助成制度名

第4期協力型助成(国際NGO助成、国際的プログラムに関する助成)募集

実施団体

公益財団法人 自然保護助成基金

関連URL

お問い合わせ先

公益財団法人自然保護助成基金
Tel: 03-5454-1789 Fax: 03-5454-2838
Email: office@pronaturajapan.com
担当: 渡邉

募集ステータス

募集中

募集時期

2018年12月17日~2019年2月1日

対象分野

学術・文化・芸術・スポーツ、環境保全、地域安全、国際協力・交流

対象事業

事業プロジェクト、施設・設備

内容/対象

■国際NGO助成
趣旨ならびに目的
世界各地の自然保護問題の解決のため,海外の地域において、住民や行政組織,民間企 業,科学者等と接点を持ち,既に活動実績のあるNGO団体と当財団が連携し,助成を行うも のです.資金援助だけでなく、プロジェクトの活動に当財団も深く関わり、協力していくこ とでより良い成果が生まれるようサポートしていきます。

応募資格
・国際的に活動を行っているNGO団体で、日本に拠点があること.または,海外拠点がない日本国内のNGO団体で,海外のNGO団体とパートナーシップを結び国際的な活動をしていること.
・日本語でのやり取りが問題なく行えること.
・海外の地域における自然保護活動の豊富な経験を有していること.
・日本の法律に基づく法人格を有していること.
※日本に拠点のないNGO団体は申請できません.

内容
申請団体が実施しているプロジェクトの中で,新たに認識された自然保護問題を解決する ための活動費や調査・研究費の助成を行います. (例)熱帯雨林に生息する希少種の保全と地域住民の持続可能な生活の確保を目指した活動

■国際的なプログラムに関する助成
趣旨ならびに目的
世界各地の多様な生物種,生態系,その基盤となる地形・地質,気候,水文環境は,人類 の活動により破壊が進んでいます.現在,その自然環境を保全すると同時に賢明な利用を行 うことを目指した,様々な国際的プログラムが各地で実施されています(世界自然遺産、ユ ネスコエコパーク,世界/日本ジオパーク,ラムサール条約登録湿地,世界/日本農業遺産 など).
本助成は,このような国際的プログラムの登録地,認定・認証箇所において,プログラム の趣旨に賛同して行われている国内の自然環境保全を目指した活動等を支援します.これら の国際プログラムへの登録,認定,認証を目指している団体の活動に対しても助成を行ない ます. 資金援助だけでなく、プロジェクトの活動に当財団も深く関わり、協力していくことでよ り良い成果が生まれるようサポートしていきます。

対象プログラム
(1)世界自然遺産
(2)ユネスコ「人間と生物圏(Man and the Biosphere)計画」の生物圏保存地域(ユネスコエコパーク)
(3)世界ジオパーク/日本ジオパーク
(4)ラムサール条約登録湿地
(5)世界農業遺産/日本農業遺産
(6)その他,これらに準じた国際的な自然環境保全を目的としたプログラム

対象団体
上記対象プログラム (1)~(6)において,
A. 登録, 認定,認証されている地域の団体
・各地域の管理団体
・各地域で自然環境保全のための活動を行っている団体
・上記の団体のネットワーク組織
B.  登録,認定,認証を目指している地域の団体
・国際プログラムへの登録,認定,認証を目指している地域の管理団体
・各地域における管理団体の立上げまたはネットワーク組織の構築を目指している団体

申請の際,対象団体に該当するか不明な場合は,お問い合わせください.

応募制限

その他
1営利を目的としたもの.
2特定の政党,宗教などの活動の一環として行われるもの.
3他の機関からの委託を受けているもの.

応募方法

募集要項参照

選考方法

自然保護問題に関する有識者から構成される当財団審査委員会で審査の上,理事会にて決 定します.
審査の過程で計画について口頭や書面による説明を求める場合があります.

決定時期

2019 年 3 月 15 日 審査結果公開
審査結果は当財団ウェブサイトで公開します.結果は応募者全員に文書にて通知します.

助成金額

助成金総額:
1件あたりの上限額: 1,000,000円

昨年度実績

昨年度実績なし

備考

・この助成制度は団体のホームページを参照して、CANPAN運営事務局で入力しているものです。
・詳細は関連URLのリンクより当該団体のホームページにてご確認ください。
・昨年度実績は、国際NGO助成・国際的プログラムに関する助成の合計です。
・昨年度実績の応募件数はホームページ上で記載がないため、暫定的に「0」と入力しています。
  • 戻る