
 
 
 
受取公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
 
 
 
経常収益計
 
 
 
<支出の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
 
 
 
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
 
 
 
次期繰越正味財産額
 
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動資産合計
 
 
固定資産合計
 
 
資産合計
 
 
<負債及び正味財産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動負債合計
 
 
固定負債合計
 
 
負債合計
 
 
正味財産合計
 
 
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

会員種別/会費/数

加盟団体

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
 
 
非常勤
7名
110名
無給 常勤
 
非常勤
 
 
常勤職員数
98名
役員数・職員数合計
215名
イベント時などの臨時ボランティア数

行政提出情報

報告者氏名

報告者役職

法人番号(法人マイナンバー)

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

 

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

社会福祉法人 新会計基準

監査の実施

実施済み

監視・監督情報

このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

 

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

決算報告書
(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表) 決算報告書(財産目録) 事業報告書
2018年度(前年度)
 
 
 
 
2017年度(前々年度)
 
 
 
 
2016年度(前々々年度)
 
 
 
 
2015年度
 
 
 
 
2014年度
 
 
 
 

予算・事業計画

予算書類 事業計画書
2019年度(当年度)
 
 
2018年度(前年度)
 
 
2017年度(前々年度)
 
 
2016年度(前々々年度)
 
 
2015年度
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら