助成制度名

平成29年度 戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)/研究開発成果実装支援プログラム

実施団体

(独法)科学技術振興機構(JST)社会技術研究開発センター(RISTEX)

関連URL

お問い合わせ先

国立研究開発法人科学技術振興機構
社会技術研究開発センター 企画運営室 募集担当
〒102-8666
東京都千代田区四番町 5-3 サイエンスプラザ 4 階
E-mail:boshu@jst.go.jp
Tel. 03-5214-0133 Fax. 03-5214-0140
(電話受付:10:00~12:00・13:00~17:00/土日祝除く)
原則として電子メールでお願いいたします

募集ステータス

募集中

募集時期

2017年4月14日~2017年6月8日

対象分野

情報化社会、経済活動、その他

対象事業

調査・研究、事業プロジェクト

内容/対象

1.戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)の概要
国立研究開発法人科学技術振興機構(以下、JST という)社会技術研究開発センター(以下、RISTEX という)は、社会の具体的な問題の解決を通して、新たな社会的・公共的価値の創出を目指します。社会問題の解決に取り組む関与者と実施者が協働するためのネットワークを構築し、競争的環境下で自然科学と人文・社会科学の知識を活用した研究開発を推進して、現実社会の具体的な問題解決に資する成果を得るとともに、得られた成果の社会への活用・展開を図ります。
戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)(以下、本事業という)は、RISTEX において社会の問題解決に重要と考えられる研究開発領域(またはプログラム。以下、領域等という)を設定して提案を募集し、選定された研究開発プロジェクト(以下、プロジェクトという)を推進するものです。
領域等のマネジメントは、領域アドバイザー(またはプログラムアドバイザー)の協力を得て、領域総括(またはプログラム総括)が行います。研究代表者(または実装責任者)及び研究開発実施者(または実装担当者)は、領域総括のマネジメントのもと、自ら所属する機関等において研究開発を推進します。

(1)提案者(実装責任者および共同実施者)の要件
a.実装担当者(数名~20 名程度)を統括し、構想を実現するためにリーダーシップを持って自らプロジェクトを推進すること。
b.実装責任者および共同実施者となる提案者自らが、国内の機関に所属して当該機関においてプロジェクトを実施する体制を取ること。
なお、以下のいずれかの方も、提案者として応募できます。
・国内の機関に所属する外国籍の方。
・現在、特定の機関に所属していない、もしくは海外の研究機関に所属している方で、採択された場合、日本国内の研究機関に所属して当該機関においてプロジェクトを実施する体制を取ることが可能な方。
・現在海外に在住している日本人であって、採択された場合、自らが国内の機関に所属して当該機関においてプロジェクトを実施する体制を取ることが可能な方。
※民間企業等の大学等以外の研究機関に所属されている方も対象となります。
※不適正経理及び研究活動における不正行為にかかる申請資格の制限等に抵触していないこと。
c.プロジェクトの全実装期間を通じ、責任者としてプロジェクト全体に責務を負えること。詳しくは、「Ⅴ.5.実装責任者及び主たる実施者の責務」(21~22 ページ)を参照してください。例えば、プロジェクトの実装期間中、日本国内に居住し、海外出張その他の理由により、長期にわたってその責任を果たせなくなる等の事情が無いこと。
d.所属機関において研究倫理教育に関するプログラムを予め修了していること。または、JST が提供する教育プログラムを提案締切までに修了していること。
e. 応募にあたって、以下の 4 点を誓約できること。
・「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成 26 年 8 月 26日文部科学大臣決定)の内容を理解し、遵守すること。
・「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成 26年 2 月 18 日改正)の内容を理解し、遵守すること。
・提案が採択された場合、実装責任者(研究代表者)及び実装担当者(研究開発実施者)は、実装活動(研究活動)の不正行為(捏造、改ざん及び盗用)並びに実装費(研究費)の不正使用を行わないこと。
・本提案書に記載している過去の研究成果において、研究活動の不正行為は行われていないこと。
※ e-Rad の応募情報入力画面で、確認をしていただきます。

応募制限

その他
応募時に研究倫理教育に関するプログラムを修了していることが必須。

応募方法

提案は、府省共通研究開発管理システム(e-Rad)により行っていただきます。
紙媒体、郵送、宅配便及び電子メールによる応募受け付けはできません。

選考方法

募集要項参照

決定時期

9 月中(予定)

助成金額

助成金総額:
1件あたりの上限額: 10,000,000円

昨年度実績

応募件数:0件 / うち継続 - 件
助成件数:5件 / うち継続 - 件
助成金総額:0円 / うち継続 - 円

備考

・この助成制度は団体のホームページを参照して、CANPAN運営事務局で入力しているものです。
・詳細は関連URLのリンクより当該団体のホームページにてご確認ください。
・昨年度実績の応募件数、助成金総額はホームページ上で記載がないため、暫定的に「0」と入力しています。
  • 戻る