一般社団法人あーす楽園

基礎情報

団体ID

1089522054

法人の種類

一般社団法人

団体名(法人名称)

あーす楽園

団体名ふりがな

あーすがくえん

情報開示レベル

★

第三者認証マーク

団体の概要

 千葉市周辺の里山をベースとして野外教育、自然体験活動などを行なう自然学校です。

 『あーすがくえん』では、自然の中で、楽しく、まじめに、いっしょうけんめいに、あそびます。

 あーす楽園では、 『カンコウギョウ活動』に取り組んでいます。
  ・それぞれが体験したさまざまな活動の中から、感じること。
  ・自分自身でしっかり考えること。
  ・そして行動すること(やってみること、挑戦すること)。
 つまり、それぞれ(自分自身)で、感じて、考え、行動することができるようにする活動、
『カンコウギョウ活動』を行なっています。

 あーす楽園では、『感』『考』『行』を繰り返す学習サイクルを積み重ねながら、生きる力を育んでいきます。

 それによって、寛容な心、謙虚な心、感謝の心を育みます。

代表者役職

代表理事

代表者氏名

深山 昭彦

代表者氏名ふりがな

みやま あきひこ

代表者兼職

主たる事業所の所在地

郵便番号

260-0022

都道府県

千葉県

市区町村

千葉市中央区

市区町村ふりがな

ちばしちゅうおうく

詳細住所

神明町252-8

詳細住所ふりがな

しんめいちょう

お問い合わせ用メールアドレス

mail@ein.or.jp

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

043-302-7360

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

9時00分〜17時00分

連絡可能曜日

月 火 木 金 土

備考

FAX番号

FAX番号

043-302-7369

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

9時00分~17時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2014年7月4日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2014年7月4日

活動地域

県内

中心となる活動地域(県)

千葉県

最新決算総額

100万円~500万円未満

役員数・職員数合計

2名

所轄官庁

所轄官庁局課名

このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

 

子ども、青少年、在日外国人・留学生、教育・学習支援、地域・まちづくり、環境・エコロジー、国際交流

設立以来の主な活動実績

 代表は大学卒業(機械工学科)後、電子部品商社で営業職を約22年間務める。大手電機メーカーの通信や、情報、映像、音響機器などの設計者に、営業を行なっていました。
 代表が電機業界に関わろうとした理由は、いわゆるICT機器・技術の発展によって、より社会は便利になり、みんなが豊かな生活をおくることが出来るようになる。つまり科学技術の発展が、ひとの生活をより良いもの(豊かな生活)へ導くと考えました。そこで、そのような社会を実現する為の一部にでも貢献することが出来ればとの想いからの行動でした。
 しかしながら、時代が進むにつれてICT環境は発展しひとの暮らし(社会)は、非常に便利にはなった。しかしひとが幸せな社会とは、このような社会なのだろうか、という疑問がだんだん大きくなり始める。社会をみれば、惨忍な事件や悲しい事件を耳にしない日はなく、自然環境においても環境破壊にはじまり、異常気象、生態系の激変など、様々な問題・課題が世界中から聞こえてくる。
 ひとは便利さを手に入れた代わりに、本来持っていたものをおいてきてしまったのではないだろうかと考える。
 それはなにか? なにが一番の問題なのかを考えた時に、それは他者(ほかのひと)を想うことではないかと考えた。つまり便利になりすぎたが故にひとが(無意識のうちに)利己的になり、他者や自然(動物や植物、環境、地球など)に対して敬意を払ったり、感心を持ったりすることがなくなったことが原因ではないかと考えるようになった。
 
 そして、このような状況を少しでも変えることが出来ることがないだろうか、変える為には何をしなければならないのかと考えた時に、ひとが他者(ひとや動物、植物、環境、地球など)に対して関心を持つこ、そこが出発点ではないかと考えた。
 ひとは、知らないものには無関心でいられるけれども、知っているものには感心を持ちやすい。であれば、まずは多くのひとに他者を知るきっかけを提供することが必要ではないか。
 その手段としては、自然を知り、ひとを知り、己を知ることが出来る自然体験活動(教育)が最適だと考え、それを実践する為に、あーす楽園を立ち上げることとした。

 なぜ、代表がしなければならないのか? それは、気がついてしまったから。気がついてしまって見て見ぬ振りが出来なかったからです。

 とはいえ、代表自身も自然の中で遊ぶことは大好きで個人的にはいろいろやっていましたが、自然体験教育については未経験であったため、2013年4月から一年間 NPO法人国際自然大学校で、自然体験活動の指導方法や運営方法、環境教育や安全管理などについて様々な経験、勉強をさせて頂きました。

 その経験をもとに、2014年7月に一般社団法人あーす楽園を設立しました。
 

団体の目的
(定款に記載された目的)

ミッション:全てのひとが自然を楽しめるような仕組みを作り、それにより豊かな里山をとりもどし、そこでみんなが楽しくすごせるようにする。

定款の目的
年齢や国籍を問わず全ての自然人に対して、自然体験活動や野外教育、冒険教育、環境教育など(以下「自然体験活動等」という)の、自然の中で広く体験教育活動に関する事業及び、里山の再生・活用、地域の活性化事業、これらの専門的な指導者の育成を行なうとともに、自然体験活動等に関する情報の提供、調査研究、プログラムの開発、政策提言を通して自然体験活動等の普及及び振興に寄与することを目的とする。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

事業内容としては、
1. 自然体験活動等の活動を行なう事業
2. 里山の再生・活用、地域の活性化を図る活動を行なう事業
3. 自然体験活動等の指導者の育成事業
4. 自然体験活動等に関する情報提供事業
5. 自然体験活動等に関する調査研究事業
6. 自然体験活動等に関する受託事業
7. 自然体験活動等の教材の卸・販売事業
8. 自然体験活動等の指導者の派遣事業
9. 自然体験活動等に関するコンサルティング事業
10. 自然体験活動等に関する施設の管理及び運営事業
11. 前各号に掲げる事業に付帯又は関連する事業
としています。

現在の主な活動は、
●親子(年中〜小6までのお子さんとその保護者)での、自然体験活動(キャンプ、野外調理、自然ゲームなど)。親子で自然とふれあうきっかけを提供し、自然の中で遊ぶことの楽しさを感じてもらう。そして親に自然体験の楽しさと、重要性を感じてもらう。

●子どもの自然体験活動(年中〜小6)子どもが親元を離れて、子どもたちだけでキャンプや、野外調理、自然ゲーム、レクリエーションなどを行なう。それによって、他者(おとな、子ども)との関わり方を学び、また自然の中で活動することで、様々な感動や発見、驚きを通して自身で考え、行動出来るよう成長のきっかけを与える。

●青年向けの自然体験活動 18歳以上の学生、社会人を対象とした自然体験活動。 実際の自然の中で、普段関わりのない年代の人達と協力して遊んだり、作業をすることにより、リアルなつながりの大事さや、自然の楽しさを感じてもらい、考えるきっかけを与える。

現在特に力を入れていること

団体の活動・業務に書いた、
親子、子ども、青年向けの自然体験活動に現在力を入れています。

今後の活動の方向性・ビジョン

定期刊行物

団体の備考

このページの先頭へ

活動実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

一般財団法人セブン-イレブン記念財団 2017年度活動助成

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

実績なし

企業・団体との協働・共同研究の実績

実績なし

行政との協働(委託事業など)の実績

実績なし
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

100万円~500万円未満

会計年度開始月

5月

その他事業の有無

収支報告

<収入の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
内訳 会費
 
 
 
寄付金
 
 
 
民間助成金
 
 
 
公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
その他収入
 
 
 
当期収入合計
 
 
 
前期繰越金
 
 
 
<支出の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
当期支出合計
 
 
 
内人件費
 
 
 
次期繰越金
 
 
 
備考
 
 
 

収支報告

  • NPO法人会計基準書式の内訳を表示する
  • CANPAN標準書式で表示する
<収入の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
内訳 受取会費
 
 
 
受取寄附金
 
 
 
受取民間助成金
 
 
 
受取公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
 
 
 
経常収益計
 
 
 
<支出の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
 
 
 
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
 
 
 
次期繰越正味財産額
 
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動資産
 
 
固定資産
 
 
資産の部合計
 
 
<負債の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動負債
 
 
固定負債
 
 
負債の部合計
 
 
<正味財産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
 
 

貸借対照表

  • CANPAN標準書式で表示する
<資産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動資産合計
 
 
固定資産合計
 
 
資産合計
 
 
<負債及び正味財産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動負債合計
 
 
固定負債合計
 
 
負債合計
 
 
正味財産合計
 
 
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

会員種別/会費/数

加盟団体

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
 
 
非常勤
 
 
無給 常勤
 
非常勤
 
 
常勤職員数
1名
役員数・職員数合計
2名
イベント時などの臨時ボランティア数

行政提出情報

報告者氏名

報告者役職

法人番号(法人マイナンバー)

 

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

 

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

未実施

監視・監督情報

このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

 

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

決算報告書
(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表) 決算報告書(財産目録) 事業報告書
2017年度(前年度)
 
 
 
 
2016年度(前々年度)
 
 
 
 
2015年度(前々々年度)
 
 
 
 
2014年度
 
 
 
 
2013年度
 
 
 
 

予算・事業計画

予算書類 事業計画書
2018年度(当年度)
 
 
2017年度(前年度)
 
 
2016年度(前々年度)
 
 
2015年度(前々々年度)
 
 
2014年度
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら