特定非営利活動法人だいち

基礎情報

団体ID

1124525229

法人の種類

特定非営利活動法人

団体名(法人名称)

だいち

団体名ふりがな

だいち

情報開示レベル

★ ★ ★ ★

第三者認証マーク

団体の概要

法人そして事業設立から7年間が経過しました。お陰様をもちまして地域の方々からも親しまれ、週1回のパン販売ではたくさんの方々に来所いただいております。また、行政や特別支援学校などからも私たちの丁寧な支援が評価され、ご利用者も順調に増えてまいりました。本当に有り難いことと、法人関係者一同で感謝いたしているところです。
今後も、障害を持って生まれた我が子を育て上げた理事長の熱い思いと、私たち支援員の結束を力に、利用してくださる方々により良い貢献ができるよう一丸となって取り組んでまいります。

代表者役職

理事長

代表者氏名

根本 順子

代表者氏名ふりがな

ねもと じゅんこ

代表者兼職

主たる事業所の所在地

郵便番号

310-0903

都道府県

茨城県

市区町村

水戸市

市区町村ふりがな

みとし

詳細住所

堀町767-1

詳細住所ふりがな

ほりちょう

お問い合わせ用メールアドレス

haku-challenge@at.wakwak.com

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

029-291-4165

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

8時30分~18時30分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

12月29日~1月3日は、休業日となります。

FAX番号

FAX番号

029-309-5711

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

8時30分~18時30分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

12月29日~1月3日は、休業日となります。

従たる事業所の所在地

郵便番号

311-4207

都道府県

茨城県

市区町村

水戸市

市区町村ふりがな

みとし

詳細住所

成沢町831-16

詳細住所ふりがな

なるさわちょう

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2012年4月1日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2012年1月18日

活動地域

市区町村内

中心となる活動地域(県)

茨城県

最新決算総額

1億円~5億円未満

役員数・職員数合計

22名

所轄官庁

茨城県

所轄官庁局課名

茨城県保健福祉部障害福祉課自立支援グループ
このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

 

障がい者、福祉

設立以来の主な活動実績

法人理事長の根本は、息子の養護学校在学中から父兄らの有志を募り、支援活動を行って来ました。そして、2011年1月にNPO法人認可をいただき、同年4月1日より指定障害者支援事業所として生活介護事業を行っております。当事業所に通われる利用者様の殆んどは重度の自閉症障害者であり、様々な事由により既存の福祉事業所に通えなくて引きこもりがちになっていた方達です。当事業所では、生活支援員や保育士、作業療法士や言語聴覚士などの専門職員を配置しており、各種作業や障害に特化したトレーニング、余暇活動等を行い、利用者各人なりの自立を目指して取り組んでおります。そして、利用者様の障害特性に合わせた細やかな支援により、これまで通所できなかった方達が毎日通所されるようになり、日々の活動に励んでおられます。これまでの活動経緯を簡単に羅列致します。
平成9年7月より、保育園空き家を借りて、水戸飯富養護学区自助活動「わくわく広場」を開始。
勉強会、施設見学、親子の季節行事、プチレスパイト、無農薬野菜栽培、販売などを行う。
平成15年より、「水戸手をつなぐ育成会」内、自助活動勉強会を始める。
平成17年より、在宅障害者に呼び掛けて、福祉専門学校の昼食委託販売事業を行う。
平成22年より、NPO法人設立準備活動開始。毎月の話し合い、キャンプ、施設見学、ライブ鑑賞会等の活動を年3~4回行う。

団体の目的
(定款に記載された目的)

障害者福祉は措置制度から支援費制度、障害者総合支援法へと、障害者本人の自立が主体となる方に変わりました。しかし、これら法の改正により、親もご本人も混乱の中で日々を送っています。特に重度の自閉症を有する方々は当然のごとく不適応を起こし、問題行動が出現し、引きこもりがちになる方もいます。しかしそのような方たちに対して、対応する事業所側の職員数にも余裕がなく、通所できなくなった本人たちは家庭が抱え込むしかないのが現状です。そうした重度の自閉症障害者に対して、障害者の将来にビジョンのある経験豊かな職員や地域の方々の協力を得ながら、各種の作業や訓練、余暇活動などを通じて障害をもつ仲間と共に経験を積み上げ、各人なりの自立を目指す事業所が必要と考え、保護者達が発起人となり、本年1月にNPO法人を、平成24年4月に指定障害者事業所「ライフステーション樹林」を立ち上げました。
 また、平成25年4月より、心身に障害のある児童に対し、生活習慣の習得をはじめ、集団教育及び個別指導など適切な支援を提供する為に、放課後等デイサービス事業所「樹の子クラブ」を開設しました。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

生活介護事業と放課後等デイサービスを行っておりますが、今後はなるべく早い段階で障害者の生活の場としてのケアホームなどを行い、地域の障害を持つ方々やその家族にとって拠り所なるような事業所になれるよう取り組んで参ります。
また、地域貢献を第一に掲げており、積極的に近隣の方たちと関わりをもつようにしております。

(事業内容)
2012年1月18日  特定非営利活動法人だいち  設立
2012年4月、生活介護事業所「ライフステーション樹林(きりん)」開始
2013年4月、放課後等デイサービス事業所「樹の子クラブ」開始
2016年6月、「ライフステーション樹林(きりん)」の従たる事業所として「ライフステーション樹       もれび」開始
2017年7月、「樹の子クラブ」にて、児童発達支援事業開始(多機能型)
2017年11月、共同生活援助事業所「樹もれびハウス」を開設

現在特に力を入れていること

当法人では、重度の障害を持った方を多く受け入れておりますので、食事・排泄・入浴といった生活の自立度を少しでも上げてゆくとともに、言語聴覚士及び作業療法士によるリハビリにも力を入れています。
また、軽作業として紙薪作りを行ったりして利用者の集中力を高めています。
月に1度か2度は余暇活動として海や山などに出かけることにより、日頃、外に出ることの少ない利用者の気分転換や健康増進も心がけています。 
また、平成24年6月より当事業所において利用者によるパン販売を始めました。これによって地域住民と触れ合うことにより、利用者が人と触れ合う喜びをもつことが出来るようにするとともに、地域の方の理解を得られるように努力しています。また、平成28年度より、梅の種や竹を炭にして販売を開始し 好評を得ております。

今後の活動の方向性・ビジョン

①人間関係の基本である信頼関係の構築をもっとも大切にします。
  人と理解しあい、信頼し合いながら生活することで情緒が安定し、幸せが感じられることが私達の目標で   す。(自分を理解し信頼してくれる支援者たちに囲まれて生活することの幸せ)
②本人なりの自立と社会参加を目指します。
  働くこと(作業支援あるいは就労支援)、学ぶこと(トレーニング支援)、楽しむこと(余暇支援)、を柱に、生  きがいを持って地域社会で暮らしていけるように取り組んでいきます。
③深い人間愛と良質な支援技術に裏打ちされた、総合的な支援システムの確立を目指します。年少者から成  人まで、生涯にわたって支援できる体制の構築を目指します。

定期刊行物

・賛助会員様や地域の方々にご理解を頂く為に、年2回「だいち通信」を100部程度発行して、活動内容や近  況報告を行っております。

団体の備考

日本財団様主催のスーパーバイザー研修は、積極的に参加させて頂き、見聞を広めるように努力しております。
このページの先頭へ

協働実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

平成29年3月15日、茨城労働局よりキャリアアップ助成金として¥600,000
平成30年1月、茨城県障害福祉施設整備費補助金として¥29,371,000
平成30年5月、茨城労働局よりキャリアアップ助成金として¥700,000

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

毎月1回の頻度で、放課後等デイサービス事業における事例検討会を、他の福祉事業所を交えて実施しております。また、自立支援協議会への参加も、積極的に行っております。

企業・団体との協働・共同研究の実績

当事業所と近隣の特別支援学校の教員、さらに福祉系専門学校の教員と共に、福祉領域や教育領域における支援課題の抽出に関する共同研究を行った。研究結果については、行動分析学会(於 同志社大学)にて発表した。

行政との協働(委託事業など)の実績

地元の特別支援学校からの実習生を積極的に受け入れて、相互理解を深めています。
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

1億円~5億円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

会計情報 CANPAN標準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
内訳 会費
 
 
 
寄付金
 
 
 
民間助成金
 
 
 
公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
その他収入
 
 
 
当期収入合計
 
 
 
前期繰越金
 
 
 
<支出の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
当期支出合計
 
 
 
内人件費
 
 
 
次期繰越金
 
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動資産
41,916,595円
49,313,438円
固定資産
89,358,795円
84,162,016円
資産の部合計
131,275,390円
133,475,454円
<負債の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動負債
18,922,217円
21,517,843円
固定負債
77,037,000円
70,833,000円
負債の部合計
95,959,217円
92,350,843円
<正味財産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
35,316,173円
41,124,611円

会計情報 NPO法人会計基準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
内訳 受取会費
 
 
 
受取寄附金
 
 
 
受取民間助成金
 
 
 
受取公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
 
 
 
経常収益計
 
 
 
<支出の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
 
 
 
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
 
 
 
次期繰越正味財産額
 
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動資産合計
41,916,595円
49,313,438円
固定資産合計
89,358,795円
84,162,016円
資産合計
131,275,390円
133,475,454円
<負債及び正味財産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動負債合計
18,922,217円
21,517,843円
固定負債合計
77,037,000円
70,833,000円
負債合計
95,959,217円
92,350,843円
正味財産合計
35,316,173円
41,124,611円
負債及び正味財産合計
131,275,390円
133,475,454円
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

(通常総会及び臨時総会)
   ①定款の変更②解散③合併④事業計画及活動予算並びにその変更⑤事業報告及び活動決算
   ⑥役員の選任又は解任、職務及び報酬⑦会費及び賛助会費の額⑧借入金⑨事務局の運営⑩重要事    項
(理事会)
   ①総会に付議すべき事項②総会の議決した事項の執行に関する事項③その他総会の議決を要しない    会務の執行に関する事項

会員種別/会費/数

①正会員10名(会費 年3,000円)
②賛助会員50名(賛助会費 1口 2,000円)

加盟団体

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
2名
1名
非常勤
1名
 
無給 常勤
0名
0名
非常勤
0名
0名
常勤職員数
12名
役員数・職員数合計
22名
イベント時などの臨時ボランティア数
3名

行政提出情報

報告者氏名

根本 順子

報告者役職

理事長

法人番号(法人マイナンバー)

6050005010620

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

NPO法人会計基準

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

実施済み

監視・監督情報

平成25年9月4日(水)改善命令(支給決定障害者に対し、給付費の額を通知すること。)

法定代理受領により、給付費の受給を受けた場合、支給決定障害者に対し給付費の額を通知するように指導を受けましたが、毎月、支給決定障害者へ介護給付費明細書を お渡しすることで対応致しました。
このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

 

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

決算報告書
(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表) 決算報告書(財産目録) 事業報告書
2018年度(前年度)
 
2017年度(前々年度)
 
2016年度(前々々年度)
 
2015年度
 
2014年度
 

予算・事業計画

予算書類 事業計画書
2019年度(当年度)
 
 
2018年度(前年度)
 
 
2017年度(前々年度)
 
 
2016年度(前々々年度)
 
 
2015年度
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら