ライフサポートいちご畑(任意団体)

基礎情報

団体ID

1524536719

法人の種類

任意団体

団体名(法人名称)

ライフサポートいちご畑

団体名ふりがな

らいふさぽーと いちごばたけ

情報開示レベル

★

第三者認証マーク

団体の概要

障害のあるお子さん・ご本人とその保護者の方の支援として、以下のような活動を定期的に行なっています。
・保護者会(月1回・活動歴12年)
・相談会(グループ)(月1回・活動歴12年)
・保護者の為のくつろぎの居場所「かふぇBuddy」(月2~3回・平成29年より)
〜倉敷市・ペアレント・サポートすてっぷさんより、『倉敷市の高梁川流域地域づくり
連携推進事業』の連携先として、同法人運営【うさぎカフェ】のノウハウ移転先として開始〜
・専門機関へのコーディネート(随時・活動歴12年)
・小学生と保護者の余暇活動(いちごの会)(月1回・活動歴8年)
・中・高生の余暇活動と居場所(いちごカフェ)(月1~2回・活動歴3年)
・平成30年西日本豪雨被災地域支援事業『だれかと話そう♥️つながろうプロジェクト』

代表者役職

任意団体 代表

代表者氏名

天野 ひとみ

代表者氏名ふりがな

あまの ひとみ

代表者兼職

岡山県ペアレント・メンター、岡山県発達障害者支援キーパーソン、総社市知的障害者相談員、総社中央公民館浅尾分館長(嘱託)、総社市総社地区社協理事

主たる事業所の所在地

郵便番号

719-1156

都道府県

岡山県

市区町村

総社市

市区町村ふりがな

そうじゃし

詳細住所

門田1382-3

詳細住所ふりがな

もんでん

お問い合わせ用メールアドレス

stberryfarm@gmai.com

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

0866-92-6818

連絡先区分

自宅・携帯電話

連絡可能時間

8時00分~22時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

携帯090-2009-5284も可能

FAX番号

FAX番号

0866-92-6818

連絡先区分

自宅・携帯電話

連絡可能時間

0時00分~23時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2015年4月1日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

 

活動地域

県内

中心となる活動地域(県)

岡山県

最新決算総額

100万円未満

役員数・職員数合計

10名

所轄官庁

その他

所轄官庁局課名

総社市
このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

 

子ども、青少年、障がい者、福祉、保健・医療、教育・学習支援、地域・まちづくり、災害救援、人権・平和、就労支援・労働問題、行政への改策提言

設立以来の主な活動実績

代表者自身も障害児の保護者であり、我が子が6歳から18歳になる現在までに、障害児・者本人にとって必要なこと・保護者にとって必要なことを、活動として実現した結果、12年の間に下記の活動を実施するに至っていました
また、代表者は、元公立中学校の教諭をしていた事もあり、子どもや保護者の方との関わりや相談活動のスキルを持っていた事、放って置けないと感じるところがあった事、守秘義務という感覚を持ち合わせていた事が、この活動を継続できた要因だと思っています。
活動を始めた当初より、総社市の各機関とも連携を取りつつ活動を継続して来たこともあり、相談対象者の方の専門機関への連携もスムースに行く関係を持つことができています。
実際の活動は、以下のようになります。
・障害児保護者の会を毎月1回開催
・障害児保護者の相談活動 随時
・障害児保護者の居場所『かふぇBuddy』毎月3回
・障害のある小学生と保護者のサロン(余暇活動)毎月1回
・障害のある中・高生からの余暇活動と居場所作り(月1~2回)
・平成30年西日本豪雨被災地域支援事業として(ももたろう基金の助成を受けて)
同年9月にイベントを開催(以後3月まで、毎月1~2回のイベントを予定)

団体の目的
(定款に記載された目的)

・総社市と近隣の地域における、障害児・者・家族の支援を、ライフステージ全般において、行なって行くために必要な活動を継続して行く
・障害の診断を持たない児童・生徒、生きづらさを感じている大人にたいしても、必要な活動を継続して行なう
・また、団体を構成するスタッフについても、当該保護者である為、必要に応じて、そのケアにもあたりつつ、団体の目的を実現するために、協働していく
・自分たちがやりがいや、幸せを感じれるということを念頭に置き、やらされ感を持たず、感謝して活動できるような、団体にする

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

活動の3つの柱をおく
1.障がい児・者本人と家族の支援
2.西日本豪雨の被災地域(総社・真備と近隣の地域)での、保護者支援
3.小学校区という限られた地域の中での、保護者支援啓発のための活動
【1.障がい児・者本人と家族の支援ついて】
(1)特別支援保護者会(月一回の定例会)
主に総社市内の特別支援学級保護者・倉敷まきび支援学校保護者を対象にした、任意参加の保護者
集まりを主宰。(茶話会、情報交換会、グループ相談)

(2)保護者の居場所『かふぇBuddy』(お店ではありません)(月1〜3回)
平成29年度11月スタート。『ペアレントサポートすてっぷ』様より、倉敷市の事業において、「う
さぎカフェ」のノウハウを学び開催に至る。
お子さんに 障がいがあったり、発達に不安なところがあったり、幅広い年齢層の保護者を対象に、
幅広く子育てや家族、様々なしんどさを抱えた方の相談の場所になっている。
また、日中の居場所としても、ゆっくりと過ごして活用されたりしている。

(3)本人と家族のための余暇活動
いちごの会(小学生と家族)、いちごカフェ(中学生以上から・家族)、保護者のための余暇活動
月一回、調理、体験、娯楽などの活動を行なっている。
楽しみながら、生活のスキルを上げていくことも、ねらいとしている。
また、子ども本人の交流の機会となるだけでなく、悩みや不安を相談できる場としても、意義を感
ている。
【2.被災地域支援活動について】
発災1ヶ月後の平成30年8月より【だれかと話そう♥️つながろうプロジェクトin Soja】というテー
マのもと、プロジェクトイベントを企画しました。
ねらいは『孤立を防ぐ・話せる機会を作る・くつろげる時と場を提供する』
8月は4回の茶話会を計画しましたが、被災地域の保護者の方々のニーズが把握できておらず、毎回
ミーティングを行い、計画を練る時間に使いました。
【ももたろう基金】の助成が受けられることを知り、プロジェクトイベントを、継続して行う計画
しました。
9月から3月までの7ヶ月、毎月一回のイベントと、随時茶話会を実施していく予定。
記入している時点で、2回を終了し、参加者の感想から効果を実感している。

【3.小学校区内での、保護者支援の啓発活動をして継続する】
公民館の分館と連携して、地域の生涯学習の一環に、障がいへの理解啓発と、子育て支援(特に
家族支援・保護者支援』の必要性について、啓発に努める。また、そのための活動を継続して行う

以上のような事を念頭に、今後も活動を継続していきたい


現在特に力を入れていること

被災後の親子のストレスに留意した活動を継続していく事
保護者の居場所として、活動を継続するとともに、さらなる質の向上や周知に努める事

今後の活動の方向性・ビジョン

定期刊行物

団体の備考

同団体は、ピアサポートの任意団体です
会員制ではなく、どなたでも参加できるという形態をとっています
後継者と次世代へのバトンタッチと人材育成が課題です
このページの先頭へ

協働実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

1.サロン「いちごの会」 総社市社会福祉協議会より、活動助成金 年間24000円(上限)
2.「ももたろう基金」 128000円の助成を決定していただきました

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

平成29年度倉敷市『高梁川流域地域づくり連携推進事業』にて、同市NPO法人『ペアレントサポートすてっぷ』様と連携。『かふぇBuddy』を継続開催中です。

企業・団体との協働・共同研究の実績

実績はありません

行政との協働(委託事業など)の実績

実績はありません
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

100万円未満

会計年度開始月

 

その他事業の有無

会計情報 CANPAN標準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
内訳 会費
 
 
 
寄付金
 
 
 
民間助成金
 
 
 
公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
その他収入
 
 
 
当期収入合計
 
 
 
前期繰越金
 
 
 
<支出の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
当期支出合計
 
 
 
内人件費
 
 
 
次期繰越金
 
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動資産
 
 
固定資産
 
 
資産の部合計
 
 
<負債の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動負債
 
 
固定負債
 
 
負債の部合計
 
 
<正味財産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
 
 

会計情報 NPO法人会計基準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
内訳 受取会費
 
 
 
受取寄附金
 
 
 
受取民間助成金
 
 
 
受取公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
 
 
 
経常収益計
 
 
 
<支出の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
 
 
 
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
 
 
 
次期繰越正味財産額
 
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動資産合計
 
 
固定資産合計
 
 
資産合計
 
 
<負債及び正味財産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動負債合計
 
 
固定負債合計
 
 
負債合計
 
 
正味財産合計
 
 
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

 

会員種別/会費/数

 

加盟団体

 

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
 
 
非常勤
 
 
無給 常勤
 
非常勤
 
 
常勤職員数
 
役員数・職員数合計
10名
イベント時などの臨時ボランティア数

行政提出情報

報告者氏名

 

報告者役職

 

法人番号(法人マイナンバー)

 

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

 

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

 

監査の実施

未実施

監視・監督情報

 
このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

 

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

決算報告書
(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表) 決算報告書(財産目録) 事業報告書
2018年度(前年度)
 
 
 
 
2017年度(前々年度)
 
 
 
 
2016年度(前々々年度)
 
 
 
 
2015年度
 
 
 
 
2014年度
 
 
 
 

予算・事業計画

予算書類 事業計画書
2019年度(当年度)
 
 
2018年度(前年度)
 
 
2017年度(前々年度)
 
 
2016年度(前々々年度)
 
 
2015年度
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら