助成制度名

令和2年度 中川運河再生文化芸術活動助成事業(愛称:中川運河助成ARToC10)

実施団体

関連URL

お問い合わせ先

公益財団法人名古屋まちづくり公社
名古屋都市センター 調査課
〒460-0023
愛知県名古屋市中区金山町1-1-1 金山南ビル13階
月曜~金曜日 9時~17時(12時~13時を除く)
TEL:052-678-2216 
FAX:052-678-2209
E-mail:artoc10@nup.or.jp

募集ステータス

募集中

募集時期

2019年10月1日~2019年11月29日

対象分野

まちづくり、学術・文化・芸術・スポーツ、観光

対象事業

事業プロジェクト

内容/対象

中川運河「にぎわいゾーン」の魅力向上を目指し、中川運河を舞台とする市民交流・創造活動につながるアートへの助成を行います。アート事業は作品発表やワークショップ、イベントの開催などの活動が対象となります。


◆部門・助成金額
・プロジェクト部門【助成金額 最大300万円】
 中川運河の「場」を活かす斬新な発想と実験的な取組みにより、「シビックプライド(街への誇り)」を
 地域に育む創造的なアートを募集します。

・トライアル部門【助成金額 最大50万円】
 プロ・アマ問わず全て人がアートでチャレンジし、市民や地域の方々の運河への関心を高めるような
 アートを募集します。

※応募はどちらかの部門に対して1提案のみ可能です。
※助成金の額は減額もあり、申請額のとおり選考されるとは限りません。

応募制限

地域限定
次に該当する方が応募可能です。(法人格の有無は不問です。)
(1)東海三県(愛知・岐阜・三重)に在住または在勤、在学する者、またはその者を構成員に含む団体
(2)団体にあっては会計経理が明確であること
(3)代表者が20歳以上であること

ただし、次のいずれかに該当する者(団体を含む)は除きます。
(ア)宗教、政治を目的として活動を行う者
(イ)暴力団または暴力団員が役員となっている団体、暴力団または暴力団員と密接な関係を有する者
(ウ)行政および行政が出資する団体、法令遵守に問題の認められた団体

応募方法

次の書類を窓口に持参してください。(郵送不可)
提出日の3日前までに予約のうえ、申請者または書類を作成された方が持参してください。

(1)助成申請書(第1号様式) (団体は名簿を添付)
(2)事業提案書(第2号様式)
(3)アートのイメージ、企画書、実績、履歴などの補足資料(様式自由)A4両面5枚まで

※(1)、(2)はホームページよりダウンロードして作成してください。
※(1)~(3)は正本を1部、副本を6部、綴じないで提出してください。
※ホチキス、ファイル等の使用は不要です。

その他、応募の詳細はホームページの募集要項でご確認ください。

選考方法

第1次選考 書類選考(申請書類による事前審査)

第2次選考 選考会
プロジェクト部門:提案発表および面談
トライアル部門 :面談
※審査(面談・提案発表)は非公開です。結果公表は当日会場にて行います。
※当日の配布資料の持ち込みはできません。作品等の持ち込みはできますが、事前に連絡をしてください。
※申請者が選考会当日に出席できない場合は、審査の対象としません。

決定時期

【選考会】
日程:令和2年2月14日(金)
場所:名古屋都市センター14階 会議室(金山南ビル内)
※時間等の詳細は、第1次選考を通過した申請者にあらためてお知らせします。

助成金額

助成金総額:
1件あたりの上限額: 3,000,000円

昨年度実績

応募件数:16件 / うち継続0件
助成件数:7件 / うち継続0件
助成金総額:8,500,000円 / うち継続0円

備考

  • 戻る