特定非営利活動法人特定非営利活動法人アジア女性資料センター

基礎情報

団体ID

1286617764

法人の種類

特定非営利活動法人

団体名(法人名称)

特定非営利活動法人アジア女性資料センター

団体名ふりがな

あじあじょせいしりょうせんたー

情報開示レベル

★ ★

第三者認証マーク

団体の概要

アジア女性資料センターの活動は、日本全国・海外の会員とボランティアに支えられています。センターに集う多くの元気なフェミニストたちと出会い、いっしょに活動しませんか。

会員になると以下の特典があります。
・日本各地や世界で活躍する元気なフェミニストたちと会えます。
・機関誌「女たちの21世紀」(年4回)を読めば、ジェンダーの視点で世界を知ることができます。
・セミナーやツアー等のイベントに割り引き料金で参加できます。
・会員向けメーリングリストで各地の会員と交流できます。
・オプションの英文機関誌でフェミニスト英語の勉強もできます。

代表者役職

代表理事

代表者氏名

竹信 三恵子

代表者氏名ふりがな

たけのぶ みえこ

代表者兼職

主たる事業所の所在地

郵便番号

150-0031

都道府県

東京都

市区町村

渋谷区

市区町村ふりがな

しぶやく

詳細住所

桜丘町14-10-211

詳細住所ふりがな

さくらがおか

お問い合わせ用メールアドレス

ajwrc@ajwrc.org

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

03-3780-5245

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

10時00分~18時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

FAX番号

FAX番号

03-3463-9752

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

1995年4月1日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2013年4月8日

活動地域

日本全国および海外

中心となる活動地域(県)

東京都

最新決算総額

1,000万円~5,000万円未満

役員数・職員数合計

14名

所轄官庁

所轄官庁局課名

このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

 

在日外国人・留学生、人権・平和、国際協力、国際交流、男女共同参画、就労支援・労働問題、行政への改策提言

設立以来の主な活動実績

アジア女性資料センターの前身は、1977年に発足した「アジアの女たちの会(Asian Women's Association: AWA)」です。日本人男性による買春観光に反対してアジアの女性たちと一緒に行動した日本の女性たちが、アジアへの軍事的・経済的侵略に加担しない女性解放の運動をめざしてたちあげました。 AWAはその17年間の活動のなかで、アジアの政治犯支援、日本企業のアジア進出、開発援助、観光開発と人身売買、軍事化など、さまざまな問題について運動を展開したほか、機関誌『アジアと女性解放』の刊行や連続セミナー「女大学」の開催などの活動を行ってきました。

北京国際女性会議の前夜である1994年末、AWAの設立メンバーのひとりであったジャーナリストの松井やよりさんが朝日新聞社を定年退職するのを機に、より強固な組織的基盤をもってグローバルに活動できるよう、国連協議資格をもつNGOとして、「アジア女性資料センター(AJWRC)」へと組織改変を行いました。アジア女性資料センターは、AWAの設立以来の理念を引継ぎ、姉妹グループや国内外の女性団体・市民団体と密接に協力しながら活動しています。

これまで『女たちの21世紀』(季刊、日本語・英語)の発行、セミナー、ワークショップ、スタディツアーの実施、アドボカシーキャンペーン、講師派遣などを行っています。

団体の目的
(定款に記載された目的)

アジア女性資料センターは、暴力のない公正で持続可能な社会をめざし、国境を越えてともに行動する女性たちのエンパワメントのために行動するフェミニスト団体です。

「戦争と暴力の世紀」と言われた20世紀をあとにして、私たちはなお、巨大な破壊と暴力、不平等に直面しています。世界各地のフェミニストたちは手をつなぎ、暴力と抑圧を生み出す構造そのものに挑戦してきました。アジア女性資料センターは、ジェンダー・南北構造・環境をつなぐオルタナティブな視点に立ち、人権の尊重とジェンダー平等にもとづく真に民主的な日本社会、より公正で持続可能な地球社会をめざして活動しています。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

●情報発信・共有
日本各地の女性たちと世界のフェミニスト運動ネットワークを結び、国家の枠をこえてともに行動するために必要な情報を発信し共有します。

●教育・トレーニング
ジェンダーと女性の人権についての理解を広げ深めるための教育機会、女性たちがさまざまな社会活動に効果的に参加できるためのトレーニング機会を提供します。

●アドボカシー・キャンペーン
女性に対するあらゆる形態の差別と暴力を根絶し、人権と社会公正を実現するために、緊急行動や長期的キャンペーン、政策提言やロビーイングに取り組んでいます。

現在特に力を入れていること

女性に対するあらゆる形態の差別と暴力を根絶し、人権と社会公正を実現するために、緊急行動や長期的キャンペーン、政策提言やロビーイングに取り組んでいます。たとえば、2009年前半は「性犯罪被害者の安全を保障しないまま裁判員制度を開始しないで! 被害者の安全とプライバシー保護を求める緊急アクション」を行いました。

今後の活動の方向性・ビジョン

30年にわたる運動の蓄積に基づくジェンダー/フェミニズム問題に関する専門知識と、国内外の幅広いネットワークという当団体の強みを生かしつつ、今後は、(1)より広い層にむけた情報発信、(2)日本政府や国際機関に対するアドボカシー活動の強化、そして移住者や民族マイノリティ、性的マイノリティ、障害をもつ人々、若い女性など、これまで運動にアクセスしにくかった人々の参加を積極的に支援し、また他の社会運動との協力を深めることを通した草の根運動の強化に、いっそう力を入れていきたいと考えている。すなわち、より多様なバックグラウンドをもつ、より多くの人々の参加にもとづく運動を担うセンターをめざしており、こうした機能を果たすことができるよう、財政基盤についても多様化による強化をはかっていきたい。

定期刊行物

女たちの21世紀
ジェンダー視点でさまざまなテーマに切りこみ、世界と日本各地の草の根の女性たちの取り組みを紹介する、フェミニストのための情報誌です。年4回発行。

Voices from Japan
日本の女性たちの課題と運動を広く海外に伝える英文情報誌です。年2回発行。

団体の備考

このページの先頭へ

協働実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

これまでに受けた主な助成金:2004年に「公益信託オラクル有志の会ボランティア基金」より、女性情報ネットワーク構築事業に100万円の助成; 2008年に財団法人具進会より国連自由権規約委員会ロビーイング参加費用として30万円の助成。そのほかに、NPO「女たちの戦争と平和人権基金」より、事務所スペースの無償提供を受けている。

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

キャンペーン、ロビーイング、イベントなど多くの活動を、さまざまな団体と協力して行っている。最近の主な活動として、2006年より、他の市民団体と連絡会を結成してフィリピンの性暴力被害者支援キャンペーン。2007年~08年に国際NGO「世界拷問防止機構(OMCT)」との共同により、国連拷問防止委員会でロビーイング、報告書発行。2008年5月に、9条世界会議女性パネルを複数の女性団体と共催。2008年に複数の女性団体、人権団体と共同で、自由権規約委員会にロビーイング。2008~09年に、NGOネットワークの枠組みで、女性差別撤廃委員会へのレポートを共同提出。2009年5月より、「性暴力禁止法をつくろうネットワーク」と共同で、裁判員制度における性暴力被害者の権利保護キャンペーン。

企業・団体との協働・共同研究の実績

なし

行政との協働(委託事業など)の実績

なし
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

1,000万円~5,000万円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

会計情報 CANPAN標準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
内訳 会費
 
 
 
寄付金
 
 
 
民間助成金
 
 
 
公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
その他収入
 
 
 
当期収入合計
 
 
 
前期繰越金
 
 
 
<支出の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
当期支出合計
 
 
 
内人件費
 
 
 
次期繰越金
 
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動資産
 
 
固定資産
 
 
資産の部合計
 
 
<負債の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動負債
 
 
固定負債
 
 
負債の部合計
 
 
<正味財産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
 
 

会計情報 NPO法人会計基準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
内訳 受取会費
 
 
 
受取寄附金
 
 
 
受取民間助成金
 
 
 
受取公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
 
 
 
経常収益計
 
 
 
<支出の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
 
 
 
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
 
 
 
次期繰越正味財産額
 
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動資産合計
 
 
固定資産合計
 
 
資産合計
 
 
<負債及び正味財産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動負債合計
 
 
固定負債合計
 
 
負債合計
 
 
正味財産合計
 
 
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

7名の委員からなる運営委員会

会員種別/会費/数

年会費(4月から翌年3月まで)
・一般A会員 8,000円(日本語機関誌年4回)
・一般B会員 10,000円(日本語機関誌年4回+英文機関誌年2回)
*海外在住の方は別途送料が年間2,000円かかります。
・維持会員 10,000円
・特別会員 50,000円

加盟団体

戦争と女性への暴力 日本ネットワーク、女たちの戦争と平和人権基金、女たちの戦争と平和資料館

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
 
1名
非常勤
 
3名
無給 常勤
 
非常勤
10名
 
常勤職員数
 
役員数・職員数合計
14名
イベント時などの臨時ボランティア数
30名

行政提出情報

報告者氏名

報告者役職

法人番号(法人マイナンバー)

 

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

 

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

未実施

監視・監督情報

このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

入会申込書

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

決算報告書
(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表) 決算報告書(財産目録) 事業報告書
2018年度(前年度)
 
 
 
 
2017年度(前々年度)
 
 
 
 
2016年度(前々々年度)
 
 
 
 
2015年度
 
 
 
 
2014年度
 
 
 
 

予算・事業計画

予算書類 事業計画書
2019年度(当年度)
 
 
2018年度(前年度)
 
 
2017年度(前々年度)
 
 
2016年度(前々々年度)
 
 
2015年度
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら