カテゴリー

イベント・セミナー情報

イベント・セミナージャンル

人権・平和、子ども、保健・医療・福祉

イベント・セミナーカテゴリー

研修・ワークショップ、講演・講座

『ジェンダーと民族が複合する差別―在日コリアン女性自身による実態調査―』(オンライン開催)SJFアドボカシーカフェ

「アプロ女性ネット」は、朝鮮半島にルーツがある在日コリアン女性の団体です。アプロ(앞으로)とは「前へ」「未来へ」という意味です。日本の旧植民地出身者である在日コリアンの歴史は1世紀以上になり、その多くは日本で生まれ育った人たちです。
 しかし、日本社会の根強い民族差別ゆえに、大半の在日コリアンは今も自らの民族名を名乗ることさえできずに生きることを余儀なくされています。さらに、在日コリアン女性は女性差別にもさらされるため、同胞の男性よりも一層の生きづらさを抱えています。
 ところが、これまで日本政府は、国連人権機関からの再三の勧告を無視し、マイノリティ女性に対する複合的な差別の状況―具体的には生活状況や人権状況―の実態調査を怠ってきました。私たちは「当事者がやるしかないという思い」で2004年からこれまで2回、実態調査を行いその結果を公表し、国連にも届けてきました。
 3回目の実態調査は、「子育て」「介護」「コロナと仕事」に焦点をあて、当事者たちの生の声を集めました。これをもとに、国籍や民族的ルーツ、ジェンダーに関係なく、誰もが尊厳を持って生きられる社会をめざし、語り合いましょう。

ゲスト・李月順(りうぉるすん)さん: アプロ・未来を創造する在日コリアン女性ネットワーク(アプロ女性ネット)代表。大阪市生まれの在日3世。関西大学非常勤講師。民族教育ネットワーク共同代表。論文に「民族学校・民族学級における在日コリアン女性保護者の民族教育に関する意識」(『東アジア研究』第68号、大阪経済法科大学アジア研究所、2018年)など。

ゲスト・元百合子(もとゆりこ)さん:  英国リーズ大学および米国コロンビア大学大学院卒業。国連職員、大阪女学院大学教授を経て現在、大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター客員研究員。主要論文に「マイノリティの権利としての母語学習と民族教育権」(国際人権法学会『国際人権』第21号)、「マイノリティ女性に対する複合差別と国際人権条約」(『ジェンダー法研究』第3号)。

ゲスト・梁優子(やんうじゃ)さん:  大阪市立大学人権問題研究センター特別研究員。大阪市立大学創造都市研究科博士後期課程単位取得満期退学。介護施設職員。2009年と16年に女性差別撤廃委員会日本報告審査ロビー活動を行う。「在日女性の労働問題 在日朝鮮人女性実態調査から浮かびあがる複合差別の実態」(大阪府立大学『女性学研究』07年14号)。

開催日/開催期間

2021年7月27日(火) 13:30~16:00  ※受付時間13:00~13:25

開催場所

東京都オンライン開催(都道府県は必須のため仮)

施設名

★オンライン会議システム・Zoomを使用します。インターネットが使用できる端末から参加いただけます。参加方法の詳細は、お申込み者に開催前日までにメールいたします。

申込締切

締切日

2021年7月25日

備考

定員に達し次第しめきります。

参加費

無料  

定員

50名様(先着順)

申込方法

方法

その他

内容

●お申込みフォーム:   https://socialjustice.jp/20210727.html 
 完全事前登録制(このフォームからのみの受け受けとなります)。

備考

★グループ対話セッションや、ゲストとの対話も行う予定です。聞くだけの参加も可能ですが、この対話の場を一緒につくれるよう、お声を出していただけましたら幸いです。ご登壇者以外の参加者さまのお顔は写らないよう初めはこちらで設定いたしますが、グループ対話中は、自主的にお顔を写していただけます。

お問い合わせ先

主催団体

認定NPO法人まちぽっと ソーシャル・ジャスティス基金(SJF)

住所

電話番号

FAX番号

メールアドレス

団体ホームページ

イベントホームページ

投稿者表示名

  • 戻る