助成制度名

第7期協力型助成

実施団体

関連URL

お問い合わせ先

お問い合わせは、以下のお問い合わせフォームよりお願い致します。
https://www.pronaturajapan.com/consultation/index.html#mail

募集ステータス

募集中

募集時期

2021年10月1日~2022年1月5日

対象分野

環境保全

対象事業

調査・研究、事業プロジェクト

内容/対象

本助成は、 当財団が助成金を提供するにとどまらず、独自の視点やネットワークを生かし、継続的な連携も視野に入れ、採択団体とともにプロジェクトの目標達成を目指していく助成プログラムです。
今年度も募集を開始いたしましたので、該当する団体の方はぜひご応募ください。

■スケジュール
募集期間:2021年10月1日~2022年1月5日
助成期間:2022年4月1日~2023年3月31日
※協力型助成で2回以上助成を受けられている方は、助成期間2年間としての申請を受け付けます。

■助成カテゴリーの概要
・学協会助成
わが国及び海外の自然保護のため、日本の学協会の中で、自然保護問題に取り組んでいる専門委員会、ワーキンググループに対し、その活動を支援するためにその研究費、活動費を助成します。

・国際NGO助成
国際NGOと当財団とが連携しプロジェクトの推進をはかる国際NGO助成を実施いたします。申請団体が既に実施しているプロジェクトにおいて、新たに認識された問題を解決するための活動や研究に対して資金を助成します。プロジェクトの計画段階で、金額や助成期間などを当財団職員と内容を協議したうえで、申請していただきます。

・国際的プログラムに関する助成
世界自然遺産、「人間と生物圏」(MAB)計画の生物圏保存地域(ユネスコエコパーク)、ジオパーク、ラムサール条約登録湿地等の登録地や認定箇所において、それらのプログラムの趣旨に賛同して行われている自然環境保全の活動等に対して資金を助成します。

応募制限

その他
・学協会助成・・・日本国内の学協会における、自然保護問題を取り扱う委員会あるいはワーキンググループが行う自然保護活動を支援する助成。団体として申請ください。

・国際NGO助成・・・海外の地域において活動実績のあるNGO団体が行う、地域のステークホルダーと協働して行う自然保護活動に対する助成。日本に拠点のないNGO団体は申請できません。

・国際的プログラムに関する助成・・・国際的な自然保護プログラムのもとに指定された国内の地域における,自然環境保全活動に対する助成。これらの国際プログラムへの登録、認定、認証を目指している団体の活動に対しても助成を行ないます。


応募方法

■募集要項および 申請書類
当財団の協力型助成リンクにアクセスし、各種該当書類のダウンロードの上、期日までに申請書をメールでご提出ください。
https://www.pronaturajapan.com/foundation/teikei/teikei_category.html

選考方法

当財団の第三者委員会(有識者による審査委員会)にて審査の上、理事会にて決定いたします。

決定時期

2022年3月末

助成金額

助成金総額:
1件あたりの上限額: 1,000,000円

昨年度実績

応募件数:7件 / うち継続 - 件
助成件数:3件 / うち継続1件
助成金総額:3,036,000円 / うち継続 - 円

備考

  • 戻る