特定非営利活動法人特定非営利活動法人 堺西自立支援センター

基礎情報

団体ID

1135262127

法人の種類

特定非営利活動法人

団体名(法人名称)

特定非営利活動法人 堺西自立支援センター

団体名ふりがな

とくていひえいりかつどうほうじん さかいにしじりつしえんせんたー

情報開示レベル

★ ★ ★ ★ ★

第三者認証マーク

団体の概要

☆利用者による、利用者のための、笑顔いっぱいの事業所
☆従来の作業所のイメージから脱却し進化した新しい福祉サービス事業所の展開を目指す
☆社会の弱者を救う連絡協議会事務局 触法障がい者の社会復帰支援事業積極的に行う
☆就労活動:26年度就職利用者1名・就労継続支援A型1名
☆社会貢献:26年に日本財団「夢の貯金箱」自動販売機事業所に設置、寄付
27年に日本財団「夢の貯金箱」自動販売機事業所に設置、寄付
      28年に日本財団「夢の貯金箱」自動販売機事業所に設置、寄付
  29年度日本財団「夢の貯金箱」自動販売機設置中
☆エコ活動:27年から定期的に「エコキャプ推進会ECOCAP]へエコキャブを寄贈 
29年度も継続中  30年度も継続中      
☆社会貢献:29年に日本財団「夢の貯金箱」自動販売機事業所に設置継続 
☆就職活動:28年度就職 堺市立総合医療センターへ利用者1名
就労継続支援A型へ 1名 在職中
☆日本財団:30年7月13日 災害復興支援特別基金7月豪雨に寄付
      



代表者役職

理事長

代表者氏名

金田 弘幸

代表者氏名ふりがな

かなた ひろゆき

代表者兼職

就労継続支援B型事業所「はまでらジョブ」職業指導員 

主たる事業所の所在地

郵便番号

592-8343

都道府県

大阪府

市区町村

堺市西区

市区町村ふりがな

さかいしにしく

詳細住所

浜寺元町2丁172番地

詳細住所ふりがな

はまでらもとまちにちょうひゃくななじゅうにばんち

お問い合わせ用メールアドレス

info@sn-jiritu.org

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

072-275-7872

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

8時30分~17時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土

備考

祝日を除く・土曜日は13時30分迄

FAX番号

FAX番号

072-275-7873

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

8時30分~17時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土

備考

祝日を除く・土曜日は13時30分迄 ・FAXは24時間可能チェックは休み明け

従たる事業所の所在地

郵便番号

592-8343

都道府県

大阪府

市区町村

堺市西区

市区町村ふりがな

さかいしにしく

詳細住所

浜寺元町2丁172

詳細住所ふりがな

はまでらもとまちにちょうひゃくななじゅうに

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2012年4月20日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2012年4月20日

活動地域

市区町村内

中心となる活動地域(県)

大阪府

最新決算総額

5,000万円~1億円未満

役員数・職員数合計

14名

所轄官庁

堺市

所轄官庁局課名

障がい福祉課
このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

 

障がい者、福祉、地域・まちづくり、環境・エコロジー、人権・平和、就労支援・労働問題、市民活動団体の支援、その他

設立以来の主な活動実績

 27年1月   全国自立支援センター連絡協議会新年会参加和歌山県
    2月   社会的弱者を救う第11回大阪少年鑑別所勉強会共同主催
    3月   第10回社会的弱者触法障がい者を救う研修会共同主催
    4月   社会的弱者を救う 第12回大阪少年鑑別所勉強会共同主催
    8月   事業拡大の為 事業所は浜寺元町2丁172移転
   10月   社会的弱者を救う 第13回大阪少年鑑別所勉強会共同主催
   10月   平成27年度全国自立支援センター連絡協議会臨時総会 東京参加
   12月   社会的弱者救う 第14回大阪少年鑑別所勉強会共同主催
 28年 2月   社会的弱者救う 第15回大阪少年鑑別所勉強会共同主催
    4月   社会的弱者救う 第16回大阪少年鑑別所勉強会共同主催
  6月   社会的弱者救う 第17回大阪少年鑑別所勉強会共同主催 
     8月   大阪刑務所・大阪府地域生活定着支援センターと連携、積極的弱者を救う
        貢献 はまでらジョブに入所1名
    10月  社会的弱者を救う 第18回大阪少年鑑別所勉強会共同主催
    11月  全国自立支援センター連絡協議会 会議(東京日本財団会議室)参加
        内閣府特命担当大臣 加藤勝信様 子供の未来応援国民運動における受賞式参加
        東京保護観察所 所長幸島聡様と「社会の弱者を救う」に対し、対談をしました
   12月 社会的弱者救う 第19回大阪少年鑑別所勉強会共同主催
    2月  社会的弱者救う 第20回大阪少年鑑別所勉強会共同主催
    4月  社会的弱者救う 第21回大阪少年鑑別所勉強会共同主催
  6月   全国自立支援センター連絡協議会 総会 島根県 参加
        IZUMO自立支援センター・共同生活事業所つばめ就労・支援事業所すばる
        を見学
  8月   エコキャップ推進協会に累計13.7万個寄贈 継続中 
    8月   近畿弁護士会連合会 罪を問われた人の更生・夏期研修会参加
  9 月   全国地域生活定着支援センター協議会 第一回近畿ブロック研修会参加
  9月  京都医療少年院 京都府宇治市 内覧
    10月  社会的弱者救う 第23回大阪少年鑑別所にて勉強会共同主催
    11月   宮川医療少年院 三重県伊勢市 内覧
 30年 2月  社会的弱者救う 第24回大阪少年鑑別所にて勉強会共同主催
   5月 社会的弱者救う 第25回大阪少年鑑別所勉強会共同主催

         







        






                 





団体の目的
(定款に記載された目的)

☆地域の障がい者に対して、日中活動の場を提供し、生産活動の機会の提供、健康及び生活相談、
福祉に関する情報提供等を包括する就労継続支援B型の障がい福祉サービス事業を行い、
障がい者の自立を支援し、地域福祉の発展に寄与することを目的とする。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

①就労に必要な知識、能力を向上するための訓練
パソコンをはじめとする小家電の分解作業を行い、技術スキルの向上を図る
②就労の機会の提供及び生産活動
③実習先企業等の紹介
④求職活動支援
⑤生活相談
⑥施設外就労
⑦送迎サービス
⑧食事提供サービス
⑨障がい者のコミニティー事業
⑩授産活動における古物商
⑪授産活動における金属くず業
⑫授産活動における産業廃棄物収集運搬業

現在特に力を入れていること

☆障がい者が活動しやすい作業所環境の向上
☆パソコンをはじめとする小家電等、生産活動の材料確保
☆故障した車いすを修理し、車いすを必要とされている地域、人へ贈呈する活動
*修理する車いすの確保と贈呈先の確保
☆地域参加型 近隣住人・近隣施設・近隣高齢者の農園活動
☆触法障がい者問題に取り組み、年2回当法人と南大阪自立支援センター共同主催で研修会を実施
☆社会的弱者を救う連絡協議会事務局 大阪少年鑑別所において勉強会は2ヶ月に一度共同主催
☆社会貢献積極参加:日本財団「夢の貯金箱」平成26年12月19日事業所敷地内に設置しました
☆就労移行支援体制:実績 平成26年11月ひとり一般就労に就職しましたローソン
          平成27年12月ひとり就労継続支援A型作業所入所しました
☆平成27年1月から:継続的にエコキャップ NPO法人(内閣府認証)エコキャップ推進協会             ECOCAPへ寄附しています
☆障がい福祉サービス新制度の知ると理解・サービスの利用方法等、利用者様と一緒に積極的に勉強          と研修取組しています
☆社 会 貢 献: 平成28年金田理事長個人、日本財団 子供の未来応援基金に寄付

☆作 業 所  : 30年度 2件目112坪  就労継続支援B型作業所開設予定

今後の活動の方向性・ビジョン

ビジョン:みんなで笑顔になる支援。
使命  :障がい者に携わる関係各所と連携した支援を行う。
方策  :包括的な支援
     連続的な支援
     協力的な支援
活動指針:3S
     Speed-迅速な対応:利用者の目線で、複雑及び困難な課題に迅速かつ的確な対応を行う
     Scale -効果の拡大:関係部署との連携を図り支援効果の拡大を図る
     Spread-経験や知識を生かし研修会等の普及活動や斬新な支援の展開を図る

定期刊行物

団体の備考

☆当就労継続支援事業所の利用者はほとんど精神障がい者であり、就労・作業支援はもとより心の
支援にまでおよびます。
☆はまでらジョブでは、従来の作業所のイメージから脱却し進化した新しい福祉サービス事業所の
展開を目指し、「堺地区元祖」障がい者作業所パソコン・小家電等分解作業展開しました
①パソコン操作を通じて時代のニーズへの対応等、利用者様のお役に立てるようノーマライゼー   ション社会の実現に貢献出来るよう誠心誠意努力してまいります
②「堺地区元祖」パソコン等・小家電の分解作業(電動ドライバー使用)
  授産活動の効率を向上実現
③リサイクル 空き缶などの圧縮機械(かばちゃん)導入
④産業廃棄物処理業の許可申請に関する講習会終了
⑤平成28年12月16日  金属くず業許可取得
⑥平成28年12月16日  古物商許可取得
⑦平成29年 4月27日 産業廃棄物収集運搬業許可取得
このページの先頭へ

活動実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

✿助成金の支援実績
平成24年度 基盤整備事業補助金の交付を受ける
  26年度 一般財団法人 前川報恩会 より助成金を受ける
  26年度 財団法人 愛恵福祉支援財団より助成金を受ける
  27年度 共同募金配分金(施設外就労・送迎用車両)ハイエースを受ける
  27年度 みずほ福祉助成財団 社会福祉助成金を受ける
  27年度 日本財団 ダブルキャビントラックの整備助成金を受ける
  28年度 国庫補助「防犯対策の強化に係る整備工事」の寄付受ける
✿寄付・物品等受けるの支援実績
株式会社ワークコーポレーション様より寄付を受ける
リマテック株式会社様よりリサイクル作業用小家電の提供を受ける。
H25年から多くの会社、近隣住民よりリサイクル、分解作業用小家電の提供を受ける
町内会よりエコキャップ、アルミ缶、物品等提供を受ける
平成26年12月 堺市 の辻中隼逸様より寄付受ける
27年 3月  堺市 の辻中隼逸様より寄付受ける
27年 8月  ヤマハ化工様より寄付を受ける
27年 9月  非破壊検査株式会社(本社)様よりパソコン一式寄付を受ける
27年 9月  堺市 の辻中隼逸様より寄付受ける
27年 12月 堺市 の辻中隼逸様より寄付受ける
28年 6月  堺市 の辻中隼逸様より寄付受ける
28年 8月  堺市 の辻中隼逸様より寄付受ける
28年 11月  堺市 の辻中隼逸様より寄付受ける
28年 12月  堺市 の山下英子様より寄付受ける
29年 1月  堺市 の辻中隼逸様より寄付受ける
29年 2月  大阪穀物事業組合大阪堂島商品取引所. 節分用煎豆寄贈を受ける
29年 3月  堺市 の辻中隼逸様より寄付受ける
29年 5月  堺市 の辻中隼逸様より寄付受ける
29年 5月  堺市生障がい者支援課よりコーラの寄贈を受ける
29年 8月  和泉市の西武エンジニアリング株式会社様よりパソコン物品等寄贈を受ける
30年    堺市内全域の皆様より家電等寄贈受ける 累計 177件
  30年5月 タダテ氏より寄付を受ける
*物品・パソコン・小家電等を頂いているご協力企業様
 西部エンジニアリング株式会社・株式会社ワークコーポレーション・株式会社ダイビス
 ダイドービバレッジサービス株式会社・ダイドードリンコ株式会社・和歌山県日高町役場
 つげ内科医院・株式会社パソコンレスキューサービス・税理士法人 細谷総合会計
株式会社AGOA REGENCYホテル・株式会社い志乃商会
 株式会社トラバホ カンパニア・六文銭・門川酒店・木沢サポート・香川食堂
 株式会社ヤマハ化工 ・株式会社フタバ・テクノロール株式会社・NKネット
 麺屋のりお・はら司法書士・アルファ司法書士・タチバナエンターテイメント・ワン株式会社
株式会社トラフィックイノベーション・ディサービスなみき・金澤造園・マロニエパン屋
大阪建物管理有限会社

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

平成24年6月 障がい児の為の職場体験(ぷれワーキング)を当事業所にて実施
24年9月 NPO法人 百舌鳥あすなろ会様に協力頂き、山崎 ゆう様作業所の壁絵画の制作行う
24年11月 社会福祉法人じょぶライフだいせん様と協働での農作業を開始する。
25年2月 堺市授産製品コンクール参加 商品名:白ヤギさんの手紙トイレットペーパー
25年3月 (財)堺市公園協会 千の花広場(春)菜の花の育成から展示
25年3月 西区消防署の協力で避難訓練実施
25年 5月 堺市立健康福祉プラザ 「春のプラザ祭り」参加
25年 5月 社会福祉法人じょぶライフだいせん様開催のバザーにて収穫野菜          出店し利用者が店頭販売を経験する。
25年 7月 社会福祉法人じょぶライフだいせん様開催のバザーにて収穫野菜の販売ブースを
出店し利用者が店頭販売を経験する。
25年11 月 社会福祉法人じょぶライフだいせん様開催のバザーにて収穫野菜の販売ブースを          出店し利用者が店頭販売を経験する(ニか月毎に一度)
26年 3月 堺市西区浜寺4校区津波避難訓練参加
26年 3月 市民交流センター講演会 「障がい者アートが世界をかえる」利用者全員に参
26年 7月 堺市こころ健康センター主催 「精神保健福祉機関現任者研修」 日中活動の場
       だからできることを考えるに参加
26年 10月 堺市公募提案型協働推進事業 26年度事業募集と事業説明会&提案サポートセミ         ナーに参加
26年 11月 社会福祉法人「じょぶライフだいせん」様開催の青空市場出店、利用者が
         店頭販売を経験する。
27年 3月 利用者さんとスタッフ一緒に「浜寺4校区津波避難訓練」を参加しました
27年 3月 堺市健康福祉プラザ アートセミナー「アートでつなぐ地域と個性」参加
27年 7月 社会福祉法人「じょぶライフだいせん」様開催の「青空市場」にバザ用品を寄          付しました
27年 11月 大阪府立堺支援学校 福祉事業所パネル展に参加
28年 2月 ボランテイア相談コーナー相談員と障害者福祉施設職員合同研修 参加
28年 11月 堺聴覚支援学校の太鼓運搬作業
29年 10月 全国自立支援センター連絡協議会 日本財団赤坂にて会議予定
29年 11月 堺聴覚支援学校の太鼓運搬作業 予定
28年 12月 障害者週間フェスティバルの舞台運搬作業
29年 10月 全国自立支援センター連絡協議会 日本財
29年 11月 堺聴覚支援学校の太鼓運搬作業 
29年11月 株式会社光洋 大阪マラソンクリーンUP作戦参加 7名で
29年12月 大阪府地域生活支援センター主催の第5回触法障がい者等支援機関・団体交流参加
30年 1月 大阪府地域生活支援センター主催のよりそいネット事例発表     

         




企業・団体との協働・共同研究の実績

☆株式会社ワークコーポレーショ平成26年3月より施設外就労開始
☆株式会社バソコンレスキューサービス平成26年6月より施設外就労開始
☆平成27年度 毎月11日に開催されています「幸せの黄色いレシートキャンペーン」 
イオンコーヨー 諏訪ノ森店様に投函BOXを設置していただいております
☆平成27年5月「産経新聞」に事業所掲載 
☆平成27年12月 堺市くらしのガイドブック(西区)事業所掲載
☆平成28年度「幸せの黄色いレシートキャンペーン」イオンコーヨー 諏訪ノ森店様に投函     BOXを設置していただいております
☆平成28年10月より「たこ焼元ちゃん」の施設外就労開始
☆平成29年度「幸せの黄色いレシートキャンペーン」イオンコーヨー 諏訪ノ森店様に投函 
  BOXを設置していただいております
☆平成29年6月「幸せの黄色いレシートキャンペーン」イオンコーヨー 諏訪ノ森店様に
PR活動に参加しました。
☆ 30年度も「幸せの黄色いレシートキャンペーン」イオンコーヨー 諏訪ノ森店様より
        継続決定





行政との協働(委託事業など)の実績

☆平成28年度 堺市上下水道事業所より 水道メーカー分解作業委託業務受取

☆平成30年度 堺市上下水道事業所より 水道メーカー分解作業委託業務受取
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

5,000万円~1億円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

収支報告

<収入の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
内訳 会費
0円
0円
0円
寄付金
10,000円
10,000円
10,000円
民間助成金
90,000円
20,000円
20,000円
公的補助金
0円
1,706,000円
2,000,000円
自主事業収入
56,276,270円
59,409,863円
65,000,000円
委託事業収入
190,910円
129,802円
300,000円
その他収入
0円
21,801円
50,000円
当期収入合計
56,567,180円
61,297,466円
8,000,000円
前期繰越金
31,803,227円
46,393,444円
50,000,000円
<支出の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
当期支出合計
41,976,963円
53,778,294円
60,000,000円
内人件費
18,656,483円
22,220,370円
25,000,000円
次期繰越金
46,393,444円
53,912,616円
58,000,000円
備考
 
 
 

収支報告

  • NPO法人会計基準書式の内訳を表示する
  • CANPAN標準書式で表示する
<収入の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
内訳 受取会費
0円
0円
0円
受取寄附金
10,000円
10,000円
10,000円
受取民間助成金
90,000円
20,000円
20,000円
受取公的補助金
0円
1,706,000円
2,000,000円
自主事業収入
56,276,270円
59,409,863円
65,000,000円
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
190,910円
129,802円
300,000円
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
0円
21,801円
50,000円
経常収益計
56,567,180円
61,297,466円
8,000,000円
<支出の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
41,976,963円
53,778,294円
60,000,000円
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
31,803,227円
46,393,444円
50,000,000円
次期繰越正味財産額
46,393,444円
53,912,616円
58,000,000円
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動資産
30,900,840円
19,114,415円
固定資産
44,685,623円
121,776,858円
資産の部合計
75,586,463円
140,891,273円
<負債の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動負債
1,997,958円
3,010,657円
固定負債
27,195,061円
83,968,000円
負債の部合計
29,193,019円
86,978,657円
<正味財産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 前期正味財産
31,803,227円
46,393,444円
当期正味財産増減額
14,590,217円
7,519,172円
当期正味財産合計
46,393,444円
53,912,616円

貸借対照表

  • CANPAN標準書式で表示する
<資産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動資産合計
30,900,840円
19,114,415円
固定資産合計
44,685,623円
121,776,858円
資産合計
75,586,463円
140,891,273円
<負債及び正味財産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動負債合計
1,997,958円
3,010,657円
固定負債合計
27,195,061円
83,968,000円
負債合計
29,193,019円
86,978,657円
正味財産合計
46,393,444円
53,912,616円
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

総会 :通常総会(毎年1回開催)と臨時総会とする
理事会

会員種別/会費/数

種別:正会員と賛助会員
会費:0円
数 :正会員 :4名
   賛助会員:10名

加盟団体

全国自立支援センター連絡協議会  ・ 社会の弱者を救う連絡協議会事務局

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
2名
4名
非常勤
 
1名
無給 常勤
 
非常勤
 
 
常勤職員数
5名
役員数・職員数合計
14名
イベント時などの臨時ボランティア数
2名

行政提出情報

報告者氏名

金田 弘幸

報告者役職

理事長

法人番号(法人マイナンバー)

認定有無

認定なし

認定年月日

2012年4月20日

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

NPO法人会計基準

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

実施済み

監視・監督情報

このページの先頭へ

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら

こころの癒し場

「福は内」 大阪穀物事業組合 大阪堂島商品取引所の寄贈


地域活動参加

東京保護観察所勉強会


「はまでらジョブ」軽作業

我が事業所


みんなと一緒に遠足

幸せの黄色いレシート贈呈式