カテゴリー

ボランティア情報

ボランティアジャンル

環境の保全、文化・芸術・スポーツ、まちづくり

ボランティアカテゴリー

野外での活動

11/10,11 あなたの刈った茅が世界遺産の風景の一部になります!          「われらが紡ぐ 白川郷かややねプロジェクト~秋の一斉茅刈り~」参加者募集

日本のすぐれた文化財や自然の風景地などを保全し、利活用しながら次世代につなげていくために活動している当財団は、長いお付き合いをさせていただいている白川村で、「合掌造りの屋根材である茅を刈る人が不足している」という現状を知りました。そこで、白川村と当財団が協働し、白川村の茅刈りをおこなう「白川郷かややねプロジェクト」を立ち上げました。
ぜひご参加ください!

【日程】2018年11月10日(土)・11日(日)
【実施場所】岐阜県白川村
【スケジュール】
10日(土)
        9:00 受付開始
        10:00 レクチャー、茅刈り作業開始
        12:00 昼食(各自持参)
        13:00 作業再開
        17:30 直会(なおらい)
        20:00 終了予定
11日(日)
        9:00 民俗芸能体験プログラム
        12:00 終了予定

【参加費】一般 10日の茅刈り:500円/11日の民俗芸能体験:500円 (材料費、保険代込)
※その他、注意事項などは当財団ウェブサイトをご覧ください。

白川郷かややねプロジェクトは、当財団の「地域遺産支援プログラム」の1つです。 地域遺産の保存をタスクとするのではなく、地域を取り巻く人々が様々なかたちで地域遺産に携わることで営みが生まれ、地域遺産が必要とされ結果として残っていく―。 このような循環が生まれる環境や仕組みを地域とともにつくっていきます。

プログラム内容は「茅刈り」・「直会(交流会)」・「民俗芸能体験」の3つ。 まず茅刈りで十分に体を動かし、他の参加者とコミュニケーションをとりましょう。すぐに打ち解けられます。 夜は地域の方のご厚意で行われる直会に参加。ここでは色々なお話が出来ます。 翌日は、白川村の方から民俗芸能を習います。実際に体を動かしたり、様々なお話を伺いながら、白川村についてより知ることのできる機会です。

今回刈った茅は、来年白川村のどこかの合掌造り民家の屋根材として実際に使用されます。それを想像すると、ちょっと不思議で嬉しくなりませんか。 今回の参加から広がる世界がきっとあります。他の参加者、白川村の美しい風景、茅の文化など、様々な要素があなたを待っています。ぜひ一緒に白川村へ行きましょう!

参加日/参加期間

区分

短期

日付/期間

2018年11月10日(土)、11日(日)

場所

岐阜県白川村

施設名

申込締切

締切日

2018年10月12日

備考

白川村での宿泊予約が取りにくくなっています!必ず宿泊先手配後にお申し込みください。

募集人数

30人(先着順)

申込方法

方法

電話、FAX、メールいずれかでお申し込みください。

内容

申込に際し必要な情報、注意事項などは事前に当財団ウェブサイトをご覧ください。
http://www.national-trust.or.jp/news/index.php?c=event_view&pk=1534753514&type=2

対象・資格・条件

現地までの交通費・宿泊費等は各自負担となります。

備考

お問い合わせ先

主催団体

公益財団法人日本ナショナルトラスト

住所

東京都千代田区麹町4-5 海事センタービル

電話番号

03-6380-8511

FAX番号

03-3237-1190

メールアドレス

団体ホームページ

その他参考URL

投稿者表示名

  • 戻る