社会福祉法人北海道リハビリー

基礎情報

団体ID

1413884055

法人の種類

社会福祉法人

団体名(法人名称)

北海道リハビリー

団体名ふりがな

ほっかいどうりはびりー

情報開示レベル

★ ★ ★ ★ ★

第三者認証マーク

団体の概要

 北海道の障がい者就労支援施設には、専ら障がい者の生きがい対策に重点を置いたいわゆる福祉的就労を志向する施設がある一方、障がい者の一般雇用への結びつきが困難な状況を踏まえ、就労支援事業の内容を充実し、その中に障がい者雇用を創り出そうとする施設があり、北海道リハビリーはその後者に属します。このため、施設独自の受注生産体制を確立するとともに、障がいのある方のハンディキャップを補い就労の機会を広げるための機器等の導入を積極的に行い、適切な技術指導のもとに、職業的自立と社会参加へ向けた様々な支援を行っています。

代表者役職

理事長

代表者氏名

石崎 岳

代表者氏名ふりがな

いしざき がく

代表者兼職

主たる事業所の所在地

郵便番号

061-1102

都道府県

北海道

市区町村

北広島市

市区町村ふりがな

きたひろしまし

詳細住所

西の里507番地1

詳細住所ふりがな

ほっかいどうきたひろしましにしのさと

お問い合わせ用メールアドレス

hrkanri@selp.net

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

011-375-2111

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

8時30分~17時30分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土

備考

連絡可能曜日は、祝祭日及び土曜日指定休日を除く

FAX番号

FAX番号

011-375-4051

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

ファックスは、24時間自動受信

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

1963年12月23日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

1963年12月23日

活動地域

県内

中心となる活動地域(県)

北海道

最新決算総額

5億円以上

役員数・職員数合計

407名

所轄官庁

北海道

所轄官庁局課名

石狩振興局 保健環境部 社会福祉課
このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

障がい者

 

青少年、高齢者、福祉、地域・まちづくり、就労支援・労働問題

設立以来の主な活動実績

 【活動の概要】
利用者の方々のニーズや適性・能力・障がい程度等に応じた日常生活の支援・援助・介護等を行なっているほか、障がいのある方々の地域生活における自立と社会参加を促進するため、クリーニング・印刷・縫製などの作業訓練を通じて一般就労に向けた様々な就労支援を行っている。このため、法人独自の受注生産体制を確立するとともに、障がいのある方々のハンディキャップを補い就労の機会を広げるための就労支援機器等の導入を積極的に行い、適切な技術指導のもとに、職業的自立と社会参加へ向けた様々な支援を行っている。創設以来、147名の利用者が一般企業に就職し、社会的自立を果たしている。

【法人・施設の沿革】
1963年07月 「北海道身体障害者福祉協会」が「北海道身体障害者福祉綜合センター・
       リハビリー」の名称で現在地にてクリーニング事業を開始
1963年11月  社会福祉法人として設立認可
1968年04月 「リハビリー・エイト」開設。
       同時に「北海道身体障害者福祉綜合センター」を「リハビリー・クリーナース」に改称
1969年02月 「北海道身体障害者福祉協会」から経営分離し「社会福祉法人北海道リハビリー」に改称
1973年03月 「美園更生園」が「北海道社会復帰事業協会」から当法人に経営移管
1978年04月 「リハビリー作業所」開設
1991年05月 「美園更生園」を「札幌ワークセンター」に改称
1997年04月 「リハビリー・ユーアイ」開設
1998年04月 「セルプさっぽろ」開設
1999年10月 「札幌ワークセンター」を札幌市清田区美しが丘に移転改築
同時にデイサービスセンター「ポプルス」を併設
2001年08月 「リハビリー・エイト」及び「法人事務所」を現在地に移転改築
2006年10月  障害者自立支援法の施行に伴い、順次各事業所を新事業体系へ移行
2007年10月 「リハビリー作業所」と「リハビリー・ユーアイ」を統合し、
「リハビリー・おおぞら」に改称
2008年07月 「セルプさっぽろ」の従たる事業所「ウェルプラザやまはな」開設
2012年02月  グループホーム「エルフィンホーム」開設 
 〃 年03月 「ポプルス」を廃止
〃 年11月 「リハビリー・おおぞら」新工場落成
2013年03月  自立援助ホーム「陽だまり」開設
〃 年11月 社会福祉法人創立50周年記念式典を開催
2015年01月  特定相談支援事業所「ポプルス」開設(札幌ワークセンターに併設)
2017年02月 「リハビリー・クリーナース」新工場落成
 〃 年04月 「札幌ワークセンター」を「美しの森」に改称
 〃 年10月 「エルフィンホーム」の新ユニット「かえで」増築

【代表者の略歴】
2015年06月  社会福祉法人北海道リハビリー 理事就任
2015年12月~ 社会福祉法人北海道リハビリー 理事長 

団体の目的
(定款に記載された目的)

 この社会福祉法人(以下「法人」という。)は、多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるよう創意工夫することにより、利用者が、個人の尊厳を保持しつつ、自立した生活を地域社会において営むことができるよう、また、児童においては心身ともに健やかに育成されるよう支援することを目的として、次の社会福祉事業を行う。
(1)第1種社会福祉事業
 (ア) 障害者支援施設の経営
(2) 第2種社会福祉事業
 (ア) 障害福祉サービス事業の経営
 (イ) 児童自立生活援助事業の経営
 (ウ) 特定相談支援事業の経営
                                        (定款より)

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

【施設・事業所】
・障害福祉サービス事業 リハビリー・クリーナース
・障害福祉サービス事業 リハビリー・おおぞら
・障害者支援施設・障害福祉サービス事業 リハビリー・エイト
・障害者支援施設・障害福祉サービス事業 美しの森
・障害福祉サービス事業 セルプさっぽろ
・障害福祉サービス事業 エルフィンホーム
・児童自立生活援助事業 陽だまり
・特定相談支援事業 ポプルス

【事業内容】
○障害者支援施設
 ・施設入所支援事業
○障害福祉サービス事業
 ・生活介護事業
 ・短期入所支援事業
 ・就労移行支援事業
 ・就労継続支援A型事業
 ・就労継続支援B型事業
 ・共同生活援助事業
 ・生活困窮者就労訓練事業
○児童自立生活援助事業
○特定相談支援事業
○収益事業
 ・土地賃貸業

【提供する生産活動や訓練、サービス等】
・クリーニング(ホームクリーニング、ホテルリネン、寝具リネン、病衣リネン、白衣リネン、タオルリネン、ダイアパー他)
・印刷関連(オンデマンド印刷、企画・デザイン、マイクロ写真、ホームページ作成他)
・縫製(一般白衣、作業着、ユニフォーム、小物他)
・軽作業
・その他製造・販売等(ウエス製造販売、パン、清掃作業)

現在特に力を入れていること

・一般就労に向けた支援
 (施設外就労、トライアル雇用、ジョブコーチ、作業訓練の充実及び高度化)
・工賃向上に向けた計画及び対策(就労支援事業の効率化、利益率向上、コスト削減等)
・地域生活における自立と社会参加への促進
・ニーズや適性・能力等に応じた日常生活の支援(送迎サービス、給食サービス、健康指導等)
・社会福祉サービス事業における利用定員の充足と利用率の向上。
・職員の資質や専門技術の向上と社会福祉諸制度への適切な対応
 (積極的な研修参加、キャリアパス制度等)

今後の活動の方向性・ビジョン

 当法人は、「利用者の幸福実現」「地域福祉への貢献」「法人の永続的発展と職員の幸福実現」を基本理念に掲げ、更なる福祉サービスの向上や経営基盤の強化等に努めている。
 現状の主な課題として、主力であった印刷関連事業をスリム化と、施設入所支援や生活介護事業など福祉面への転換と強化が挙げられる。それに伴った収入減少や大幅な人員再配置の影響を法人全体でカバーするため、クリーニング部門の強化、福祉事業の拡大、新規事業への挑戦を3つの柱として事業展開をすることとし、より理想的な社会福祉法人を目指していく。

定期刊行物

広報誌「かがやき」年4回刊行

団体の備考

このページの先頭へ

協働実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

【2015年度】
・公益財団法人 萬田記念財団「社会福祉法人の身体障害者施設への助成金(品)交付」  
 1.リハビリー・エイト「椅子式階段昇降機の導入」 助成額204,174円
 2.札幌ワークセンター(現「美しの森」)「居室用冷蔵庫及びテレビの更新」 助成額895,320円
【2016年度】
・公益財団法人 大友福祉振興財団「平成28年度障がい者助成」
 札幌ワークセンター(現「美しの森」)
 「シャワーキャリー2台、シャワーチェア10台、車椅子3台の導入」 助成額321,360円
・公益財団法人 JKA競輪・オートレース補助金「平成29年度福祉車両の整備補助事業」
 セルプさっぽろ「送迎車両の導入」 助成額1,275,000円
【2018年度】
・公益財団法人 北海道新聞社会福祉振興基金「一般公募助成」
 エルフィンホームかえで「自動体外式除細動器一式の導入」助成額196,000円
・一般社団法人 環境共創イニシアチブ「平成30年度 エネルギー使用合理化等事業者支援事業」
 リハビリー・クリーナース「貫流ボイラーの導入事業」助成額4,826,666円
・北海道石狩振興局「器具及び備品助成」
 エルフィンホームかえで「防犯対策強化事業」補助金額336,000円
・北海道石狩振興局「災害復旧補助金」
 「平成30年北海道胆振頭部地震災害復旧」補助金額4,133,000円
  (リハビリー・クリーナース1,591,000円 リハビリー・おおぞら2,542,000円)
【2019年度】
・公益財団法人 萬田記念財団「社会福祉法人の身体障害者施設へ助成金(品)交付」
 ⑴リハビリー・エイト「厨房用冷蔵庫の更新」助成額388,800円
 ⑵美しの森「送迎用福祉車両の更新」助成額1,000,000円
・公益財団法人 日本財団「夢の貯金箱」日本財団チャリティー自動販売機 1台
 以上、過去5年分。これより以前に、中央共同募金会、日本郵便㈱、似鳥文化財団等より助成・補助のほう賜っております。

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

実績なし

企業・団体との協働・共同研究の実績

実績なし

行政との協働(委託事業など)の実績

【福祉避難所】
2014年 6月 北広島市と、障害者支援施設リハビリー・エイトを福祉避難所とする協定を締結
2017年 4月 北広島市との協定に、障害福祉サービス事業所リハビリー・クリーナースを追加し再締結
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

5億円以上

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

会計情報 CANPAN標準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
内訳 会費
0円
 
 
寄付金
650,000円
510,000円
 
民間助成金
1,275,000円
5,022,666円
 
公的補助金
60,663,105円
32,665,280円
28,018,000円
自主事業収入
3,032,860,222円
2,970,213,251円
2,966,811,000円
委託事業収入
0円
 
 
その他収入
86,177,160円
153,518,009円
459,878,000円
当期収入合計
3,181,625,487円
3,161,929,206円
3,454,707,000円
前期繰越金
662,729,590円
513,508,323円
502,686,907円
<支出の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
当期支出合計
3,330,846,754円
3,172,750,622円
3,422,475,000円
内人件費
1,402,461,155円
1,346,278,201円
1,326,620,000円
次期繰越金
513,508,323円
502,686,907円
534,918,907円
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動資産
998,880,446円
1,244,822,425円
固定資産
3,982,587,541円
3,829,490,395円
資産の部合計
4,981,467,987円
5,074,312,820円
<負債の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動負債
584,952,952円
587,874,946円
固定負債
1,334,136,020円
1,249,259,331円
負債の部合計
1,919,088,972円
1,837,134,277円
<正味財産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 前期正味財産
3,230,687,039円
3,062,379,015円
当期正味財産増減額
-168,308,024円
174,799,528円
当期正味財産合計
3,062,379,015円
3,237,178,543円

会計情報 NPO法人会計基準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
内訳 受取会費
0円
 
 
受取寄附金
650,000円
510,000円
 
受取民間助成金
1,275,000円
5,022,666円
 
受取公的補助金
60,663,105円
32,665,280円
28,018,000円
自主事業収入
3,032,860,222円
2,970,213,251円
2,966,811,000円
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
0円
 
 
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
86,177,160円
153,518,009円
459,878,000円
経常収益計
3,181,625,487円
3,161,929,206円
3,454,707,000円
<支出の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
3,330,846,754円
3,172,750,622円
3,422,475,000円
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
662,729,590円
513,508,323円
502,686,907円
次期繰越正味財産額
513,508,323円
502,686,907円
534,918,907円
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動資産合計
998,880,446円
1,244,822,425円
固定資産合計
3,982,587,541円
3,829,490,395円
資産合計
4,981,467,987円
5,074,312,820円
<負債及び正味財産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動負債合計
584,952,952円
587,874,946円
固定負債合計
1,334,136,020円
1,249,259,331円
負債合計
1,919,088,972円
1,837,134,277円
正味財産合計
3,062,379,015円
3,237,178,543円
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

理事会

会員種別/会費/数

会員制度なし

加盟団体

全国・北海道社会就労センター協議会、北海道社会福祉協議会、北海道授産事業振興センターほか

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
3名
398名
非常勤
0名
0名
無給 常勤
0名
0名
非常勤
6名
0名
常勤職員数
401名
役員数・職員数合計
407名
イベント時などの臨時ボランティア数
17名

行政提出情報

報告者氏名

報告者役職

法人番号(法人マイナンバー)

5430005004782

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

その他

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

社会福祉法人会計基準

監査の実施

実施済み

監視・監督情報

【2018年度分】
<法人本部>
・監査実施機関  北海道 保健福祉部 福祉局 施設運営指導課
・監査実施日   2018年11月30日
・指導事項及び措置状況等 口頭指摘 1点
 理事会の招集について、開催日の1週間前までに通知されてない事例が見受けられ是正することと指摘を受けたため、理事会の一週間(7日)前までに各理事及び各監事に対して招集通知を発することとする。

<リハビリー・エイト>
・監査実施機関  北海道 石狩振興局 保健環境部 社会福祉課
・監査実施日   2019年 3月11日
・指導事項及び措置状況等 助言事項 1点
 当施設において、工賃が事業収支を上回っていることから、事業ごとに工賃が事業収入から必要経費を控除した額になるようにすることと助言を受けた。
このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら

第46回ボランティアカーニバルポスター

第46回ボランティアカーニバル2


第46回ボランティアカーニバル1