カテゴリー

その他

中造工【平成29年12月7日】 進水式・工場見学会に中学生を招待しました!

 当会では、日本財団より助成金の交付を受け、次世代を担う子ども達に造船業を通してものづくりの素晴らしさを知ってもらうため、また地域住民の方々には、造船業が地場産業としての重要な産業であることを再確認してもらうために「進水式や造船所の見学会」を行っています。

 平成29年12月7日(木)、佐伯市立宇目緑豊中学校1年生を対象に、進水式・工場見学会を実施しました!
進水式見学 : 本田重工業(株)
工場見学 : (株)三浦造船所

 本田重工業の進水式会場では、生徒達のために、レッドカーペットが敷かれた一番船に近い特等席が用意されていました!ほぼ真正面から、船が海に滑り降りていく様子を見学することができました。一般のお客さんも多く見学に来ており、関心の高さが伺えました。
 
 三浦造船所では、「ご安全に!」の挨拶で見学会がスタート。鉄板を切断する所から、浮きドックも歩かせてもらい、船台では、クレーンでブロックを搭載する貴重な場面にも遭遇!見所満載の工場見学となりました。
 終わりに従業員さんが、造船所では人手不足が問題になっているとおっしゃっていました。緑豊中学校から、地元・佐伯の造船業を支える生徒が出てきてくれたら大変うれしく思います。

 本田重工業の皆様、三浦造船所の皆様、貴重な経験をありがとうございました!

◎本田重工業 進水船舶主要目◎
船  種 : 石灰石専用運搬船
船  名 : 鉱翔丸
全  長 : 120.50m
幅 : 20.00m
深  さ : 11.40m
総トン数 : 7,300t
載貨重量トン数 : 8,500t

佐伯市立宇目緑豊中学校の皆さん

特等席から進水を見学!

ブロック搭載の貴重な場面

投稿者表示名

  • 戻る