特定非営利活動法人全国こども福祉センター

基礎情報

団体ID

1570718120

法人の種類

特定非営利活動法人

団体名(法人名称)

全国こども福祉センター

団体名ふりがな

ぜんこくこどもふくしせんたー

情報開示レベル

★ ★ ★ ★ ★

第三者認証マーク

あいちコミュニティ財団

認証日:2014年4月8日

団体の概要

支援を求めない、援助機関に訪れない子どもの存在があります。
全国こども福祉センターは、子ども家庭福祉の当事者である10代、20代のメンバーがフィールドワークをとおして観察、アウトリーチ活動をおこないます。全員が発信者であり、問題解決の主体として活動しています。

(1)子ども・若者がフィールドワークに参加する
(2)アウトリーチをとおして、発見する、繋がる
(3)支援をする、されるの関係性ではなく、新しい関係性をはぐくむ


2012年から活動を開始。直接接触型のアウトリーチを実践しています。
・着ぐるみを着てPRしたり、活動紹介をSNSで投稿、配信しています。
・子ども達の「行動範囲」や「居場所」の変化に伴い、繁華街やインターネットでフィールドワークを実施しています。必要に応じて、声かけ、コミュニケーションなどの介入を試みています。

代表者役職

理事長

代表者氏名

荒井 和樹

代表者氏名ふりがな

あらい かずき

代表者兼職

特定非営利活動法人 こどもサポートネットあいち

主たる事業所の所在地

郵便番号

453-0014

都道府県

愛知県

市区町村

名古屋市中村区

市区町村ふりがな

なごやしなかがわく

詳細住所

則武1-16-8 第一Uコーポ405

詳細住所ふりがな

お問い合わせ用メールアドレス

k0domo@yahoo.co.jp

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

052-756-3399

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

10時00分~15時00分

連絡可能曜日

水 木 金 土

備考

FAX番号

FAX番号

-

連絡先区分

-

連絡可能時間

-

連絡可能曜日

-

備考

-

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2012年7月7日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2013年5月31日

活動地域

複数県

中心となる活動地域(県)

愛知県

最新決算総額

500万円~1,000万円未満

役員数・職員数合計

20名

所轄官庁

名古屋市

所轄官庁局課名

名古屋市市民活動推進センター
このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

子ども

 

青少年、障がい者、福祉、教育・学習支援、地域・まちづくり、スポーツの振興、地域安全、人権・平和、男女共同参画、就労支援・労働問題、行政への改策提言、学術研究(文学、哲学、教育学、心理学、社会学、史学)

設立以来の主な活動実績

2012年7月  社会的養護を受けられない(受けようとしない)子ども若者が増加していくなかで、地域に受け皿を作りたいと考え、任意団体(学生団体)設立。当事者である若者と共に考案した着ぐるみを使ったアプローチ、ICTや動画配信を活用したアウトリーチと居場所づくりで、コミュニティ運営。声かけボランティア、街頭募金、バドミントン、季節行事を開催し、参加者は400名を超えた。

2013年 5月法人登記。社会福祉士と学生メンバー協働による「アウトリーチ」と「居場所づくり」を実施する。 公募助成で徐々に評価され採択され、翌年開催される「子ども虐待防止世界会議名古屋2014」の現地委員会に選出。ユース実行委員として全国こども福祉センターから高校生など21名を派遣。

2014年 事務所を名古屋市北区から同市中川区に移転。アウトリーチとフィールドワークを実施。社内研修としてアウトリーチのスキル・子ども若者支援を中心とした自立支援マネージャー養成講座とシェルターを事業開始。少年(男の子)の支援を目的とした居場所づくりとしてフットサルコミュニティを運営。名古屋市子ども若者支援地域協議会のネットワークに参加。チャット機能、SNS、アプリ運用による介入、コミュニケーションを開始。

2015年 
アウトリーチ(直接接触型)研修を開始(名古屋市地域福祉リーディングモデル事業/後援:名古屋市教育委員会・愛知県教育委員会)。アウトリーチスキルの養成と地域資源、社会につなぐことを目的に始めたが、支援を前提としない場合や、ボランティアベースで仲間としてかかわることなど、アウトリーチのスタンスが異なる。6名の調査員によるサイバー調査を実施。川崎中一男子殺害事件、刈谷市集団暴行死事件、大阪中一男女殺害事件で多数のメディアに取材協力。

2016年 
東京支部が発足。アウトリーチ国内普及プログラム実施。子供の未来応援国民運動推進事務局(内閣府・厚生労働省・文部科学省・日本財団)による子ども貧困対策事業に選定される。全国(主要都市;東京・大阪・名古屋・神戸・福岡)でシンポジウム・講演会を無償(一部有料)で実施し、アウトリーチ普及に貢献。

2017年 
子ども貧困対策事業に選定されたアウトリーチ国内普及プログラム事業を展開。アウトリーチのコンサルティングをおこなう。座間市9遺体殺人事件で多数のメディアに取材協力。

2018年 
実践にもとづいたアウトリーチ人材の専門養成研修。研修5年目の節目を迎え、アウトリーチ(直接接触型)研修卒業生・講師合同企画による「実践ふくし大学」を開始。https://jf-unv.jimdo.com/

団体の目的
(定款に記載された目的)

(目的)
・次代を担う子ども若者を対象にした社会教育・文化活動をおこなう。
・子ども・若者と活動し、社会参画の後押しをする。
・社会貢献活動をとおして、福祉や助け合いの輪を広げていく。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

(1)街頭パトロール・相談事業(パトロール回数44回/年 相談:随時)
(2)居場所づくり事業(中高生の居場所づくり事業・スポーツ:毎月二回以上実施)
(3)まちづくり事業(地域の行事への参加・子ども若者の参画:随時)
(4)シェルター・自立支援事業(貧困や暴力などの一時避難所設置:随時)
(5)その他非行防止に関する事業(親子や指導者対象の授業・研修会:随時)

(補足説明)
(1)街頭パトロールはフィールドワークのこと。対象やボランティアの年齢に合わせて言い換えている。毎週、継続的に行っている。場所は、愛知県内の主要駅(名古屋駅・金山駅・栄駅)で行っている。祭礼行事は重点的に巡回。喫煙・飲酒している未成年に声をかけ、繋がりを持っている。
広報・募金活動、SNSの運用も啓発の手段として行っている。  

(2)複数の居場所を用意し、棲み分けを行っている。
(a)バドミントン(全般) (b)フットサル(少年) 
(c)食事交流会 (d)ボランティア・ミーティング

(3)孤立した子ども若者が地域の行事に参加することで、「まちづくり」に携わる。

(4)DVや貧困・緊急介入が必要な時利用できるシェルターを2014年3月より開始。

(5)その他非行防止に関する事業について
授業や講義・地域行事や大学祭等にも積極的に参加。子ども若者の現状を伝えている。紙芝居や寸劇、講義も当事者の子ども若者が中心で行っている。

現在特に力を入れていること

・自分の団体内だけで活動をするのではなく、他機関や協力団体と一緒に活動している。
・こまめに情報共有をしている。
・活動を継続していくために後継者や人材の確保に力を入れている。
・学生ボランティアの養成に力を入れている。
・街頭に出ることでの地域への理解と活動内容を周知。

今後の活動の方向性・ビジョン

・福祉・医療・教育・司法分野への認知
・点在する支援者やボランティアの養成
・アウトリーチ教育の普及、コンサルティング

定期刊行物

会報誌として年数回発行
第1号は2013年10月20日発行。250部
「全国こども福祉センター通信」

団体の備考

10代の当事者とともに活動する。問題解決の主体として、全員が発信者を目指す。
スタッフもボランティアも10代から20代前半で若者が多く参加。
NPOの運営は社会福祉士がサポート。
2018年以降、運営費は助成金に頼らず、自分たちで出し合っている。
このページの先頭へ

協働実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

(1) 平成25年度子ども夢基金(平成25年度後期)
(2) PSM協力会(パチンコセーフティマイタウン)助成金 平成25年度 
(3) 公益信託愛・地球博開催地域社会貢献活動 25年度後期(初期活動) 
(4) 26年度地域の子ども応援事業(名古屋市社会福祉協議会)
(5) なごや子どもとつくる基金
(6) 名フィル・子どもエール基金
(7) キリン福祉財団「平成26年度キリン・子育て応援事業」
(8) 公益信託愛・地球博開催地域社会貢献活動 26年度(展開期)
(9) 公益財団法人住友生命健康財団
「スミセイ コミュニティスポーツ推進助成プログラム」27年度~31年度
(10) 2014年度ドコモ市民活動団体助成

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

(1)当事者による講座を開講
愛知サマーセミナー2013・愛知サマーセミナー2014(NPO法人アスクネット) 
南山学園(南山大学・南山高等部)で5講座開講(2013年7月)
名古屋市立大学・名古屋大谷高校・高蔵高等学校で10講座開講(2014年7月) 
    
(2)子ども若者の社会参画
子ども虐待防止世界会議名古屋2014ユースフォーラム・ユースプレナリーに参加。
ユースフォーラム実行委員会に6名、現地委員会に2名所属。

(3)企画委員会 26年度企画委員会に所属 (名古屋市子ども青少年局)
(4)子どもNPO白書(日本子どもNPOセンター)執筆
(5)なごや貧困子ども白書(NPO法人子ども&まちネット)執筆 

企業・団体との協働・共同研究の実績

2016/1/15~16  難民化する子ども・若者;韓国と日本の実践から学ぶ「社会のなかで居場所を作りたい;全国こども福祉センターのアウトリーチ(直接接触型)と居場所づくり」日韓シンポジウム(会場:立命館大学) パネリスト
2016/2/26 長野県児童福祉施設連盟研修
2016/10/21 三重県社会福祉大会講演(三重県社会福祉協議会) 
2017/5/18 愛知黎明高等学校 (弥富市)
2017/7/3 福岡県児童館職員研修(福岡市)
2018/8/22 北海道民生委員児童委員連盟 講演 ほか

行政との協働(委託事業など)の実績

2013/8~2014/3 ぼらチャリ 名古屋市市民経済局
2015/3 名古屋市中川区 人権尊重のまちづくり講演会 
2016/1 大阪府 (学生の視点で考える自殺予防事業)講演会(大阪人間科学大学富澤研究室) 
2016/2 山梨県教育庁 やまなし青少年社会環境健全化推進会議 講演
2016/2 愛知県半田市 子ども貧困フォーラム 基調講演
2016/7 豊田市 豊田市青少年センター 講演
2016/8 群馬県教育委員会 講演
2016/12 知多市 若者女性支援室 講演会(若者サポートセミナー)
2017/6  岐阜県青少年育成県民会議定時総会 講演
2018/6 長野県東御市教育委員会
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

500万円~1,000万円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

会計情報 CANPAN標準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
内訳 会費
70,000円
90,000円
90,000円
寄付金
1,500,000円
851,824円
480,000円
民間助成金
2,500,000円
0円
500,000円
公的補助金
0円
0円
0円
自主事業収入
1,510,000円
322,491円
180,000円
委託事業収入
0円
0円
0円
その他収入
0円
20,000円
31円
当期収入合計
5,581,000円
6,696,456円
1,250,031円
前期繰越金
2,700,000円
6,764,614円
2,339,342円
<支出の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
当期支出合計
5,574,000円
11,107,771円
2,475,260円
内人件費
765,000円
5,973,657円
480,000円
次期繰越金
2,700,000円
2,339,342円
2,339,342円
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動資産
3,497,519円
3,497,519円
固定資産
132,435円
132,435円
資産の部合計
3,629,954円
3,629,954円
<負債の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動負債
790,612円
790,612円
固定負債
500,000円
500,000円
負債の部合計
1,290,612円
1,290,612円
<正味財産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 前期正味財産
6,764,614円
6,764,614円
当期正味財産増減額
4,425,272円
4,425,272円
当期正味財産合計
2,339,342円
2,339,342円

会計情報 NPO法人会計基準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
内訳 受取会費
70,000円
90,000円
90,000円
受取寄附金
1,500,000円
851,824円
480,000円
受取民間助成金
2,500,000円
0円
500,000円
受取公的補助金
0円
0円
0円
自主事業収入
1,510,000円
322,491円
180,000円
(うち介護事業収益)
 
 
0円
委託事業収入
0円
0円
0円
(うち公益受託収益)
 
 
0円
その他収益
0円
20,000円
31円
経常収益計
5,581,000円
6,696,456円
1,250,031円
<支出の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
内訳 事業費
 
 
2,457,260円
(うち人件費)
 
 
480,000円
管理費
 
 
18,000円
(うち人件費)
 
 
0円
経常費用計
5,574,000円
11,107,771円
2,475,260円
当期経常増減額
 
 
0円
経常外収益計
 
 
0円
経常外費用計
 
 
0円
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
0円
前期繰越正味財産額
2,700,000円
6,764,614円
2,339,342円
次期繰越正味財産額
2,700,000円
2,339,342円
2,339,342円
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動資産合計
3,497,519円
3,497,519円
固定資産合計
132,435円
132,435円
資産合計
3,629,954円
3,629,954円
<負債及び正味財産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動負債合計
790,612円
790,612円
固定負債合計
500,000円
500,000円
負債合計
1,290,612円
1,290,612円
正味財産合計
2,339,342円
2,339,342円
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

・学生コアメンバー(学生ミーティング)
・サポーター会員と学生コアメンバーによる話し合い
・学生と理事メンバーによる話し合い
・理事会

会員種別/会費/数

正会員 ・個人 /年 5000円
    ・団体  /年10000円     
サポーター会員 /月額5000円
賛助会員 ・個人 /年 3000円   

入会金なし

加盟団体

なし

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
0名
0名
非常勤
0名
0名
無給 常勤
1名
2名
非常勤
17名
0名
常勤職員数
3名
役員数・職員数合計
20名
イベント時などの臨時ボランティア数
30名

行政提出情報

報告者氏名

荒井 和樹

報告者役職

理事長

法人番号(法人マイナンバー)

認定有無

認定なし

認定年月日

2013年5月31日

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

NPO法人会計基準

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

実施済み

監視・監督情報

平成28年6月 監査をしました。
平成29年6月 監査をしました。
このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

入会申込書

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

その他事業に関する資料

年度別添付資料

決算・事業報告

決算報告書
(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表) 決算報告書(財産目録) 事業報告書
2018年度(前年度)
2017年度(前々年度)
2016年度(前々々年度)
2015年度
2014年度

予算・事業計画

予算書類 事業計画書
2019年度(当年度)
2018年度(前年度)
2017年度(前々年度)
2016年度(前々々年度)
 
 
2015年度

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら