CFS(慢性疲労症候群)支援ネットワーク(任意団体)

基礎情報

団体ID

1174236867

法人の種類

任意団体

団体名(法人名称)

CFS(慢性疲労症候群)支援ネットワーク

団体名ふりがな

しーえふえすまんせいひろうしょうこうぐんしえんねっとわーく

情報開示レベル

★ ★ ★ ★

第三者認証マーク

団体の概要

医療、福祉等の専門家や関係団体相互の情報交換と連携を図り、ME(筋痛性脳脊髄炎)/CFS(慢性疲労症候群)患者の生活の安定と向上に寄与することを目的とする非営利団体です。

代表者役職

会長

代表者氏名

石川 真紀

代表者氏名ふりがな

いしかわ まき

代表者兼職

主たる事業所の所在地

郵便番号

030-0842

都道府県

青森県

市区町村

青森市

市区町村ふりがな

あおもりし

詳細住所

浦町奥野332-6

詳細住所ふりがな

うらまちおくの

お問い合わせ用メールアドレス

cfs-sprt.net@outlook.jp

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

070-4153-0210

連絡先区分

自宅・携帯電話

連絡可能時間

10時00分~18時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

FAX番号

FAX番号

-

連絡先区分

-

連絡可能時間

-

連絡可能曜日

-

備考

-

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2014年11月3日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

 

活動地域

全国

中心となる活動地域(県)

青森県

最新決算総額

100万円~500万円未満

役員数・職員数合計

8名

所轄官庁

所轄官庁局課名

このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

 

子ども、青少年、障がい者、福祉、保健・医療、教育・学習支援、地域・まちづくり、環境・エコロジー、人権・平和、就労支援・労働問題

設立以来の主な活動実績

CFSに苦しむ患者の生活の安定と向上に寄与することを目的に、医師、行政、医療ソーシャルワーカー、社会保険労務士、相談員、患者本人等によるCFS支援ネットワークを構築し各種取り組みを行っている。情報共有のため、Facebook、メールマガジン等で日々発信をしている。

2014年11月 CFS支援ネットワーク設立記念講演会・シンポジウム
2015年2月 世界希少・難治性疾患の日 RDD2015福岡に出展
2015年5月 山口交流会 協力:山口県難病相談支援センター
2015年5月 ME/CFS世界啓発デー 啓発イベント ≪青森・秋田・岩手≫
2015年12月 CFS市民公開セミナー&大阪交流会
2016年5月 ME/CFS世界啓発デー 啓発イベント ≪青森・岩手・北海道≫
2016年7月 弘前医療福祉大学保健学部看護学科にてCFSの講義
       「看護職を目指すあなたへのメッセージ~CFSという病気を抱えて~」
2016年10月 青森県立保健大学学校祭にて疾患理解のためのパネル展示
2017年4月 神戸市において患者交流会
2017年5月 ME/CFS世界啓発デー 啓発イベント ≪青森・岩手≫
2017年6月 静岡県において患者交流会
2018年1月 厚生労働省・文部科学省に衆議院第二議員会館において要望書提出
2018年5月 ME/CFS世界啓発デー 啓発イベント ≪青森・弘前・静岡・神戸・福岡・岩手≫
2018年9月 ME/CFS宮城勉強会・交流会
2018年10月 青森県保健大学大学祭にて疾患啓発のためのブース出展
2018年10月 東京交流会
2019年3月 福岡交流会
2019年4月 関係省庁(厚生労働省、文部科学省、国土交通省、消費者庁)との懇談会
2019年5月 第1回ME/CFS症例検討会
       ME/CFS世界啓発デー 啓発イベント ≪青森・大阪・神戸・福岡・岩手≫
2019年7月 青森交流会
2019年8月 クラウドファンディング 全国の保健所や関係機関に慢性疲労症候群の本を届ける企画
       達成金額 2,045,500円
2019年7月 クラウドファンディング 世界啓発デーイベント開催支援
       達成金額 354,000円
2019年8月 厚生労働省へ要望書提出
       ①総合診療医を中心とした診療ネットワーク構築のための研究班の設置
       ②47都道府県に1か所、地域の基幹病院にME/CFS診療拠点を設置
       ③厚生労働省の公式サイト内に、ME/CFSの科学的かつ客観的な情報提供
       厚生労働省及び国会議員との懇談会
       東京都議会都民ファーストの会との懇談会
2019年9月 日本プライマリケア連合学会東北ブロック支部学術集会 
       啓発ブース出展 
2020年2月 東京都難病相談センター訪問
2020年8月 オンライン交流会

団体の目的
(定款に記載された目的)

CFS(慢性疲労症候群)は診断・治療ができる医療機関が極めて少なく、また、病気の認知度が低いことから周囲から病気のことを理解されない状況ともなっている。これらを打破するには、医療・福祉・行政・社労士等が横につながり、専門の知識と経験をもとにしたネットワークによる包括的な支援が必要である。多くの人にCFSについて正しく理解してもらうとともに、診断基準の普及と、患者が今以上に身近で専門の医療が受けられる環境づくりを整え、今以上に患者の生活が改善することを目的として各種の取り組みを行う。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

1 CFS診断基準の普及、診療拡大のための活動
2 医療系学生、福祉系学生を対象とした講義と研修会の開催 3 医師、保健師、看護師、医療ソーシャルワーカー、福祉関係者、行政関係者、社会保険労務士など専門家の情報共有のための活動
4 CFSに関するシンポジウムの開催と啓発活動
5 ホームページやフェイスブック、チラシ媒体などを活用した情報発信
6 CFSに関する事項の取りまとめと行政機関への要望活動
7 その他本会の目的を達成するための活動

現在特に力を入れていること

ME/CFS世界啓発デーイベントの実施
全国各地での医療講演会・交流会の実施
自治体との協働
Facebook等SNSを利用した情報発信
小児CFS患者の支援

今後の活動の方向性・ビジョン

ME/CFS世界啓発デーイベントを継続して実施し、病気の正しい認知を広めるとともに、早期発見・早期治療につなげる。全都道府県でCFSの診断・治療が受けられるような医療体制の整備を求める。

定期刊行物

団体の備考

このページの先頭へ

協働実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

2014年 株式会社ユニバース 愛のチャリティ募金 物品支援をいただきました。
2015年 青森市社会福祉協議会 事業支援助成
2016年 ろうきん愛の預金助成金
2016年 青森市社会福祉協議会助成金
2017年 青森市社会福祉協議会助成金
2018年 青森中央ライオンズクラブより寄付金
2018年 青森市社会福祉協議会助成金
2019年 青森市社会福祉協議会助成金
2020年 公益財団法人木口福祉財団 2020年度地域福祉振興助成
     公益財団法人 日本社会福祉弘済会

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

2015年5月 看護の日特別講演 
      「慢性疲労症候群の病因・病態と疲労に陥るメカニズム」 
       厚生労働省CFS研究班 倉恒弘彦先生」
       共催:青森中央学院大学看護学部
2015年12月 市民公開講座
       慢性疲労症候群の最新情報/中富康仁医師、倉恒弘彦医師
       慢性疲労症候群のための認知行動療法/臨床心理士・藤江里衣子氏
       慢性疲労症候群と障害年金/社労士・阿部敬太氏 
       共催:厚生労働省「慢性疲労症候群」研究班
2016年10月 市民公開講座
      「慢性疼痛・疲労の医療講演会in青森」東京リウマチペインクリニック院長岡寛医師
       共催:NPO法人線維筋痛症友の会東北支部
2016年12月 ME/CFS公開市民講座
       協働:AMED ME/CFS研究班
2018年5月 第14回日本疲労学会学術集会 市民公開講座
      「筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群 (ME/CFS)」
       共催:日本疲労学会
2018年12月 NPO法人あおもりダイバーシティに講師派遣
2018年12月 日本在宅看護学会学術集会交流集会
      「慢性疲労症候群の患者の在宅ケアについて」講師派遣
2019年8月 難病相談支援センターと保健所への慢性疲労症候群認知度調査
       調査協力:青森県立保健大学 社会福祉学部 石田賢哉教授
2020年5月 線維筋痛症・慢性疲労症候群 医療講演会(後日ネット配信)
       共催:線維筋痛症友の会

企業・団体との協働・共同研究の実績

2015年5月 ME/CFS世界啓発デー ライトアップイベント、パネル展、≪青森、秋田、岩手≫
      共催:外旭川サテライトクリニック、独立行政法人国立病院機構盛岡病院
2016年5月 看護の日特別講演 化学物質過敏症、慢性疲労症候群の医療講演会
     共催:国立病院機構盛岡病院
2018年10月 青森県立保健大学大学祭において疾病理解のためのパネル展示
2019年8月 厚生労働省へ要望書提出
       参加団体:CFS(慢性疲労症候群)支援ネットワーク
            慢性疲労症候群患者交流会新潟
            筋痛性脳脊髄炎患者会笑顔の花びら集めたい(岐阜)
            北海道ME/CFS幸せたんぽぽの会
2019年10月 青森県立保健大学大学祭において疾病理解のためのパネル展示

行政との協働(委託事業など)の実績

2015年5月 山口交流会 
       協力:山口県難病相談支援センター
2016年12月 大阪維新の会大阪市会団との懇談会
2017年1月 公明党青森市議会議員団との懇談会
2017年4月 大阪市と懇談会
2017年4月 神戸市と懇談会
2017年6月 静岡県と懇談会
2017年10月 大阪難病医療相談会分科会「ME/CFSについて」
       ナカトミファティーグケアクリニック院長 中富康仁先生   
       主催:大阪府・大阪難病連・大阪難病相談支援センター
       共催:NPO法人線維筋痛症友の会関西支部との共催による市民公開講座
2018年1月 衆議院議員会館にて国会議員との勉強会
       協力:衆議院議員9名、参議院議員5名、元衆議院議員1名
2018年1月 講演会「知っていますか?慢性疲労症候群」
       講師:CFS支援ネットワーク会長 石川真紀
          関西福祉大学教授 倉恒弘彦
       主催:静岡県
2018年5月 青森県議会議員と懇談会
2018年5月 福岡県知事表敬訪問及び要望書提出、並びに福岡県庁職員・福岡県議会議員との懇談会
2018年12月 神戸市と懇談会
2018年12月 大阪府と懇談会
2019年4月 関係省庁(厚生労働省、文部科学省、国土交通省、消費者庁)との懇談会
2019年8月 厚生労働省及び国会議員との懇談会、東京都議会都民ファーストの会との懇談会
2020年2月 東京都難病相談支援センター訪問、東京都議会都民ファーストの会との懇談会
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

100万円~500万円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

会計情報 CANPAN標準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算 2020年度(当年度)予算
内訳 会費
158,000円
134,000円
 
寄付金
76,571円
919,094円
 
民間助成金
150,000円
69,447円
 
公的補助金
0円
50,000円
 
自主事業収入
709,710円
2,187,385円
 
委託事業収入
0円
0円
 
その他収入
171,705円
4円
 
当期収入合計
1,768,220円
3,701,404円
 
前期繰越金
502,234円
341,474円
 
<支出の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算 2020年度(当年度)予算
当期支出合計
1,426,746円
2,659,418円
 
内人件費
0円
0円
 
次期繰越金
341,474円
1,041,986円
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算
内訳 流動資産
 
 
固定資産
 
 
資産の部合計
 
 
<負債の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算
内訳 流動負債
 
 
固定負債
 
 
負債の部合計
 
 
<正味財産の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
 
 

会計情報 NPO法人会計基準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算 2020年度(当年度)予算
内訳 受取会費
158,000円
134,000円
 
受取寄附金
76,571円
919,094円
 
受取民間助成金
150,000円
69,447円
 
受取公的補助金
0円
50,000円
 
自主事業収入
709,710円
2,187,385円
 
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
0円
0円
 
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
171,705円
4円
 
経常収益計
1,768,220円
3,701,404円
 
<支出の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算 2020年度(当年度)予算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
1,426,746円
2,659,418円
 
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
502,234円
341,474円
 
次期繰越正味財産額
341,474円
1,041,986円
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算
内訳 流動資産合計
 
 
固定資産合計
 
 
資産合計
 
 
<負債及び正味財産の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算
内訳 流動負債合計
 
 
固定負債合計
 
 
負債合計
 
 
正味財産合計
 
 
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

理事会

会員種別/会費/数

正会員/3千円/40人
賛助会員/3千円/71人
団体会員/1万円/1

加盟団体

一般社団法人 日本難病・疾病団体協議会、一般社団法人青森県難病団体連絡協議会

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
0名
0名
非常勤
0名
0名
無給 常勤
4名
1名
非常勤
3名
0名
常勤職員数
 
役員数・職員数合計
8名
イベント時などの臨時ボランティア数
30名

行政提出情報

報告者氏名

報告者役職

法人番号(法人マイナンバー)

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

 

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

実施済み

監視・監督情報

このページの先頭へ

年度別添付資料

決算・事業報告

決算報告書
(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表) 決算報告書(財産目録) 事業報告書
2019年度(前年度)
 
 
2018年度(前々年度)
 
 
2017年度(前々々年度)
 
 
 
 
2016年度
 
 
 
 
2015年度
 
 
 
 

予算・事業計画

予算書類 事業計画書
2020年度(当年度)
2019年度(前年度)
2018年度(前々年度)
 
 
2017年度(前々々年度)
 
 
2016年度
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら