助成制度名

「阪急阪神 未来のゆめ・まち基金」第11回市民団体助成プログラム

実施団体

阪急阪神ホールディングス グループ

関連URL

お問い合わせ先

助成事務局:(社福)大阪ボランティア協会 
担当:江渕(えぶち)、椋木(むくのき)
〒540-0012 大阪市中央区谷町2丁目2-20 2F 
市民活動スクエア「CANVAS(キャンバス)谷町」
電話:06-6809-4901(月曜日~土曜日10時~18時)
ファックス:06-6809-4902
メール:office@osakavol.org

募集ステータス

募集中

募集時期

2019年9月2日~2019年10月21日

対象分野

まちづくり

対象事業

事業プロジェクト

内容/対象

■本プログラムの特徴
● 阪急阪神沿線に特化した市民団体助成プログラム
当社グループ発祥の地「阪急阪神沿線」の市町で活動されている市民団体へ助成することで、より地域の発展につながる活動を支援します。

● 助成内容が異なる2つの募集部門
様々な形で市民団体を支援するため、助成金の使途が自由で、使いやすい「団体助成部門」とじっくり長く、活動をサポートする「事業助成部門」という、助成金の使い道・金額・助成期間が異なる2つの募集部門を設定します。

●グループ従業員の募金を基にした助成金
従業員有志の募金による「阪急阪神 未来のゆめ・まち基金」の積立金に、当社が同額を上乗せして助成します。

● 広報PRもお手伝い
沿線情報紙「TOKK」や従業員向け情報誌「ゆめ・まち・みらい」等で団体の活動やイベント情報を広報PRします。

■募集分野
以下の「阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト」の重点領域 (※外部サイトが開きます)のいずれか一つ以上の分野に取り組み、「SDGs」の「4.質の高い教育をみんなに」もしくは「11.住み続けられるまちづくりを」の達成を意識して活動している市民団体を募集します。

●A「地域環境づくり」
地域コミュニティが、安全・安心かつ文化的で環境に配慮しながら発展する、持続可能なまちづくり
●B「次世代の育成」
未来の地域社会を担うこども達が、夢を持ち、健やかに成長する機会づくり

※今年度は、「事業助成部門」の募集はございません。過去に本助成プログラムから助成を受けた団体はご応募できませんので、ご了承ください。

応募制限

設立からの年数
【両部門共通】
阪急阪神沿線を活動フィールドとし、設立から3年以上経過する非営利の市民団体
※詳細は募集要項をご確認ください。

応募方法

団体印または代表者印を押印した「助成申請書(様式1)」と、「助成申請書(様式2)」、その他提出書類を全て揃え、応募書類一式、正本1部を助成事務局(社会福祉法人大阪ボランティア協会)まで、締切日
(10/21(月)※当日消印有効)までに、郵送でご提出ください。持参はできません。

選考方法

選考は、適切な情報提供、社会的課題の解説等のため外部アドバイザーを迎え、次の2段階の方法で実施します。

決定時期

書類選考の結果…2020年1月20日(月)発送
本選考の結果 …2020年2月25日(火)発送

助成金額

助成金総額:
1件あたりの上限額: 500,000円

昨年度実績

応募件数:102件 / うち継続 - 件
助成件数:18件 / うち継続 - 件
助成金総額:11,790,000円 / うち継続 - 円

備考

・この助成制度は団体のホームページを参照して、CANPAN運営事務局で入力しているものです。
・詳細は関連URLのリンクより当該団体のホームページにてご確認ください。
  • 戻る