特定非営利活動法人デートDV防止全国ネットワーク

基礎情報

団体ID

1059008142

法人の種類

特定非営利活動法人

団体名(法人名称)

デートDV防止全国ネットワーク

団体名ふりがな

でーとでぃーぶいぜんこくねっとわーく

情報開示レベル

★ ★ ★ ★ ★

第三者認証マーク

団体の概要

誰も加害者にも被害者にもならない「デートDVのない社会の実現」を目指して下記の活動を目的に、全国でデートDV防止や支援に関わる活動をしている機関、団体、個人がつどい連携するための機関です。
(1)デートDV予防教育の普及
(2)政策提言とそれに向けてのロビーイング等
(3)デートDV当事者支援のための連携(周辺分野とも情報共有し連携する)
(4)実態調査や効果測定などの調査研究
(5)情報共有、連携のためのフォーラム、シンポジウム等の開催
(6)啓発活動(HPの運営等)

代表者役職

代表理事

代表者氏名

山口 のり子

代表者氏名ふりがな

やまぐち のりこ

代表者兼職

アウェア代表

主たる事業所の所在地

郵便番号

221-0834

都道府県

神奈川県

市区町村

横浜市神奈川区

市区町村ふりがな

よこはましかながわく

詳細住所

台町11-26-103

詳細住所ふりがな

だいまち

お問い合わせ用メールアドレス

ddvbousinet@yahoo.co.jp

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

045-323-1818

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

10時00分~18時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

FAX番号

FAX番号

045-755-7007

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

10時00分~18時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

FAXは24時間365日受信可

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2018年8月26日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2018年11月1日

活動地域

全国

中心となる活動地域(県)

東京都

最新決算総額

100万円未満

役員数・職員数合計

16名

所轄官庁

横浜市

所轄官庁局課名

横浜市市民活動支援課
このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

子ども

 

保健・医療、教育・学習支援、人権・平和、男女共同参画

設立以来の主な活動実績

若い命が交際相手によって奪われるという悲しい事件が後を絶ちません。その多くの背景には、デートDVがあると思われますが、「デートDV」という言葉で報道されることはありません。しかし実際には各調査でも、交際経験のある若者の約3割が何らかの被害を経験していることがわかっています。デートDV は誰にとっても、とても身近な問題であり、決して他人事ではありません。
デートDVと「交際相手に対して心とからだへの暴力をふるうこと、相手を自分の思い通りにコントロールすること」です。デートDVは、将来の夫婦やパートナー間のDV、性暴力、予期しない妊娠、面前DVを含む児童虐待、暴力や貧困の連鎖などさらなる問題を引き起こします。今、全国各地で広がる予防教育をさらに確実に子どもたちに届けることが、デートDVだけでなく、様々な社会の問題を解決していくことにもつながります。
そのために、このたび、全国でデートDV防止や支援に関わる活動をしている機関、団体、個人がつどい、「デートDV防止全国ネットワーク」を立ち上げました。私たちは、誰も加害者にも被害者にもならない「デートDVのない社会の実現」を目指して下記の活動を目的に、特定非営利活動法人デートDV防止全国ネットワークを設立します。

【代表理事・山口のり子プロフィール】
差別のない、ひとりひとりの人権が尊重される社会を目指して日本及び海外で活動する。シンガポールではDVやセクシャル・ハラスメント被害者支援、及び裁判支援に関わる。ロサンゼルスではDV加害者プログラムを実施するためのトレーニングを受け、帰国後2002年に「アウェア」を開設してDV加害者向け教育プログラムを始める。2003年に「デートDV」という言葉を日本で初めて使って本を出版し、若者向け防止教育に取り組む。DVとデートDVについて講演・執筆するとともに、プログラム実施者の養成をしている。

団体の目的
(定款に記載された目的)

全国でデートDV防止や支援に関わる活動をしている機関、団体、個人に対して、予防教育の普及を促進するための調査研究や政策提言、当事者支援のための連携、啓発活動等に関する事業を行い、デートDVのない社会の実現に寄与することを目的とする。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

(1)デートDV予防教育の普及事業
(2)政策提言とそれに向けてのロビーイング
(3)デートDV当事者支援のための連携事業
(4)実態調査や効果測定などの調査研究
(5)会員同士の情報の共有、連携のためのフォーラム、シンポジウム等の開催
(6)啓発活動
(7)その他、目的を達成するために必要な活動

現在特に力を入れていること

・デートDV予防教育の普及事業
・会員同士の情報の共有、連携のためのフォーラム、シンポジウム等の開催

今後の活動の方向性・ビジョン

デートDVは恋人間で起きる暴力のことで、山口のり子が2003年に初めて使った言葉です。暴力に名前が付くことで、それまで気づかなかった人に知らせること、そしてそれに対して「嫌だ」と言っていいことを伝えることができます。デートDVというキーワードで、子どもたちに予防教育を普及することで、そこに続いておきてくるDVや虐待も減らしていけると考えます。
これまで15年間、全国各地で様々な団体や行政機関が、デートDV予防教育を提供してきました。しかし、ネットワークがありませんでした。今ここに、デートDV防止全国ネットワークとして繋がることで、予防教育の効果を立証し、10代のうちにすべての子どもが予防教育を受けることが状態を目指していきます。

同時に、10代ですでにデートDVが起きているという現状があります。恋人から暴力を受け続けながらも、別れられず、ついに妊娠する高校生。自分も母親が17歳の時の子どもだからきっと大丈夫だと言っては退学していく。ひとり親家庭の子どもがまた若年出産し、ひとり親となり経済的に困窮していく。暴力をふるう生徒の家庭にもやはりDVや虐待がもともとあることもあります。予防と同時に、デートDVを早期に発見し、適切に対応する支援体制を構築することも必要です。デートDVの背景には、家庭でのDVや虐待、貧困、精神疾患など様々な課題があることが多いため、様々な分野の専門機関が連携することも必要です。

デートDV防止全国ネットワークとして、予防教育を普及し、様々な周辺分野と連携し支援体制を構築していきます。予防教育の普及と支援体制の構築を推進することで、デートDVがない社会、さらに、DVや虐待、貧困の連鎖も断ち切る社会を創ることを目指します。

定期刊行物

団体の備考

このページの先頭へ

協働実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

2019年度 日本財団預保納付金事業「デートDV予防教育普及のための組織基盤づくり事業」6,770千円

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

実績なし

企業・団体との協働・共同研究の実績

実績なし

行政との協働(委託事業など)の実績

実績なし
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

100万円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

会計情報 CANPAN標準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
内訳 会費
 
347,000円
400,000円
寄付金
 
25,980円
100,000円
民間助成金
 
0円
6,770,000円
公的補助金
 
0円
 
自主事業収入
 
0円
320,000円
委託事業収入
 
0円
0円
その他収入
 
0円
0円
当期収入合計
 
372,980円
7,590,000円
前期繰越金
 
337,932円
337,932円
<支出の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
当期支出合計
 
35,048円
7,590,000円
内人件費
 
0円
1,440,000円
次期繰越金
 
337,932円
337,932円
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動資産
 
420,932円
固定資産
 
0円
資産の部合計
 
420,932円
<負債の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動負債
 
83,000円
固定負債
 
0円
負債の部合計
 
83,000円
<正味財産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
 
337,932円

会計情報 NPO法人会計基準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
内訳 受取会費
 
347,000円
400,000円
受取寄附金
 
25,980円
100,000円
受取民間助成金
 
0円
6,770,000円
受取公的補助金
 
0円
 
自主事業収入
 
0円
320,000円
(うち介護事業収益)
 
0円
0円
委託事業収入
 
0円
0円
(うち公益受託収益)
 
0円
0円
その他収益
 
0円
0円
経常収益計
 
372,980円
7,590,000円
<支出の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
内訳 事業費
 
0円
4,020,000円
(うち人件費)
 
0円
1,440,000円
管理費
 
35,048円
2,130,000円
(うち人件費)
 
0円
0円
経常費用計
 
35,048円
7,590,000円
当期経常増減額
 
337,932円
0円
経常外収益計
 
 
0円
経常外費用計
 
 
0円
経理区分振替額
 
 
0円
当期正味財産増減額
 
 
0円
前期繰越正味財産額
 
337,932円
337,932円
次期繰越正味財産額
 
337,932円
337,932円
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動資産合計
 
420,932円
固定資産合計
 
0円
資産合計
 
420,932円
<負債及び正味財産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動負債合計
 
83,000円
固定負債合計
 
0円
負債合計
 
83,000円
正味財産合計
 
337,932円
負債及び正味財産合計
 
420,932円
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

総会

会員種別/会費/数

正会員23人、賛助会員 個人14口 団体9口

加盟団体

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
0名
1名
非常勤
0名
0名
無給 常勤
0名
0名
非常勤
15名
0名
常勤職員数
1名
役員数・職員数合計
16名
イベント時などの臨時ボランティア数
10名

行政提出情報

報告者氏名

山口 のり子

報告者役職

代表理事

法人番号(法人マイナンバー)

9020005013912

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

NPO法人会計基準

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

実施済み

監視・監督情報

このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

入会申込書

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

決算報告書
(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表) 決算報告書(財産目録) 事業報告書
2018年度(前年度)
2017年度(前々年度)
 
 
 
 
2016年度(前々々年度)
 
 
 
 
2015年度
 
 
 
 
2014年度
 
 
 
 

予算・事業計画

予算書類 事業計画書
2019年度(当年度)
2018年度(前年度)
2017年度(前々年度)
 
 
2016年度(前々々年度)
 
 
2015年度
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら