カテゴリー

その他

中造工【平成29年11月9日】造船講演と工場見学会を実施しました!

 当会では、日本財団より助成金の交付を受け、次世代を担う子ども達に造船業を通してものづくりの素晴らしさを知ってもらうため、また地域住民の方々には、造船業が地場産業としての重要な産業であることを再確認してもらうために「進水式や造船所の見学会」を行っています。

 平成29年11月9日(木)、唐津市立西唐津小学校3年生の皆さんを対象に、造船講演及び工場見学会を実施しました!
(共催:国土交通省 九州運輸局 佐賀運輸支局)

 見学へ出発する前に、造船講演で船について学習します。皆さん、校外学習の際にフェリーに乗船したそうですが、船は移動手段としてだけではなく、私達の生活に必要な様々な物を運んでいることを理解してもらえたと思います。もちろん、造船所でどのように船が造られているのかも教わりました。
(講演講師:海上技術安全研究所 竹澤 正仁 氏)

 続いて向かったのは、国立唐津海上技術学校。船員さんになるための勉強をする学校です。学校紹介の後、ロープワークや航海シミュレーターの体験をさせてもらい、気分はすっかり船乗りさんです。

 最後は、(株)名村造船所で、実際に船を造っている工場を見学します。
 広大なその敷地は、ヤフオクドーム12個分もあるとのこと!見上げるのが大変なほど巨大なゴライアスクレーンや、様々な形のブロック、完成間近の船など、先ほど教わったことを目の当たりにした子ども達は大興奮です。ドックゲートからは、深くて大きなドックや船尾部分を見下ろすことができ、まるで迫力満点のアトラクションのようでした。
 
 帰りのバスでは、将来の夢を話してくれた皆さん。その夢が叶うよう願いつつ、船の仕事に就く子が出てきてくれたらなおうれしいです。

 講師の先生、見学先の皆様、貴重な経験をありがとうございました!

見学に出発する前に船のことを勉強します

気分は船乗りさん!

唐津市立西唐津小学校3年生の皆さん

投稿者表示名

  • 戻る