特定非営利活動法人ベネッセの会

基礎情報

団体ID

1256841493

法人の種類

特定非営利活動法人

団体名(法人名称)

ベネッセの会

団体名ふりがな

べねっせのかい

情報開示レベル

★ ★ ★ ★

第三者認証マーク

団体の概要

高齢者・しょうがい者のご家族向け心の相談事業、老人ホーム慰問事業。
子育てを終え、親を見送った人々が小さなボランティアをしたいという思いを形に出来るように「ベネッセの会」は中間支援団体として2005年に設立しましたが、2011年の東日本震災後地域の際、お年寄りが激しく不安をうったえられ、自治会の一人というだけではなく、心を通わすもう一人の家族として地域の絆を作ろうと2011年5月から他町区の先輩ボランティア団体(中原たすけあいの会さん)に研修しながら素案を作り上げ、2011年11月より高齢者・しょうがい者のための生活支援と移動サービスを始めました。各部署の代表者全員が地域福祉のため「今、私たちが出来る事」を行動して、自分たちが高齢者になった時、安心できる地域の仕組みを残す活動をすることを誓い合いました。この理念と志を後輩に残すため2012年9月25日に特定非営利活動法人となり元気に活動しています。その後、2013年5月8日より福祉有償運送者(九佐福41号)を取得し、地域社会の外出支援事業は、女性らしい細やかな心づかいの有る活動を目指しています。

代表者役職

代表理事

代表者氏名

永友 惠子

代表者氏名ふりがな

ながとも けいこ

代表者兼職

主婦

主たる事業所の所在地

郵便番号

841-0074

都道府県

佐賀県

市区町村

鳥栖市

市区町村ふりがな

とすし

詳細住所

西新町1422番地328

詳細住所ふりがな

にししんまち

お問い合わせ用メールアドレス

benesse@happytosu.ne.jp

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

0942-85-2977

連絡先区分

自宅・携帯電話

連絡可能時間

9時00分〜17時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

携帯番号  070-5491-5289

FAX番号

FAX番号

0942-85-2977

連絡先区分

自宅・携帯電話

連絡可能時間

9時00分~17時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

841-0074

都道府県

佐賀県

市区町村

鳥栖市

市区町村ふりがな

とすし

詳細住所

西新町1422番地328

詳細住所ふりがな

にししんまち

URL

団体ホームページ

団体ブログ

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2005年4月17日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2012年9月25日

活動地域

市区町村内

中心となる活動地域(県)

佐賀県

最新決算総額

100万円~500万円未満

役員数・職員数合計

5名

所轄官庁

所轄官庁局課名

このページの先頭へ

活動概要

活動分野

障がい者、高齢者、在日外国人・留学生、福祉、保健・医療、教育・学習支援、地域・まちづくり、環境・エコロジー、人権・平和、男女共同参画、就労支援・労働問題、市民活動団体の支援、行政への改策提言

設立以来の主な活動実績

1.薔薇鑑賞会
2.大人向け生涯学習(学び合い・支え合い事業)
3.緑のカーテン(地球温暖化防止推進事業)
4.秋光川の水の浄化
5.学童通学路の防犯強化の為、パンジーを無料配布
6.高齢者施設慰問
7.高齢者・障がい者の家族向け「困りごと相談」
8.独居の方の仲間づくり促進のランチ会
9.デマンド交通推進(東京大学との共同事業)
10.終活研修
11.高齢者の為の防犯訓練

■代表者の略歴
【鳥栖市】
・環境審議会委員
・社会福祉協議会旭地区コーディネーター
・市民活動支援事業検討懇話会委員
【佐賀県知事委嘱】
・佐賀県高齢者保健福祉推進委員
・さが福祉サービス評価等推進委員
・佐賀県環境サポーター
・地球温暖化防止活動推進員
【佐賀県】
・学びあい支えあい活性化運営協議会委員

団体の目的
(定款に記載された目的)

「ベネッセの会」は高齢者・しょうがい者・子ども及びその家族が住み慣れた地域社会の中で尊厳をもって安心して暮らしていけるよう、住民参加の福祉サービスの提供に努め、高齢者の認知症や寝たきりの予防、子どもやしょうがい者の生活支援に関する事業等を行い、サービスを提供する会員も健康で楽しく、幸せな生きがいのある毎日を過ごし、福祉の増進や良好な自然環境・生活環境の中で豊に暮らせる地域社会の形成と発展に寄与することを目的とします。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

・福祉有償運送   (月~金・9:00~17:00)
・福祉無償運送   (月~金・9:00~17:00)
・家事サービス事業 (月~金・9:00~17:00)

現在特に力を入れていること

1 福祉有償運送に関する事業
   月曜から金曜までの9時から17時までの実施
2 福祉無償運送に関する事業
   月曜から金曜までの9時から17時までの実施
3 家事サービスに関する事業
   月曜から金曜までの9時から17時までの実施
4 高齢者の生きがいづくりと生活支援に関する事業
   月曜から金曜までの9時から17時までの実施
5 地域の問題点解決を目指した社会教育の講習会授業
   毎月20日のミニ講演会(本年度のテーマ:健康)
6 終活研修事業
7 高齢者の為の防災訓練

【平成28年度事業】
1、「高齢者・障がい者の生活支援事業」
   高齢者・障害者が介護保険に頼らず、自分らしい地域での生活が出来るように当団体が実施。
   毎週月曜日~金曜日(8時30分~17時30分)無・有償運行活動。
   毎週月曜日~金曜日(8時30分~17時30分)家事サービス。
   今年度運行目標800回  家事支援100回
   :包括センター・民生委員・社会福祉協議会・民間障がい者団体からの紹介や広報活動に力を入れる。
2、「実行委員会の開催」事業
   事業実施にかかる課題の解決に導く多彩な方々の助言・指導により事業充実を図る。
   年5回開催  7月、9月、11月、2月、3月、開催。
:地域の福祉関係者が当団体への助言・指導。
3、「独居世帯向け食事会・困りごと相談会・就労機会」「ミニ講演会」事業
   住み慣れた地域に住む人々が1つのテーマで話し合い、多くの方々の意見を聴き共感を得ることで、仲間づくりを実施。
   「ミニ講演会」は年6回
   「独居世帯向け食事会・困りごと相談会・就労機会」は毎週1回(木曜日開催)
   :テーマは福祉を中心とした社会状況
4、「防災訓練」事業
   社会的弱者の防災訓練はこれまで実施されていないので、仲間同士で災害時を乗りきることなどを学ぶ、講話中心の訓練。
   年1回 開催(約50名)
   :鳥栖市消防署より協力。
5、「終活研修」事業
   自分の死を見つめることは今をいかに生き切るかを訪う事業。今年度は玄関から玄関の公共交通を学ぶ。年1回  第1回は4月13日に40名で八女市(ふる里タクシー)研修済み。
   :八女市の協力により「自分への公共交通のあり方」を学ぶ。
6、 情報展開事業
   広く情報を周知するため、「健康に暮らすために高齢者の移動を考える」の講演会を実施。
   (サンメッセ鳥栖)

今後の活動の方向性・ビジョン

今後さらなる高齢化を迎える日本で、高齢者向けの仕事の提供(生きがい)や、居場所を提供することにより、できるだけたくさんの高齢者が介護保険に頼らず楽しい毎日を送ることができるような地域社会の構築を目指します。
また、高齢者、障がい者の生活支援や外出支援の仕組みづくりを行い、同様の仕組みを大きく広めることにより、年齢・性別を問わず、すべての人々が共に楽しく生きがいをもって、安心、安全に過ごせる地域社会づくりに貢献します。

定期刊行物

団体の備考

・2011年から移動サービを始めました。そのことにより動きが少なかった高齢者のかたの社会貢献度が確実に上がりました。自分も周りも共に支えあう地域づくりの構築に光がさす思いです。一人一人が「今何が出来るか」を考え、前向きに生きる団体にしていきたいと考えたおります。今年度から若い会員もふえてきました。
・車いす対応車が1台増加して合計2台。運転手が1名増加し合計3名体制となり、活動範囲は確実に広がっています。今年度は、配食事業にも取り組んでまいります。皆様のご支援をよろしくお願いいたします。
・H28年5月15日 社員総会を開催いたしました。昨年度の総会開催時会員数が33名から今年度会員数67名に増加し、上峰町、みやき町、鳥栖市と活動範囲を拡大し、地域社会に貢献しております。特に利用目的の80%が通院となっており、運行事業を中心とした地域コミュニティづくりに寄与しております。
・H28年12月3日~4日に、JR有楽町駅前交通会館1F広場にて、「佐賀県ふるさと納税フェア」に参加しました。「佐賀県へのふるさと納税で”たすけあい”支援ができる!」をテーマに街ゆく人たちにアピールしました。
・この度、日本財団様より当団体に、「ストレッチャーでの移動に対応できる自動車」を寄贈頂くことが決まりました。ストレッチャーでの移動に関しては、ご要望が非常に多かったので今後の活動の幅が広がることになります。この「ストレッチャー対応自動車」のお披露目会を、平成29年4月2日に開催いたしました。会員のみならず、地域の方々及び企業、医療機関の皆様にも祝辞を頂きました。
・平成29年5月21日に当法人の社員総会を開催致しました。ストレッチャー対応車の導入については、会員の皆さま大変関心を持っていただきました。
・平成29年6月にストレッチャー対応車を利用し、寝たきりの患者様の病院からの帰宅支援を行いました。利用者の方は大変喜ばれておりました。
・ふるさと納税返礼品のリニューアルを実施します。
このページの先頭へ

活動実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

佐賀県炎博基金から4年間、計160万の助成金(平成17年度から20年度まで)
文部科学省から、20年度に33万円
佐賀県社会福祉協議会から、23年度に138千円
久光製薬から、19年度に10万円
アイリスオーヤマ(株)から物品等(陶器プランター650個)
佐賀新聞社から、25年度に10万円
平成23年、24年、25年連続で有明海基金(5万円/年)
平成26年度独立行政法人福祉医療機構(WAM)社会福祉振興助成事業を実施
平成27年度鳥栖市補助金
平成27年度公益財団法人佐賀未来創造基金
平成28年度、公益財団法人日本財団より「ストレッチャー対応自動車」の寄贈が決定

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

・NPO法人 佐賀県CSO推進機構
・公益財団法法人 佐賀未来創造基金
・認定NPO法人 中原たすけあいの会
・NPO法人 市民支援センターふくしの家
・龍谷短期大学
・社会福祉法人 健翔会
・NPO法人 鳥栖市市民活動センター
・NPO法人 ワーク&ライフサポート
・東京大学大学院新領域創成科学研究科設計工学研究室

企業・団体との協働・共同研究の実績

緑のカーテン事業で競馬場の馬ふんをたい肥化・秋光川の水の浄化など佐賀大学や佐賀県農業大学と連携。
佐賀県内や鳥栖市における少子高齢化を北海道大学大学院教授に相談。
東京大学とデマンド交通(外出支援関連)に関する第8回オンデマンド交通カンファレンスに参加(2/24)。
東京大学との協業によるカンファレンス11月開催。
(内容:「玄関から玄関のデマンド交通」について)

行政との協働(委託事業など)の実績

鳥栖市補助金にて、デマンド交通(ドアトゥドア)に関する講演会を開催(東京大学大和裕幸副学長プロジェクトチームによる講演会を開催)。地域の福祉団体の皆様や、行政、マスコミ関係の皆様より高い関心を頂きました。
佐賀県(地域福祉課・長寿社会課・障害福祉課・身近な移動手段推進課・県民協働課)に採択され、デマンド交通推進事業展開しております。
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

100万円~500万円未満

会計年度開始月

5月

その他事業の有無

収支報告

<収入の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)予算
内訳 会費
45,000円
65,000円
100,000円
寄付金
842,113円
100,000円
900,000円
民間助成金
2,704,536円
0円
3,500,000円
公的補助金
0円
484,112円
0円
自主事業収入
343,705円
545,870円
650,000円
委託事業収入
0円
0円
0円
その他収入
10円
20円
0円
当期収入合計
3,935,364円
1,195,002円
5,150,000円
前期繰越金
27,813円
9,229円
 
<支出の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)予算
当期支出合計
3,953,948円
372,917円
5,148,666円
内人件費
1,778,200円
3,206,650円
3,600,000円
次期繰越金
9,229円
-3,325,406円
 
備考
 
 
 

収支報告

  • NPO法人会計基準書式の内訳を表示する
  • CANPAN標準書式で表示する
<収入の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)予算
内訳 受取会費
45,000円
65,000円
100,000円
受取寄附金
842,113円
100,000円
900,000円
受取民間助成金
2,704,536円
0円
3,500,000円
受取公的補助金
0円
484,112円
0円
自主事業収入
343,705円
545,870円
650,000円
(うち介護事業収益)
0円
0円
0円
委託事業収入
0円
0円
0円
(うち公益受託収益)
0円
0円
0円
その他収益
10円
20円
0円
経常収益計
3,935,364円
1,195,002円
5,150,000円
<支出の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)予算
内訳 事業費
3,207,781円
4,156,720円
4,760,000円
(うち人件費)
1,778,200円
3,206,650円
3,600,000円
管理費
746,167円
372,917円
388,666円
(うち人件費)
0円
0円
0円
経常費用計
3,953,948円
372,917円
5,148,666円
当期経常増減額
0円
0円
 
経常外収益計
0円
0円
 
経常外費用計
0円
0円
 
経理区分振替額
0円
0円
 
当期正味財産増減額
0円
0円
 
前期繰越正味財産額
27,813円
9,229円
 
次期繰越正味財産額
9,229円
-3,325,406円
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算
内訳 流動資産
9,229円
 
固定資産
0円
 
資産の部合計
9,229円
 
<負債の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算
内訳 流動負債
0円
 
固定負債
0円
 
負債の部合計
0円
 
<正味財産の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
0円
 

貸借対照表

  • CANPAN標準書式で表示する
<資産の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算
内訳 流動資産合計
9,229円
 
固定資産合計
0円
 
資産合計
9,229円
 
<負債及び正味財産の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算
内訳 流動負債合計
0円
 
固定負債合計
0円
 
負債合計
0円
 
正味財産合計
0円
 
負債及び正味財産合計
0円
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

総会
理事会

会員種別/会費/数

賛助会員6名・3団体(法人)
正会員25名

加盟団体

さが福祉移動サービス・ネットワーク、とす市民活動センター、鳥栖コンベンション委員会、鳥栖観光コンベンション、

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
 
 
非常勤
 
 
無給 常勤
2名
 
非常勤
2名
1名
常勤職員数
 
役員数・職員数合計
5名
イベント時などの臨時ボランティア数
20名

行政提出情報

報告者氏名

永友 惠子

報告者役職

代表理事

法人番号(法人格を取得した時の番号)

2005

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

 

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

実施済み

監視・監督情報

平成28年5月15日
このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

年度別添付資料

決算・事業報告

前々々年度(平成26年度) 前々年度(平成27年度) 前年度(平成28年度)
決算報告書(活動計算書/収支計算書)
 
決算報告書(貸借対照表)
 
決算報告書(財産目録)
 
 
 
事業報告書
 
 
 

予算・事業計画

前々年度(平成27年度) 前年度(平成28年度) 当年度(平成29年度)
予算書類
 
事業計画書
 
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら

東京大学プロジェクトチームとの協業事業:講演会「健康寿命を伸ばす高齢者の外出手段を考える」に関する新聞記事

日本財団様より寄贈頂いた福祉車両のお披露目会(平成29年4月2日)


福祉車両(事務所前)

ストレッチャー対応車