認定特定非営利活動法人リバースモーゲージ推進機構

基礎情報

団体ID

1251992739

法人の種類

認定特定非営利活動法人

団体名(法人名称)

リバースモーゲージ推進機構

団体名ふりがな

りばーすもーげーじすいしんきこう

情報開示レベル

★ ★ ★ ★

第三者認証マーク

団体の概要

設立の趣意は、老後の住まいと暮らしを“健康で文化的かつ快適”にするための研究開発にあります。
研究対象は、主として持家高齢者世帯を対象にした持家年金化制度リバースモーゲージの研究開発ですが、その関連事業として、疑似家族が一つの世帯を構成して自助自立と互助共助の暮らしを確立する「協住の家」の企画・建設、運営があります。学術的な理論研究と実践的な活動を両輪として、100年時代に有効な研究活動と啓蒙活動を全国的に展開する団体です。
令和1年現在の所属会員数は正会員26名と賛助会員14名の僧院40名です。
主たる事務所は東京都台東区、従たる事務所は静岡県沼津市、その他に都内新橋駅ビル内に無料相談室を常設しています。

代表者役職

理事長

代表者氏名

倉田 剛

代表者氏名ふりがな

くらた つよし

代表者兼職

一般社団法人住まいの年金化事業促進センター・代表理事

主たる事業所の所在地

郵便番号

111-0032

都道府県

東京都

市区町村

台東区

市区町村ふりがな

たいとうく

詳細住所

浅草6-32-8

詳細住所ふりがな

あさくさ にほんふどうさんびる

お問い合わせ用メールアドレス

tystb25@gmail.com

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

050-3735-0225

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

10時00分~17時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

FAX番号

FAX番号

055-941-5452

連絡先区分

自宅・携帯電話

連絡可能時間

9時00分~17時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

410-0011

都道府県

静岡県

市区町村

沼津市岡宮1354-1

市区町村ふりがな

ぬまづし

詳細住所

岡宮1354-1

詳細住所ふりがな

おかみや

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2012年1月25日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2012年2月8日

活動地域

全国

中心となる活動地域(県)

東京都

最新決算総額

100万円~500万円未満

役員数・職員数合計

7名

所轄官庁

東京都

所轄官庁局課名

東京都生活文化局都民生活部管理法人課
このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

 

子ども、障がい者、高齢者、福祉、地域・まちづくり、経済活動の活性化、農山漁村・中山間、行政への改策提言、学術研究(文学、哲学、教育学、心理学、社会学、史学)、学術研究(経済学、商学、経営学)

設立以来の主な活動実績

・建築士会の会報誌に、毎号、「老後の住まいと暮らし」について寄稿を継続してきている。
・設立以降、その研究成果を、毎年、日本大学法学部法学経営研究会で、研究成果を報告している。
・設立以降の研究成果を公開するべき、NPOリバースモーゲージ推進機構でPOD出版の認可を取得。
・これまでの研究成果を書籍『住まいの年金化する方法』として年度末に刊行予定。
・特定非営利活動法人リバースモーゲージ推進機構の商標登録
・「住まいの年金化」の商標登録
・大学や関係業界団体との協賛事業としてる枚の年金化(リバースモーゲージ)の講演を続けている。

団体の目的
(定款に記載された目的)

広く一般市民を対象にした高齢期の“健康で文化的な生活”を維持するために必要な家計の経済的自立を支援する「不動産(持家)担保型生活資金変換システム(民間制度リバースモーゲージ)」に関する研究開発に取り組み、またその啓蒙活動(出版・講演・研修)を以って福祉社会の達成に寄与することを目的とした団体である。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

大学や金融機関、またファイナンシャルプランアー団体などを対象に、リバースモーゲージ制度のレクチャー・講演を引き受けてきている。また東京都新橋駅の駅前ビル内に、「住まいの年金化・無料相談室」も常設しながらひろく一般からの高齢期の住まいと暮らしについて具体的なアドバイスを行っている。
港区生涯学習センターでは、毎月、定例会を開催して、会員の研修と研究報告を行ってきている。
静岡事務所でも、静岡支部会員を対象に定例会も毎月開催してきている。
また事務局からは、月刊「Monthly Report」を会員宛に郵送・発信している。

現在特に力を入れていること

平成30年度から、血縁でない人たちと疑似家族となって暮らす「協住の家」の企画・建設に取り組んでいる。その活動の緒として、認知症介護家族の会・藤枝市ほっと会と協賛事業を立ち上げて、一般を対象にした研修会を令和1年9月から翌年3月まで5回にわたって開く。
また障がい児・者の家族同士が疑似家族となって、自助自立と共助の仕組みを織り込んだ「協住の家」の企画・建設も令和2年度の事業計画に組み込んでいく。
リバースモーゲージ制度は、高齢者の持家を担保に生活資金を融資する仕組みである。大都市圏はともかく地価下落が続く地方では担保融資の仕組みは使えない。ローン(借金)ではない方法で、老後の生活資金を調達する「民間制度リバースモーゲージ」を我々推進機構は研究開発している。

今後の活動の方向性・ビジョン

100年時代に適応する「老後の住まいと暮らし」の全般に及んで、自助自立を支援し、互助共助の仕組みを研究開発し構築するための活動を展開する。
具体的には、老後の生活資金の調達を、住んでいる持家を担保に生活資金を借り出すリバースモーゲージ・ローン、あるいは持家の不動産活用から収入を確保する「住まいの年金化」などを研究開発します。また血縁ではない他者と疑似家族となって一つの大きな世帯を構成する「協住の家」を企画し建設運営します。この「協住の家」の場合、地域貢献型コミュニティであり、地域の生活ニーズに対応した様々な生活支援サービスを提供する拠点ともなります。「協住の家」の規模や構造はその地域の風土に順応したモデルとなります。前述の高齢者の持家の処分(空き家対策・年金化)も想定します。

定期刊行物

当機構のPOD出版ライセンスを利用して、季刊誌を定期的に発行する予定。

団体の備考

代表者は、高齢者の持家を生活資金に転換する仕組みのリバースモーゲージ制度の研究者であり、法政大学で経営学博士、愛知工業大学では経営情報科学博士を授与された。退職後、特定非営利活動法人リバースモーゲージ推進機構を設立して、研究活動と啓蒙活動に取り組んできた.
このページの先頭へ

協働実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

港区協働事業として、平成30年度は、11月にテーマ「老後の住まいと暮らし」の研修会を2回開催、
令和1年11月に同協働事業として。テーマ「100年時代の住まいと暮らし」で研修会を2回開催する。

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

平成30年1月、都内丸の内ビル内で、東京大学、京都大学、山形大学と協賛で「金融サミット」に参加。

企業・団体との協働・共同研究の実績

(株)日本保証を法人会員として入会を承認し、新しいリバースモーゲージ・ローンの研究開発に取り組んだ。

行政との協働(委託事業など)の実績

平成30年度から、東京都港区との協同参画事業を始めて、令和1年11月に第2回目の参画が確定しています。
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

100万円~500万円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

会計情報 CANPAN標準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
内訳 会費
 
615,000円
 
寄付金
 
0円
 
民間助成金
 
0円
 
公的補助金
 
0円
 
自主事業収入
 
112,000円
 
委託事業収入
 
58,669円
 
その他収入
 
380,014円
 
当期収入合計
 
1,165,683円
 
前期繰越金
 
1,932,542円
 
<支出の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
当期支出合計
 
705,785円
 
内人件費
 
0円
 
次期繰越金
 
2,392,440円
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動資産
 
2,630,440円
固定資産
 
0円
資産の部合計
 
2,630,440円
<負債の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動負債
 
238,000円
固定負債
 
0円
負債の部合計
 
238,000円
<正味財産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
 
2,408,750円

会計情報 NPO法人会計基準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
内訳 受取会費
 
615,000円
 
受取寄附金
 
0円
 
受取民間助成金
 
0円
 
受取公的補助金
 
0円
 
自主事業収入
 
112,000円
 
(うち介護事業収益)
 
0円
 
委託事業収入
 
58,669円
 
(うち公益受託収益)
 
10,000円
 
その他収益
 
380,014円
 
経常収益計
 
1,165,683円
 
<支出の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
内訳 事業費
 
438,343円
 
(うち人件費)
 
0円
 
管理費
 
267,442円
 
(うち人件費)
 
0円
 
経常費用計
 
705,785円
 
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
459,898円
 
経常外費用計
 
0円
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
459,898円
 
前期繰越正味財産額
 
1,932,542円
 
次期繰越正味財産額
 
2,392,440円
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動資産合計
 
2,630,440円
固定資産合計
 
0円
資産合計
 
2,630,440円
<負債及び正味財産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動負債合計
 
238,000円
固定負債合計
 
0円
負債合計
 
238,000円
正味財産合計
 
2,408,750円
負債及び正味財産合計
 
2,646,750円
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

会員種別/会費/数

加盟団体

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
 
 
非常勤
 
 
無給 常勤
 
非常勤
 
 
常勤職員数
 
役員数・職員数合計
7名
イベント時などの臨時ボランティア数

行政提出情報

報告者氏名

報告者役職

法人番号(法人マイナンバー)

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

 

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

未実施

監視・監督情報

このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

年度別添付資料

決算・事業報告

決算報告書
(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表) 決算報告書(財産目録) 事業報告書
2018年度(前年度)
2017年度(前々年度)
 
 
 
 
2016年度(前々々年度)
 
 
 
 
2015年度
 
 
 
 
2014年度
 
 
 
 

予算・事業計画

予算書類 事業計画書
2019年度(当年度)
 
 
2018年度(前年度)
 
 
2017年度(前々年度)
 
 
2016年度(前々々年度)
 
 
2015年度
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら