特定非営利活動法人D×P

基礎情報

団体ID

1216038453

法人の種類

特定非営利活動法人

団体名(法人名称)

D×P

団体名ふりがな

でぃーぴー

情報開示レベル

★ ★ ★ ★ ★

第三者認証マーク

NPO法人会計力検定

認証日:2019年5月16日

団体の概要

D×P(ディーピー)は、通信・定時制高校の高校生を支援するNPOです。
高校生に、「人とのつながり(社会関係資本)」と「できたと思える経験(成功体験)」の2つを届けています。通信・定時制高校に特化した授業「クレッシェンド」や、定時制高校のなかにある食事提供を兼ねたカフェ「いごこちかふぇ」、高校生の挑戦の機会をつくる「チャレンジプログラム」などを運営しています。

代表者役職

理事長

代表者氏名

今井 紀明

代表者氏名ふりがな

いまい のりあき

代表者兼職

主たる事業所の所在地

郵便番号

540-0032

都道府県

大阪府

市区町村

大阪市中央区

市区町村ふりがな

おおさかしちゅうおうく

詳細住所

天満橋京町1−27 ファラン天満橋33号室

詳細住所ふりがな

てんまばしきょうまち ふぁらんてんまばし

お問い合わせ用メールアドレス

info@dreampossibility.com

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

06-7222-3001

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

10時00分~17時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

FAX番号

FAX番号

-

連絡先区分

-

連絡可能時間

-

連絡可能曜日

-

備考

-

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2010年3月9日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2012年6月27日

活動地域

複数県

中心となる活動地域(県)

大阪府

最新決算総額

1,000万円~5,000万円未満

役員数・職員数合計

10名

所轄官庁

大阪市

所轄官庁局課名

このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

 

子ども、福祉、教育・学習支援

設立以来の主な活動実績

◆通信制高校生向けキャリア教育プログラム「クレッシェンド」事業
“「できない」から「やってみたい」を創る”
通信制高校の卒業生の2人に1人が、進学も就職もしないまま卒業する。一部の大学では、中退者の8割が通信制高校出身とも言われています。
NPO法人D×P(ディーピー)では、これまで見落とされてきた通信制高校の課題にフォーカスして、生徒が将来に意欲を持つためのキャリア教育プログラム「クレッシェンド」を提供してきました。2010年から2013年10月末時点で大阪・京都で全13クラスを開講、約130人の高校生が授業に参加しました。

クレッシェンドは、様々な職種から構成される社会人や大学生ボランティアとの交流を通じて、卒業後の進路決定を自律的に捉えるためのキャリア教育プログラムです。少人数のクラスで3ヶ月間にわたって4回の授業を行い、引きこもりや不登校などの経験を持つ通信制高校生に寄り添った授業を実施しています。

◆高校生の挑戦をサポートするプログラム「フォルテッシモ」事業
“「やってみたい」から「できた」を創る”
フォルテッシモとは、クレッシェンドの授業を通じて意欲が生徒に対して、学校外でのチャレンジを通じて、生徒に成功体験を獲得させることを目的としたプログラムです。企業インターン、イベントレポーター、写真展の開催、PC講習など、生徒の興味関心に寄り添いながら、学校外で挑戦できる場を提供します。
2013年1月から開始し、計30名の生徒が参加。参加者のうち、高校3年生の生徒は実際に進路を決定した生徒も多く出ています。

◆その他
・ソーシャル・ビジネスコンペ近畿2012一般部門 準グランプリ 獲得
・ビジネスプランコンペedge2013 優秀賞 獲得
・その他、新聞・雑誌・テレビなどで取り組みや起業の経緯を取り上げていただきました。

◆代表者略歴
理事長 今井紀明
1985年札幌生まれ。立命館アジア太平洋大学(APU)卒。高校生のとき、イラクの子どもたちのために医療支援NGOを設立。その活動のために、当時紛争地域だったイラクへ渡航。現地の武装勢力に人質として拘束され、帰国後「自己責任」の言葉のもと、日本社会から大きなバッシングを受ける。対人恐怖症になるも、友人らに支えられ復帰。偶然、通信制高校の生徒が抱える課題に出会い、親や先生から否定された経験を持つ生徒たちと自身のバッシングされた経験が重なり、若者を支え、「ひとりひとりの若者が自分の未来に希望を持てる社会」をつくりたいと2012年にNPO法人D×Pを設立。

団体の目的
(定款に記載された目的)

(定款第3条より)
この法人は、若者が広義での社会的弱者、狭義でのニートになってしまうことを予防するために、様々な職業・年代の人々との交流を深める授業を通して、自分自身の持っている可能性に気付き、将来的に直面しうる困難を乗り越えるための自ら考え、動き、解決する「自律する力」を身につけられる事業を行い、ひとりひとりの若者が自分の未来に希望を持てる社会の形成を目指すことを目的とする。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

1.通信・定時制高校に特化した授業「クレッシェンド」
クレッシェンドとは、様々な職種から構成される社会人や大学生ボランティアとの交流を通じて、卒業後の進路決定を自律的に捉えるためのキャリア教育プログラム。少人数のクラスで3ヶ月間にわたって4回の授業を行い、引きこもりや不登校などの経験を持つ通信制高校生に寄り添った授業を実施します。

・第1回授業:失敗なんて当たり前!
ボランティアの挫折経験・苦しかった経験談を聞くことで、自身の挫折経験を相対化します。ボランティアとの信頼関係を形作る時間でもあります。
・第2回授業:みんなの生活みてみよう
ボランティアの普段の生活(大学生活/仕事など)を知り、自分の将来の具体的な形についてイメージする授業です。
・第3回授業:みんなでお悩み会議
この授業では、生徒は話し手になります。じっくりと信頼関係をつくってきたボランティアに対して、自分の悩んでいることを話せる場をつくります。
・第4回授業:はじまりの、ユメブレスト。
自分が少しでもやりたいと思う「ユメ」を語るユメブレストを実施。最後に、通信制高校の卒業生の今の生活を記録したメッセージブックを手渡します。

2.安心していられる場を定時制高校のなかに「いごこちかふぇ」
いごこちかふぇは 、定時制高校の学内に開くカフェ 。 地元産のおにぎりやサンドイッチなどの食事を提供しながら、 生徒が安心できる居心地のよいスペースを学内につくっています 。

・週1回の運営
定時制高校のなかの1部屋を使って、毎週 1回開催するので、高校生が出入りしやすい場になっています。※2017年度途中から、週2回に変更しています。
・安心して話せる場へ
スタッフは生徒に「指導」しません。「否定し ない」という姿勢をもって高校生と対話す るスタッフがいることで、安心してなんでも 話せる空間づくりを目指します。
・食事の無償提供
おにぎりやサンドイッチ、お弁当などを無償 で 提 供 し ま す 。地元のお店から仕入れており、お店の人が高校生に食事を配る配布係 を担当!地 域 の人とのコミュニケーションの場にもなっています。


3.つながりをつくる アフタークレッシェンド
アフタークレッシェンドは、授業を終えたあとも学校の中や外で、高校生とまた会い継続的なつながりをつくる場です。 「写真部」や「アート部」など趣味でつながる場をつくり、2016年度は、授業以外で高校生と関わる場を増やすことを目標に試行錯誤しながらそれぞれの企画を開催しました。


4.できた!と思える経験をつくる チャレンジプログラム
「チャレンジプログラム」は、高校生の「なにかやってみたい!」という気持ちに応えて、その生徒にとっての挑戦となる機会を届けています。 本人が自分なりに「できた!」と思える経験を積むことは自信やこれからのアクションにつながっていきます。スタディーツアーへの参加、アート展・写真展の開催、地方インターンシップなど様々な経験を届けています。

現在特に力を入れていること

■「クレッシェンド」の他地域展開と人材育成
2010年にスタートし、高い評価をいただいている「クレッシェンド」。コンテンツと人材育成のための研修コンテンツを強固なものにし、2014年以降は他地域展開のための人材育成(スタッフ/ボランティア)に取り組むほか、導入してくださる高校を増やします。

■新事業「高校生の働く」をつくる事業
新しい事業である高卒就労支援事業を2017年度からスタート。

今後の活動の方向性・ビジョン

■D×Pのビジョン
ひとりひとりの若者が自分の未来に希望を持てる社会

■新事業体制へ
こ れ ま で 取 り 組 ん で き た「 社 会 関 係 資 本をつくる + 成功体験をつくる」とい う2軸に加えて、「卒業後も働き、学び続 けられる」という新しい軸を加えます。D×Pでは、高校生の卒業後の進路に向けた「就労支援・コミュニティ創出事業 ( 仮 )」を ス タ ー ト し ま す 。2 0 1 7 年 度 は マーケティング調査と試行実施を行 い 、2 0 1 8 年 度 か ら 本 格 ス タ ー ト す る 見込みです。

■「クレッシェンド」の展開と、価値の見える化へ
通信・定時制高校に特化した授業「クレッシェンド」は、既に2年前より全国の高校から「うちの学校に来てほしい!」というオファーを頂 いています。2017年は、大阪・京都・滋賀・和歌山・札幌・東京に加え て、新しく岡山・兵庫でもクレッシェンドを実施予定です。 そして2019年度までに、以下の地域での展開を見込んでいます。また、展開ばかりではなく、職員が2016年度に実感した「クレッシェ ンドの価値」が、どなたにでも理解していただけるように。2016年度 からスタートしたソーシャルインパクト測定チームの動きを加速し、 定量的データとしてお伝えできるように取り組みを進めています。

■いごこちかふぇ
学内カフェ「いごこちかふぇ」は、2018年度中に1校→2校での実施を目指しま す。また同時に、いごこちかふぇ内で進路の話も出るようになっていることから、 就労支援・コミュニティ創出事業と連携したり、地域の企業と連携して学外で の企画を運営するなど、いごこちかふぇを土台にした新しい取り組みを模索し ていきます。

定期刊行物

活動報告書/アニュアルレポート・年1回・700部

団体の備考

このページの先頭へ

活動実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

・NPO法人ETIC ソーシャルベンチャースタートアップマーケット3期生(2011年)
・社会起業塾イニシアティブ「花王起業塾」選出(2011年)
・NPO法人サービスグラント Webサイトサービスグラント(2013年)
・グロービス大阪校 会議室の無料貸し出し(2013年)
・JT NPO助成(2014年)
・花王ハートポケット助成(2014年)
・コモンズ投信社会起業家応援プログラム(2015年)
・阪急阪神未来のゆめ・まち基金(2015年)
・大阪商工信用金庫 社会貢献賞(2016年)
・人間力大賞近畿版 (2017年)
・熊西地域振興財団(2016-2017年)
・Panasonic NPOサポートファンド(2017年)
・子どもの未来応援基金(2017年)
・フィルファウンデーション 組織基盤強化(2016-2017年)
・トヨタ財団 定時制高校中退予防プログラム(2017-2018年)
・ドコモ・モバイルコミュニケーションファンド(2017年-2018年)

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

・キッズドア様 通信制高校での授業「クレッシェンド」の実施

企業・団体との協働・共同研究の実績

・株式会社トビラ企画様 通信制高校生向け写真展・アート展のコーディネート/会場の無料貸出し
・株式会社ココウェル様 寄付つきリップクリームの販売と、高校生のフィリピンスタディーツアー送り出し(送り出し連携:NPO法人アクセス様)
・募金箱設置店舗さまとの連携
・地元企業さまとの連携 学内カフェ「いごこちかふぇ」での食事のご提供

行政との協働(委託事業など)の実績

泉大津市と協働し、居場所事業を実施しています。
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

1,000万円~5,000万円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

収支報告

<収入の部> 前々々年度(2016年度)決算 前々年度(2017年度)決算 前年度(2018年度)予算
内訳 会費
25,000円
40,000円
50,000円
寄付金
34,132,307円
47,196,189円
66,050,000円
民間助成金
7,524,000円
8,703,870円
9,000,000円
公的補助金
0円
0円
0円
自主事業収入
8,437,444円
7,165,417円
7,450,000円
委託事業収入
0円
0円
0円
その他収入
0円
95,918円
0円
当期収入合計
50,119,037円
63,201,394円
82,550,000円
前期繰越金
6,268,531円
45,252,055円
31,219,574円
<支出の部> 前々々年度(2016年度)決算 前々年度(2017年度)決算 前年度(2018年度)予算
当期支出合計
47,575,294円
62,163,831円
8,077,000円
内人件費
27,321,002円
34,548,208円
51,809,281円
次期繰越金
45,252,055円
31,219,574円
32,999,574円
備考
 
 
 

収支報告

  • NPO法人会計基準書式の内訳を表示する
  • CANPAN標準書式で表示する
<収入の部> 前々々年度(2016年度)決算 前々年度(2017年度)決算 前年度(2018年度)予算
内訳 受取会費
25,000円
40,000円
50,000円
受取寄附金
34,132,307円
47,196,189円
66,050,000円
受取民間助成金
7,524,000円
8,703,870円
9,000,000円
受取公的補助金
0円
0円
0円
自主事業収入
8,437,444円
7,165,417円
7,450,000円
(うち介護事業収益)
0円
0円
0円
委託事業収入
0円
0円
0円
(うち公益受託収益)
0円
0円
0円
その他収益
0円
95,918円
0円
経常収益計
50,119,037円
63,201,394円
82,550,000円
<支出の部> 前々々年度(2016年度)決算 前々年度(2017年度)決算 前年度(2018年度)予算
内訳 事業費
30,415,115円
36,313,608円
45,910,000円
(うち人件費)
19,582,046円
23,567,137円
40,259,281円
管理費
17,160,179円
25,850,223円
34,860,000円
(うち人件費)
7,738,956円
10,981,071円
11,550,000円
経常費用計
47,575,294円
62,163,831円
8,077,000円
当期経常増減額
2,543,743円
1,037,563円
1,780,000円
経常外収益計
0円
0円
0円
経常外費用計
0円
0円
0円
経理区分振替額
0円
0円
0円
当期正味財産増減額
2,473,743円
967,519円
1,780,000円
前期繰越正味財産額
6,268,531円
45,252,055円
31,219,574円
次期繰越正味財産額
45,252,055円
31,219,574円
32,999,574円
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 前々々年度(2016年度)決算 前々年度(2017年度)決算
内訳 流動資産
53,859,420円
40,259,281円
固定資産
0円
0円
資産の部合計
53,859,420円
40,259,281円
<負債の部> 前々々年度(2016年度)決算 前々年度(2017年度)決算
内訳 流動負債
4,798,872円
6,799,707円
固定負債
3,808,493円
2,240,000円
負債の部合計
8,607,365円
9,039,707円
<正味財産の部> 前々々年度(2016年度)決算 前々年度(2017年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
45,252,055円
31,219,574円

貸借対照表

  • CANPAN標準書式で表示する
<資産の部> 前々々年度(2016年度)決算 前々年度(2017年度)決算
内訳 流動資産合計
53,859,420円
40,259,281円
固定資産合計
0円
0円
資産合計
53,859,420円
40,259,281円
<負債及び正味財産の部> 前々々年度(2016年度)決算 前々年度(2017年度)決算
内訳 流動負債合計
4,798,872円
6,799,707円
固定負債合計
3,808,493円
2,240,000円
負債合計
8,607,365円
9,039,707円
正味財産合計
45,252,055円
31,219,574円
負債及び正味財産合計
53,859,420円
40,259,281円
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

会員種別/会費/数

加盟団体

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
1名
5名
非常勤
0名
1名
無給 常勤
0名
0名
非常勤
2名
10名
常勤職員数
4名
役員数・職員数合計
10名
イベント時などの臨時ボランティア数
200名

行政提出情報

報告者氏名

今井 紀明

報告者役職

理事長

法人番号(法人マイナンバー)

認定有無

認定あり

認定年月日

2015年6月8日

認定満了日

2020年6月7日

認定要件

相対値基準

準拠している会計基準

NPO法人会計基準

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

未実施

監視・監督情報

このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

決算報告書
(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表) 決算報告書(財産目録) 事業報告書
2018年度(前年度)
 
 
 
 
2017年度(前々年度)
2016年度(前々々年度)
2015年度
2014年度

予算・事業計画

予算書類 事業計画書
2019年度(当年度)
 
 
2018年度(前年度)
2017年度(前々年度)
2016年度(前々々年度)
 
2015年度

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら

取り組みの様子