特定非営利活動法人ファンズアスリートクラブ

基礎情報

団体ID

1268420377

法人の種類

特定非営利活動法人

団体名(法人名称)

ファンズアスリートクラブ

団体名ふりがな

ふぁんずあすりーとくらぶ

情報開示レベル

★ ★ ★ ★

第三者認証マーク

団体の概要

「スポーツの力で未来と地域の絆を創造する」を理念に、川崎市宮前区で総合型地域スポーツクラブの運営、トレーニングサポート事業、障がい者スポーツ支援などの活動を行っています。
現役、引退後アスリートのスタッフが全世代向けてスポーツ教室の指導だけでなく、川崎市内の小学校での体育の授業や放課後運動指導なども行っています。さらに、自主運営のスタジオも経営し、柔道整復師やPTやトレーナー資格を持つトレーナースタッフ達が介護予防や痛みや病気を持つ人たちへのトレーニングから地域の皆さんへのダイエットトレーニングまで行っています。
車椅子スポーツなどの障がい者スポーツの普及や「スポーツと防犯」をミックスしたイベント、自転車競技者による「自転車教室」などスポーツで地域安全など行っています。

代表者役職

理事長

代表者氏名

井上 秀憲

代表者氏名ふりがな

いのうえ ひでのり

代表者兼職

有限会社フラップ取締役

主たる事業所の所在地

郵便番号

216-0015

都道府県

神奈川県

市区町村

川崎市宮前区

市区町村ふりがな

かわさきしみやまえく

詳細住所

菅生6-21-1 レインボー向ヶ丘 1F

詳細住所ふりがな

すがお れいんぼーむかいがおか

お問い合わせ用メールアドレス

postmaster@funssports.com

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

070-6401-9223

連絡先区分

その他

連絡可能時間

10時00分~18時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土

備考

FAX番号

FAX番号

044-872-8641

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

8時00分~23時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

216-0015

都道府県

神奈川県

市区町村

川崎市宮前区

市区町村ふりがな

かわさきしみやまえく

詳細住所

菅生6-21-1 レインボー向ヶ丘 B1F

詳細住所ふりがな

すがお れいんぼーむかいがおか

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2008年1月1日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2013年8月16日

活動地域

複数県

中心となる活動地域(県)

神奈川県

最新決算総額

1,000万円~5,000万円未満

役員数・職員数合計

18名

所轄官庁

川崎市

所轄官庁局課名

市民・こども局 市民協働推進課
このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

 

子ども、青少年、障がい者、高齢者、福祉、保健・医療、地域・まちづくり、文化・芸術の振興、スポーツの振興、地域安全、学術研究(医学、歯学、薬学)

設立以来の主な活動実績

元々、様々なスポーツ選手たちの交流の団体でしたが、社会貢献活動を考えようということで、2011年より任意団体として活動開始。障がい者、高齢者、子どものスポーツ教室などニーズが高まっていき、2013年8月より特定非営利活動法人として本格的に活動する事になりました。代表者(現理事長)である井上秀憲は、スポーツイベントや国際大会の演出・プロデュースなどを行っていた為、スポーツ競技団体・選手・トレーナーなどと交流があり、当団体を結成するに至りました。
現日本体育大学准教授であり、柔道日本代表トレーナーである岡田隆、スポーツ番組・イベントナビゲーターである斉藤リョーツなどを理事とし、団体を立ち上げました。
2012年以降の具体的な活動は以下の通りです。

2012年度:宮前ふれあいスポーツフェスティバル制作・運営(川崎市宮前区より委託)
     以降毎年委託を受け現在まで実施
     自転車ルールマナーアップDVDを制作。(川崎区道路公園センターより委託)
     宮前ふれあいスポーツフェスティバル制作・運営(川崎市宮前区より委託)
     体育の日事業多摩スポーツセンターで水球日本代表選手によるアクアゲーム教室を運営
     宮前スポーツBOOKの制作(川崎市宮前区より委託)
2013年度:NPO法人化
     総合型地域スポーツクラブ設立準備委員会発足
     川崎市内においてウォーキング&フィットネス教室を主催・実施。
     知的障がい者運動機会創出プログラムを企画・実施。
     宮前区より委託を受け、区民向けの健康トレーニング教室を制作・実施。
     川崎市教育委員会より「夢教育21」で市立小学校での体育指導開始。
     現在まで続いており、体育指導補助も含め現在では6校で実施
2014年度:川崎市男女共同参画センター 教室事業
      アンプティサッカー普及事業
      カワサキボーダレススポーツフェスタVol.1(川崎市イメージアップ認定事業)
2015年度:カワサキボーダレススポーツフェスタVol.2(川崎市イメージアップ認定事業)
     あおぞらウエルネス事業協力(川崎市健康福祉局より委託)
 自転車マナーアップ事業
2016年度:神奈川県対話の広場にて黒岩県知事と公開講座
      あおぞらウエルネス事業協力(川崎市健康福祉局より委託)
      川崎市スポーツクラブ交流会
2017年度:水元みんなDEスポーツフェスティバル(葛飾区より委託)
      KAWASUKE・ストロングKAWASAKI・みんなDEスポーツフェスティバル
          (住友不動産エスフォルタより委託)
      エアロビクスワールドカップ(公益社団法人日本エアロビック連盟より委託)
      HEAT-UP社会貢献キャラバン(HEAT-UPより委託)
2018年度:富士通レッドウェーブバスケットボール教室 (川崎市中原区より委託)
     ディスカバーウォーク参加者ケア協力 (宮前区役所)
     多摩スポーツフェス車いすアメフト体験 (川崎市多摩区より委託)
     アダプテッドエアロビクスプログラム作成 (公益社団法人日本エアロビック連盟より委託) 

団体の目的
(定款に記載された目的)

障がい者・高齢者・子ども・一般市民に対して、健康増進、スポーツ普及に関する事業を行い、福祉の増進や子どもの健全育成に寄与することを目的とする。さらに、スポーツを通した地域の新たなコミュニティ形成や防災・交通安全などの地域安全事業などを行い、まちづくりの推進に貢献することも目的とする。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

保健・医療又は福祉の増進を図る活動、まちづくりの推進を図る活動、学術・文化・芸術又はスポーツの振興を図る活動、地域安全活動、子どもの健全育成を図る活動にかかわる事業を行っている。具体的な事業は以下の通りである。
障がい者運動機会創出事業として知的障がい者の運動教室や支援従事者に向けたプログラムを紹介するセミナーなどを実施、また併せてその教室に必要な安全な器具の研究・開発やプログラム研究・開発を行う。身体障害者スポーツ事業として車椅子アメフト・ラグビー・バスケなどの障害者スポーツの普及や健常者と障害者が共にスポーツを行うためのプログラム開発を行う。
高齢者健康増進事業として高齢者向けの介護予防につながる健康器具やプログラムの研究・開発及び介護予防や身体年齢を下げるためのスポーツイベントや教室を実施、併せて介護予防につながるセミナーや講演会、研究・開発を行う。
青少年健全育成事業として、小学校の体育授業や放課後学習支援などを実施。子どもを対象にしたスポーツイベント・教室のプログラム制作・実施を行う。
地域スポーツコミュニティ事業として、総合型地域スポーツクラブの運営や、地域のアスリートと一般市民が交流し、スポーツの魅力を伝えていく、さらに地域のスポーツ情報を発信していく地域交流スポーツイベントの実施。
スポーツ地域安全事業として、アスリートを通じた自転車のマナーアップや水上安全などの啓発活動や、防犯とスポーツを融合させたイベントを実施。
スポーツ普及事業として、アクアゲーム(簡易水球)やエアロビクスの学校教材作成などの普及やルール・身体効果、学校指導カリキュラム作成などの研究・開発活動などを実施。

現在特に力を入れていること

総合型地域スポーツクラブとして川崎市宮前区の住民のみなさんと一体になって様々なスポーツ教室やイベントを行なうだけでなく、小学校での体育授業や放課後学習支援なども行なう。
高齢者健康増進事業として介護予防トレーニングや区内出張教室「健康キャラバン」を月数回開催。スポーツ施設や自治体からの委託や協働事業として健康教室などの企画運営や業種ごとの疾患のデータを収集し、「職業別トレーニング」に力を入れています。
また様々な障害者スポーツ団体やチーム、選手と連携し「障害者スポーツ体験事業」や、日本防犯診断士協会やスポーツ団体、地域安全活動の団体と連携した「防犯スポーツプロジェクト」や「自転車教室」なども展開中。

今後の活動の方向性・ビジョン

神奈川県川崎市を中心にスポーツの知識や経験を生かして多世代に健康やスポーツを通した地域コミュニティ創出に力を入れていきます。さらに、総合型地域スポーツクラブも設立し、地域と一体化したクラブを目指しています。さらに身体・知的障害者や高齢者と地域の住民がスポーツをきっかけに交流し、共に歩めるための活動を行っていきます。

定期刊行物

団体の備考

このページの先頭へ

協働実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

日本財団2014年度助成事業
平成26・27年度川崎市イメージアップ認定事業
平成27・28年度totoスポーツくじ総合型地域スポーツクラブ クラブマネジャー助成
平成26・27年度かわさき市民公益活動助成金

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

公益財団法人日本水泳連盟水球委員会と協働で、アクアゲーム(簡易水球)を通した泳げない子供達の水中球技実践の研究・開発。各地で体験会や教室などを共同実施。
公益社団法人日本エアロビック連盟と協働で学習教材開発。
一般社団法人市民住まい向上委員会と協働で「防犯スポーツプロジェクト」の開発・運営

企業・団体との協働・共同研究の実績

住友不動産エスフォルタ株式会社と共同で障害者スポーツイベントの実施
川崎信用金庫と協働で営業職における疾患を減らすトレーニング法を開発
プロレス団体「HEAT-UP」と協働で「社会貢献キャラバン」運営

行政との協働(委託事業など)の実績

■夢教育21(川崎市教育委員会より委託)
 2013~2018年
■自転車ルールマナーアップDVD制作(川崎区道路公園センターより委託)
■区政30周年記念事業エコCM制作(川崎市宮前区より委託)
■宮前ふれあいスポーツフェスティバル企画・運営・制作(川崎市宮前区より委託)
 2012~18年まで継続委託
■川崎市体育の日イベント企画・運営・制作(川崎市多摩区より委託)
 2012~16年度まで継続委託
■あおぞらウエルネス企画・運営・制作(川崎市健康福祉局より委託)
 2015~16年
■カワサキ・ボーダレス・スポーツ・フェスタ(川崎市イメージアップ認定事業)
 2014~15年


このページの先頭へ

財政

最新決算総額

1,000万円~5,000万円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

会計情報 CANPAN標準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
内訳 会費
419,700円
 
 
寄付金
3,988,000円
 
 
民間助成金
 
 
 
公的補助金
 
 
 
自主事業収入
13,522,792円
 
 
委託事業収入
6,263,884円
 
 
その他収入
403円
 
 
当期収入合計
24,194,779円
 
 
前期繰越金
-530,056円
 
 
<支出の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
当期支出合計
25,034,709円
 
 
内人件費
3,197,092円
 
 
次期繰越金
-1,379,510円
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動資産
3,283,424円
 
固定資産
2,166,195円
 
資産の部合計
5,449,619円
 
<負債の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動負債
3,829,129円
 
固定負債
3,000,000円
 
負債の部合計
6,829,129円
 
<正味財産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
-1,379,510円
 

会計情報 NPO法人会計基準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
内訳 受取会費
419,700円
 
 
受取寄附金
3,988,000円
 
 
受取民間助成金
 
 
 
受取公的補助金
 
 
 
自主事業収入
13,522,792円
 
 
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
6,263,884円
 
 
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
403円
 
 
経常収益計
24,194,779円
 
 
<支出の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
内訳 事業費
21,876,178円
 
 
(うち人件費)
2,399,178円
 
 
管理費
3,158,531円
 
 
(うち人件費)
797,914円
 
 
経常費用計
25,034,709円
 
 
当期経常増減額
-839,930円
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
9,524円
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
-849,454円
 
 
前期繰越正味財産額
-530,056円
 
 
次期繰越正味財産額
-1,379,510円
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動資産合計
3,283,424円
 
固定資産合計
2,166,195円
 
資産合計
5,449,619円
 
<負債及び正味財産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動負債合計
3,829,129円
 
固定負債合計
3,000,000円
 
負債合計
6,829,129円
 
正味財産合計
-1,379,510円
 
負債及び正味財産合計
5,449,619円
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

年に1度開催する総会が最高決定機関になっています。
(臨時総会の場合も同等とみなす)
2か月に1回開催される定例理事会で運営の意思決定を行っています。

会員種別/会費/数

正会員 入会金 3,000円 年会費 5,000円
利用会員 入会金 300円
     年会費 一般 5,000円/こども・シニア・障害者 4,000円
正会員 18人 利用会員 130人

加盟団体

川崎市障害者スポーツ協会 川崎市総合型地域スポーツクラブネットワーク 一般社団法人神奈川県総合型地域スポーツクラブネットワーク 一般社団法人全国スポーツクラブコミッション

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
1名
2名
非常勤
 
3名
無給 常勤
1名
 
非常勤
4名
7名
常勤職員数
 
役員数・職員数合計
18名
イベント時などの臨時ボランティア数
20名

行政提出情報

報告者氏名

井上 秀憲

報告者役職

理事長

法人番号(法人マイナンバー)

3020005011194

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

NPO法人会計基準

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

実施済み

監視・監督情報

このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

 

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら