カテゴリー

イベント・セミナー情報

イベント・セミナージャンル

経済活動、国際協力・交流、情報化

イベント・セミナーカテゴリー

講演・講座

fincl公開勉強会(6月30日)「新たなイノベーターやディスラプターが金融包摂にもたらす影響とは」

2018年2月貧困者支援協議グループ(CGAP)主催の「金融包摂を推進する民間セクターとの協働:イノベーターやディスラプター、改革者」会合に参加したJICA大石航平氏からのプレゼンと辻一人教授からの講評。同会合には実際に金融サービスを提供するFenixやFacebookが参加し、興味深い議論が交された。
①モバイルマネーやリモートロックアップ技術を活用し、電力や水といったサービスを貧困層へ提供可能にする「デジタルファイナンスプラス」の促進と金融包摂の更なる進展のため、ドナーや開発機関に求められる役割
②小規模農家への金融包摂を進めるうえでの農業バリューチェーンアクターとの連携手法
③FacebookやAlipayのようなSuper-platformが金融包摂にもたらす影響とドナーや開発機関の役割

進行要領:
1)13:30-13:35  講師紹介
2)13:35-14:15 プレゼン 大石 航平氏 JICA
3)14:15-14:45 講評 辻 一人氏 埼玉大学教授/JICA客員専門員
4)14:55-15:55 質疑応答
5)15:55-16:00 結び 田中 和夫 研究会代表

開催日/開催期間

2018年6月30日(土)午後1時30分~4時00分

開催場所

東京都文京区本駒込2丁目12番地13号

施設名

アジア文化会館会議室  http://www.abk.or.jp/access/index.html

申込締切

締切日

2018年6月29日

備考

参加費

無料

定員

50人

申込方法

方法

メールでお申し込みください。

内容

fincl2015@hotmail.comに氏名、所属、本催しに関心をお持ちになった理由を付して、ご連絡ください。担当者より折り返しご連絡いたします。会場の都合にあわせて研究会関係者を除き、先着順で受け付けますのでお早目の応募をお願いします(締め切りの際は、canpan団体ブログ上で終了を明示するとともに、メールでその旨返信いたします)。

備考

お問い合わせ先

主催団体

社会デザイン学会ファイナンシャル・インクルージョン研究会

住所

電話番号

FAX番号

メールアドレス

団体ホームページ

イベントホームページ

投稿者表示名

  • 戻る