特定非営利活動法人クリエイティブサポートレッツ

基礎情報

団体ID

1292695200

法人の種類

特定非営利活動法人

団体名(法人名称)

クリエイティブサポートレッツ

団体名ふりがな

くりえいてぃぶさぽーとれっつ

情報開示レベル

★ ★ ★

第三者認証マーク

団体の概要

NPO法人クリエイティブサポートレッツは、障害や国籍、性差、年齢などあらゆる「ちがい」を乗り越えて人間が本来もっている「生きる力」「自分を表現する力」を見つめていく場を提供し、様々な表現活動を実現するための事業を行い、全ての人々が互いに理解し、分かち合い、共生することのできる社会づくりを行います。特に、知的に障害のある人が「自分を表現する力」を身につけ、文化的で豊かな人生を送ることのできる、社会的自立と、その一員として参加できる社会の実現を目指します。そして、知的に障害のある人も、いきいきと生きていけるまちづくりを行っています。

代表者役職

理事長

代表者氏名

久保田 翠

代表者氏名ふりがな

くぼた みどり

代表者兼職

主たる事業所の所在地

郵便番号

430-0939

都道府県

静岡県

市区町村

浜松市中区

市区町村ふりがな

はままつしなかく

詳細住所

連尺町314−30

詳細住所ふりがな

れんじゃくちょう

お問い合わせ用メールアドレス

lets-arsnova@nifty.com

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

053-451-1355

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

9時00分~18時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土

備考

FAX番号

FAX番号

053-451-1356

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

24時間okです。

従たる事業所の所在地

郵便番号

432-8061

都道府県

静岡県

市区町村

浜松市西区

市区町村ふりがな

はままつしにしく

詳細住所

入野町9156-4

詳細住所ふりがな

いりのちょう きゅういちごうろくのよん

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2000年4月1日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2004年2月9日

活動地域

全国

中心となる活動地域(県)

静岡県

最新決算総額

5,000万円~1億円未満

役員数・職員数合計

27名

所轄官庁

静岡県

所轄官庁局課名

このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

 

子ども、青少年、障がい者、福祉、地域・まちづくり、文化・芸術の振興、人権・平和、就労支援・労働問題、観光

設立以来の主な活動実績

2000年 「クリエイティブサポートレッツ」を設立
2002年 トヨタエイブルアートフォーラム浜松開催
2004年 NPO法人化
2008年 個人を文化創造の拠点とする「たけし文化センター事業」を開始
2010年 通所型障害福祉施設「アルス・ノヴァ」を設立
(多機能事業所、現在:生活介護、自立訓練、就労継続支援B型、放課後等デイサービス)
2014年 誰もが利用できる施設公民館「のヴぁ公民館」を開所
2015年 認定NPO法人化
    全国アートNPOフォーラムIN浜松開催
2016年 アルス・ノヴァ滞在型観光「タイムトラベル100時間ツアー」を開始
2017年 2017年 分断を超え新しい価値観を創造していく「表現未満、」プロジェクト始動
2018年 日本財団の助成を経て複合型拠点「たけし文化センター連尺町」(シェアハウス・ゲストハウス・多機能事業所・文化センター・図書館カフェ)を浜松中心市街地に開所
2019年 重度の知的障害がある人の自立生活を考え実験する「たけしと生活研究会」事業開始

団体の目的
(定款に記載された目的)

知的に障害のある人たちの表現活動をサポートすることを中心に、障害や国籍、性差、年齢などあらゆる「ちがい」を乗り越えて、人間が持っている「生きる力」、「自分を表現する力」を見つめていく場を提供し、様々な表現活動を実現するための事業をおこない、すべての人たちが、いきいきと暮らしていける、ユニバーサルな社会づくりに貢献することを目的とする。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

(1)障害者総合支援法に基づく障害福祉サービス事業
   生活介護・自立訓練(生活訓練)
(2)障害者総合支援法に基づく相談支援事業
(3)障害者総合支援法に基づく特定相談支援事業
(4)児童福祉法に基づく障害児通所支援事業
   放課後等デイサービス
(5)児童福祉法に基づく障害児相談支援事業
(6)文化センター事業

現在特に力を入れていること

少子高齢化、格差の拡大などの社会的な課題とともに、人々のつながりは希薄化し多くの人々が孤立する社会となってしまった。その解決方法として地域社会をどのようにつくり変えていくかが重要な課題となっている。しかしこれは個々の価値観や人権に対する考え方を大きく変えなければ実現しない。つまり、どんな状況に陥ったとしても一人の人として「認められる」(受け入れられる、排除されない)ことを市民一人一人が理解する必要がある。こうしたことを実体験し、考え、かたり、創造していく機会を提供できるのが文化・芸術である。
しかし、いまだに文化・芸術は作品づくりやイベントとして扱われることが主流となっている。今こそ最も希求の課題である「地域共生社会」を実現に文化・芸術的視点やかかわりによる試行錯誤が必要である。
長年「共生社会の実現」をミッションとして活動してきたレッツは、市民の行為(たとえそれが障害者の問題行動と呼ばれているものでも)その人の表現として大切にしていこうという芸術活動(表現未満、プロジェクト)を展開してきた。その結果、重度知的障害者施設が地域の創造拠点となり、多様な人たちがともに社会に存在する意義を発信する事業が粛々と展開されている。2020年度から障害のある人たちの暮らし、生活といった最も基本的なところに文化・芸術によってどうとらえ、どう創造していくかの実例を積み上げていきたい。
これによって、文化・芸術に対してあまりにも評価が低いわが国の状況に、個人の尊厳と自由を守り、さらに福祉、教育、街づくり、産業などあらゆる分野に横断し変革することが文化・芸術にはできることを示していきたい。

今後の活動の方向性・ビジョン

分断を超え新しい価値観を創造していく「表現未満、」プロジェクト
「表現未満、」とは、アートが特別な人の特別な行為ではなく、普通の市民一人一人にある自分を表す力、振る舞いを「とるに足らない」と一方的に判断しないで、その人固有の「表現」と捉え、この行為こそが文化創造の軸であるという考え方である。同時に「その人」の存在を丸ごと認めることを目標としており、人権や尊厳の回復にもつながっていく。こうした事業を重度知的障害者施設でもあるたけし文化センター連尺町から発信していく。

2020年から特に重度障害者の「暮らし」「生活」を軸としながら文化・芸術的視点から地域共生社会の実現を作り出す試みを行う。2020年は当法人が運営する障害福祉施設アルス・ノヴァに通う重度障害者たちの暮らし・生活のモデルプランづくりと文化・芸術ができることを問い直すリサーチを行っていく。
2021年にはそれらをもとに地域共生社会づくりのためのモデルをプランニングし、2022~23年には他団体とも連携して実験事業を開始する。

定期刊行物

毎年、年度末に刊行される各種報告書 各5000部程度
・半年に1回刊行されるフリーペーパー「レッツペーパー」 各10000程度

団体の備考

このページの先頭へ

協働実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

企業・団体との協働・共同研究の実績

行政との協働(委託事業など)の実績

このページの先頭へ

財政

最新決算総額

5,000万円~1億円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

会計情報 CANPAN標準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2017年度(前々々年度)決算 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算
内訳 会費
80,000円
72,000円
7,200円
寄付金
900,000円
1,732,642円
 
民間助成金
10,000,000円
 
 
公的補助金
 
 
 
自主事業収入
74,000,000円
73,394,050円
 
委託事業収入
 
 
 
その他収入
800,000円
2,213,313円
 
当期収入合計
86,511,000円
166,790,803円
 
前期繰越金
98,885,933円
109,101,674円
 
<支出の部> 2017年度(前々々年度)決算 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算
当期支出合計
77,705,567円
89,736,345円
 
内人件費
52,527,500円
52,891,918円
 
次期繰越金
107,691,366円
186,156,132円
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2017年度(前々々年度)決算 2018年度(前々年度)決算
内訳 流動資産
60,311,504円
46,089,106円
固定資産
55,790,513円
144,416,236円
資産の部合計
116,102,017円
190,505,342円
<負債の部> 2017年度(前々々年度)決算 2018年度(前々年度)決算
内訳 流動負債
7,000,343円
4,349,210円
固定負債
 
 
負債の部合計
7,000,343円
4,349,210円
<正味財産の部> 2017年度(前々々年度)決算 2018年度(前々年度)決算
内訳 前期正味財産
98,885,933円
109,101,674円
当期正味財産増減額
10,215,741円
77,054,458円
当期正味財産合計
109,101,674円
186,156,132円

会計情報 NPO法人会計基準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2017年度(前々々年度)決算 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算
内訳 受取会費
80,000円
72,000円
7,200円
受取寄附金
900,000円
1,732,642円
 
受取民間助成金
10,000,000円
 
 
受取公的補助金
 
 
 
自主事業収入
74,000,000円
73,394,050円
 
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
800,000円
2,213,313円
 
経常収益計
86,511,000円
166,790,803円
 
<支出の部> 2017年度(前々々年度)決算 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
77,705,567円
89,736,345円
 
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
98,885,933円
109,101,674円
 
次期繰越正味財産額
107,691,366円
186,156,132円
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2017年度(前々々年度)決算 2018年度(前々年度)決算
内訳 流動資産合計
60,311,504円
46,089,106円
固定資産合計
55,790,513円
144,416,236円
資産合計
116,102,017円
190,505,342円
<負債及び正味財産の部> 2017年度(前々々年度)決算 2018年度(前々年度)決算
内訳 流動負債合計
7,000,343円
4,349,210円
固定負債合計
 
 
負債合計
7,000,343円
4,349,210円
正味財産合計
109,101,674円
186,156,132円
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

理事会および総会

会員種別/会費/数

正会員/3,000円/18名
賛助会員/一口3,000円/185名 

加盟団体

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
1名
11名
非常勤
 
9名
無給 常勤
 
非常勤
6名
 
常勤職員数
12名
役員数・職員数合計
27名
イベント時などの臨時ボランティア数
5名

行政提出情報

報告者氏名

久保田 翠

報告者役職

理事長

法人番号(法人マイナンバー)

認定有無

認定あり

認定年月日

2015年3月4日

認定満了日

2020年3月3日

認定要件

絶対値基準

準拠している会計基準

NPO法人会計基準

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

未実施

監視・監督情報

このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

 

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

決算報告書
(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表) 決算報告書(財産目録) 事業報告書
2019年度(前年度)
 
 
 
 
2018年度(前々年度)
 
2017年度(前々々年度)
 
2016年度
2015年度

予算・事業計画

予算書類 事業計画書
2020年度(当年度)
 
 
2019年度(前年度)
 
 
2018年度(前々年度)
 
 
2017年度(前々々年度)
 
2016年度
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら