認定特定非営利活動法人NPO法人eネットびわ湖高島

基礎情報

団体ID

1271177378

法人の種類

認定特定非営利活動法人

団体名(法人名称)

NPO法人eネットびわ湖高島

団体名ふりがな

えぬぴーおーほうじんいーねっとびわこたかしま

情報開示レベル

★ ★ ★ ★ ★

第三者認証マーク

団体の概要

 「高齢化が進む高島市を元気にしたい。そうすれば、結果として琵琶湖の水が守れ、下流域に暮らす人々の暮らし環境の改善にもつながる。」と、私達は信じて活動しています。

 しかしながら、非営利活動によって こうした目的にチャレンジするためには、資金面での苦労が多く、市民活動団体の思いを実現する障害となっています。

 そこで我々は、高島市の豊かな自然や貴重な文化・歴史資産を後世に残すため、そして安全・安心の暮らしを目指して公益的な活動を行う市民団体を応援するため、2017年までに市民活動基金(ファンド)創設を目指します。

 なお、当NPO法人は 平成26年8月27日付けで滋賀県より仮認定NPO法人として、また翌年の平成27年8月4日には認定NPO法人として認定を受けました。

代表者役職

理事長

代表者氏名

仁賀 定夫

代表者氏名ふりがな

にが さだお

代表者兼職

(なし)

主たる事業所の所在地

郵便番号

520-1121

都道府県

滋賀県

市区町村

高島市

市区町村ふりがな

たかしまし

詳細住所

勝野3003

詳細住所ふりがな

かつの

お問い合わせ用メールアドレス

info@takashima-e.net

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

050-3635-9231

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

9時00分〜21時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

FAX番号

FAX番号

050-3730-4827

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

7時00分~22時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

-

都道府県

-

市区町村

-

市区町村ふりがな

-

詳細住所

-

詳細住所ふりがな

-

URL

団体ホームページ

団体ブログ

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2012年5月20日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2012年8月10日

活動地域

市区町村内

中心となる活動地域(県)

滋賀県

最新決算総額

100万円未満

役員数・職員数合計

5名

所轄官庁

滋賀県

所轄官庁局課名

県民活動生活課
このページの先頭へ

活動概要

活動分野

教育・学習支援、地域・まちづくり、環境・エコロジー、災害救援、地域安全、ITの推進、科学技術の振興、経済活動の活性化、市民活動団体の支援、観光、農山漁村・中山間、助成活動

設立以来の主な活動実績

 琵琶湖の北西部に位置する高島市は、琵琶湖に注ぐ総水量の30%を供給することから、近畿圏1450万人の水瓶である琵琶湖の水質を守る生活を営むことが重要であると考えます。 一方、滋賀県でも少子高齢化が一番進み、人口減少が続く高島市で、水や自然の環境を守って行くには高島市民のみの活動では限界が有り、市外からの人的・資金的支援もお願いする必要があるとの認識を共有する有志によって、NPO法人eネットびわ湖高島を設立することを決定し、平成24年5月20日に設立総会を開き、今回の申請をするに至りました。

 代表者:仁賀定夫
  資格:准認定ファンドレイザー(日本ファンドレイジング協会認定)
     地域活性化プランナー(滋賀大学)
     まちづくりコーディネーター(NPO法人全国生涯学習まちづくり協会認定)

団体の目的
(定款に記載された目的)

 この法人は、高島市の内外に対して、豊かな自然や文化的・歴史的資産あふれる「びわ湖源流の郷たかしま」の地域資源と、それらを保全する人々の暮らしや営みについての情報を発信することによって、高島市民と都市住民との相互理解と交流の促進に関する事業を行い、琵琶湖・淀川水系の上流域と下流域に暮らす住民相互が連携して互いの安全・安心の暮らしを守る活動の促進を図ることを目的とする。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

 我々は、高島市の内外に対して、豊かな自然や文化的・歴史的資産あふれる「びわ湖源流の郷たかしま」の地域資源と、それらを保全する人々の暮らしや営みについての情報を、主としてインターネット上において発信することによって、高島市民と都市住民との相互理解と交流の促進を図り琵琶湖・淀川水系の上流域と下流域に暮らす住民相互が連携してお互いの安全・安心の暮らしを守る活動の促進を図ります。

 また、失われつつある高島市内の地域資源や文化などを守る活動や、少子高齢化などに伴う各種の社会課題の解決に挑戦する非営利活動団体の活動資金を確保するために、市民活動基金(まちづくりファンド)の創設を目ざします。 この活動に関しては、平成25年度事業として構築した高島市版クラウドファンディングの仕組みを中心に行い、非営利活動団体が社会的責任を果たすためのセミナー等の事業にも取り組みます。

現在特に力を入れていること

 「びわ湖源流の郷たかしま(滋賀県高島市)」の魅力情報をインターネットにおいて発信し、エコツーリズムの促進を図ることによって市内経済の活計化に寄与するとともに、高島市への移住・定住促進が図れる様に情報の提供を行うこと。

 市民活動基金「みんなで育てる高島市のまちづくり交付金」の運営。
   寄付者の寄付優遇策を得るために 認定NPO法人格を取得した。
   法人運営の信頼を得る為、非営利組織評価センター(JCNE)による第三者評価を受けた。
    ・市民活動応援寄付の受付サイトの運営 (https://kessai.canpan.info/org/enetbiwako/
    ・市内外でのイベント等において、高島市の地域課題の説明を行い支援要請をおこなう

今後の活動の方向性・ビジョン

我々は、地域の活性化のために 次の様な活動を行います。

■ 豊かな自然や歴史・文化遺産が残る高島市は、日本人の心の故郷です。その魅力をインターネットで発信することによって、高島市外と市内の人々との架け橋となり、エコツーリズム誘客につなげ、高島市を元気にします。

■ 観光誘客の次のステップとして、都市住民と高島市民との交流を目指し、最終的には定住促進に結びつくように活動します。

■ 市内経済の活性化を目指し、高島市産品のネット販売手法の研究を行い、その成果を品維持乗車へ提供します。

■ 市内市民活動団体に対して ICT技術面の後方サポート(中間支援活動)を行います。

■ 社会を良くするために頑張る非営利活動団体を応援するため、市民活動助成(みんなで育てる高島市のまちづくり助成金)を運営します。

定期刊行物

ウェブサイト「びわ湖源流の郷の魅力」にて定常的に情報を発信している
facebook「びわ湖源流の郷の魅力」にて定常的に情報を発信している

団体の備考

 市民活動基金創設のため、寄付金を集め、信頼される活動が行える様に、認定NPO法人格の取得をしました。
 法人運営に対して、より高度な信頼を得る為、非営利組織評価センター(JCNE)による第三者評価を受けました。
                     NPO法人eネットびわ湖高島 理事長 仁賀定夫
このページの先頭へ

活動実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

平成24年6月  高島市市民協働のまちづくり活動支援事業補助金  高島市
         (法人等設立支援事業)
平成25年4月~ 平成25年度高島市協働提案事業 受託       高島市
         (事業名:インターネット活用による地域経済活性化事業)
平成26年4月~ 平成26年度高島市協働提案事業 受託       高島市
         (事業名:インターネット活用による地域活性化事業)
平成26年8月  滋賀県共同募金会 助成              滋賀県共同募金会
平成27年2月  Google Ad Grants による検索広告使用権      Google社
平成28年4月  Google Ad Grants による検索広告使用権(継続)  Google社
平成29年4月  Google Ad Grants による検索広告使用権(継続)  Google社

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

平成25年 6月15日 NPO法人元気な仲間 主催の「おやじ塾」にて講師を務める
平成25年 8月 9日 滋賀大学 学び直し塾 高島市現地研修 講師
平成25年 9月13日 しがNPOセンター主催 NPOアップデート講座 第4講 講師
平成25年10月17日 富士宮市 市議会による高島市への行政視察にて説明
平成25年12月 4日 高島市共同募金委員会の「募金百貨店プロジェクト」に参加
平成25年12月21日 NPO法人元気な仲間 主催の「おやじ塾」にて講師を務める
平成26年 1月18日 しがNPOセンター主催「びわ卓フォーラム2014」にて話題提供を行う
平成26年 9月    Facebookページにより複数の市内団体主催イベントの広報協力を行う
平成28年 4月23日 熊本地震の支援を行っているNPO法人ピースプロジェクトに寄付支援を行う
平成28年11月30日 NPO法人の環境整備活動を行っているNPO法人シーズに寄付支援を行う
平成29年 3月22日 高島市共同募金委員会の募金百貨店プロジェクトに寄付支援を行う
平成29年 4月 1日 高島市災害ボランティア連絡協議会に法人会員として加入する

企業・団体との協働・共同研究の実績

平成24年度 高島市商工会 着地型観光に関する検討会に参加
平成25年度 たかしま市民協働交流センター 主催による「市民活動フェスタ」に実行委員として参画
平成25年度 高島市内の非営利活動団体(複数)の広報用ウェッブサイト構築支援を行う
平成25年度 高島市共同募金委員会の募金百貨店プロジェクトに参画する
平成26年度 高島市内の非営利活動団体の広報用ウェッブサイト構築支援を行う
平成26年度 高島市共同募金委員会の募金百貨店プロジェクトに参画する
平成27年度 引き続き 高島市共同募金委員会の募金百貨店プロジェクトに参画する
平成27年度 大溝の水辺景観まちづくり協議会のウェッブサイト構築する
平成28年度 大溝祭保存会のウェッブサイト構築する

行政との協働(委託事業など)の実績

平成24年9月  びわ湖源流の郷 Fbフォトコンテストの後援を受ける
           高島市、高島市教育委員会、高島市商工会、びわ湖高島観光協会 等
平成26年2月  「協働ふらっとカフェ」において話題提供   滋賀県
平成26年7月  高島市の市勢要覧に掲載する写真のネット募集窓口の準備等
           高島市
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

100万円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

収支報告

<収入の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 会費
36,000円
33,000円
36,000円
寄付金
117,008円
150,000円
150,000円
民間助成金
97,734円
153,140円
120,000円
公的補助金
0円
0円
300,000円
自主事業収入
444,692円
266,048円
210,000円
委託事業収入
0円
0円
0円
その他収入
447円
11円
1,015円
当期収入合計
695,881円
602,199円
817,015円
前期繰越金
29,528円
294,419円
473,821円
<支出の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
当期支出合計
430,990円
310,897円
802,000円
内人件費
0円
0円
0円
次期繰越金
294,419円
473,821円
488,836円
備考
平成27年度は、公的助成金がなくなったことから決算額が縮小したが、自主事業収入が得られたことから正味財産額が増加した。
自主事業収入が得られたことから正味財産額が増加した。
 

収支報告

  • NPO法人会計基準書式の内訳を表示する
  • CANPAN標準書式で表示する
<収入の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 受取会費
36,000円
33,000円
36,000円
受取寄附金
117,008円
150,000円
150,000円
受取民間助成金
97,734円
153,140円
120,000円
受取公的補助金
0円
0円
300,000円
自主事業収入
444,692円
266,048円
210,000円
(うち介護事業収益)
0円
0円
0円
委託事業収入
0円
0円
0円
(うち公益受託収益)
0円
0円
0円
その他収益
447円
11円
1,015円
経常収益計
695,881円
602,199円
817,015円
<支出の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 事業費
402,308円
297,089円
704,000円
(うち人件費)
0円
0円
0円
管理費
28,682円
13,808円
98,000円
(うち人件費)
0円
0円
0円
経常費用計
430,990円
310,897円
802,000円
当期経常増減額
264,891円
291,302円
15,015円
経常外収益計
0円
0円
0円
経常外費用計
0円
111,900円
0円
経理区分振替額
0円
0円
0円
当期正味財産増減額
264,891円
179,402円
15,015円
前期繰越正味財産額
29,528円
294,419円
473,821円
次期繰越正味財産額
294,419円
473,821円
488,836円
備考
平成27年度は、公的助成金がなくなったことから決算額が縮小したが、自主事業収入が得られたことから正味財産額が増加した。
自主事業収入が得られたことから正味財産額が増加した。
 

貸借対照表

<資産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動資産
326,723円
508,721円
固定資産
0円
0円
資産の部合計
326,723円
508,721円
<負債の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動負債
32,304円
34,900円
固定負債
0円
0円
負債の部合計
32,304円
34,900円
<正味財産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
294,419円
473,821円

貸借対照表

  • CANPAN標準書式で表示する
<資産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動資産合計
326,723円
508,721円
固定資産合計
0円
0円
資産合計
326,723円
508,721円
<負債及び正味財産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動負債合計
32,304円
34,900円
固定負債合計
0円
0円
負債合計
32,304円
34,900円
正味財産合計
294,419円
473,821円
負債及び正味財産合計
326,723円
508,721円
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

総会
 (1) 定款の変更
 (2) 解散
 (3) 合併
 (4) 事業報告及び活動決算
 (5) 役員の選任又は解任、職務及び報酬(但し報酬の額を除く)
 (6) 解散した場合の残余財産の処分
 (7) 理事会から付議された事項

理事会
 (1) 事業計画及び活動予算並びにその変更
 (2) 役員の報酬の額
 (3) 入会金及び会費の額
 (4) 借入金(その年度内の収益を持って償還する短期癪入金を除く。) その他新たな義務の負担及び権利の放棄
 (5) 事務局の組織及び運営
 (6) 総会に付議すべき事項
 (7) 総会の議決した事項の執行に関する事項
 (8) その他、この法人の運営に関する必要な事項

会員種別/会費/数

正会員会費:年額3000円 (現正会員数:13名)

加盟団体

日本ファンドレイジング協会、NPO法人全国生涯学習まちづくり協会、高島市災害ボランティア連絡協議会

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
0名
0名
非常勤
0名
0名
無給 常勤
1名
0名
非常勤
4名
0名
常勤職員数
1名
役員数・職員数合計
5名
イベント時などの臨時ボランティア数
0名

行政提出情報

報告者氏名

仁賀 定夫

報告者役職

理事長

法人番号(法人格を取得した時の番号)

1600-05-009548

認定有無

認定あり

認定年月日

2015年8月4日

認定満了日

2020年8月3日

認定要件

相対値基準

準拠している会計基準

NPO法人会計基準

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

実施済み

監視・監督情報

平成25年5月 6日 指摘事項なし
平成26年4月15日 指摘事項なし
平成27年5月 1日 指摘事項なし
平成28年4月19日 指摘事項なし
平成29年5月13日 指摘事項なし
このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

入会申込書

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

前々々年度(平成26年度) 前々年度(平成27年度) 前年度(平成28年度)
決算報告書(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表)
決算報告書(財産目録)
事業報告書

予算・事業計画

前々年度(平成27年度) 前年度(平成28年度) 当年度(平成29年度)
予算書類
事業計画書

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら