協同組合千葉県若人自立支援機構

基礎情報

団体ID

1818457432

法人の種類

協同組合

団体名(法人名称)

千葉県若人自立支援機構

団体名ふりがな

ちばけんわこうどじりつしえんきこう

情報開示レベル

★ ★ ★ ★

第三者認証マーク

団体の概要

全国で初めての社会福祉法人による協同組合です。
児童養護施設卒園者に対して支援を行う機関は全国でも稀です。
とりわけ、生活資金の貸し付け事業は、法律の規制も厳しく、事業協同組合としたのはそのためでもあります。

代表者役職

理事長

代表者氏名

西網 覺雄

代表者氏名ふりがな

にしあみ かくお

代表者兼職

社会福祉法人鉄研舎理事長・ひかりの子学園施設長

主たる事業所の所在地

郵便番号

260-0842

都道府県

千葉県

市区町村

千葉市中央区

市区町村ふりがな

ちばしちゅうおうく

詳細住所

南町2-17-13南町コーポピアネーゼ402号室

詳細住所ふりがな

みなみちょう みなみちょう

お問い合わせ用メールアドレス

honbu@wakoudo.org

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

043-307-1022

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

10時00分~17時00分

連絡可能曜日

月 金 土 日

備考

FAX番号

FAX番号

043-307-1022

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

連絡可能曜日

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2011年7月10日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2011年8月30日

活動地域

県内

中心となる活動地域(県)

千葉県

最新決算総額

100万円~500万円未満

役員数・職員数合計

9名

所轄官庁

千葉県

所轄官庁局課名

このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

 

青少年、福祉

設立以来の主な活動実績

・児童養護施設在園中の高校生に対し卒園後に向けて3回のシンポジウム開催
・児童養護施設卒園時及び卒園後の若者に対して累計150万円の緊急貸付
・無保証、家電付き、低廉な家賃で2軒の住宅を提供(現在2名入居中)
・虐待養父との親子関係解消など弁護士による支援を4件実施
・在園中の高校生に対し、ホテル、IT企業、老人養護施設へのインターンシップ実施
・卒園時の貯蓄など卒園者の実態調査を実施
・無国籍児童などへの対応ハンドブックを作成

団体の目的
(定款に記載された目的)

働く意欲と能力を持ちながら家庭環境等に起因して適切な処遇を受けられない若者を社会とともに支援していくことを目的とする。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

本機構は、実親の援助を受けられない若者の自立を支援するため、以下の事業を行う。
1) 保証人を要しない低廉な住宅の提供
2) 自立に要する資金の無担保、無保証による低利貸付
3) 無料の職業の紹介
4) 法律専門家による法律相談の提供
5) 各種支援情報の提供
6) 調査・研究

現在特に力を入れていること

就労支援のため、児童養護施設在園中の高校生に対して、インターンシップ事業を行う。

今後の活動の方向性・ビジョン

設立以来3年が経過し、生活資金の貸し付け事業、住宅貸付事業は、一応定着をみました。また、弁護士による支援も一巡したものと思われます。
養護施設卒園者は、就職とともに住まいを同時に確保することが必要なため、社宅付きもしくは寮などがある就職先に限られる傾向がありました。この場合、職を失うと同時に住まいをも失うことになり、生活が極めて不安定となる可能性があります。
住まいはできる限り別に手当するべきですが、現状では20歳未満の者には親の保証が必要で、虐待ケースなどが多い現状では親の支援は望むべくもありません。民間の保証会社も20歳未満の若者に対する保証は受けてくれません。成人年齢の引き下げなどの法制度上の解決を働きかけていくことが必要と考えます。
また、児童養護施設出身者の大学進学率は一般家庭に比べて極めて低い現状が見られます。この点は高額な学費が大きな原因となっているものと考えます。全てを貸与型奨学金でまかなうとすれば、卒業時点で学費、生活費を含めて、少なくとも1000万円以上の借金を負って大学を卒業することになります。このうち学費が占める割合は半分以上と想定されます。学費の減免が重要な課題です。
各団体個人が独力でできることは限られています。各団体個人が連携して社会的制度的な問題を解決していくことが重要と考えています。

定期刊行物

なし

団体の備考

千葉県内の児童養護施設を運営する社会福祉法人等7法人によって設立された協同組合であり、社会福祉法人による協同組合は全国で初めて。設立に当たっては行政当局の法律解釈の無理解などがあり、最終的に厚生労働省の裁定により設立にこぎつけた。
このページの先頭へ

活動実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

2012年タイガーマスク基金より補助金を受ける。

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

なし

企業・団体との協働・共同研究の実績

なし

行政との協働(委託事業など)の実績

なし
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

100万円~500万円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

収支報告

<収入の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
内訳 会費
 
 
 
寄付金
 
 
 
民間助成金
 
 
 
公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
その他収入
 
 
 
当期収入合計
 
 
 
前期繰越金
 
 
 
<支出の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
当期支出合計
 
 
 
内人件費
 
 
 
次期繰越金
 
 
 
備考
 
 
 

収支報告

  • NPO法人会計基準書式の内訳を表示する
  • CANPAN標準書式で表示する
<収入の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
内訳 受取会費
 
 
 
受取寄附金
 
 
 
受取民間助成金
 
 
 
受取公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
 
 
 
経常収益計
 
 
 
<支出の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
 
 
 
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
 
 
 
次期繰越正味財産額
 
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動資産
 
 
固定資産
 
 
資産の部合計
 
 
<負債の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動負債
 
 
固定負債
 
 
負債の部合計
 
 
<正味財産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
 
 

貸借対照表

  • CANPAN標準書式で表示する
<資産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動資産合計
 
 
固定資産合計
 
 
資産合計
 
 
<負債及び正味財産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動負債合計
 
 
固定負債合計
 
 
負債合計
 
 
正味財産合計
 
 
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

会員種別/会費/数

加盟団体

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
 
 
非常勤
 
 
無給 常勤
 
非常勤
8名
1名
常勤職員数
0名
役員数・職員数合計
9名
イベント時などの臨時ボランティア数

行政提出情報

報告者氏名

西網 覺雄

報告者役職

理事長

法人番号(法人マイナンバー)

 

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

 

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

未実施

監視・監督情報

このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

 

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

決算報告書
(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表) 決算報告書(財産目録) 事業報告書
2017年度(前年度)
 
 
 
 
2016年度(前々年度)
 
 
 
 
2015年度(前々々年度)
 
 
 
 
2014年度
 
 
 
 
2013年度

予算・事業計画

予算書類 事業計画書
2018年度(当年度)
 
 
2017年度(前年度)
 
 
2016年度(前々年度)
 
 
2015年度(前々々年度)
 
 
2014年度

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら