一般社団法人オーシャンスイープ協会

基礎情報

団体ID

1412424259

法人の種類

一般社団法人

団体名(法人名称)

オーシャンスイープ協会

団体名ふりがな

おーしゃんすいーぷきょうかい

情報開示レベル

★

第三者認証マーク

団体の概要

海洋プラごみが増える量より減らす量が多い社会をつくる。わたしたちは海洋プラごみ問題を解決すべく活動している一般社団法人です。

<わたしたちの理念>
海洋プラごみが増える量より減らす量が多い社会をつくる

<私たちのビジョン>
 漁師さんが操業中に海ごみを拾ってくると、海洋投棄規制条約によって処分費用を自己負担することになります。それでも海を汚したくない漁師さんは、海に捨てられているプラスチックごみを積極的に拾っていらっしゃいますが、陸から海へ流出するプラごみの量は多く、とても個人では負担しきれません。
また、海ごみは陸上のごみに比べて処分費用が数十倍もかかるため、海岸の管理を担っている地方自治体もなかなか公共事業化ができずにいます。一方、プラスチックは紫外線や波によって小さくなりますが自然分解されないので、流出に回収が追いつかなければ海のプラごみは増える一方です。
 当社団では、滞っている海洋プラごみの回収を推進することと、プラごみが海や川に流出しないような生活習慣の一般認知を拡めることで海洋プラごみが増える量(流出量)より減らす量(回収量)が多い社会を実現させて、海のプラごみが減っていく未来を子供たちに引き継げるよう、持続可能な海洋プラごみ処分の方法を確立するために活動しています。

<どうして活動を始めたのか、なぜ募金が必要なのか>
1、海ごみの回収は追いついていない
 漁師さんが操業中に海ごみを拾ってくると、海洋投棄規制条約によって処分費用を自己負担することになります。
 それでも海を汚したくない漁師さんは、海に捨てられているプラスチックごみを積極的に拾っています。でも、陸から海へ流出するプラごみの量は多く、とても個人では負担しきれません。だから拾ってこられる量も限られてしまいます。
 また、海ごみは陸上のごみに比べて塩分や水分のために処分費用が数十倍もかかるため、臨海の地方自治体もなかなか公共事業化ができずにいます。プラスチックは自然分解されないので、流出に回収が追いつかなければ海のプラごみは増える一方です。海ごみの3分の2が街由来だということ、処分費用は海で働く人たちと海岸市区町村だけが負担させられている状況だと知ったとき、私たちも陸で生きる者として問題解決に向けて活動をしなければならないと感じました。

2、この10年で状況は急速に悪くなった
 拾った後の処分費用の負担が大きすぎて、地方自治体も漁師さんも本格的な回収に手を出せずにいますが、プラスチックの使用量が年々増えるに従って、不法投棄や災害によって陸から海に流れ出る海洋プラごみ量も、この10年で急増してしまいました。
 このままでは海ばかりではなく、地球全体の生態系も危ないと言われ、国連でも「持続可能な開発目標(SDGs)No.14」として取り上げられるほどに状況は悪化してしまいました。そして、流出は今も加速しています。

3、海洋プラごみが増える量より減らす量が逆転するように
 現在は海ごみの回収は進まず、流出する量は増えていますが、回収が進まない理由は海から拾ってきた後の処分費用が余りにも高いからと、ごみの処分費用が拾ってきた漁業者の自己負担になっているからです。これでは回収は進みません。
 海ごみの処分費用が陸ごみ並みに安くなり、かかる費用の負担も募金や補助金を通じて皆が少しずつ出し合えば漁業者の皆さんも積極的に拾うことができますから、全体のごみ回収総量を劇的に増やしていけます。流出する量を減らしていくことも同時に進めれば、いつか増える量と減らす量の逆転を実現できるでしょう。既に大人になったわたしたちには、逆転できる未来を目指す責任があると思います。

4、子供たちに、海洋プラごみが減っていく未来をつなぐ
 たとえば、屋外のごみ箱からこぼれ落ちたペットボトルは風や雨に流されて川に流れてしまうことなどがフィールド調査で指摘されています。
 あなたやわたしを含む消費者のひとり一人が、海洋プラごみの原因になるような生活習慣がないか自己確認して、改善すべきところを改善していくことで、川や用水路を通じて海に流れてしまうプラごみも減らしていくことができるかもしれません。また、プラスチック類の使用量を減らしていくリデュース活動も効果があります 。
子供たちに、海洋プラごみが減っていく未来をつないでいきましょう。

 海洋プラごみに関係するさまざまな情報を発信して、できるだけ多くの方が海洋プラごみ問題に興味を持ち、個々人の生活の中で少しずつでも協力し合える環境づくりをしていきたいと思います。

代表者役職

理事長

代表者氏名

山本 知子

代表者氏名ふりがな

やまもと ともこ

代表者兼職

主たる事業所の所在地

郵便番号

350-1311

都道府県

埼玉県

市区町村

狭山市

市区町村ふりがな

さやまし

詳細住所

中新田1083-3

詳細住所ふりがな

なかしんでん

お問い合わせ用メールアドレス

oceansweepofficial@gmail.com

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

050-3464-4702

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

10時00分~17時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

FAX番号

FAX番号

-

連絡先区分

-

連絡可能時間

-

連絡可能曜日

-

備考

-

従たる事業所の所在地

郵便番号

-

都道府県

-

市区町村

-

市区町村ふりがな

-

詳細住所

-

詳細住所ふりがな

-

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2018年10月20日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2021年2月22日

活動地域

全国

中心となる活動地域(県)

埼玉県

最新決算総額

100万円未満

役員数・職員数合計

4名

所轄官庁

埼玉県

所轄官庁局課名

このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

環境・エコロジー

 

設立以来の主な活動実績

「海洋プラごみが増える量より減らす量が多い社会をつくる」という理念のもと、海洋プラごみ問題を解決するために、実態調査、解決合法や技術の調査・検証、海や川に流出したプラごみの写真募集、電子書籍の出版、募金、ラジオ番組への出演などを行ってきました。

団体の目的
(定款に記載された目的)

この法人は、海と海洋資源を守り、持続可能な利用を促進するために、陸上廃棄物流出による海洋ごみの発生防止・削減・回収・処分・再生利用及び再利用を推進することで、あらゆる種類の海洋汚染を防止し、削減すること、人々が持続可能な開発及び自然と調和したライフスタイルに意識や関心を持つようにすることを目的とする。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

この法人は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。
(1)陸上廃棄物流出による海洋ごみの発生防止・削減・回収・処分・再生利用及び再利用を推進すること
(2)回収した海洋ごみの再生利用及び再利用を促進する事業
(3)目的を達成するための募金活動及び基金の設置・運営ならびに収益事業
(4)環境負荷を低減するための技術、製品の研究開発を促進する事業
(5)漁業者・漁協の申請手続き・事務処理を代行する事業
(6)海と海洋資源を守り、持続可能な利用を促進するための調査と研究及び提案・提言
(7)持続可能な開発及び自然と調和したライフスタイルのための講座、セミナー、教育の事業
(8)その他、目的を達成するために必要な事業
2、前項の事業については、日本国内及び国外において行うものとする。

現在特に力を入れていること

全国各地の海、港、河川にどれぐらいのプラスチックごみが漂流しているのか、統計的な数字だけではなくリアリティあるビジュアルによって現場の実態を伝え、今後たくさんの方が海洋プラごみ問題に関心を持っていただくためや、行政に対策を立てていただくための申請等に使わせていただくために、流出してしまったプラごみを撮影していただく「写真ボランティア」を募集しています。

今後の活動の方向性・ビジョン

定期刊行物

団体の備考

当社団の活動の骨格がわかる電子書籍が出版されていますので、ぜひご覧ください!
「海のプラごみを回収できない本当の理由」
https://www.amazon.co.jp/dp/B09NKLSY95
このページの先頭へ

協働実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

企業・団体との協働・共同研究の実績

行政との協働(委託事業など)の実績

このページの先頭へ

財政

最新決算総額

100万円未満

会計年度開始月

 

その他事業の有無

会計情報 CANPAN標準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2020年度(前々年度)決算 2021年度(前年度)決算 2022年度(当年度)予算
内訳 会費
 
 
 
寄付金
 
 
 
民間助成金
 
 
 
公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
その他収入
 
 
 
当期収入合計
 
 
 
前期繰越金
 
 
 
<支出の部> 2020年度(前々年度)決算 2021年度(前年度)決算 2022年度(当年度)予算
当期支出合計
 
 
 
内人件費
 
 
 
次期繰越金
 
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2020年度(前々年度)決算 2021年度(前年度)決算
内訳 流動資産
 
 
固定資産
 
 
資産の部合計
 
 
<負債の部> 2020年度(前々年度)決算 2021年度(前年度)決算
内訳 流動負債
 
 
固定負債
 
 
負債の部合計
 
 
<正味財産の部> 2020年度(前々年度)決算 2021年度(前年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
 
 

会計情報 NPO法人会計基準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2020年度(前々年度)決算 2021年度(前年度)決算 2022年度(当年度)予算
内訳 受取会費
 
 
 
受取寄附金
 
 
 
受取民間助成金
 
 
 
受取公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
 
 
 
経常収益計
 
 
 
<支出の部> 2020年度(前々年度)決算 2021年度(前年度)決算 2022年度(当年度)予算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
 
 
 
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
 
 
 
次期繰越正味財産額
 
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2020年度(前々年度)決算 2021年度(前年度)決算
内訳 流動資産合計
 
 
固定資産合計
 
 
資産合計
 
 
<負債及び正味財産の部> 2020年度(前々年度)決算 2021年度(前年度)決算
内訳 流動負債合計
 
 
固定負債合計
 
 
負債合計
 
 
正味財産合計
 
 
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

会員種別/会費/数

加盟団体

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
 
 
非常勤
 
 
無給 常勤
 
非常勤
 
 
常勤職員数
 
役員数・職員数合計
4名
イベント時などの臨時ボランティア数

行政提出情報

報告者氏名

報告者役職

法人番号(法人マイナンバー)

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

 

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

未実施

監視・監督情報

このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

 

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

決算報告書
(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表) 決算報告書(財産目録) 事業報告書
2021年度(前年度)
 
 
 
 
2020年度(前々年度)
 
 
 
 
2019年度(前々々年度)
 
 
 
 
2018年度
 
 
 
 
2017年度
 
 
 
 

予算・事業計画

予算書類 事業計画書
2022年度(当年度)
 
 
2021年度(前年度)
 
 
2020年度(前々年度)
 
 
2019年度(前々々年度)
 
 
2018年度
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら