一般社団法人 北・ほっかいどう総合カウンセリング支援センター 北・ほっかいどう被害者相談室

基礎情報

団体ID

1424471181

法人の種類

一般社団法人

団体名(法人名称)

 北・ほっかいどう総合カウンセリング支援センター 北・ほっかいどう被害者相談室

団体名ふりがな

いっぱんしゃだんほうじんきたほっかいどうそうごうかうんせりんぐしえんせんたー きたほっかいどうひがいしゃそうだんしつ

情報開示レベル

★ ★ ★ ★ ★

第三者認証マーク

団体の概要

犯罪被害等に遭われた方の悩みや不安を受容するため、相談員が臨床心理士と連携をとりながら無償でカウンセリングを行っております。電話による相談のほか、面接による相談、弁護士相談、自宅訪問等も行っております。また、性犯罪に遭われた方のためには、無償で弁護士同伴での相談が可能となっております。さらに、病院、警察、検察庁、裁判所等への付添支援、家事支援、物品の貸出等の直接支援も行っております。

代表者役職

代表理事 

代表者氏名

山上 雅己

代表者氏名ふりがな

やまがみ まさみ

代表者兼職

団体役員

主たる事業所の所在地

郵便番号

070-0035

都道府県

北海道

市区町村

旭川市

市区町村ふりがな

あさひかわし

詳細住所

5条通10丁目 旭川市五条庁舎内

詳細住所ふりがな

ほっかいどう あさひかわし ごじょうどおりじっちょうめ あさひかわしごじょうちょうしゃない

お問い合わせ用メールアドレス

kita.hokkaido.h21@soleil.ocn.ne.jp

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

0166-24-3010

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

9時45分~16時00分

連絡可能曜日

月 火 木 金

備考

FAX番号

FAX番号

0166-24-3010

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

6時00分~18時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2009年2月17日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2009年2月17日

活動地域

全国

中心となる活動地域(県)

北海道

最新決算総額

1,000万円~5,000万円未満

役員数・職員数合計

18名

所轄官庁

北海道

所轄官庁局課名

北海道警察旭川方面管内(上川、宗谷、留萌、空知)
このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

 

子ども、青少年、障がい者、高齢者、在日外国人・留学生、福祉、地域・まちづくり、災害救援、地域安全、人権・平和、男女共同参画、就労支援・労働問題、消費者保護、市民活動団体の支援、助成活動

設立以来の主な活動実績

【実績・経緯】
昭和60年度 「旭川地区家庭生活カウンセラー養成講座」を開講
昭和61年度 任意団体「旭川地区家庭生活カウンセラークラブ」を発足
       人材育成のため、地域に根ざした活動を行う。
平成 5年度 旭川市五条庁舎内に「心の悩み相談室」開設
平成20年度 「北・ほっかいどう被害者相談室」開設
       ボランティア活動25年を節目として、法人格を取得し名称を変更
      「一般社団法人 北・ほっかいどう総合カウンセリング支援センター」となる。
平成21年度 公益社団法人「全国被害者支援ネットワーク」に加盟
平成22年度 安心安全まちづくりに貢献したとして旭川市から表彰状
       北海道警察旭川方面本部旭川中央警察署から感謝状
平成24年度 旭川陸上自衛隊駐屯地業務隊から60周年記念表彰状
      非常勤事務局員(総務担当)1名採用
平成25年度 非常勤事務局員(会計担当)1名採用
平成26年度 常勤事務局長採用
平成27年度 ホームページのリニューアル
       ロゴ・マークの決定、徽章(バッジ)作製
平成28年度 北海道警察旭川方面管内各警察署(14)、各市町村(44)挨拶訪問
      FR担当職員採用、企業等法人・団体77社訪問
平成29年度 旭川陸上自衛隊駐屯地業務隊から65周年記念表彰状
定款の全面改定、副理事長(2名以内)、専務理事の設置
令和元年度  特定非営利活動法人ゆいネット北海道と業務委託契約(11月~)  

団体の目的
(定款に記載された目的)

当法人は、犯罪被害者及び心の悩みを持つ者への必要な支援並びに安全で安心して地域で暮らすための各種相談を担当する相談員の養成事業を行い、健全な地域社会の推進に寄与することを目的とする。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

<事業内容>
1 犯罪被害者等支援事業
 (1) 犯罪被害者に対する電話及び面接相談並びにカウンセリング業務
 (2) 犯罪被害者等給付金の支給を受けようとする者が行う裁定申請手続の補助業務
 (3) 犯罪被害者等への物品の供与又は貸与、役務の提供による直接支援業務
 (4) 犯罪被害者援助活動に関する広報及び啓発業務
 (5) 関係機関・団体等との連携による犯罪被害者援助業務
 (6) 相談員・犯罪被害者援助ボランティアの養成及び地域社会の健全育成を図るための研修業務
 (7) 犯罪被害者等の自助グループへの支援業務
2 安全で安心して暮らすための心の悩み相談事業
 (1) 心の悩みに関係する電話相談業務
 (2) 心の悩みに関係する面接相談業務
 (3) 人への思いやり、人への優しさに基づく、共に支えあう地域社会を実現するための
   各種広報啓発業務
3 相談員の養成講座・審査認定・研修事業
 (1) 相談員の養成講座の実施
 (2) 資格審査機関の設置
 (3) 研修事業
4 その他公益目的を達成するために必要な事業
<相談業務>
1 電話相談~月・火・木・金曜日の10時から15時まで(祝日を除く)
 ・北・ほっかいどう被害者相談室0166-24-1900(月・火・木・金曜日)
 ・心の悩み相談0166-27-7611(火・木曜日)
2 面接相談~事前予約が必要(日程調整)
  自宅訪問有~本人の希望により、自宅でのカウンセリングも可
3 性犯罪の関係した法律相談~随時受付
4 性犯罪・性暴力被害者等への支援強化
<直接支援>
1 付添支援~要望に応じて(病院、検察庁、警察、裁判所、法テラス等)
2 家事支援~要望・内容に応じて
3 物品の貸し出し(防犯ブザー、衣類等)
<相談員の養成>
1 カウンセラー3級養成講座(H29,31,33,35・・と隔年実施)
 ・5月~10月、45回の講座(火・木曜日18:30~20:30)
2 カウンセラー2級養成講座(H30,32,34,36・・と隔年実施)
 ・3級認定者を対象に4月~11月、65回の講座(火・木曜日18:30~20:30)
3 カウンセラー1級養成講座(H29~30,31~32,33~34・・と2年間で単位取得)
 ・2級認定者を対象に2年間(5月~10月)で、60回の講座(火・金曜日18:30~20:30)
<相談員の研修>
1 相談員のための実務研修
 ・1級認定者を対象に4月~翌年3月、約20回の研修
2 全国被害者支援ネットワーク主催研修会、北海道・東北ブロック研修会、
  全国フォーラム・秋期全国研修会等への参加

現在特に力を入れていること

1 犯罪被害者等へ無償で途切れのない支援を行うこと
2 相談員の自己研鑽を促し資質の向上を図ること
3 犯罪被害者等早期援助団体指定に向けての財政基盤の安定化及び組織の強化を行うこと

今後の活動の方向性・ビジョン

1 性犯罪・性暴力の被害者の方への対応の更なる強化
2 市民への犯罪被害者等の支援への理解を深めるための広報活動
3 財政基盤強化のための賛助会員及び寄付支援者の確保

定期刊行物

機関誌「きずな」 年1回発行 2,000部

団体の備考

なし
このページの先頭へ

協働実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

平成21年度 公益財団法人太陽財団助成金
平成22年度 公益財団法人太陽財団助成金
       犯罪被害者救援基金助成金
平成23年度 日本財団助成金
       大和証券福祉財団助成金
       公益財団法人太陽財団助成金
平成24年度 公益財団法人太陽財団助成金
       日本財団助成金
平成25年度 日本財団預保納付金助成金       
平成26年度 日本財団預保納付金助成金
平成27年度 日本財団預保納付金助成金
平成28年度 日本財団預保納付金助成金
      犯罪被害者救援基金(養成講座モデル事業)
平成29年度 日本財団預保納付金助成金
平成30年度 日本財団預保納付金助成金
      北海道共同募金会(赤い羽根共同募金助成金)
令和元年度 日本財団預保納付金助成金
令和2年度 日本財団預保納付金助成金
令和3年度 日本財団預保納付金助成金

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

・北海道警察(旭川方面本部)、旭川保護観察所等とともに年2回以上の被害者支援啓発活動
・各警察署で開催される犯罪被害者支援連絡協議会への参加
・北海道上川総合振興局、旭川市等の開催する関連事業への参加・協力
・北海道警察旭川方面管内47市町村との連携

企業・団体との協働・共同研究の実績

・北海道コカ・コーラボトリング(株)と協働し、「犯罪被害者等支援募金付き自動販売機の設置」
・(株)伊藤園と協働し、「犯罪被害者等支援募金付き自動販売機の設置」
・ダイドードリンコ(株)と協働し、「犯罪被害者等支援募金付き自動販売機の設置」

行政との協働(委託事業など)の実績

なし
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

1,000万円~5,000万円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

会計情報 CANPAN標準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算 2021年度(当年度)予算
内訳 会費
1,407,000円
1,338,000円
1,300,000円
寄付金
623,703円
856,536円
700,000円
民間助成金
4,650,000円
3,000,000円
2,880,000円
公的補助金
0円
 
 
自主事業収入
2,180,000円
 
1,150,000円
委託事業収入
0円
 
100,000円
その他収入
267,417円
175,700円
79,818円
当期収入合計
9,128,120円
5,370,236円
6,209,818円
前期繰越金
486,827円
293,126円
726,182円
<支出の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算 2021年度(当年度)予算
当期支出合計
9,321,821円
4,937,180円
7,080,000円
内人件費
3,787,670円
2,885,610円
2,780,000円
次期繰越金
293,126円
726,182円
-870,182円
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算
内訳 流動資産
3,450,965円
3,864,163円
固定資産
 
 
資産の部合計
3,450,965円
3,864,163円
<負債の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算
内訳 流動負債
556,682円
336,800円
固定負債
 
 
負債の部合計
556,682円
336,800円
<正味財産の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算
内訳 前期正味財産
2,687,962円
2,894,283円
当期正味財産増減額
206,321円
633,080円
当期正味財産合計
2,894,283円
3,527,363円

会計情報 NPO法人会計基準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算 2021年度(当年度)予算
内訳 受取会費
1,407,000円
1,338,000円
1,300,000円
受取寄附金
623,703円
856,536円
700,000円
受取民間助成金
4,650,000円
3,000,000円
2,880,000円
受取公的補助金
0円
 
 
自主事業収入
2,180,000円
 
1,150,000円
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
0円
 
100,000円
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
267,417円
175,700円
79,818円
経常収益計
9,128,120円
5,370,236円
6,209,818円
<支出の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算 2021年度(当年度)予算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
9,321,821円
4,937,180円
7,080,000円
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
486,827円
293,126円
726,182円
次期繰越正味財産額
293,126円
726,182円
-870,182円
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算
内訳 流動資産合計
3,450,965円
3,864,163円
固定資産合計
 
 
資産合計
3,450,965円
3,864,163円
<負債及び正味財産の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算
内訳 流動負債合計
556,682円
336,800円
固定負債合計
 
 
負債合計
556,682円
336,800円
正味財産合計
2,894,283円
3,527,363円
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

社員総会、理事会

会員種別/会費/数

令和2年7月1現在
<正会員>
 ・個人(3,000円):33人
 ・法人(15,000円):2法人
<賛助会員>
 ・個人1口(2,000円)以上:30人  
 ・法人1口(10,000円)以上:98法人

加盟団体

公益社団法人 全国被害者支援ネットワーク

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
0名
1名
非常勤
0名
2名
無給 常勤
0名
0名
非常勤
15名
0名
常勤職員数
1名
役員数・職員数合計
18名
イベント時などの臨時ボランティア数
17名

行政提出情報

報告者氏名

山上 雅己

報告者役職

代表理事 

法人番号(法人マイナンバー)

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

その他

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

公正妥当と認められる会計の基準その他の会計の慣行による

監査の実施

実施済み

監視・監督情報

・平成26年10月1日 日本財団監査グループ調査役/仁平正文氏による監査
 年度末会計処理について指導を受け、今年度から改善
・平成27年6月2日 会計監査(当法人:向井一雄監事・芳賀悟監事)
・平成28年6月7日 会計監査(当法人:向井一雄監事・辻紀子監事)
・平成29年5月16日 会計監査(当法人:向井一雄監事・辻紀子監事)
・平成29年10月19日 日本財団監査部調査役/皆川勇一氏による監査
・平成30年5月18日 会計監査(当法人:向井一雄監事・辻紀子監事)
・平成30年6月5日 日本財団監査部調査役/仁平正文氏による監査
・令和元年5月16日 日本財団監査部調査役/仁平正文氏による監査
・令和元年5月28日 会計監査(当法人:向井一雄監事・辻紀子監事)
・令和2年5月26日 会計監査(当法人:向井一雄監事・辻紀子監事)
・令和3年5月25日 会計監査(当法人:向井一雄監事・辻紀子監事)
このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

入会申込書

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら