一般社団法人災害復興支援協議会 ダッシュ隊 大阪

基礎情報

団体ID

1441763990

法人の種類

一般社団法人

団体名(法人名称)

災害復興支援協議会 ダッシュ隊 大阪

団体名ふりがな

さいがいふっこうしえんきょうぎかい だっしゅたいおおさか

情報開示レベル

★

第三者認証マーク

団体の概要

当法人は、災害時にボランティア活動ができるノウハウを蓄憤し、人材の育成を画り、ネツトワークを構築するとともに、被災地の救援活動をおこない、安心で安全な社会を構築する事業を行い、社会全体の利益の増進に寄与することを目的とするとともに、その目的に資するため、次の事栗を行う。1.災害救援活動 2.災害初動時の人材派遣と情報収集 3、ボランティアコーディネーターの派遣及び避難所運営 4、災害ボランティア養成講座及び講演 5、災害復興に伴うイベントの企画と運営 6.災害時の緊急支援物資の搬送及び配布活動 7.災害時の食事提供支援 8、非健常者支援活動 9.その他、当法人の目的を達成するために必要な活動

代表者役職

代表理事

代表者氏名

中嶋 俊明

代表者氏名ふりがな

なかじま としあき

代表者兼職

会社員

主たる事業所の所在地

郵便番号

564-0071

都道府県

大阪府

市区町村

吹田市

市区町村ふりがな

すいたし

詳細住所

西の庄町

詳細住所ふりがな

にしのしょうちょう

お問い合わせ用メールアドレス

canpan@dash-osaka.jcpo.net

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

06-6388-5558

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

6時00分~8時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

社会人団体につき。極力メールにてご連絡いただきますようお願いします

FAX番号

FAX番号

-

連絡先区分

-

連絡可能時間

-

連絡可能曜日

-

備考

-

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2011年6月1日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2017年2月19日

活動地域

全国

中心となる活動地域(県)

大阪府

最新決算総額

100万円未満

役員数・職員数合計

7名

所轄官庁

所轄官庁局課名

このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

災害救援

 

地域・まちづくり、地域安全、学術研究(複合領域分野、その他)

設立以来の主な活動実績

2011年 宮城県石巻災害復興ボランティア「石巻ダッシュ」実施
ダッシュ隊大阪結成。
宮城県牡鹿・和歌山県那智勝浦・奈良県吉野郡十津川古道復旧支援

2012年 琵琶湖流木清掃活動を開始
台風18号災害復興支援活動
京都市南禅寺地区復旧支援 
牡鹿半島谷川地区神社参道整備
宮城県南三陸町桜プロジェクトに参加

2013年 西日本豪雨復旧支援
山口県萩市・島根県浜田市豪雨災害復旧支援
台風18号災害復旧ボランティア活動
京都府舞鶴市・滋賀県高島市復旧支援

2014年 災害対応人材育成事業・研修活動 
各地講演・STEPプロジェクト・Pikari号回送など 

2015年 一般社団法人として法人化 
災害時における燃料等の優先供給に関する協定を油藤商事様と締結
防犯防災総合展にパネルを展示 各地講演・防災授業
徳島県海部郡海陽町と災害ボランティアセンター運営支援に関する協定締結

2016年 防災協定に基づき熊本県熊本市地震災害に関する支援を開始
熊本市公用車指定スタンドへ2000リットルを搬送、
後の2000リットルを重機等現地復旧機材燃料として同県阿蘇市へ搬送。
合計4000リットルを搬送。
また熊本市東区・熊本県阿蘇市のがれき撤去、道路修復などに参加。
台風10号 岩手県水害支援
徳島県シルバー人材センター連合会主催、阿南市・徳島市・美馬市、災害ボランティア基本講座
ネパール大地震ドキュメンタリー映画「世界でいちばん美しい村」上映会

2017年 琵琶湖清掃支援
福岡県・大分県水害における東峰村復旧支援
福岡県東峰村 水害復興支援

2018年 吹田災害支援ネットワークに参画。
福井県豪雪復旧支援・台風21号被害復旧支援
大阪北部地震吹田市拠点運営協力
さらに平成30年7月豪雨・および台風21号復旧支援として
岡山県笠岡市白石島復旧を支援

2019年 九州北部豪雨 後方支援活動
岡山県新見市 災害復旧支援活動
台風19号 長野復旧支援

被災地のニーズに寄り添いつつ、被災地の自援力を高める災害復興人材を育成しております。

団体の目的
(定款に記載された目的)

当法人は、災害時にボランティア活動ができるノウハウを蓄憤し、人材の育成を画り、ネツトワークを構築するとともに、被災地の救援活動をおこない、安心で安全な社会を構築する事業を行い、社会全体の利益の増進に寄与することを目的とするとともに、その目的に資するため、次の事栗を行う。1.災害救援活動 2.災害初動時の人材派遣と情報収集 3、ボランティアコーディネーターの派遣及び避難所運営 4、災害ボランティア養成講座及び講演 5、災害復興に伴うイベントの企画と運営 6.災害時の緊急支援物資の搬送及び配布活動 7.災害時の食事提供支援 8、非健常者支援活動 9.その他、当法人の目的を達成するために必要な活動

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

1.災害救援活動
2.災害初動時の人材派遣と情報収集
3、ボランティアコーディネーターの派遣及び避難所運営
4、災害ボランティア養成講座及び講演
5、災害復興に伴うイベントの企画と運営
6.災害時の緊急支援物資の搬送及び配布活動
7.災害時の食事提供支援
8、非健常者支援活動
9.その他、当法人の目的を達成するために必要な活動

現在特に力を入れていること

被災地の自援力を高める災害復興人材を育成。

今後の活動の方向性・ビジョン

定期刊行物

団体の備考

多くの悲惨な光景を見て、私たちができることは限られており、もはやここまでと思わざるをえず、ここで終わりにさせて頂きたい、と考えることもありますが、壊滅的な状況下で被災者の皆さんが復興にかける強い思いを持たれている姿がある限り、継続してお手伝いしていきたいと考えています。
皆様に応援して頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。
このページの先頭へ

協働実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

現在調整中。

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

公益財団法人新教育者連盟 大阪・兵庫支部様 花時計様 瀬戸内しおかぜの会様 わたがしスキークラブ様 全九州4WDフリークス様  学ぼう会北摂様 正しい歴史を伝える会 東京本部様
水害床下活動時に特に大量に必要となる雑巾やタオルの事前収集・緊要時の拠出。

LANビジネス推進連絡会 WiBiz(ワイビズ)様
ボランティアセンター及びサテライト運営・情報収集に資するIT機材の貸出。
現場のIT技術者を提供。

企業・団体との協働・共同研究の実績

アサヒグループホールディングス(株)様
熱射病や脱水症状が予測される夏季高所活動時のスポーツドリンク提供。
CSRに協力。

(株)経営センター様
水害床下活動時に特に大量に必要となる雑巾やタオルの事前収集・緊要時の拠出。
CSRに協力。

油藤商事株式会社様
緊要復旧現場における重機等に用いる燃料供給。
平時に廃油を収集し提供。
CSRに協力。

株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス様
ボランティアセンター及びサテライト運営・情報収集に資するIT機材の貸出。
現場のIT技術者を提供。
現地調査効率を支援、現地支援人員の費用負担を軽減。
CSRに協力。

行政との協働(委託事業など)の実績

吹田市様 大阪府様 大阪広域水道企業団様
罹災断水地域への緊急支援など緊要時における飲料浄水の緊急提供。
要支援地域への搬送についてはダッシュ隊が受持。断水罹災過疎地を中心に配給。
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

100万円未満

会計年度開始月

3月

その他事業の有無

会計情報 CANPAN標準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算 2020年度(当年度)予算
内訳 会費
235,000円
 
 
寄付金
957,204円
 
 
民間助成金
50,000円
 
 
公的補助金
0円
 
 
自主事業収入
0円
 
 
委託事業収入
0円
 
 
その他収入
2円
 
 
当期収入合計
1,242,206円
 
 
前期繰越金
158,656円
 
 
<支出の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算 2020年度(当年度)予算
当期支出合計
1,003,768円
 
 
内人件費
0円
 
 
次期繰越金
377,104円
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算
内訳 流動資産
377,104円
 
固定資産
0円
 
資産の部合計
377,104円
 
<負債の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算
内訳 流動負債
0円
 
固定負債
0円
 
負債の部合計
0円
 
<正味財産の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算
内訳 前期正味財産
141,676円
 
当期正味財産増減額
235,428円
 
当期正味財産合計
377,104円
 

会計情報 NPO法人会計基準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算 2020年度(当年度)予算
内訳 受取会費
235,000円
 
 
受取寄附金
957,204円
 
 
受取民間助成金
50,000円
 
 
受取公的補助金
0円
 
 
自主事業収入
0円
 
 
(うち介護事業収益)
0円
 
 
委託事業収入
0円
 
 
(うち公益受託収益)
0円
 
 
その他収益
2円
 
 
経常収益計
1,242,206円
 
 
<支出の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算 2020年度(当年度)予算
内訳 事業費
635,174円
 
 
(うち人件費)
0円
 
 
管理費
368,594円
 
 
(うち人件費)
0円
 
 
経常費用計
1,003,768円
 
 
当期経常増減額
238,438円
 
 
経常外収益計
0円
 
 
経常外費用計
19,990円
 
 
経理区分振替額
0円
 
 
当期正味財産増減額
235,428円
 
 
前期繰越正味財産額
158,656円
 
 
次期繰越正味財産額
377,104円
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算
内訳 流動資産合計
377,104円
 
固定資産合計
0円
 
資産合計
377,104円
 
<負債及び正味財産の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算
内訳 流動負債合計
0円
 
固定負債合計
0円
 
負債合計
0円
 
正味財産合計
377,104円
 
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

運営理事会(発災時対応、緊急予算・派遣地域・人員規模・資機材調整・罹災現地情報収集・同管理方針の決定・派遣規模によって臨時総会の招集可否を含め迅速な決断のために必要な議論および最終決議と実施運営)
年次総会(決算報告・活動年間報告とその総括・理事の選任・次年度方針・計画予算の提案及び議論とその可否承認)

会員種別/会費/数

一般会員/5000円(年)

加盟団体

吹田災害支援ネットワーク

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
 
 
非常勤
 
 
無給 常勤
7名
1名
非常勤
 
1名
常勤職員数
8名
役員数・職員数合計
7名
イベント時などの臨時ボランティア数
40名

行政提出情報

報告者氏名

報告者役職

法人番号(法人マイナンバー)

4120905005169

認定有無

認定あり

認定年月日

2015年10月5日

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

その他

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

日本会計基準(公益に資するを主たる目的とする共益的活動(設立1年以上・共益的活動割合50%未満)・非営利型一般社団法人)

監査の実施

実施済み

監視・監督情報

このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

 

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

決算報告書
(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表) 決算報告書(財産目録) 事業報告書
2019年度(前年度)
 
 
 
 
2018年度(前々年度)
 
 
 
 
2017年度(前々々年度)
 
 
 
 
2016年度
 
 
 
 
2015年度
 
 
 
 

予算・事業計画

予算書類 事業計画書
2020年度(当年度)
 
 
2019年度(前年度)
 
 
2018年度(前々年度)
 
 
2017年度(前々々年度)
 
 
2016年度
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら