助成制度名

芸術文化振興基金(舞台芸術等の創造普及活動)

実施団体

(独法)日本芸術文化振興会

関連URL

お問い合わせ先

募集ステータス

募集終了

募集時期

2017年11月1日~2017年11月11日

対象分野

学術・文化・芸術・スポーツ

対象事業

事業プロジェクト

内容/対象

本事業は、すべての国民が芸術文化に親しみ、自らの手で新しい文化を創造するための環境
の醸成とその基盤の強化を図ることを目的に、政府からの出資金、民間からの出えん金を原資
とした運用益により、文化芸術活動に対して支援するものです。
特に、以下のような活動を助成の対象として配慮します。
○ 優れた実績や豊かな将来性を有するが財政的基盤が十分でない芸術文化団体等の創造・普及活動
○ 次代を担うことが期待される芸術家等の芸術文化活動
○ 芸術文化の新たな局面を切り開く先駆的・実験的な創造活動
○ 優れた芸術文化活動で、かつ、その性格上採算の望めない活動

1.現代舞台芸術 創造普及活動
  音楽・舞踊・演劇

2.伝統芸能の公開活動

3.美術の創造普及活動

4.多分野共同等 芸術創造活動

◎助成金の額
助成金の額は、助成対象経費の2分の1以内、かつ、自己負担金と同額以下の額とします。
なお、助成金の額は予算の範囲内で算定されますので、要望額の全額が認められるとは限りません。

応募制限

その他
(1)一般社団法人、一般財団法人、公益社団法人、公益財団法人
(2)特定非営利活動法人(NPO法人)
(3)上記(1)(2)以外の法人格を有する団体であって、原則として一定数以上の実演
家を擁する団体又は劇場施設を有する団体
(4)法人格を有しない団体(任意団体)の場合は、次の要件をすべて充たしていること
ア 主たる構成員が実演家又は芸術団体であること
イ 定款に類する規約等を有し、次のウ~オについて明記されていること
ウ 団体の意思を決定し、執行する組織が確立されていること
エ 自ら経理し、監査する等会計組織を有すること
オ 団体活動の本拠としての事務所を有すること
カ 平成29年11月1日現在、団体設立後、1年以上の芸術活動実績を有すること

応募方法

〈簡易書留〉による郵送のみとします。

選考方法

応募のあった活動については、当振興会理事長から運営委員会へ助成対象活動の採択について諮問を行います。これを受けて運営委員会から部会へ、さらに専門委員会へと順次調査審議の付託が行われます。

決定時期

3月末 助成金交付内定の通知

助成金額

助成金総額:
1件あたりの上限額: なし

昨年度実績

応募件数:402件 / うち継続 - 件
助成件数:281件 / うち継続 - 件
助成金総額:3,263,807,000円 / うち継続 - 円

備考

・この助成制度は団体のホームページを参照して、CANPAN運営事務局で入力しているものです。
・詳細は関連URLのリンクより当該団体のホームページにてご確認ください。
  • 戻る