一般社団法人チャイルドライフ

基礎情報

団体ID

1263537027

法人の種類

一般社団法人

団体名(法人名称)

チャイルドライフ

団体名ふりがな

ちゃいるどらいふ

情報開示レベル

★ ★ ★ ★ ★

第三者認証マーク

団体の概要

福祉を医療サービスと同等のものしてとらえ、医療の業界では常識となっている文書化・業務の標準化による質の向上を目指しています。子どもの居場所づくりをサービスとしてとらえ、非営利であるからこそ質の向上に注力しています。

また、東京都・千葉県・高知県・山梨県と、地理的に離れた地域でそれぞれの地域にあった居場所づくりを目指しています。距離による意思疎通のミスを避けるために、ITを活用しクラウドによる情報共有、スカイプ等による会議などを行っています。

現在の医療だけでは解決が難しい子どもの障がいについて、副次的に社会的な解決を図る事業の発展に力を入れています。障がいのあるなしに関わらず、どんな子どもも理想の居場所が見つかり、保護者も充実した子育てができる社会づくりへの貢献を目指しています。

代表者役職

代表理事

代表者氏名

庄司 孝

代表者氏名ふりがな

しょうじ たかし

代表者兼職

一般社団法人国際教育代表理事、株式会社ココ・ネス代表取締役社長

主たる事業所の所在地

郵便番号

192-0916

都道府県

東京都

市区町村

八王子市

市区町村ふりがな

はちおうじし

詳細住所

みなみ野1-7-1 第三学生会館2階

詳細住所ふりがな

みなみの だいさんがくせいかいかん にかい

お問い合わせ用メールアドレス

info@childlife.gr.jp

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

042-657-2110

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

10時00分〜19時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

FAX番号

FAX番号

042-657-2111

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

7時00分~23時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

192-0916

都道府県

東京都

市区町村

八王子市

市区町村ふりがな

はちおうじし

詳細住所

みなみ野1-7-1 第三学生会館1階

詳細住所ふりがな

みなみの だいさんがくせいかいかん いっかい

URL

団体ホームページ

団体ブログ

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2011年9月1日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2011年9月1日

活動地域

複数県

中心となる活動地域(県)

東京都

最新決算総額

1億円~5億円未満

役員数・職員数合計

84名

所轄官庁

所轄官庁局課名

このページの先頭へ

活動概要

活動分野

子ども、障がい者、福祉、保健・医療、教育・学習支援、地域・まちづくり、スポーツの振興

設立以来の主な活動実績

2009年12月頃、医療業界出身の設立者により子育て支援の事業化を目指し準備開始しました。代表理事:庄司 孝は、治験(新薬の開発)の分野にて医療に貢献、綜合臨床ホールディングスの設立者にて東証マザーズ(現東証1部)へ上場を果たした実績を有しています。

2010年2月株式会社オールとして設立。都市型の子育てニーズに対応する新タイプの学童保育施設、および障害児通所支援施設の運営を目指し準備開始。

2010年8月学童保育ベルテール豊島園教室を開設(2012年3月に練馬区中村橋へと移転。2012年4月より運営を社団法人チャイルドライフに移管)

2010年12月学童保育ベルテールみなみ野教室を開設(2012年4月より運営を社団法人チャイルドライフに移管)

2011年2月障害児通所支援事業の準備開始。実施法人として非営利型社団法人を新たに設立することを決定。

2011年7月木更津市立波岡小学校区学童保育所つばめクラブの父母会より、新学期からの運営受託の依頼を受ける。

2011年9月社団法人チャイルドライフ設立(非営利型社団法人)

2012年2月高知県の事業者指定を受け通所支援ベルテール須崎園を開設。

2012年3月学童保育ベルテール豊島園教室を練馬区中村橋に移転。中村橋教室と改称。(2014年3月31日、サービスの提供を終了し閉室。)

2012年4月木更津市立波岡小学校区学童保育所つばめクラブの運営開始。

2013年4月東京都の事業者指定を受け、通所支援ベルテールみなみ野園(児童発達支援事業&放課後等デイサービス)を開設。学童保育と通所支援が隣接している施設特性を活かし、発達障がいのある・なしに関わらず、どんな子も理想的な放課後が過ごせる居場所作りに取り組んでいる。

2014年1月、つばめクラブに隣接し通所支援ベルテール木更津つばめ園を開設。放課後デイサービスを開始。2014年4月に児童発達支援事業についても指定を受け、未就学児向けのサービス提供を開始。

2014年4月より、八王子市において、それまで個人の運営であった中学生を対象とした「東京ウエストフットボールクラブ」の運営を引き継ぎ、サッカースクール事業を開始。
また、木更津市においてつばめクラブのある波岡小学校区に隣接する八幡台小学校区において、2014年7月より「八幡台小学校区学童保育所ベルテール羽鳥野」の運営を開始。

2014年6月、木更津市にて相談支援事業の事業者指定を受け開始。

2014年12月、東京都の事業者指定を受け、通所支援ベルテール南大沢園を開設。みなみ野園の分園の形にてサービス提供を開始。

2015年4月、千葉県印西市にて、通所支援ベルテール印西牧の原園を開設。放課後等デイサービスを開始。

2016年4月、東京都の事業者指定を受け通所支援ベルテール八王子大塚園を開設。放課後等デイサービスを開始。

2016年10月、千葉県の事業者指定を受け通所支援ベルテール木更津第二つばめ園を開設。児童発達支援事業および放課後等デイサービスを開始。

2017年4月、東京都の事業者指定を受け通所支援ベルテール八王子第二南大沢園、山梨県の事業者指定を受け通所支援ベルテール富士吉田園を開設。放課後等デイサービスとしてサービス提供を開始。

団体の目的
(定款に記載された目的)

1.児童福祉法に基づく障害児通所支援事業
2.児童福祉法に基づく障害児相談支援事業
3.障害者総合支援法に基づく障害福祉サービス事業
4.障害者総合支援法に基づく特定相談支援事業
5.保育所の設置運営
6.放課後児童健全育成事業
7.子育て支援事業
8.移動支援事業
9.福祉有償運送事業
10.スポーツの普及新興に関する事項
11.スポーツ選手・スポーツ団体の育成に関する事業
12.その他、社会福祉およびスポーツを目的とする事業の企画及び実施
13.前各号に付帯又は関連する一切の業務

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

当法人は、「すべての子育てをストレスフリーにする」の理念にて活動を開始しました。創業メンバーは医療をバックグラウンドとしており、当初株式会社として活動を開始しましたが、事業内容から非営利型の運営の方が適していると判断、2011年9月に社団法人として設立をし直し、現在児童福祉系の事業についてはすべて社団法人に移管しています。

株式会社として創業した2010年頃には、質の高いサービス業をめざし民間学童保育の事業化に取り組んでいました。しかし、株式会社として営利を追求すると大人の都合で子供たちの生活を設計することになります。大人の価値観で楽しいと思うことを子供たちに押し付けることに疑問を感じるようになり、そのことが非営利法人を立ち上げなおすことにつながりました。そこからは考え方を変え、子どもの居場所づくりの本当のサービスは「子供たちひとりひとりのペースを理解し、子どもとして過ごすふつうの時間の質を高めること」である、という前提のもとにサービスの質の向上を目指し取り組んでいます。

さらに、子どもの居場所づくりの仕事は「子供たちの将来を作る仕事」である、という認識を強く持つようになり、今後の事業展開に活かしていきたいと考えています。具体的には「中学生向けの通所支援施設」やその先の「就労支援事業」「グループホーム」「入居施設」などの設立を目指していきたいと考えています。

2017年4月現在、運営を行っている施設は12カ所。学童保育ベルテールみなみ野教室・通所支援ベルテール八王子みなみ野園、八王子南大沢園、八王子大塚園、八王子第二南大沢園(東京都八王子市)、木更津市立波岡小学校区学童保育所つばめクラブ・通所支援ベルテール木更津つばめ園、通所支援ベルテール木更津第二つばめ園(千葉県木更津市)、通所支援ベルテール印西牧の原園(千葉県印西市)、通所支援ベルテール須崎園(高知県須崎市)、通所支援ベルテール富士吉田園(山梨県富士吉田市)。つばめクラブは第二種社会福祉事業として木更津市の補助を受けています。通所支援ベルテール各園は、児童発達支援事業所および放課後等デイサービスの指定をそれぞれ東京都・千葉県・高知県・山梨県から受けています。

2014年度より、当法人のサッカースクールコーチが、学童保育ベルテールみなみ野教室でスポーツ教室を開催し、チームワークの中で子ども達の心身の発達をめざして活動しています。

現在特に力を入れていること

東京都八王子市と千葉県木更津市において、学童保育と隣接して通所支援施設(児童発達支援および放課後等デイサービス)を運営しており、本来、子どもの居場所づくりは「健常児」・「障害児」の間に垣根を設けてしまうのではなく、自然な形で交流できるような居場所づくりが理想的である、と考えています。

今後特に力を入れていこうとしている事は「障害児通所支援施設が不足している地域に新しく設立すること」「子供たちの成長に合わせ、この先の居場所を準備すること(中学生向けのデイなど)」の2点です。

今後の活動の方向性・ビジョン

非営利法人運営に移行後も、当法人の活動は「サービス業」であるという考え方は堅持しています。「質の高い福祉サービス業を実現し福祉の世界に多様で健全な競争を生み出すこと」が、私たちが活動を通して社会にもたらしたいインパクトです。

「障害児通所支援施設」については、全国的に少しずつですが健全な競争が生まれつつあり、今後はこれを「大人になっていく障害のある子たち」の居場所にも広げていけたら・・・というのが将来的なビジョンになりつつあります。

社会にインパクトをもたらすには、「力」が必要です。私たちに必要な「力」には「信用の力」「組織の力」などがありますが、今後の発展のためにはさらに「安定した経済力」も重要であると実感しています。過去の反省から短期的営利は活動目的から外していますが、長期的に健全な発展をするために、非営利法人として安定しこれらの「力」を適正に整えていきたいと考えています。

定期刊行物

学童保育ベルテール、通所支援ベルテール、各施設にて利用者に対し月に1回程度ベルテールニュースを発行しています。

団体の備考

「(行政に対する)申請事務」「請求事務」「人事事務」「総務事務」「経理事務」など間接部門的な事務業務は、法人本部で行っています。
このページの先頭へ

活動実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

<平成24年度(2012年)>
・2012年4月から運営開始した波岡小学校区学童保育所つばめクラブの備品一式は、今まで運営を行ってきた父母会より運営資金の寄付をいただきました(平成24年7月18日付、883,924円)。

<平成25年度(2013年)>
・八王子市市民事業の事業実施部門に「発達障がいに対する理解を深める音楽ムーブメント体験会の実施と学童保育ベルテールへの発達に凸凹のある子ども達の受け入れ体制の整備」が事業採択され、900千円の市民企画事業補助金を受領しました。

・日本財団の送迎車(普通車)の整備事業に、通所支援ベルテール八王子みなみ野園の送迎車が採択され、総事業費1,629,000円のうち、1,300,000の助成を受け、ステップワゴンが納車されました。

<平成26年度(2014年)>
・通所支援ベルテール八王子みなみ野園、八王子南大沢園が八王子市障害者日中活動系施設等運営安定化事業補助金の助成対象となり、家賃の一部の補助として年間で八王子みなみ野園が1,902,528円、八王子南大沢園が540,000円を受領しました。

・木更津市役所より、波岡小学校区学童保育所つばめクラブにて2,574,000円、八幡台小学校区学童保育所ベルテール羽鳥野にて1,930,500円、放課後児童健全育成事業補助金として受領しました。

・通所支援ベルテール木更津つばめ園および須崎園が日本財団の送迎車(普通車)の整備事業の対象施設として選定され、須崎園の総事業費1,580,000円のうち、1,260,000円、つばめ園の総事業費1,580,000円のうち、1,260,000円をそれぞれ助成を受け、ステップワゴンが納車されました。

・木更津つばめ園の子ども達の居場所の整備事業が、おぎゃー献金助成金の対象となり、250,000円の受領しました。この助成金により、老朽化した施設の改修行いました。

・須崎園が高知県庁の推薦を受け公益財団法人三一会の寄贈対象施設として選定され、施設にて使用する電器機器類250,000円相当をご寄贈いただきました。

<平成27年度(2015年)>
・日本財団の送迎車(普通車)の整備事業に、通所支援ベルテール南大沢園の送迎車が採択され、総事業費1,575,000円のうち、1,260,000円の助成を受け、ステップワゴンが納車されました。

・通所支援ベルテール八王子みなみ野園、八王子南大沢園が八王子市障害者日中活動系施設等運営安定化事業補助金の助成対象となり、家賃の一部の補助として年間で八王子みなみ野園が1,902,528円、八王子南大沢園が1,620,000円を受領しました。

・木更津市役所より、波岡小学校区学童保育所つばめクラブにて3,670,500円、八幡台小学校区学童保育所ベルテール羽鳥野にて4,960,500円、放課後児童健全育成事業補助金として受領しました。

<平成28年度(2016年)>
・日本財団の送迎車(軽自動車)の整備事業に、通所支援ベルテール八王子みなみ野園の送迎車が採択され、総事業費799,000円のうち、630,000円の助成を受け、ホンダN-BOXが納車されました。

・通所支援ベルテール八王子みなみ野園、八王子南大沢園が八王子市障害者日中活動系施設等運営安定化事業補助金の助成対象となり、家賃の一部の補助として年間で八王子みなみ野園が1,902,528円、八王子南大沢園が1,620,000円を受領しました。

・木更津市役所より、波岡小学校区学童保育所つばめクラブにて4,925,500円、八幡台小学校区学童保育所ベルテール羽鳥野第一にて5,289,500円、ベルテール羽鳥野第二にて2,901,500円、放課後児童健全育成事業補助金として受領しました。

・木更津市社会福祉協議会より、波岡小学校区学童保育所つばめクラブにて11,700円、八幡台小学校区学童保育所ベルテール羽鳥野第一にて17,000円、ベルテール羽鳥野第二にて9,000円、歳末たすけあい募金を受領しました。

・明治ホールディングス株式会社株主様より通所支援ベルテール須崎園へお菓子をご寄贈いただきました。

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

木更津市立波岡小学校区つばめクラブ、通所支援ベルテール木更津つばめ園では、地域の放課後児童健全育成の取り組みであるハックルベリーと協力して、子供たちのデイキャンプを開催しています。

企業・団体との協働・共同研究の実績

地域の農園を借り上げ、子ども達が野菜などを収穫し、教室内でのクッキングイベントで料理を行うなど、食育活動も行っています。

行政との協働(委託事業など)の実績

八王子市と協議の上、相談支援事業所を2017年11月開設に向けて準備を進めています。
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

1億円~5億円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

収支報告

<収入の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 会費
0円
0円
0円
寄付金
120,000円
734,494円
0円
民間助成金
1,289,000円
662,850円
1,450,000円
公的補助金
12,153,528円
16,639,028円
17,387,048円
自主事業収入
143,286,513円
196,850,064円
268,801,974円
委託事業収入
0円
0円
0円
その他収入
339,093円
549,638円
0円
当期収入合計
157,188,134円
215,436,074円
287,639,022円
前期繰越金
-25,385,629円
-36,518,352円
-49,412,904円
<支出の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
当期支出合計
168,320,857円
228,330,626円
272,837,949円
内人件費
84,298,164円
155,444,292円
195,398,202円
次期繰越金
-36,518,352円
-49,412,904円
-34,611,831円
備考
自主事業収入内訳(学童保育事業20585264円、障害児通所支援事業105498282円、サッカースクール事業17202967円)

人件費支出内訳(正職員人件費42054099円、パート・契約職員人件費30800261円、通勤交通費3132145円、法定福利費578767円、賞与7732892円)
自主事業収入内訳(学童保育事業24349373円、障害児通所支援事業154136733円、サッカースクール事業18363958円)

人件費支出内訳(役員・正職員人件費84233536円、パート・契約職員人件費38481912円、賞与11468357円、法定福利費16416711円、通勤交通費4359849円)
自主事業収入内訳(学童保育事業24981440円、障害児通所支援事業226333442円、サッカースクール事業17487092円)

人件費支出内訳(役員・正職員人件費127311416円、パート・契約職員人件費42428590円、法定福利費20794428円、通勤交通費4863768円)

収支報告

  • NPO法人会計基準書式の内訳を表示する
  • CANPAN標準書式で表示する
<収入の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 受取会費
0円
0円
0円
受取寄附金
120,000円
734,494円
0円
受取民間助成金
1,289,000円
662,850円
1,450,000円
受取公的補助金
12,153,528円
16,639,028円
17,387,048円
自主事業収入
143,286,513円
196,850,064円
268,801,974円
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
0円
0円
0円
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
339,093円
549,638円
0円
経常収益計
157,188,134円
215,436,074円
287,639,022円
<支出の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
168,320,857円
228,330,626円
272,837,949円
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
-25,385,629円
-36,518,352円
-49,412,904円
次期繰越正味財産額
-36,518,352円
-49,412,904円
-34,611,831円
備考
自主事業収入内訳(学童保育事業20585264円、障害児通所支援事業105498282円、サッカースクール事業17202967円)

人件費支出内訳(正職員人件費42054099円、パート・契約職員人件費30800261円、通勤交通費3132145円、法定福利費578767円、賞与7732892円)
自主事業収入内訳(学童保育事業24349373円、障害児通所支援事業154136733円、サッカースクール事業18363958円)

人件費支出内訳(役員・正職員人件費84233536円、パート・契約職員人件費38481912円、賞与11468357円、法定福利費16416711円、通勤交通費4359849円)
自主事業収入内訳(学童保育事業24981440円、障害児通所支援事業226333442円、サッカースクール事業17487092円)

人件費支出内訳(役員・正職員人件費127311416円、パート・契約職員人件費42428590円、法定福利費20794428円、通勤交通費4863768円)

貸借対照表

<資産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動資産
31,210,459円
38,065,678円
固定資産
34,403,741円
41,069,128円
資産の部合計
65,614,200円
79,134,806円
<負債の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動負債
31,164,552円
20,859,016円
固定負債
70,968,000円
107,688,694円
負債の部合計
102,132,552円
128,547,710円
<正味財産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 前期正味財産
-25,385,629円
-36,518,352円
当期正味財産増減額
-11,132,723円
-12,894,552円
当期正味財産合計
-36,518,352円
-49,412,904円

貸借対照表

  • CANPAN標準書式で表示する
<資産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動資産合計
31,210,459円
38,065,678円
固定資産合計
34,403,741円
41,069,128円
資産合計
65,614,200円
79,134,806円
<負債及び正味財産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動負債合計
31,164,552円
20,859,016円
固定負債合計
70,968,000円
107,688,694円
負債合計
102,132,552円
128,547,710円
正味財産合計
-36,518,352円
-49,412,904円
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

第11条 当法人の社員総会は、定時社員総会及び臨時社員総会とし、定時社員総会は、毎事業年度の終了後3ヶ月以内に開催し、臨時社員総会は必要に応じて開催する。

第18条 当法人に次の役員を置く。理事1名以上。

(定款より抜粋)

会員種別/会費/数

協賛会員制度等は現在ありません。

加盟団体

無し

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
1名
42名
非常勤
0名
40名
無給 常勤
1名
 
非常勤
0名
0名
常勤職員数
43名
役員数・職員数合計
84名
イベント時などの臨時ボランティア数
0名

行政提出情報

報告者氏名

水越 幸代

報告者役職

事業管理担当

法人番号(法人格を取得した時の番号)

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

その他

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

公益法人会計基準(平成20年4月11日平成21年10月16日改正内閣府公認認定等委員会)

監査の実施

未実施

監視・監督情報

特にありません。
このページの先頭へ

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら

ベルテールロゴ