助成制度名

日本財団ソーシャルイノベーションアワード2018

実施団体

日本財団ソーシャルイノベーションアワード2018 運営事務局

関連URL

お問い合わせ先

日本財団ソーシャルイノベーションアワード2018 運営事務局(平日10:00~18:00)
電話:0120-133-083
メールアドレス:info@social-innovation-award2018.jp
メールにてお問い合わせの際は、件名を「日本財団ソーシャルイノベーションアワード2018」としてください。
携帯電話のアドレスをご利用の場合、ドメイン @social-innovation-award2018.jp が受信可能な設定にしていただきますようお願い申し上げます。

募集ステータス

募集中

募集時期

2018年6月18日~2018年7月13日

対象分野

すべて対象

対象事業

事業プロジェクト

内容/対象

1. 本制度の趣旨
我が国の社会課題は、社会構造の変化を背景に高度化・複雑化しており、行政やNPO等による単独のアプローチでは解決が困難になっています。今日の山積する社会課題を解決するには、セクター(行政、企業、NPO等団体、研究機関、その他)の垣根を越えて協働し、互いのアイデアやリソースを持ち寄り、新しい発想とネットワークで社会変革、ソーシャルイノベーションを引き起こすことが必要です。
「日本財団ソーシャルイノベーションアワード2018」(以下、本アワード)では、そうしたソーシャルイノベーションの創出に取り組む革新的な人材・チームを日本中から公募し、表彰します。
なお、本アワードは、昨年度まで実施しておりました「ソーシャルイノベーター支援制度」を改編し、支援内容や対象団体などに変更を加え、新たに実施するものです。

2. 本制度の概要
応募者から約10組を「ソーシャルイノベーター(以下、SIという)」として選出する。
本年9月に行なわれる「日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム2018」内において、各SIがプレゼンテーションを実施し、特に優れたSIについて、「日本財団ソーシャルイノベーションアワード2018」を表彰する。

3. 賞金
最優秀賞:1,000万円(1件)
優秀賞:500万円(2件)

4. SIに求める要件
既成概念にとらわれない発想で、社会課題を解決するビジョンを有すること
ビジョンを実現するための革新的なアイデアを有すること
アイデアを実践・継続・発展させうる戦略を有すること
社会課題解決に向けた強い意欲を有し、プロジェクトを遂行する覚悟を有すること
セクターを越えたチームを組成し、共通認識の醸成や利害関係の調整を行い、マルチセクターの協働を実現する能力を有すること
自らの活動を積極的に発信し、内外の協力を引き出す訴求力及び説得力を有すること

5. 対象となる事業
主に日本が抱える社会課題に挑戦し、今回のアワードを契機に新たな価値が創出されることが期待される事業。事業は萌芽期にあるものとし、投資家等から大規模な資金調達を既に実施していない事業に限る。なお、既存商品・サービスの運転資金に充当するための応募は、原則として認めない。

応募制限

その他
全ての法人および団体(営利、非営利を問わない)。任意団体も可。個人での応募は認めない。

応募方法

1.日本財団ソーシャルイノベーションアワード2018エントリーシート(EXCEL / 322KB)をダウンロードして、応募する事業についてご記入をお願いします。なお、エントリーシートにはロジックモデルを記載していただきますので、「ロジックモデル作成ガイド 」(WORD / 312KB)をご参考にしながら、ご記入をお願いします。
2.応募フォーム(下記のボタン)に応募される団体および担当者についてご記入をお願いします。
3.応募フォーム入力後、予めご記入いただいたエントリーシートをアップロードし、ご提出ください。

選考方法

選考は選考委員(後日発表)が実施します。

決定時期

2018年9月8日(土)、9日(日)プレゼンテーションアワード受賞者決定
日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム2018に参加いただき、プレゼンテーション(9月9日予定)を実施します。

助成金額

助成金総額: 20,000,000円
1件あたりの上限額: 10,000,000円

昨年度実績

昨年度実績なし

備考

・この助成制度は団体のホームページを参照して、CANPAN運営事務局で入力しているものです。
・詳細は関連URLのリンクより当該団体のホームページにてご確認ください。
  • 戻る