京都ピアノとうたの音楽ひろば(任意団体)

基礎情報

団体ID

1554413953

法人の種類

任意団体

団体名(法人名称)

京都ピアノとうたの音楽ひろば

団体名ふりがな

きょうとぴあのとうたのおんがくひろば

情報開示レベル

★ ★

第三者認証マーク

団体の概要

京都の音楽ボランティアグループ「京都ピアノとうたの音楽ひろば」です。子どもからシニア世代の皆さんに、音楽に触れる楽しみを感じていただけるような出逢いと集いの場を提供することを目的として活動しています。

当団体へのお問い合わせは、恐れ入りますが、電話、携帯電話、FAX、メールでとりいそぎ御連絡ください。後日、改めてこちらから連絡いたします。

なお、出演活動に際しましては交通費をいただいておりますのでご承知おきください。交通費につきましては、当団体が行う東日本大震災避難者&青少年のピアノ・バイオリン習い事支援の活動に充てておりますのでご協力いただきましたら幸いに存じます。

代表者役職

代表

代表者氏名

上平 知子

代表者氏名ふりがな

うえひら ともこ

代表者兼職

主たる事業所の所在地

郵便番号

-

都道府県

京都府

市区町村

-

市区町村ふりがな

-

詳細住所

-

詳細住所ふりがな

-

お問い合わせ用メールアドレス

kyotopiauta@gmail.com

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

075-493-1580

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

8時30分~19時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土

備考

携帯電話080-9161-1580

FAX番号

FAX番号

075-493-1580

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

8時30分~19時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

-

都道府県

-

市区町村

-

市区町村ふりがな

-

詳細住所

-

詳細住所ふりがな

-

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2013年3月1日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

 

活動地域

県内

中心となる活動地域(県)

京都府

最新決算総額

100万円~500万円未満

役員数・職員数合計

1名

所轄官庁

所轄官庁局課名

このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

 

子ども、青少年、障がい者、高齢者、福祉、保健・医療、地域・まちづくり、文化・芸術の振興、人権・平和

設立以来の主な活動実績

主催事業
・みんなで歌おう!うたごえカフェ
・東日本大震災避難者こども、青少年ピアノバイオリン習い事支援)
・中高年から楽しむピアノサークルの運営、指導
・集合住宅と地域をつなぐ多世代交流居場所・きずなづくり事業「ことはいカフェ」実行委員会の運営等
・ママと子どもたちのための音楽ひろば、わくわく!あそびの広場(子育て支援)
・タブレット・スマホで合奏 演奏指導・編曲提供

団体の目的
(定款に記載された目的)

「京都ピアノとうたの音楽ひろば」は、
音楽のボランティアグループとして、子どもから高齢者のすべての世代や、生涯を通じて学びあえる音楽を創造し、音楽を通じて演奏の楽しみや、趣味を通じて生きがいを感じ、地域の方が集える場、居場所を提供することを目的に活動しています。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

●コロナ禍に伴い、2020年2月から対面による活動を原則休止しています。

●2020年4月から「おうちで歌おう!うたごえカフェ」と題して、毎月のうたを7曲程度収めたCD・DVD(歌集付)を介護施設に寄贈する活動をスタートさせました。2020年4月の1回目の緊急事態宣言中は公共のエッセンシャルワーカーの皆様にも届けようと当団体と関わりのある公共施設にも寄贈しました。
 寄贈は1年間で延べ710枚となりまして、介護施設等から手紙、メール、FAXで多くの感謝の声を受けております。同動画はYoutubeでも配信し、全国の介護施設でも誰でも視聴いただけるようになっており視聴回数は1年間で5,500回を超えました。
 この活動は、京都市と京都市社会福祉協議会が刊行した「京都市地域支え合い活動~今こそつながろう~」のオンライン活動の推奨事例の1つとして紹介されております。

●これまでのうたごえカフェ参加者でインターネット動画が見られない方にはCD・DVDの配布を行い1年間で270枚配布しました。コロナ禍で対面開催ができない時期も毎月1回はがぎを送付し延べ3,829人の皆様と繋がりを絶やさないようにしています。

●対面で行う【主催事業 みんなで歌おう!うたごえカフェ】は感染防止のため中止しております。
●オンラインレッスン以外のレッスン(ピアノ、バイオリン、フルート、習い事支援、タブレット合奏)は感染防止のため原則中止しておりますが、先の受講に関しては対応できますのでとりあえずお問い合わせください。
●音楽ボランティアの派遣は感染防止のため中止しておりますが、先の依頼に関しては対応できますのでとりあえずお問い合わせください。

現在特に力を入れていること

●介護施設へのCD・DVDの寄贈活動に力を入れています。
現在、京都府内では変異株の感染拡大懸念もあり、介護施設の感染防止対策への緊迫感はMAXとなっている状況であり、外部面会者やボランティアの受け入れが中止されたままで、職員さんも利用者さんも心身共に疲弊している、という話も伺っております。この、介護施設へのCD・DVD寄贈活動は介護施設さんからの要望も多く大変感謝していただいております。動画を作成し、寄贈と共にYouTubeチャンネルでも公開し、全国の介護施設の皆様がアクティビティやレクで活用できるようしています。

●コロナ禍までに当団体が主催してきた「みんなで歌おう!うたごえカフェ」の参加者約350人には、コロナ禍で対面活動を休止中も、居場所事業が開催できず直接会えない代わりにコロナウイルス感染防止の広報と高齢者を元気づけ心と心のつながりを提供する目的で、毎月1回はがきを延べ3,829人に送付しました。財政逼迫のため2021年5月から不定期に送付する代わりに、新たにメールマガジン、LINE公式アカウントによる情報発信に力を入れたいと思います。

今後の活動の方向性・ビジョン

 CD等を寄贈した介護施設からは多くの御礼のメッセージをいただき、これまでの「みんなで歌おう!うたごえカフェ」の参加者からはお手紙やZoom配信での対面時に感謝の言葉や激励の言葉をいただいた。参加者からの寄付も大変貴重でありました。
 また、これまで京都市内の複数の区でまちづくり助成金の認証を受け居場所事業を行ってきた経緯から、左京区社会福祉協議会からはさわやか福祉財団地域助け合い基金の推薦意向の連絡を受け、北区・下京区社会福祉協議会からも様々な激励をいただきました。動画配信の直接経費は京都市中小企業等緊急支援補助金の認証を受けることができました。対面開催が難しい中収入はゼロになった上、持続化給付金や府のコロナ関連助成金は任意団体が対象外となり財政的には大変厳しい状況であったが、京都府の交付金をはじめ京都市や公益財団等の補助金、基金に助けられました。
 当団体の現況に対する励ましと事業継続の要望の声、志を受け、コロナ禍で通常の事業開催が困難な中にあっても改めて事業を継続させる大きな力となっています。みんなで集まって歌う主催事業や介護施設等への音楽ボランティアなど対外的な活動はまだ難しくコロナ禍前の事業も縮小せざるを得ない状況であるが、「つながりは絶やさない」「スタッフが安全に事業をできる事、参加者が安心して事業に参加できる事」を前提に感染を広げないような活動方法を模索していきます。

定期刊行物

団体の備考

出演実績
【京都府】あすKYOフェスタ(京都府避難者支援プラットフォーム、京都府人権啓発イメージソング啓発)、東日本⇔京都交流相談会(京都府避難者支援プラットフォーム)、ヒューマンフェスタ、お茶といけばなの祭典、他人事じゃない・特殊詐欺を0に、なんたん子育てフォーラム、避難者交流会(復興庁主催、京都府・NPO法人和共催)【京都市】セカンドライフをいきいきと生きる・左京からだの学校(左京区)、子育て教室キッズパークin立誠(中京区)、伏見いきいき市民活動センター高齢者ふれあいサロン(伏見区)、北いきいき市民活動センター高齢者ふれあいサロン(北区)、下京西部地域包括支援センター認知症カフェ(下京区)、仁和地域包括支援センター(上京区)、平野デイサービスセンター(北区)、衣笠デイサービスセンター(北区)、大宅地域包括支援センター(山科区)、紫竹児童館(北区)、久世いきいき市民活動センター(南区)、修学院第二児童館(左京区)【他の市町村】シルバー懇カフェ(長岡京市)、久御山町社会福祉協議会(久御山町)【各種団体】多数
このページの先頭へ

協働実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

(授賞実績)
・京都市 平成30年度京都はぐくみ憲章【はぐくみ大賞】
(東日本大震災避難者子ども、青少年ピアノバイオリン習い事支援)
(助成金交付実績等)
<京都府>京都府地域力再生プロジェクト支援事業交付金
・平成26、28、29、30年度みんなで歌おう!うたごえカフェ
・平成26年度京都と東北を結ぶみんなのカフェハーモニー団「花は咲く」~東北の復興への願いと東日本大震災を風化させない思いを歌に込めて~
<京都府>京都府地域交響プロジェクト交付金
・令和元年度、2年度みんなで歌おう!うたごえカフェ【重点課題対応プログラム採択事業】
<京都市>
・京都市中小企業等緊急支援補助金(コロナ禍)
<京都市北区>
・平成26、27、28年度北区民まちづくり提案支援事業補助金(みんなで歌おう!うたごえカフェ:北区開催分)
<京都市左京区>
・平成28、29、30年度左京区まちづくり活動支援交付金(みんなで歌おう!うたごえカフェ:左京区開催分)
<京都市下京区>
・平成27、28、29年度下京区区民が主役のまちづくりサポート事業補助金(みんなで歌おう!うたごえカフェ:下京区開催分)
<京都市伏見区>
・平成26、27年度伏見区区民活動支援事業補助金(みんなのうたごえカフェ:伏見区開催分)
<社会福祉法人京都市北区社会福祉協議会>
・平成30年度、令和元年度(赤い羽根共同募金助成・北区ボランティアグループ等活動助成)
<社会福祉法人京都市下京区社会福祉協議会>
・平成30年度、令和元年度(赤い羽根共同募金助成事業・下京区居場所活動助成)
<公益財団法人京都新聞社会福祉事業団>
・平成27年度 つながりcafe~京都と東北をつなぐ私たち・僕たちのコンサート~
・平成29年度、30年度 、2019年度 京都新聞福祉活動支援助成
<公益信託京都ライオンズクラブ地域社会奉仕活動助成基金>
・平成27年度 東日本大震災避難者&青少年ピアノバイオリン習い事支援、ママと子どもたちのための音楽ひろば
<公益財団法人大阪ガスグループ福祉財団>
・平成28年度高齢者福祉助成
<公益財団法人さわやか福祉財団>
・地域助け合い基金(コロナ禍)

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

●一般社団法人なごみ(京都市下京区、2021年4月1日NPO法人和から分社化)様との協働
 2013年11月から、避難者支援活動を行う一般社団法人なごみと協働し支援金を受け、東日本大震災で被災し京都に避難されている大人・子どものピアノ・バイオリンの習い事支援を行っています。これまで延べ1,842名が受講し、現在は6名が習っています。ヒアリングの上、参加費を低廉にするほか、楽譜・教材・電子鍵盤楽器を支援し、バイオリンについては貸与しています。

●チャリティコンサート響きプロジェクト(旧:コンサート企画エクスプレッション)様との協働
 2015年7月から、京都府避難者支援プラットフォームの参加団体である響きプロジェクトから当団体が行う習い事支援活動への賛同と習い事支援バイオリン部門の開始検討依頼があり、協議の上避難されている大人・子どものバイオリン習い事支援の行っており講師をご担当いただくなどしていただいております。

●コトーハイツ伏見稲荷きずなづくり事業実行委員会(京都市伏見区、集合住宅)様との協働
 多世代交流居場所「ことはいカフェ」の開催
・平成30年度京都府地域力再生プロジェクト交付金認証
・平成28、29年度伏見区区民活動支援事業補助金認証
・深まるねっと2019(伏見区深草支所)「深草まちづくりサポート事業」採択事業
・社会福祉法人京都市社会福祉協議会 平成28年度福祉の絆づくり事業

企業・団体との協働・共同研究の実績

●オムロン株式会社様との協働
 2019年10月から、オムロン株式会社様の地域貢献活動の一環として、従業員様のボランティア活動の受け入れを行っております。

●ナーシングケアホームおとく(京都市北区、小規模多機能型居宅介護、居宅支援事業所)様との共同研究・協働
 公益財団法人フランスベッド・メディカルホームケア研究・助成財団2019年度ボランティア活動助成金認証(共催事業:よちよち・ぼちぼちコンサート)

行政との協働(委託事業など)の実績

●京都府避難者支援プラットフォームとの協働
 2012年2月、京都府内避難者へのよりよい支援に向けNPO等民間支援団体や行政が連携し取組を進めるために立ち上げられました。
 当団体は2013年11月から参加し、月1回会議に参加するほか、毎年11月京都府民交流フェスタに「東日本⇔京都つながりカフェ」として参加し、ステージの合唱(花は咲くを習い事支援の生徒とプラットフォームのメンバーとで演奏、京都府人権啓発ソングの啓発演奏)、うたごえカフェの開催など行い、府民と避難者との交流に寄与しました。
 また、毎年3月には、避難者の方々の交流や今後の生活のための相談などを行う「東日本⇔京都交流相談会」に参加し、つながりステージの運営(うたごえカフェ、習い事支援生徒の発表会、避難者の楽器演奏会など)を担当した。
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

100万円~500万円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

会計情報 CANPAN標準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算 2021年度(当年度)予算
内訳 会費
0円
 
 
寄付金
15,460円
 
 
民間助成金
 
 
 
公的補助金
467,000円
 
 
自主事業収入
2,137,320円
 
 
委託事業収入
 
 
 
その他収入
 
 
 
当期収入合計
2,619,780円
 
 
前期繰越金
 
 
 
<支出の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算 2021年度(当年度)予算
当期支出合計
3,116,491円
 
 
内人件費
937,345円
 
 
次期繰越金
 
 
 
備考
人件費はうたごえカフェや子育て支援活動における専門家講師報酬分のみ。給料、賃金は発生していない。
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算
内訳 流動資産
313,900円
 
固定資産
0円
 
資産の部合計
313,900円
 
<負債の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算
内訳 流動負債
2,079,503円
 
固定負債
0円
 
負債の部合計
2,079,503円
 
<正味財産の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
 
 

会計情報 NPO法人会計基準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算 2021年度(当年度)予算
内訳 受取会費
0円
 
 
受取寄附金
15,460円
 
 
受取民間助成金
 
 
 
受取公的補助金
467,000円
 
 
自主事業収入
2,137,320円
 
 
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
 
 
 
経常収益計
2,619,780円
 
 
<支出の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算 2021年度(当年度)予算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
3,116,491円
 
 
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
 
 
 
次期繰越正味財産額
 
 
 
備考
人件費はうたごえカフェや子育て支援活動における専門家講師報酬分のみ。給料、賃金は発生していない。
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算
内訳 流動資産合計
313,900円
 
固定資産合計
0円
 
資産合計
313,900円
 
<負債及び正味財産の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算
内訳 流動負債合計
2,079,503円
 
固定負債合計
0円
 
負債合計
2,079,503円
 
正味財産合計
 
 
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

会員種別/会費/数

加盟団体

公益財団法人京都市ユースサービス協会青少年育成団体、京都府避難者支援プラットフォーム参加団体、京都市市民活動総合センター登録団体、京都市福祉ボランティアセンター登録団体、

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
 
 
非常勤
 
 
無給 常勤
1名
 
非常勤
 
 
常勤職員数
 
役員数・職員数合計
1名
イベント時などの臨時ボランティア数
31名

行政提出情報

報告者氏名

報告者役職

法人番号(法人マイナンバー)

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

 

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

未実施

監視・監督情報

このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

 

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

年度別添付資料

決算・事業報告

決算報告書
(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表) 決算報告書(財産目録) 事業報告書
2020年度(前年度)
 
 
 
 
2019年度(前々年度)
 
 
 
 
2018年度(前々々年度)
 
 
 
 
2017年度
 
 
 
 
2016年度
 
 
 
 

予算・事業計画

予算書類 事業計画書
2021年度(当年度)
 
 
2020年度(前年度)
 
 
2019年度(前々年度)
 
 
2018年度(前々々年度)
 
 
2017年度
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら