認定特定非営利活動法人D×P

基礎情報

団体ID

1216038453

法人の種類

認定特定非営利活動法人

団体名(法人名称)

D×P

団体名ふりがな

でぃーぴー

情報開示レベル

★ ★ ★ ★ ★

第三者認証マーク

NPO法人会計力検定

認証日:2019年5月16日

団体の概要

認定NPO法人D×P(ディーピー)は、通信・定時制高校の高校生に「つながる場」と卒業後の「いきるシゴト」を共につくるNPOです。通信・定時制高校で、社会人と高校生が対話し、つながりをつくるプログラム「クレッシェンド」や、いごこちのよい場所を高校や地域のなかにつくる居場所事業「いごこちかふぇ」、卒業後も高校生がいきるシゴトをつくる「ライブエンジン」を提供しています

代表者役職

理事長

代表者氏名

今井 紀明

代表者氏名ふりがな

いまい のりあき

代表者兼職

主たる事業所の所在地

郵便番号

540-0032

都道府県

大阪府

市区町村

大阪市中央区

市区町村ふりがな

おおさかしちゅうおうく

詳細住所

天満橋京町1−27 ファラン天満橋33号室

詳細住所ふりがな

てんまばしきょうまち ふぁらんてんまばし

お問い合わせ用メールアドレス

info@dreampossibility.com

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

06-7222-3001

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

9時00分~17時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

FAX番号

FAX番号

-

連絡先区分

-

連絡可能時間

-

連絡可能曜日

-

備考

-

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2010年3月9日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2012年6月27日

活動地域

複数県

中心となる活動地域(県)

大阪府

最新決算総額

5,000万円~1億円未満

役員数・職員数合計

21名

所轄官庁

大阪市

所轄官庁局課名

市民局総務部NPO法人担当
このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

 

子ども、青少年、福祉、教育・学習支援、起業支援、就労支援・労働問題

設立以来の主な活動実績

【活動実績】
これまでに4200名以上の高校生と関わってきました。

①つながる場をつくる
▼高校の中で実施する授業「クレッシェンド」
高校生が人とつながる場を教室のなかにつくり、一人ひとりに寄り添いながら関係性を築いていきます。ボランティア「コンポーザー」と高校生との対話を軸にし、1〜3ヶ月、およそ全4回のプログラムです。15校の高校で実施し、500名以上の高校生に出会いました。

▼学内にあるカフェ「いごこちかふぇ」
安心できる居心地の良い空間を学校や地域のなかにつくり、高校生が定期的に人とつながることができる場をつくります。ある定時制高校で、全校約135名中113名がいごこちかふぇを訪問しました。

▼10代の集まる拠点「高校生コワーキング」
不登校状態の生徒や、高校を中退した10代、通信制高校の生徒が通えるスペースとして利用しています

②いきるシゴトをつくる
▼就職相談「ライブラボ」
定時制高校と連携し、高校生が気軽に進路相談できる場を学校のなかにつくっています。高校生一人ひとりのニーズや特性に寄り添い、従来の就職にとらわれず自分らしく生きていくシゴトを一緒に考えます。また、オンラインでも全国から相談ができる窓口を作っています。

▼仕事をイメージする機会「ライブツアー」
高校生一人ひとりの状態やニーズに合わせて「やってみようかなと思える機会」を提供します。

③いきる暮らしをつくる
株式会社リバ邸と共同運営し、シェアハウスを立ち上げています。(試行実施中)


【その他】
・ソーシャル・ビジネスコンペ近畿2012一般部門 準グランプリ 獲得
・ビジネスプランコンペedge2013 優秀賞 獲得
・第5回地域再生大賞2015 優秀賞を受賞
・コモンズ投信株式会社の第6回SEEDCapに選定
・CB・CSOアワード2015にて「優秀賞」を受賞
・第10回大阪商工信金社会貢献賞 ソーシャルビジネスの部を受賞
・近畿ろうきんNPOアワード はばたきコース2018「大賞」を受賞
・その他、新聞・雑誌・テレビなどで取り組みや起業の経緯を取り上げていただきました。

【代表者略歴】
理事長 今井紀明
1985年札幌生まれ。立命館アジア太平洋大学(APU)卒。高校生のとき、イラクの子どもたちのために医療支援NGOを設立。その活動のために、当時紛争地域だったイラクへ渡航。現地の武装勢力に人質として拘束され、帰国後「自己責任」の言葉のもと、日本社会から大きなバッシングを受ける。対人恐怖症になるも、友人らに支えられ復帰。偶然、通信制高校の生徒が抱える課題に出会い、親や先生から否定された経験を持つ生徒たちと自身のバッシングされた経験が重なり、若者を支え、「ひとりひとりの若者が自分の未来に希望を持てる社会」をつくりたいと2012年にNPO法人D×Pを設立。

団体の目的
(定款に記載された目的)

(定款第3条より)
この法人は、若者が広義での社会的弱者、狭義でのニートになってしまうことを予防するために、様々な職業・年代の人々との交流を深める授業を通して、自分自身の持っている可能性に気付き、将来的に直面しうる困難を乗り越えるための自ら考え、動き、解決する「自律する力」を身につけられる事業を行い、ひとりひとりの若者が自分の未来に希望を持てる社会の形成を目指すことを目的とする。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

1.通信・定時制高校に特化した授業「クレッシェンド」
クレッシェンドとは、高校生が人とつながる場を教室のなかにつくり、一人ひとりに寄り添いながら関係性を築いていきます。ボランティア「コンポーザー」と高校生との対話を軸にしたプログラムです。
少人数のクラスで2〜3ヶ月間にわたって4回の授業を行い、引きこもりや不登校などの経験を持つ通信制高校生に寄り添った授業を実施します。

・第1回授業:失敗なんて当たり前!
コンポーザーの過去の辛かった経験・しんどかった経験を聞きます。人間関係でのトラブル、家庭でのしんどかったことや挫折経験など様々なオトナの過去を知ります。
・第2回授業:みんなの生活みてみよう
コンポーザーの現在の生き方や仕事・大学生活、今の生き方に至った経緯を聞きながら、自分の「これから」をちょっとだけ考えてみます。
・第3回授業:みんなでユメブレ
ユメブレは「ユメブレスト」の略。D×Pでは大きな目標からちょっとやってみたいことも含めて、「ユメ」であると定義しています。自分の「ユメ」をクレヨンで描き、自分の言葉で表現します。
・第4回授業:知らなかった自分を知ろう!
これまで授業に関わった同級生やコンポーザーに抱いた印象をメッセージカードに書いて、伝え合います。受け取ったカードを読んで、気がつかなかった「自分」の姿を知ることができます。

2.安心していられる場を定時制高校のなかに「いごこちかふぇ」
いごこちかふぇは 、定時制高校の学内に開くカフェ 。 地元産のおにぎりやサンドイッチなどの食事を提供しながら、 生徒が安心できる居心地のよいスペースを学内につくっています 。

スタッフは、「否定せずに、関わる」などの3つの姿勢をいごこちかふぇでも、大切にして生徒と関わっていきます。高校生が学校内で安心して過ごすことができる場を提供し、クラスや学年を超えた生徒同士のつながりをつくるきっかけづくりをしています。
限定50食の食事を毎回メニューを変えて用意しています。時間やお金に余裕がないのでご飯を抜いている生徒も多いため、食事の無償提供を行なっています。


3.いきるシゴトをつくる「ライブエンジン」
この社会にはもっと多様な生き方や身の置き方があるはず。若者ひとりひとりを見つめ、働くことができる環境と若者をつなげたり、まだこの世にはない新しいシゴトをつくるサポートをします。

現在特に力を入れていること

■1つの学校の中で複数のサービスを導入
D×Pのサービスを導入する学校を増やすのではなく、複数のサービスを導入する学校を増やすことを目指しています。

■卒業後コミュニティをつくる
在校生や高校を卒業した元生徒が気軽に参加し、つながれる場をつくります。仕事や生活して
いく上で困る前に相談できたり、困ったときに解決できた実績を作っていきます。

今後の活動の方向性・ビジョン

■D×Pのビジョン
ひとりひとりの若者が自分の未来に希望を持てる社会

■今後の方向性
①全国6都市でD×Pが価値を体現している場をつくります。
定時制・通信制高校の生徒をメインに関西、関東、札幌、仙台、福岡、名古屋の各地で200名以上の高校生が、人や地域とつながれる場をつくります。いつでも就労相談に乗れる仕組みをつくり、卒業後も関われる場を広げます。

②様々なコンポーザー、寄付者、企業など仲間を増やしていきます。
D×Pが直接事業を行う場を持つことで、参画できる人を増やしファンを増やします。D×P独自の研修を行い、価値観を伝播し体現できる人が社会にいることやいきるシゴトができる場を作っていきます。

③オンラインで入口拡大、全国の対象に3本柱を支援できる体制/連携先を作ります。
全国に連携先を増やし、生徒のつなぎ先としても機能させていきます。全国どこにいても、D×Pコミュニティへの入り口があるように、オンラインでも対応できるノウハウを構築していきます。

定期刊行物

活動報告書/アニュアルレポート・年1回・700部

団体の備考

このページの先頭へ

協働実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

・NPO法人ETIC ソーシャルベンチャースタートアップマーケット3期生(2011年)
・社会起業塾イニシアティブ「花王起業塾」選出(2011年)
・NPO法人サービスグラント Webサイトサービスグラント(2013年)
・グロービス大阪校 会議室の無料貸し出し(2013年)
・JT NPO助成(2014年)
・花王ハートポケット助成(2014年)
・コモンズ投信社会起業家応援プログラム(2015年)
・阪急阪神未来のゆめ・まち基金(2015年)
・大阪商工信用金庫 社会貢献賞(2016年)
・人間力大賞近畿版 (2017年)
・熊西地域振興財団(2016-2017年)
・Panasonic NPOサポートファンド(2017年)
・子どもの未来応援基金(2017年)
・フィルファウンデーション 組織基盤強化(2016-2017年)
・トヨタ財団 定時制高校中退予防プログラム(2017-2018年)
・ドコモ・モバイルコミュニケーションファンド(2017年-2018年)
・阪急阪神未来のゆめ・まち基金(2018年-2019年)
・大和証券グループ輝く未来へこども応援基金(2018年-2019年)
・ウォータードラゴン財団(2018年-2019年)

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

・キッズドア様 通信制高校での授業「クレッシェンド」の実施

企業・団体との協働・共同研究の実績

・株式会社トビラ企画様 通信制高校生向け写真展・アート展のコーディネート/会場の無料貸出し
・株式会社ココウェル様 寄付つきリップクリームの販売と、高校生のフィリピンスタディーツアー送り出し(送り出し連携:NPO法人アクセス様)
・募金箱設置店舗さまとの連携
・地元企業さまとの連携 学内カフェ「いごこちかふぇ」での食事のご提供
・宮崎県日南市とLINE@事業で連携
・北星学園余市高等学校とLINE@事業で連携

行政との協働(委託事業など)の実績

大阪府:居場所事業の実施
岡山県:若者と「つながる」事業の実施
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

5,000万円~1億円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

会計情報 CANPAN標準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
内訳 会費
40,000円
10,000円
55,000円
寄付金
47,196,189円
55,333,833円
65,650,000円
民間助成金
8,703,870円
13,390,607円
18,000,000円
公的補助金
0円
0円
0円
自主事業収入
7,165,417円
4,495,897円
4,000,000円
委託事業収入
0円
4,719,277円
1,400,000円
その他収入
95,918円
850,904円
0円
当期収入合計
63,201,394円
78,800,518円
89,105,000円
前期繰越金
45,252,055円
31,219,574円
14,782,890円
<支出の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
当期支出合計
62,163,831円
19,478,341円
87,000,000円
内人件費
34,548,208円
39,461,958円
48,000,000円
次期繰越金
31,219,574円
14,782,890円
16,887,890円
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動資産
40,259,281円
17,744,336円
固定資産
0円
8,432,063円
資産の部合計
40,259,281円
26,176,399円
<負債の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動負債
6,799,707円
11,393,509円
固定負債
2,240,000円
0円
負債の部合計
9,039,707円
11,393,509円
<正味財産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
31,219,574円
14,782,890円

会計情報 NPO法人会計基準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
内訳 受取会費
40,000円
10,000円
55,000円
受取寄附金
47,196,189円
55,333,833円
65,650,000円
受取民間助成金
8,703,870円
13,390,607円
18,000,000円
受取公的補助金
0円
0円
0円
自主事業収入
7,165,417円
4,495,897円
4,000,000円
(うち介護事業収益)
0円
0円
0円
委託事業収入
0円
4,719,277円
1,400,000円
(うち公益受託収益)
0円
4,719,277円
1,400,000円
その他収益
95,918円
850,904円
0円
経常収益計
63,201,394円
78,800,518円
89,105,000円
<支出の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
内訳 事業費
36,313,608円
54,311,979円
60,000,000円
(うち人件費)
23,567,137円
32,406,390円
40,000,000円
管理費
25,850,223円
19,478,341円
27,000,000円
(うち人件費)
10,981,071円
7,055,568円
8,000,000円
経常費用計
62,163,831円
19,478,341円
87,000,000円
当期経常増減額
1,037,563円
5,010,198円
2,105,000円
経常外収益計
0円
0円
0円
経常外費用計
0円
0円
0円
経理区分振替額
0円
0円
0円
当期正味財産増減額
967,519円
4,939,343円
0円
前期繰越正味財産額
45,252,055円
31,219,574円
14,782,890円
次期繰越正味財産額
31,219,574円
14,782,890円
16,887,890円
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動資産合計
40,259,281円
17,744,336円
固定資産合計
0円
8,432,063円
資産合計
40,259,281円
26,176,399円
<負債及び正味財産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動負債合計
6,799,707円
11,393,509円
固定負債合計
2,240,000円
0円
負債合計
9,039,707円
11,393,509円
正味財産合計
31,219,574円
14,782,890円
負債及び正味財産合計
40,259,281円
26,176,399円
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

会員種別/会費/数

正会員11人

加盟団体

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
3名
10名
非常勤
0名
8名
無給 常勤
0名
0名
非常勤
3名
0名
常勤職員数
10名
役員数・職員数合計
21名
イベント時などの臨時ボランティア数
200名

行政提出情報

報告者氏名

今井 紀明

報告者役職

理事長

法人番号(法人マイナンバー)

6120005015562

認定有無

認定あり

認定年月日

2015年6月8日

認定満了日

2020年6月7日

認定要件

相対値基準

準拠している会計基準

NPO法人会計基準

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

実施済み

監視・監督情報

平成30年度の計算書類等において特定非営利活動法人会計の基準に準拠して、適正に表示しているものと認められました。

令和元年5月24日 公認会計士 大磯毅 様
このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

決算報告書
(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表) 決算報告書(財産目録) 事業報告書
2018年度(前年度)
2017年度(前々年度)
2016年度(前々々年度)
2015年度
2014年度

予算・事業計画

予算書類 事業計画書
2019年度(当年度)
 
2018年度(前年度)
2017年度(前々年度)
2016年度(前々々年度)
 
2015年度

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら

取り組みの様子