公益財団法人ブルーシー・アンド・グリーンランド財団〔成果物〕

基礎情報

団体ID

1053289797

法人の種類

公益財団法人

団体名(法人名称)

ブルーシー・アンド・グリーンランド財団〔成果物〕

団体名ふりがな

ぶるーしーあんどぐりーんらんどざいだん せいかぶつ

情報開示レベル

★

第三者認証マーク

団体の概要

代表者役職

会長

代表者氏名

前田 康吉

代表者氏名ふりがな

まえだ こうきち

代表者兼職

北海道滝川市長

主たる事業所の所在地

郵便番号

-

都道府県

東京都

市区町村

-

市区町村ふりがな

-

詳細住所

-

詳細住所ふりがな

-

お問い合わせ用メールアドレス

-

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

-

連絡先区分

-

連絡可能時間

-

連絡可能曜日

-

備考

-

FAX番号

FAX番号

03-6402-5310

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

9時00分~17時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

1973年3月28日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

 

活動地域

全国

中心となる活動地域(県)

東京都

最新決算総額

5億円以上

役員数・職員数合計

29名

所轄官庁

所轄官庁局課名

このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

 

子ども、青少年、高齢者、スポーツの振興、助成活動

設立以来の主な活動実績

1973 B&G財団設立
1976 海洋性レクリエーション指導者養成開始
   国内体験航海開始
1977 地域海洋センター第1号竣工
   B&G海洋クラブ制度発足
1978 海外体験航海開始
1992 「健康支援システム」開発に着手
1998 海洋体験学習「国内体験海洋セミナー」開始
1999 新たな海洋性レクリエーション指導者養成開始
2000 B&G「全国少年少女カヌー大会」開始
   B&G「全国ジュニア水泳競技会」開始
2001 「水辺の活動推進セミナー」開始
2002 「体験クルーズ」(小笠原)開始
2003 B&G財団事務所移転(港区虎ノ門)
   「転倒・寝たきり予防プログラム」全国への普及開始
   「水に賢い子供を育む年間型活動プログラム」開発
2004 海洋センター480ヶ所の無償譲渡完了(石川県鶴来町海洋センター)
   海洋センター「サポート21」夢のある事業募集開始
   海洋クラブ活動助成・支援の強化
2005 「B&G親子サバイバルキャンプ」普及開始
   「B&G OP級ヨット大会」開催

団体の目的
(定款に記載された目的)

B&G財団は、モーターボート競走法制定20周年を記念して昭和48年に設立され、以来今日まで、主に青少年の心身の育成を目的に、「施設づくり」をはじめ「指導者づくり」「組織づくり」「海洋性レクリエーションの提供」などの“B&Gプラン”を実施してまいりました。特に、施設づくりでは、競艇事業の収益金により全国480市町村に地域海洋センターを建設。海洋性レクリエーションの活動の場、健康づくりの拠点として、多くの地域住民の皆さんに活用されております。また、誰もが気軽に海洋性レクリエーションを楽しむことができる組織として、全国に284の“B&G海洋クラブ”があり、活発な活動が行われております。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

近年、少子化や遊び場の減少など“自然の中での遊び”が年々少なくなりつつありますが、子どもたちはこうした遊びを通してルールや人とのかかわり方を学び、自立心や協調性などが育まれていくといわれています。また、小・中学校などにおきましても、2002年から、生きるための力を育成する「総合的学習の時間や「学校週5日制」が導入されるなど、今、体験的活動が注目されているところでございます。

現在特に力を入れていること

当財団では、今後、全国の地域海洋センター・海洋クラブ、そして志を同じくするNPOやNGOほかの皆さんとも連携して、自然に親しみながら子どもたちの“こころ”と“からだ”の育成をはじめ、地域の皆さんの健康づくりに取り組んでいきたいと考えております。

今後の活動の方向性・ビジョン

定期刊行物

団体の備考

このページの先頭へ

活動実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

企業・団体との協働・共同研究の実績

行政との協働(委託事業など)の実績

このページの先頭へ

財政

最新決算総額

5億円以上

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

収支報告

<収入の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
内訳 会費
 
 
 
寄付金
 
 
 
民間助成金
 
 
 
公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
その他収入
 
 
 
当期収入合計
 
 
 
前期繰越金
 
 
 
<支出の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
当期支出合計
 
 
 
内人件費
 
 
 
次期繰越金
 
 
 
備考
 
 
 

収支報告

  • NPO法人会計基準書式の内訳を表示する
  • CANPAN標準書式で表示する
<収入の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
内訳 受取会費
 
 
 
受取寄附金
 
 
 
受取民間助成金
 
 
 
受取公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
 
 
 
経常収益計
 
 
 
<支出の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
 
 
 
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
 
 
 
次期繰越正味財産額
 
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動資産
 
 
固定資産
 
 
資産の部合計
 
 
<負債の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動負債
 
 
固定負債
 
 
負債の部合計
 
 
<正味財産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
 
 

貸借対照表

  • CANPAN標準書式で表示する
<資産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動資産合計
 
 
固定資産合計
 
 
資産合計
 
 
<負債及び正味財産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動負債合計
 
 
固定負債合計
 
 
負債合計
 
 
正味財産合計
 
 
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

会員種別/会費/数

加盟団体

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
 
 
非常勤
 
 
無給 常勤
 
非常勤
 
 
常勤職員数
 
役員数・職員数合計
29名
イベント時などの臨時ボランティア数

行政提出情報

報告者氏名

報告者役職

法人番号(法人マイナンバー)

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

 

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

未実施

監視・監督情報

このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

 

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

決算報告書
(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表) 決算報告書(財産目録) 事業報告書
2017年度(前年度)
 
 
 
 
2016年度(前々年度)
 
 
 
 
2015年度(前々々年度)
 
 
 
 
2014年度
 
 
 
 
2013年度
 
 
 
 

予算・事業計画

予算書類 事業計画書
2018年度(当年度)
 
 
2017年度(前年度)
 
 
2016年度(前々年度)
 
 
2015年度(前々々年度)
 
 
2014年度
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら