公益財団法人笹川記念保健協力財団

基礎情報

団体ID

1088632441

法人の種類

公益財団法人

団体名(法人名称)

笹川記念保健協力財団

団体名ふりがな

ささかわきねんほけんきょうりょくざいだん

情報開示レベル

★ ★ ★ ★ ★

第三者認証マーク

団体の概要

ハンセン病対策支援、ホスピス緩和ケア及び在宅看護・地域医療の向上、公衆衛生向上を柱として、身体的、精神的、社会的、そしてスピリチュアルの観点からクオリティ・オブ・ヘルスの向上を目指します。

代表者役職

会長

代表者氏名

喜多 悦子

代表者氏名ふりがな

きた えつこ

代表者兼職

主たる事業所の所在地

郵便番号

107-0052

都道府県

東京都

市区町村

港区

市区町村ふりがな

みなとく

詳細住所

赤坂1-2-2

詳細住所ふりがな

あかさか

お問い合わせ用メールアドレス

smhf_somu@tnfb.jp

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

03-6229-5377

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

9時00分〜17時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

FAX番号

FAX番号

03-6229-5388

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

9時00分~17時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

1974年5月4日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

1974年5月4日

活動地域

日本全国および海外

中心となる活動地域(県)

海外

最新決算総額

5億円以上

役員数・職員数合計

30名

所轄官庁

内閣府

所轄官庁局課名

このページの先頭へ

活動概要

活動分野

保健・医療、助成活動

設立以来の主な活動実績

1970年代、世界のハンセン病患者は1,200万人ともいわれ、患者の多くは治療を受けることが出来ず放置されていた。故日本財団笹川良一会長は、長年、世界のハンセン病制圧と病気による偏見・差別の問題解決に関心を持たれており、ハンセン病治療薬「プロミン」を開発した石館守三初代理事長と1974年、財団を設立した。
2010年、医学医療の振興に寄与してきた財団法人笹川医学医療研究財団と合併、2011年に公益財団法人へ移行。現在、世界のハンセン病対策、ホスピス緩和ケア、公衆衛生向上の3事業の活動を実施。

団体の目的
(定款に記載された目的)

(目的)
この法人は、人類の健康や長寿の増進を図るため世界におけるハンセン病その他の疾患に由来する、保健医療・福祉及び社会的諸問題を解決することを使命とし、世界は一家、人類はみな兄弟姉妹の理念に基づき、保健医療・福祉の向上、社会的正義の実現、国際相互理解の増進に寄与することを目的とする。
(事業)
この法人は、前条の目的を達成するため次の事業を行う。
    (1)保健医療・福祉向上に関する広報啓発活動
    (2)保健医療・福祉向上に関する人材育成
    (3)保健医療・福祉向上に関する社会的、経済的自立の支援
    (4)保健医療・福祉向上に関する国際的相互理解・協力の促進
    (5)保健医療・福祉向上に関する調査研究・研究助成およびその普及
    (6)その他この法人の目的を達成させるために必要な事業

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

1)ハンセン病対策事業
2)ホスピス緩和ケア事業
3)公衆衛生向上のための事業

現在特に力を入れていること

1)ハンセン病対策事業
財団設立より、世界的に治療を必要とする人々に薬(MDT治療薬)を届けるための体制を構築、その後ハンセン病制圧活動推進により、世界的に患者数は減少しています。同時にハンセン患者・回復者・家族に対する偏見をなくすための活動にも力を注いでおり、近年は、当事者が、自らのニーズに基づいて行動を起こせるような支援、ハンセン病の記憶と記録を残す歴史保存活動、ハンセン病問題を風化させないための広報啓発活動を行っています。

2)ホスピス緩和ケア事業
あらゆる病に向き合うすべての人々の"Quality of Life"(生活の質、人生の質と人々の尊厳)の向上を目指し、ホスピス緩和ケア推進のための研究助成、人材育成、ホスピス緩和ケアに携わる医師や看護師のネットワーク支援、さらに市民に対する周知・啓発を中心としたプログラムを行っています。
2014年からは、高齢化が著しい日本社会において、地域の保健・医療を担う看護師を育成する「日本財団在宅看護センター」起業家育成事業も開始しました。

3)公衆衛生向上のための事業
世界の公衆衛生向上のため、当財団が長年にわたり培ってきた医療・保健分野での経験と国内外の各専門機関との信頼関係を基に、さまざまな組織との協力と連携を通じてグローバルな人材の育成や事業の支援、国際的な相互理解の促進や知識の共有を目的とした活動を行っています。
WHO笹川健康賞とFAPA石館賞の顕彰事業やチェルノブイリ医療協力事業など20年以上の実績のある事業に加え、災害支援や医療技術協力等、時代のニーズに合わせたさまざまな活動を行っています。

今後の活動の方向性・ビジョン

1)ハンセン病対策事業
1980年代、最大1,000万人以上とされたハンセン病患者数は、2015年度末には17万人強まで減少しました。2010年12月の国連総会では、ハンセン病患者・回復者・家族に対する偏見をなくす決議も通過していますが、一方では過去10年間、患者数は微弱な変化に止まり、回復者・家族は依然として偏見・差別に直面しています。新患数を減らす努力とともに、この病気をめぐる社会的問題の解消に努力していきます。

2)ホスピス緩和ケア事業
国内では、超高齢社会に突入したわが国では地域包括医療体制が求められています。財団では、長年推進してきたホスピス緩和ケア向上を目的とした材育成、研究助成、ネットワークへの支援とともに、在宅看護センターを起業し経営・運営できる看護師を育成しています。高齢化が著しい日本社会の保健・医療におけるニーズを捉えながら、先駆的な役割を果たせるよう努力していきます。

3)公衆衛生向上のための事業
当財団が長年培ってきた医療・保健分野での経験と、国内外の各専門機関との信頼をもとに、様々な組織との協力・連携を行い、グローバルな人材の育成と事業支援、国際的な相互理解の促進や知識の共有を目的とした活動を推進していけるよう努力していきます。

定期刊行物

ささへるニュース(季刊)
WHOハンセン病制圧大使ニューズレター(隔月)

団体の備考

このページの先頭へ

活動実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

助成金:日本財団

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

世界ハンセン病団体連合(ILEP)等

企業・団体との協働・共同研究の実績

世界保健機関(WHO)等

行政との協働(委託事業など)の実績

厚生労働省
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

5億円以上

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

収支報告

<収入の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 会費
0円
0円
0円
寄付金
12,517,530円
35,459,661円
128,310,000円
民間助成金
356,947,818円
332,339,137円
457,610,000円
公的補助金
0円
0円
0円
自主事業収入
3,600,000円
3,600,000円
12,000,000円
委託事業収入
5,794,124円
2,130,172円
1,500,000円
その他収入
132,615,647円
118,183,277円
99,860,000円
当期収入合計
511,475,119円
491,858,047円
699,280,000円
前期繰越金
3,064,090円
5,672,667円
14,217,192円
<支出の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
当期支出合計
508,866,542円
483,313,522円
705,590,000円
内人件費
144,072,518円
145,825,538円
193,466,000円
次期繰越金
5,672,667円
14,217,192円
7,907,192円
備考
 
 
 

収支報告

  • NPO法人会計基準書式の内訳を表示する
  • CANPAN標準書式で表示する
<収入の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 受取会費
0円
0円
0円
受取寄附金
12,517,530円
35,459,661円
128,310,000円
受取民間助成金
356,947,818円
332,339,137円
457,610,000円
受取公的補助金
0円
0円
0円
自主事業収入
3,600,000円
3,600,000円
12,000,000円
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
5,794,124円
2,130,172円
1,500,000円
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
132,615,647円
118,183,277円
99,860,000円
経常収益計
511,475,119円
491,858,047円
699,280,000円
<支出の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
508,866,542円
483,313,522円
705,590,000円
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
3,064,090円
5,672,667円
14,217,192円
次期繰越正味財産額
5,672,667円
14,217,192円
7,907,192円
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動資産
87,726,523円
73,838,050円
固定資産
6,375,985,258円
6,325,883,493円
資産の部合計
6,463,711,781円
6,399,721,543円
<負債の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動負債
83,226,747円
62,084,926円
固定負債
45,580,654円
50,492,394円
負債の部合計
128,807,401円
112,577,320円
<正味財産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 前期正味財産
6,439,106,009円
6,334,904,380円
当期正味財産増減額
-104,201,629円
-47,760,157円
当期正味財産合計
6,334,904,380円
6,287,144,223円

貸借対照表

  • CANPAN標準書式で表示する
<資産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動資産合計
87,726,523円
73,838,050円
固定資産合計
6,375,985,258円
6,325,883,493円
資産合計
6,463,711,781円
6,399,721,543円
<負債及び正味財産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動負債合計
83,226,747円
62,084,926円
固定負債合計
45,580,654円
50,492,394円
負債合計
128,807,401円
112,577,320円
正味財産合計
6,334,904,380円
6,287,144,223円
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

評議員会・理事会で事業計画・予算、並びに決算を承認

会員種別/会費/数

なし

加盟団体

世界ハンセン病団体連合(ILEP)等

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
3名
15名
非常勤
0名
0名
無給 常勤
0名
0名
非常勤
12名
0名
常勤職員数
18名
役員数・職員数合計
30名
イベント時などの臨時ボランティア数
0名

行政提出情報

報告者氏名

報告者役職

法人番号(法人格を取得した時の番号)

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

 

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

実施済み

監視・監督情報

このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

 

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

前々々年度(平成26年度) 前々年度(平成27年度) 前年度(平成28年度)
決算報告書(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表)
決算報告書(財産目録)
事業報告書

予算・事業計画

前々年度(平成27年度) 前年度(平成28年度) 当年度(平成29年度)
予算書類
事業計画書

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら