特定非営利活動法人ゆずりは学園

基礎情報

団体ID

1269214977

法人の種類

特定非営利活動法人

団体名(法人名称)

ゆずりは学園

団体名ふりがな

ゆずりはがくえん

情報開示レベル

★ ★ ★ ★

第三者認証マーク

あいちコミュニティ財団

認証日:2014年4月8日

団体の概要

不登校の小学生、中学生のフリースクールでは、学校関係と連携を取りながら学習と仲間作りを支援。高校中退、高校退学の高校生には高卒取得を目指し、短大、4年制大学、専門学校という進路選択、さらにハローワークを通した企業との連携で就職支援をしている。また愛知県のひきこもり支援団体に入っていて、他の団体や家族の協力でひきこもりの青年たちの支援をしている。

代表者役職

理事長

代表者氏名

沓名  智彦

代表者氏名ふりがな

くつな ともひこ

代表者兼職

主たる事業所の所在地

郵便番号

441-3421

都道府県

愛知県

市区町村

田原市田原町

市区町村ふりがな

たはらしたはらちょう

詳細住所

池ノ原15-3 特定非営利活動法人 ゆずりは学園

詳細住所ふりがな

いけのはら とくていひえいりかつどうほうじん ゆずりはがくえん

お問い合わせ用メールアドレス

kutsuna_ike@yahoo.co.jp

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

0531-22-3515

連絡先区分

自宅・携帯電話

連絡可能時間

9時00分~18時00分

連絡可能曜日

火 水 木 金 土 日

備考

教育相談・学校見学は電話にて予約して下さい

FAX番号

FAX番号

0531-22-7761

連絡先区分

自宅・携帯電話

連絡可能時間

10時00分~17時00分

連絡可能曜日

火 水 木

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

441-3421

都道府県

愛知県

市区町村

田原市田原町

市区町村ふりがな

たはらしたはらちょう

詳細住所

池ノ原15-3

詳細住所ふりがな

いけのはら

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2001年5月1日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2008年6月3日

活動地域

県内

中心となる活動地域(県)

愛知県

最新決算総額

1,000万円~5,000万円未満

役員数・職員数合計

16名

所轄官庁

愛知県

所轄官庁局課名

このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

 

子ども、青少年、福祉、教育・学習支援、地域・まちづくり、環境・エコロジー、国際協力、男女共同参画、就労支援・労働問題、市民活動団体の支援、農山漁村・中山間、助成活動

設立以来の主な活動実績

◎2001年 池の原フリースクール開校
◎2005年 通信制サポート校開始
◎2006年 「もうひとつ ドアのない部屋から」出版
      6年間のフリースクール日記(本の泉社)
◎2007年 テレビ朝日系 「もうひとつの学校」全国放送
◎2008年 星槎大学サテライトカレッジ開校
      特定非営利活動法人 ゆずりは学園(法人格取得)
◎2009年 「Make a CHANGE Day」奨励賞受賞
      田原市市民協動まちづくり事業 田原市内保育園に手作り椅子寄贈
     花王みんなの森づくり助成(3年間)
◎2010年 SENA三遠南信就労インターンシップ研修事業(3年間)
      太平洋海岸清掃(ブルーウォーク合同)
◎2011年 田原しみん震災支援ネット結成(東日本大震災復興支援団体)
      第31回「緑の都市賞」国土交通大臣賞受賞
◎2013年 発達障害対応マニュアル「異空間のドアから」出版
      豊川稲荷校開校(9月)
      ゆずりは横丁づくり あいちコミュニティ財団事業指定
◎2014年 大衆文化・福祉応援賞(愛知県遊技業協同組合)
       代々木高等学校(三重県志摩市)と連携
◎2015年 青年海外協力隊の集い
       フィリピンダバオ研修
      スクールバス「ゆずりは号」(三河田原駅~田原校)
◎2017年 セブン-イレブン記念財団 環境市民活動助成(里山保全活動)

団体の目的
(定款に記載された目的)

①不登校の児童・生徒のためのフリースクール
②通信制高等学校・通信制大学のサポート
③ニート・ひきこもり・精神的問題者の就労支援
④里山・農園・海岸清掃
⑤地域社会の交流キャンプ
⑥文化・芸術・スポーツ事業
⑦国際支援活動
⑧広報・講演会活動
 不登校・ニート・ひきこもり・精神的問題等をかかえた子どもから大人までの対応を行う。また彼らの支援活動を通し、地域社会の問題の改善や解決を図り、全ての人々の社会的自立と健全育成の増進に寄与することを目的とする

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

◎フリースクール
発達障害や不登校等の小中学生の学習補充と仲間づくり。

◎通信制高校(提携:さくら国際高等学校)
週1~3回程度のレポート学習にて高校卒業資格を取得する
発達障害や、不登校であった生徒など、生徒個々に合わせた対応にて進学・就職を支援する

◎通信制大学(提携:星槎大学)
週1~3回程度のレポート学習と通学のスクーリングにより単位を取得する

◎発達障害親の会(毎月第2金曜日 13:30~15:00)
 積極的奇異型の子どもへの対応の仕方、感覚過敏、対人関係、コミュニケーション、集団生活の中での過ごし方、復学、社会への就労意欲、ひきこもりからの脱出などを話し合い、親の支援を行う。今回の助成では10年間の親の会をまとめ、広く彼らの対応を理解し社会への自立を図る冊子を作りたい。

◎発達障害の子ども達と作る木のおもちゃ
 彼らは音に対する高さ、大きさ、質感、触感などに複雑な興味を示す。音と動きを組み合わせ、子どもそれぞれの個性にあった木のおもちゃ作りを周囲の大学生、大人などと一緒に作る。

◎全国ボランティアNICE(偶数月第3土日)
 全国から集まるボランティアNICEの大学生、社会人の人達と標高223mの森のスクールでのツリーハウス作り、炭焼体験、山道作り、小川整備などを通した森のスクールでの居場所作りを自然学習の環境の中で実施している。今回は木のおもちゃ作りで仲間意識を育てたい。

◎教育相談(不登校、高校中退、ひきこもり、カウンセリング)
 家庭内暴力、家出、リストカット、自殺願望、暴走行為などの個別相談を通して個々の子どもへの対応を図ると共に家族支援を続けている。

◎太平洋ブルーウォーク(太平洋50km海岸清掃)
 学園の横の三河湾海岸清掃と10日間50km太平洋海岸清掃を大学生、社会人ブルーウォークと共同で行う社会奉仕体験をすることによって、他の人と交わる機会を作り、子ども達の社会への自立体験学習を図る。

現在特に力を入れていること

田原市にて活動を開始して12年経過し、学園に通う生徒は103名まで増えた。生徒の中には名古屋、西三河、静岡県より通学する生徒も増えており、生徒の経済的・時間の負担が増加した為、交通期間の便のよい豊川稲荷校を平成25年9月より開校する。
 新たな拠点を生かし、非行少年やひきこもりの青年を地域活動を通じて社会復帰・復学を推進するために活動の準備を行っている。全国ボランティアNICE(大学生・社会人のボランティア団体)との連携を行いながら、偶数月に活動を行う。

今後の活動の方向性・ビジョン

子供たちの社会への自立支援の為に、就労・進学について活動を広げる。

定期刊行物

ゆずりは便り(毎月)会員広報 250部

団体の備考

このページの先頭へ

活動実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

◎2009年 「Make a CHANGE Day」奨励賞受賞
      花王みんなの森づくり助成(3年間)
◎2010年 SENA三遠南信就労インターンシップ研修事業(3年間)
      赤い羽根共同募金 子ども・青年たちの交流の場整備事業

◎2011年 第31回「緑の都市賞」国土交通大臣賞受賞
◎2012年 ニッセイ財団 児童・少年健全育成 スポーツ助成
◎2013年 国際ソロプチミスト活動助成
◎2017年 セブン-イレブン記念財団 環境市民活動助成(里山保全活動)    

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

◎2011年 田原しみん震災支援ネット結成(東日本大震災復興支援団体)
太平洋海岸清掃(ブルーウォーク合同)毎年8月
三河湾海岸清掃(里海をきれいにする会)毎年秋に開催

企業・団体との協働・共同研究の実績

全国ボランティアNICE 偶数月第3土日 
ボランティア活動(里山整備・海岸清掃・青少年交流)

行政との協働(委託事業など)の実績

◎2009年 田原市市民協動まちづくり事業 田原市内保育園に手作り椅子寄贈
◎2010年 SENA三遠南信就労インターンシップ研修事業(3年間)
◎2013年 愛知県精神保健福祉事業(委託事業)
      平成25年度ひきこもり支援サポーター研修
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

1,000万円~5,000万円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

収支報告

<収入の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
内訳 会費
799,000円
 
 
寄付金
174,333円
 
 
民間助成金
0円
 
 
公的補助金
0円
 
 
自主事業収入
55,436,380円
 
 
委託事業収入
0円
 
 
その他収入
305,410円
 
 
当期収入合計
56,715,123円
 
 
前期繰越金
24,704,328円
 
 
<支出の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
当期支出合計
58,179,097円
 
 
内人件費
31,681,186円
 
 
次期繰越金
23,257,319円
 
 
備考
 
 
 

収支報告

  • NPO法人会計基準書式の内訳を表示する
  • CANPAN標準書式で表示する
<収入の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
内訳 受取会費
799,000円
 
 
受取寄附金
174,333円
 
 
受取民間助成金
0円
 
 
受取公的補助金
0円
 
 
自主事業収入
55,436,380円
 
 
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
0円
 
 
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
305,410円
 
 
経常収益計
56,715,123円
 
 
<支出の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
58,179,097円
 
 
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
24,704,328円
 
 
次期繰越正味財産額
23,257,319円
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動資産
15,395,241円
 
固定資産
9,838,370円
 
資産の部合計
25,233,611円
 
<負債の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動負債
1,976,292円
 
固定負債
0円
 
負債の部合計
1,976,292円
 
<正味財産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 前期正味財産
24,704,328円
 
当期正味財産増減額
-1,447,009円
 
当期正味財産合計
25,233,611円
 

貸借対照表

  • CANPAN標準書式で表示する
<資産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動資産合計
15,395,241円
 
固定資産合計
9,838,370円
 
資産合計
25,233,611円
 
<負債及び正味財産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動負債合計
1,976,292円
 
固定負債合計
0円
 
負債合計
1,976,292円
 
正味財産合計
25,233,611円
 
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

理事会・総会にて決定

会員種別/会費/数

正会員 50人 一般会員 220人

加盟団体

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
2名
9名
非常勤
 
 
無給 常勤
 
非常勤
5名
 
常勤職員数
11名
役員数・職員数合計
16名
イベント時などの臨時ボランティア数
1300名

行政提出情報

報告者氏名

沓名 智彦

報告者役職

理事長

法人番号(法人マイナンバー)

 

認定有無

認定なし

認定年月日

2008年6月4日

認定満了日

2008年6月4日

認定要件

相対値基準

準拠している会計基準

NPO法人会計基準

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

未実施

監視・監督情報

このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

決算報告書
(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表) 決算報告書(財産目録) 事業報告書
2017年度(前年度)
 
 
 
 
2016年度(前々年度)
 
2015年度(前々々年度)
 
 
 
 
2014年度
 
 
 
 
2013年度

予算・事業計画

予算書類 事業計画書
2018年度(当年度)
 
 
2017年度(前年度)
2016年度(前々年度)
 
 
2015年度(前々々年度)
 
 
2014年度

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら