特定非営利活動法人だいじょうぶ

基礎情報

団体ID

1177352349

法人の種類

特定非営利活動法人

団体名(法人名称)

だいじょうぶ

団体名ふりがな

だいじょうぶ

情報開示レベル

★ ★ ★ ★ ★

第三者認証マーク

とちぎコミュニティ基金

認証日:2009年10月23日

団体の概要

 日光市との協働で行う相談事業を核に、貧困や虐待等、様々な理由で家で安心して暮らせない子どもたちとその家族に寄り添い、ニーズに応じて家事育児訪問支援や子どもの居場所、母子(乳児)の居場所、ステップハウスなど、様々な支援を組み合わせて提供しています。子どもの権利を守るため20名のスタッフがしっかりとチームワークを組み、子どもの幸せを一番に考えて行動します。
 子ども達の笑顔が私たちの力です。子どもの幸せを守るために労力はいといません。

代表者役職

理事長

代表者氏名

畠山 由美

代表者氏名ふりがな

はたけやま ゆみ

代表者兼職

主たる事業所の所在地

郵便番号

321-1261

都道府県

栃木県

市区町村

日光市

市区町村ふりがな

にっこうし

詳細住所

今市1659-10 子どもと親の相談室

詳細住所ふりがな

いまいち

お問い合わせ用メールアドレス

hope@npo-daijobu.com

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

0288-21-2119

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

8時30分~17時30分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土

備考

FAX番号

FAX番号

0288-22-7294

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2005年4月26日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2005年8月1日

活動地域

県内

中心となる活動地域(県)

栃木県

最新決算総額

5,000万円~1億円未満

役員数・職員数合計

27名

所轄官庁

栃木県

所轄官庁局課名

県民文化課
このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

子ども

 

青少年、福祉、教育・学習支援

設立以来の主な活動実績

 私たちの団体は、民間ならではのきめ細かなサービスと対応を行っています。話を聴くだけでなく、家事を手伝う、子どもの面倒をみる、病院に連れて行くなど、たとえ深夜でも迅速に活動することで問題を抱える家庭(人)と共に解決に向けて歩んでいます。
 これまでの活動で、ゴミ屋敷となった家庭のごみを片付け、母親に寄り添うことで、母子が地域の中で普通の暮らしが出来るようになりました。また、お風呂に入る習慣のなかった家庭の子で「臭い」と言われいじめられていた小学生が定期的に入浴できるようになり、いじめられなくなりました。また、精神疾患を持つ母親の不安を昼夜問わず聴くことで、安定した子育てが出来るようになり、子どもを学校へ通わせることが出来るようになりました。不登校、家庭内暴力の家庭の子は現在暴力が無くなり、居場所へ通えるようになっています。

●設立の経緯
 平成16年、栃木県の小山市で幼い兄弟が虐待死するという痛ましい事件がありました。社会的な注目を集める中、子ども虐待の相談対応を児童相談所(県)だけでなく、市町村でも対応することになりました。その当時の今市市の担当課長が、相談対応の中で支援の不十分さを痛感し、民間の相談窓口を立ち上げようと呼びかけ、NPO関係者、市職員などで勉強会を始めました。その時のメンバーが中心になり、相談対応とショートステイ(短期宿泊)を開始したのが最初です。

団体の目的
(定款に記載された目的)

 この法人は、子どもに対しての虐待、その他人権を脅かす行為から子どもを保護するとともに、子どもを取り巻く社会に対して子どもの人権擁護に関する啓発事業を行い、かつ関連機関とのネットワークによる子どもと家族へのサポート事業を実施することにより、子どもが安心して健全に成長できる地域環境づくりに寄与することを目的とする。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

1) 虐待防止・発見のための相談事業
 電話・来所・訪問相談窓口を一日24時間、毎日開催することで市民が相談したい時にすぐに対応できるようにしています。虐待の未然防止、早期発見に努め、問題の解決に向けて共に考え、共に取り組みます。日光市の家庭児童相談室に職員が入り、ケース情報を共有して対応にあたっています。相談事業を協働することで、以下の具体的な支援活動へのつなぎもスムーズです。

2) 虐待されている子どもの保護に関する事業(ショートステイ)
 不適切な養育家庭にある子どもを保護し安心できる生活環境を提供します。育児不安や育児疲れを抱えた母親から一時、子どもを預かることで心身ともに休息してもらい、虐待の未然防止につなげます。

3) 養育困難家庭への訪問支援事業
 家事、育児が困難な家庭を訪問し、共に家事、育児をすることで、子どもが健全に暮らせる養育環境を整えていきます。託児や同行支援、送迎が活動の中心になっています。

4)母子の居場所の運営事業
・Your Placeひだまり(今市、日光地区)/高徳ひだまり(藤原地区)
 小中学生を中心に放課後学校や家までお迎えに行き、入浴、食事、洗たくなど、養育困難家庭の子どもたちの欠けている養育を行います。

・支援の必要な乳幼児の保育「ひだまりキッズ」事業
 貧困や親の病気などで支援が必要な赤ちゃんを預かり、保育園等への入園が決まるまでの一時期、保育を行います。

・高校生の居場所「のんびりカフェ」事業
 毎週(第1~4)土曜日に実施しています。好きなことをしてのんびり過ごしてもらう中で、職員との信頼関係を築く中で、家庭の課題を把握し、課題解決に向けて寄り添います。

・学習支援事業
 生活困窮世帯の中学2~3年生向けに、無料の学習塾を解説しています。日光市からの委託を受け、S&S合同会社、株式会社フィデス、NPO法人咲らん坊の協力を得て運営しています。

5)母子のステップハウス事業
 行き場所がない母子の自立に向けた一時的な避難場所として、住まいながら準備をしていただくステップハウスを開設しました。APを借りるお金を貯める間や、公的支援を受けるまでのつなぎなど、緩やかに職員が寄り添いながら、準備をしていただきます。

5)親向けプログラム
 ・子育て応援セミナーの実施
 ・虐待してしまう親のための回復プログラム「MY TREEペアレンツ・プログラム」の実施

6)虐待防止のための啓発事業
 一般市民、教職者などを対象とした勉強会、講演会等に講師を派遣します。児童虐待に対する正しい知識と理解をもってもらい、地域の中の子ども達や養育困難な家庭を支援していく体制を整えていきたいです。

7) ネットワーク作り
 行政、民間団体と連携し、支援体制を整えていきます。また、子どもの虐待防止ネットワークとちぎに参加し、啓発活動など行っています。

現在特に力を入れていること

<日光市モデルの周知・拡散>
 子ども虐待の渦中で困難を抱えた子どもたちを一人でも多く救うために。日光市で実現している「家庭児童相談室」の市とNPOの協働+母子の居場所やステップハウス、訪問支援事業等の具体的な子ども支援のセットの有効性をアピールし、他市町にも同様の形を広めていきたいです。そのために、講演会講師に呼ばれたときや、見学受け入れは基本的にはお断りはせず、アピールに努めていきます。

<~食べて遊んで学んで育つ~日光子ども応援隊>
 多様な主体による子どもの貧困課題解決に向けたプロジェクトです。子どもが誰でもその気になれば前へ進める地域をつくることが目的です。貧困を理由に「おなか一杯食べられない」、「居場所がない」、「学べない」子を無くしていきます。
参画団体:スマイル日光プロジェクト、S&Sセミナー、NPO法人和音、NPO法人楽ッ子の会
     ワンプレイト、キリフリ自然学校

今後の活動の方向性・ビジョン

●寄付を集める取り組みを進め、支援性の財源による NPOらしい柔軟さで新しいニーズに対応した活動を生み出し、提案していきます。
 将来的には、母子向けのグループホームや、高校生向けの下宿などが必要と考えています。

●2020年4月から「体罰」の禁止が法制化・施行されました。これは画期的なことですが、日本人成人の60%(セーブザチルドレンジャパンの2016年の調査)が体罰は必要と考えています。体罰容認がエスカレートし、子どもの虐待死事件につながらないように!私たちは、体罰が必要ないこと、体罰に代わる子育ての方法とを広く伝えて行かなければと考えています。

定期刊行物

年3~4回「だいじょうぶ通信」を発行(1000部)
(会員や応援してくださる企業や市民、関係機関等に配布。)

団体の備考

平成28年3月9日、栃木県の認定を受け「認定特定非営利活動法人」になりました。
このページの先頭へ

協働実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

2006年  中央ろうきん助成プログラム          30万円
      日本財団助成事業               11万円

2007年  キリン福祉財団公募助成            30万円
      財団法人生命保険協会「子育て家庭支援団体助成」15万1千円

2009年  栃木県生命保険協会独自助成          5万円

2010年  とちぎゆめ基金事業助成            30万円
     「連合・愛のカンパ」              10万円

2011年  「連合・愛のカンパ」             20万円

2012年  とちぎコープNPO法人助成金          20万円
      共同募金会 歳末たすけあい地域助成      8万円
      NHK赤い羽根歳末たすけあい助成        4万8千円
      とちぎVネット「認定NPOになろう!ファンドレイザー補助金 約17万円

2013年  とちぎコープNPO法人助成金          20万円
      共同募金会 歳末たすけあい地域助成       9万円
      NHK赤い羽根歳末たすけあい助成         6万円

2014年  住友生命「未来を強くする子育てプロジェクト」未来大賞  100万円
      馬主社会福祉財団助成              59万円
      とちぎコープNPO法人助成金          20万円
      国際ソロプチミスト宇都宮            5万円
      NHK赤い羽根歳末たすけあい助成         4万2千円

2015年  とちぎコープNPO法人助成金           30万円
      三井住友銀行ボランティア基金          100万円(寄付)
      NHK赤い羽根歳末たすけあい助成         72,000円
      国際ソロプチミスト宇都宮              3万円
      丸八真綿(栃木県共同募金会配分 )       26,883円
      久光製薬ほっとハート倶楽部            10万円(寄付)

2016年  とちぎコープNPO法人助成金           20万円
      国際ソロプチミスト日本財団社会ボランティア賞   20万円
      NHK赤い羽根歳末たすけあい助成        66,000円

2017年  とちぎコープNPO法人助成金           25万円
      NHK歳末たすけあい              78,000円

2018年  とちぎコープNPO法人助成金           25万円
      いまいちロータリークラブ助成金        193,610円
      NHK赤い羽根歳末たすけあい助成       108,000円

2019年  とちぎコープNPO法人助成金             20万円
      スマイル日光プロジェクト助成           10万円
      栃木県助産師会「すくすく赤ちゃん献金」     289,026円
      子供の未来応援基金助成             480,554円
      NHK赤い羽根歳末たすけあい助成        108,000円

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

●広報と活動の資金集め
他の団体が主催するお祭りに参加させてもらい、バザーを出店する。(平成18年より毎年開催)
2回/年  3月、シルバー祭り
      9月、あかね祭り
※平成26年度から有志実行委員会の主催でバザーを行うようになりました。

●啓発活動(講演会や勉強会を共同で開催する。)
 ○平成20年6月26日 CAPうつのみやとワークショップを共催する。
 ○平成22年~  子どもの虐待防止ネットワークとちぎに参加、毎年シンポジウムを開催
 ○平成29年度~ ~食べて遊んで学んで育つ~日光子ども応援隊に参画
         子どもの貧困対策のために必要な諸々の取り組みを実施
         参画団体:
         スマイル日光プロジェクト、S&Sセミナー、NPO和音、NPO楽ッ子の会
         ワンプレイト、キリフリ自然学校 

企業・団体との協働・共同研究の実績

2007年5月15日 古河サーキトフォイル社員研修にて講話
    9月14日    〃
2007年11月20日 宇都宮ライオンズクラブ合同例会にて講話
2013年5月16日  国際ソロプチミスト日光例会にて講話
   10月18日  グラクソスミスクライン(株)オレンジデーボランティア受け入れ
2014年6月10日  今市きぬロータリークラブ例会にて講話
2017年6月14日  宇都宮中央倫理法人会モーニングセミナーにて講話
2018年7月~   今市ロータリークラブと共催で夏休みの子ども向けイベント実施
    8月1日   今市ロータリークラブ例会にて講話
2019年12月   今市ロータリークラブと共催でクリスマス会を開催

行政との協働(委託事業など)の実績

2006年~    日光市家庭児童相談室相談事業
2006年~2013年 日光市子育て短期支援事業
2007年~    日光市育児支援家庭訪問事業
2011年~    日光市子どもの居場所づくり事業
2012年~2013年 日光市生活保護世帯の社会的な居場所づくり支援事業
2012年~    MY TREEペアレンツプログラム運営費補助(栃木県より)
2014年~2016年 日光市生活困窮世帯の社会的な居場所づくり・学習支援事業
2017年     日光市生活困窮者学習支援・居場所づくり業務
2018年~    生活困窮者自立支援法に基づく子どもの学習支援事業
2019年~    日光市子育て短期支援事業
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

5,000万円~1億円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

会計情報 CANPAN標準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算 2020年度(当年度)予算
内訳 会費
475,500円
566,000円
570,000円
寄付金
6,066,794円
6,951,405円
4,000,000円
民間助成金
551,610円
788,554円
308,000円
公的補助金
0円
0円
0円
自主事業収入
520,677円
294,400円
260,000円
委託事業収入
41,960,922円
46,604,671円
49,075,782円
その他収入
196円
40,215円
40円
当期収入合計
49,575,699円
55,245,245円
54,213,822円
前期繰越金
6,566,214円
6,877,200円
10,502,649円
<支出の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算 2020年度(当年度)予算
当期支出合計
49,264,713円
51,619,796円
55,152,179円
内人件費
28,325,246円
28,213,478円
27,972,800円
次期繰越金
6,877,200円
10,502,649円
9,564,292円
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算
内訳 流動資産
9,149,390円
14,264,449円
固定資産
5,102,841円
5,031,478円
資産の部合計
14,252,231円
19,295,927円
<負債の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算
内訳 流動負債
7,375,031円
8,793,278円
固定負債
0円
0円
負債の部合計
7,375,031円
8,793,278円
<正味財産の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
6,877,200円
10,502,649円

会計情報 NPO法人会計基準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算 2020年度(当年度)予算
内訳 受取会費
475,500円
566,000円
570,000円
受取寄附金
6,066,794円
6,951,405円
4,000,000円
受取民間助成金
551,610円
788,554円
308,000円
受取公的補助金
0円
0円
0円
自主事業収入
520,677円
294,400円
260,000円
(うち介護事業収益)
0円
0円
0円
委託事業収入
41,960,922円
46,604,671円
49,075,782円
(うち公益受託収益)
41,960,922円
46,604,671円
49,075,782円
その他収益
196円
40,215円
40円
経常収益計
49,575,699円
55,245,245円
54,213,822円
<支出の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算 2020年度(当年度)予算
内訳 事業費
47,304,960円
49,610,617円
53,031,448円
(うち人件費)
27,456,654円
27,283,621円
27,962,000円
管理費
1,959,753円
2,009,179円
2,120,731円
(うち人件費)
868,592円
929,857円
10,800円
経常費用計
49,264,713円
51,619,796円
55,152,179円
当期経常増減額
310,986円
3,625,449円
-938,357円
経常外収益計
0円
0円
0円
経常外費用計
0円
0円
0円
経理区分振替額
0円
0円
0円
当期正味財産増減額
310,986円
3,625,449円
-938,357円
前期繰越正味財産額
6,566,214円
6,877,200円
10,502,649円
次期繰越正味財産額
6,877,200円
10,502,649円
9,564,292円
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算
内訳 流動資産合計
9,149,390円
14,264,449円
固定資産合計
5,102,841円
5,031,478円
資産合計
14,252,231円
19,295,927円
<負債及び正味財産の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算
内訳 流動負債合計
7,375,031円
8,793,278円
固定負債合計
0円
0円
負債合計
7,375,031円
8,793,278円
正味財産合計
6,877,200円
10,502,649円
負債及び正味財産合計
14,252,231円
19,295,927円
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

・総会(年1回)
・理事会(年3回)
・スタッフミーティング(代表者会議 月1回、ひだまり&キッズ職員会議 週1回)

会員種別/会費/数

正会員 2,000円/年一口 84人(108口)
賛助会員3,000円/年一口 77人(95口)
団体会員5,000円/年一口 9団体(13口)
(寄付件数      520件)
(2020年3月31日時点)

加盟団体

子ども虐待防止ネットワークとちぎ/栃木県子どもの居場所連絡協議会/食べて遊んで学んで育つ日光子ども応援隊

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
4名
3名
非常勤
1名
12名
無給 常勤
 
非常勤
7名
 
常勤職員数
7名
役員数・職員数合計
27名
イベント時などの臨時ボランティア数
10名

行政提出情報

報告者氏名

報告者役職

法人番号(法人マイナンバー)

認定有無

認定あり

認定年月日

2016年3月9日

認定満了日

2021年3月8日

認定要件

絶対値基準

準拠している会計基準

NPO法人会計基準

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

実施済み

監視・監督情報

監事監査
このページの先頭へ

年度別添付資料

決算・事業報告

決算報告書
(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表) 決算報告書(財産目録) 事業報告書
2019年度(前年度)
2018年度(前々年度)
2017年度(前々々年度)
2016年度
2015年度

予算・事業計画

予算書類 事業計画書
2020年度(当年度)
2019年度(前年度)
2018年度(前々年度)
2017年度(前々々年度)
2016年度

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら