一般社団法人生態系総合研究所

基礎情報

団体ID

1101605143

法人の種類

一般社団法人

団体名(法人名称)

生態系総合研究所

団体名ふりがな

せいたいけいそうごうけんきゅうしょ

情報開示レベル

★

第三者認証マーク

団体の概要

2015年5月に設立。2015年度「気仙川・広田湾総合基本調査」を実施し報告書を作成、公表。2016~2017年度に「気仙川・広田湾総合基本調査」を実施し、2016年度は報告書を作成、公表。2017年度は進捗状況を報告。2016年1月26日に陸前高田市で講演会を開催した。また、2017年6月に米国スミソニアン環境調査研究所のハインズ所長を招き、6月24日には住田町、6月25日には大船渡市、6月26日には陸前高田市において森川海と人に関する国際シンポジウムを開催した。

代表者役職

代表理事

代表者氏名

小松 正之

代表者氏名ふりがな

こまつ まさゆき

代表者兼職

公益社団法人東京財団上席研究員

主たる事業所の所在地

郵便番号

169-0075

都道府県

東京都

市区町村

新宿区

市区町村ふりがな

しんじゅくく

詳細住所

高田馬場4-11-14の201

詳細住所ふりがな

たかだのばば

お問い合わせ用メールアドレス

komatsumasayuki@gmail.com

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

090-1038-5236

連絡先区分

自宅・携帯電話

連絡可能時間

10時00分~15時00分

連絡可能曜日

月 火 木 金

備考

FAX番号

FAX番号

03-5330-2644

連絡先区分

自宅・携帯電話

連絡可能時間

10時00分~15時00分

連絡可能曜日

月 火 木 金

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2015年5月13日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2015年5月13日

活動地域

日本全国および海外

中心となる活動地域(県)

東京都

最新決算総額

500万円~1,000万円未満

役員数・職員数合計

2名

所轄官庁

所轄官庁局課名

このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

 

教育・学習支援、地域・まちづくり、環境・エコロジー、国際協力、国際交流、ITの推進、科学技術の振興、経済活動の活性化、観光、農山漁村・中山間、食・産業、漁業、林業、行政への改策提言、学術研究(文学、哲学、教育学、心理学、社会学、史学)、学術研究(法律学、政治学)、学術研究(経済学、商学、経営学)、学術研究(理学)、学術研究(工学)、学術研究(農学)、学術研究(複合領域分野、その他)

設立以来の主な活動実績

当法人の代表者は、日本では体系的で大局的な森川と海と人間との関係の調査研究が、諸外国に比べ大幅に遅れていることから、これらの大局的で基本的な観点に着目した調査研究の推進と実行が必要であると思料。米豪など諸外国の先進事例を参考にしつつ、震災被害など国内の独自性を容れ調査・研究を立案。
 代表者は、エール大学経営学大学院修士、東京大学農学生命科学大学院から農学博士号を授与。
水産庁参事官(国際交渉)課長、水産総合研究センター理事、政策研究大学院大学教授、アジア成長研究所客員主席研究員、東京財団上席研究員を歴任。
 岩手県陸前高田市と気仙郡住田町を中心に、2015年の気仙川・広田湾総合基本調査を実施した。

団体の目的
(定款に記載された目的)

当法人は、地球の生態系や環境の保護と持続性に関する大気・陸地・河川・湖沼・海洋及び人間活動の相互関連に関する総合的、専門的ないし基本的な調査研究を行い、地球環境保護と持続的な活用に貢献することを目的とし以下の事情を実施する。
1.大気と水循環に関する調査研究
2.森林・草地や田畑に関する調査研究
3.河川と湖沼に関する調査研究
4.地質と地下水に関する調査研究
5.海洋と隣接地に関する調査研究
6.農林水産業と関連産業に関する調査研究
7.都市と産業の生態系と県境への影響に関する調査研究
8.前各号に関する歴史的、社会学的、経済学的文化人類学的研究
9.前各号の調査研究に基づいたセミナー、イベント、研究会及び国際会議等の開催
10.書籍・出版物の発行及び広報活動
11.前各号の事業に附帯する事業.

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

2015年度に気仙川・広田湾流域に於いて、森、川と海と人間との関係につき、森林・河川への立ち入り調査、海上での漁業・養殖業の調査、海洋環境と藻場干潟の変遷や現況に関する調査、ドローンを活用した航空写真の撮影と分析調査を概ね毎月実施して、月別や季節ごとの検討分析を行う。
 また、博物館と各分野の地元経験者にヒアリングを実施してその記録を蓄積し分析を行う。
更に、科学的、文化人類学的かつ、産業面に関する文献調査等を実施した。
歴史的津波の影響と神社の位置との関係を摘出し科学的な観点からの分析を加える。
 米国において、森川海と人間活動の科学研究のヒアリングと文献収集を実施し、我が国の調査研究との比較と、課題の摘出を一部行なう。
 外国との調査の連携の在り方を検討する。
 これらの結果を2015年「森と川と海の正しい関係 気仙川・広田湾総合基本調査報告書」としてとりまとめ、2016年3月に公表した。また、2016年度の気仙川・広田湾総合基本調査の結果を「2016年度 気仙川・広田湾総合基本調査報告書 森川海と人」としてとりまとめ、2017年5月に公表した。

現在特に力を入れていること

森と川と海と人間の関係の継続的調査の実施と、経年的なデータの蓄積。
2015年の調査以上の調査範囲の拡大と深堀。
東日本大震災の影響の研究資源としての活用。
米国の研究機関を中心に外国との調査と研究の連携。
調査結果の取りまとめと報告書の作成と公開。
諸外国へ英文での報告書(少なくともサマリー)の作成。


今後の活動の方向性・ビジョン

森川海と人との関係を包括した研究・調査を気仙川、広田湾水系で近代的手法と基礎手法で震災・防災と国際協力の視点を入れ、実施。基本的な情報集積と自然生態系の防災力もテーマとし、諸外国との調査・研究の連携を目指す。

定期刊行物

「森と川と海の正しい関係 気仙川・広田湾総合基本調査報告書」、2016年3月31日発行(500部)
「気仙川・広田湾プロジェクト 森川海と人」、2017年5月10日発行(500部)

団体の備考

本団体は、現在は岩手県陸前高田市と気仙郡住田町の気仙川・広田湾の流域に調査活動の重点を置いているが、これらが日本各地のモデルとなることをめざしている。営利は追求していない。
このページの先頭へ

活動実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

実積なし

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

実積なし

企業・団体との協働・共同研究の実績

あり。2015年度の調査を実施した。

行政との協働(委託事業など)の実績

実積なし
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

500万円~1,000万円未満

会計年度開始月

 

その他事業の有無

収支報告

<収入の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
内訳 会費
 
 
 
寄付金
 
 
 
民間助成金
 
 
 
公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
その他収入
 
 
 
当期収入合計
 
 
 
前期繰越金
 
 
 
<支出の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
当期支出合計
 
 
 
内人件費
 
 
 
次期繰越金
 
 
 
備考
 
 
 

収支報告

  • NPO法人会計基準書式の内訳を表示する
  • CANPAN標準書式で表示する
<収入の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
内訳 受取会費
 
 
 
受取寄附金
 
 
 
受取民間助成金
 
 
 
受取公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
 
 
 
経常収益計
 
 
 
<支出の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
 
 
 
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
 
 
 
次期繰越正味財産額
 
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動資産
 
 
固定資産
 
 
資産の部合計
 
 
<負債の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動負債
 
 
固定負債
 
 
負債の部合計
 
 
<正味財産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
 
 

貸借対照表

  • CANPAN標準書式で表示する
<資産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動資産合計
 
 
固定資産合計
 
 
資産合計
 
 
<負債及び正味財産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動負債合計
 
 
固定負債合計
 
 
負債合計
 
 
正味財産合計
 
 
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

会員種別/会費/数

加盟団体

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
 
 
非常勤
 
 
無給 常勤
 
非常勤
 
 
常勤職員数
 
役員数・職員数合計
2名
イベント時などの臨時ボランティア数

行政提出情報

報告者氏名

報告者役職

法人番号(法人マイナンバー)

 

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

 

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

未実施

監視・監督情報

このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

 

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

決算報告書
(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表) 決算報告書(財産目録) 事業報告書
2017年度(前年度)
 
 
 
 
2016年度(前々年度)
 
 
 
 
2015年度(前々々年度)
 
 
 
 
2014年度
 
 
 
 
2013年度
 
 
 
 

予算・事業計画

予算書類 事業計画書
2018年度(当年度)
 
 
2017年度(前年度)
 
 
2016年度(前々年度)
 
 
2015年度(前々々年度)
 
 
2014年度
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら