公益財団法人海上保安協会

基礎情報

団体ID

1292416318

法人の種類

公益財団法人

団体名(法人名称)

海上保安協会

団体名ふりがな

かいじょうほあんきょうかい

情報開示レベル

★ ★ ★

第三者認証マーク

団体の概要

安全で明るく美しい海をめざして、時代のニーズに対応した事業を行うため、基盤の強化を図り、事業の実施に際しては情報公開の徹底と関係機関との連携を密にし、協働して効果的に活動します。

代表者役職

会長

代表者氏名

石川 裕己

代表者氏名ふりがな

いしかわ ひろき

代表者兼職

(一財)日本気象協会会長

主たる事業所の所在地

郵便番号

104-0043

都道府県

東京都

市区町村

中央区

市区町村ふりがな

ちゅうおうく

詳細住所

湊3-3-2 前田セントラルビル5F

詳細住所ふりがな

みなと

お問い合わせ用メールアドレス

kaihokyou-info@jcga.or.jp

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

03-3297-7580

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

9時00分〜17時30分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

FAX番号

FAX番号

03-3297-7590

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

9時00分~17時30分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2013年4月1日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2013年4月1日

活動地域

日本全国および海外

中心となる活動地域(県)

東京都

最新決算総額

5億円以上

役員数・職員数合計

45名

所轄官庁

内閣府

所轄官庁局課名

このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

 

教育・学習支援、環境・エコロジー、災害救援、地域安全、国際協力、市民活動団体の支援

設立以来の主な活動実績

1948年5月1日、海上保安庁の創立に伴い、同庁の特殊な使命を充分に達成するため、海運・水産・造船の各界から、民間による協力援助機関としての外郭団体の設立の声が上がり、同代表者が相はかり財団法人海上保安協会が設立された。 また、2013年4月1日に内閣総理大臣の移行認可を受け、公益財団法人海上保安協会となった。
主な活動実績
・北朝鮮工作船一般公開
・海洋環境保全及び海上防犯活動
・船舶・港湾施設保安管理者講習等への講師派遣
・民間組織による海上保安の推進(海守)
・海上保安法制、海上法執行分野の調査研究
・海上保安に関する国際協力

団体の目的
(定款に記載された目的)

組織の目的(定款第3条)
この法人は、海上の安全及び治安の確保を図る海上保安活動に関する事業を行うことにより、安全で安心な社会の実現に寄与し、併せて海上保安活動に関係する者の福祉を増進することを目的とする。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

業務概要(定款第4条)
この法人は、前条の目的を達成するため、次の各号に掲げる事業を行う。
(1)海上保安活動に係る普及啓発に関する事業
(2)海上における防犯、安全の確保及び環境の保全に関する事業
(3)海外海上保安関係機関との連携、協力に関する事業
(4)海上保安官の志望者増加及び教養に関する事業
(5)海上保安活動に係る調査研究に関する事業
(6)海上保安活動に係る海上保安官又は協力援助者の災害に対する救済に関する事業
(7)海上保安庁職員及び退職者並びにその家族に係る福利厚生に関する事業
(8)海上保安庁職員及び退職者並びにその家族に係る特定保険業に関する事業
(9)海上保安活動に係る物品、書籍等の販売に関する事業
(10)その他この法人の目的を達成するために必要な事業
2 前項に掲げる事業は、本邦及び海外において行うものとする。

現在特に力を入れていること

かけがえのない海の安全と美しさを守るため、関係官庁の指導・協力のもと、海上保安活動の効果的普及と人材育成のための方策を展開・推進し、さらに、関係機関との連携、情報の共有を推進するため、正確・迅速・透明性の高い情報の発信を促進します。

今後の活動の方向性・ビジョン

我が国を取り巻く海では、犯罪、海賊、テロ等の脅威が高まり、また、海洋環境を脅かす汚染問題もあとをたちません。災害や海難による多くの被害も発生しています。さらに、近年、海洋権益の保全は国家的課題となっています。これらへの対応によっては、海の便益や我が国の海洋権益を損なう懸念があります。
 このような状況から海の治安の維持、船舶交通の安全確保、海洋環境の保全、災害や海難の際の人命・財産の保護、海洋権益の保全などの海上保安業務は官民協力して取り組むことが大変重要となってきています。
 このため、関係機関、関係団体との連携を図りながら、各事業を積極的に実施してまいります。

定期刊行物

名称:海上保安新聞   頻度:4回/月   部数:13,000部/回

団体の備考

このページの先頭へ

活動実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

2016年度実績
・日本財団助成金      30,348,000円
・日本海事センター補助金  1,800,000円

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

企業・団体との協働・共同研究の実績

行政との協働(委託事業など)の実績

このページの先頭へ

財政

最新決算総額

5億円以上

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

収支報告

<収入の部> 前々々年度(2015年度)決算 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)予算
内訳 会費
242,774,200円
235,343,570円
235,128,110円
寄付金
2,032,102円
2,902,953円
1,600,000円
民間助成金
37,206,600円
34,598,600円
71,431,000円
公的補助金
72,600円
768,400円
768,400円
自主事業収入
356,160,245円
362,913,731円
342,285,591円
委託事業収入
608,393円
540,906円
540,000円
その他収入
33,974,665円
44,202,119円
37,379,209円
当期収入合計
673,432,110円
681,270,279円
689,132,310円
前期繰越金
3,428,485,363円
3,349,615,997円
3,144,400,867円
<支出の部> 前々々年度(2015年度)決算 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)予算
当期支出合計
712,001,233円
693,721,913円
751,407,407円
内人件費
280,003,024円
284,880,528円
297,813,357円
次期繰越金
3,349,615,997円
3,181,118,370円
3,082,125,770円
備考
 
 
 

収支報告

  • NPO法人会計基準書式の内訳を表示する
  • CANPAN標準書式で表示する
<収入の部> 前々々年度(2015年度)決算 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)予算
内訳 受取会費
242,774,200円
235,343,570円
235,128,110円
受取寄附金
2,032,102円
2,902,953円
1,600,000円
受取民間助成金
37,206,600円
34,598,600円
71,431,000円
受取公的補助金
72,600円
768,400円
768,400円
自主事業収入
356,160,245円
362,913,731円
342,285,591円
(うち介護事業収益)
0円
0円
0円
委託事業収入
608,393円
540,906円
540,000円
(うち公益受託収益)
0円
0円
0円
その他収益
33,974,665円
44,202,119円
37,379,209円
経常収益計
673,432,110円
681,270,279円
689,132,310円
<支出の部> 前々々年度(2015年度)決算 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)予算
内訳 事業費
672,530,846円
653,418,843円
709,145,465円
(うち人件費)
259,975,303円
263,995,688円
275,183,655円
管理費
39,470,387円
40,303,070円
42,261,942円
(うち人件費)
20,027,721円
20,884,840円
22,629,702円
経常費用計
712,001,233円
693,721,913円
751,407,407円
当期経常増減額
-38,518,628円
-12,451,634円
-62,275,097円
経常外収益計
675,905円
402,485円
0円
経常外費用計
41,026,643円
154,478円
0円
経理区分振替額
0円
0円
0円
当期正味財産増減額
-78,869,366円
-168,497,627円
-62,275,097円
前期繰越正味財産額
3,428,485,363円
3,349,615,997円
3,144,400,867円
次期繰越正味財産額
3,349,615,997円
3,181,118,370円
3,082,125,770円
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 前々々年度(2015年度)決算 前々年度(2016年度)決算
内訳 流動資産
495,329,800円
419,062,090円
固定資産
3,282,697,491円
3,099,426,407円
資産の部合計
3,778,027,291円
3,518,488,497円
<負債の部> 前々々年度(2015年度)決算 前々年度(2016年度)決算
内訳 流動負債
340,814,481円
258,298,488円
固定負債
87,596,813円
79,071,639円
負債の部合計
428,411,294円
337,370,127円
<正味財産の部> 前々々年度(2015年度)決算 前々年度(2016年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
3,349,615,997円
3,181,118,370円

貸借対照表

  • CANPAN標準書式で表示する
<資産の部> 前々々年度(2015年度)決算 前々年度(2016年度)決算
内訳 流動資産合計
495,329,800円
419,062,090円
固定資産合計
3,282,697,491円
3,099,426,407円
資産合計
3,778,027,291円
3,518,488,497円
<負債及び正味財産の部> 前々々年度(2015年度)決算 前々年度(2016年度)決算
内訳 流動負債合計
340,814,481円
258,298,488円
固定負債合計
87,596,813円
79,071,639円
負債合計
428,411,294円
337,370,127円
正味財産合計
3,349,615,997円
3,181,118,370円
負債及び正味財産合計
3,778,027,291円
3,518,488,497円
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

理事会・評議員会(年4回開催)

会員種別/会費/数

会員数
 会社・団体等賛助会員         7,822件
 個人賛助会員             150件
 市町村等(地方公共団体)        397件
会費
 (年額):3,000円~

加盟団体

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
2名
19名
非常勤
 
 
無給 常勤
 
非常勤
24名
 
常勤職員数
19名
役員数・職員数合計
45名
イベント時などの臨時ボランティア数

行政提出情報

報告者氏名

宮野 直昭

報告者役職

常務理事

法人番号(法人マイナンバー)

 

認定有無

認定あり

認定年月日

2013年3月21日

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

その他

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

公益法人会計基準

監査の実施

実施済み

監視・監督情報

なし
このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

 

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

決算報告書
(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表) 決算報告書(財産目録) 事業報告書
2017年度(前年度)
 
 
 
 
2016年度(前々年度)
 
 
2015年度(前々々年度)
 
 
2014年度
 
 
2013年度
 
 
 
 

予算・事業計画

予算書類 事業計画書
2018年度(当年度)
 
 
2017年度(前年度)
2016年度(前々年度)
2015年度(前々々年度)
2014年度
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら