カテゴリー

その他

【2019年11月19日(火)】三浦造船所の進水式見学会に小学生を招待しました!

当会では、日本財団より助成金の交付を受け、
次世代を担う子ども達に造船業を通してものづくりの素晴らしさを知ってもらうため、
また地域住民の方々には、造船業が地場産業としての重要な産業であることを再確認してもらうために
「進水式や造船所の見学会」を行っています。

2019年11月19日(火)、大分県佐伯市に所在する当会会員造船所 (株)三浦造船所 の進水式見学会に、市内の直川小学校4年生の皆さんと引率の先生合わせて12名を招待しました!

この日は天候に恵まれ、青空の中での進水となりました。
餅撒きや神事も普段はなかなか体験することはできない貴重な経験となったと思います。

多くの人々が長い月日をかけて造り上げた船が初めて海に浮かぶ瞬間を見て、
造船について少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです。

三浦造船所の皆様、貴重な経験をありがとうございました!

◎進水船舶主要目◎
船  名 : 第十一宝生丸
船  種 : 油送船
総トン数 : 550G/T
全  長 : 64.94m
幅 : 10.00m
深  さ : 4.50m

佐伯市立直川小学校4年生の皆様

進水式の前には餅撒きも行われました

進水の様子

投稿者表示名

  • 戻る