特定非営利活動法人水度坂友愛ホーム

基礎情報

団体ID

1293324669

法人の種類

特定非営利活動法人

団体名(法人名称)

水度坂友愛ホーム

団体名ふりがな

みとさかゆうあいほーむ

情報開示レベル

★ ★ ★

第三者認証マーク

きょうとNPOセンター ステップ2

認証日:2015年12月12日

団体の概要

残存機能を引き出し動けるように家族と共働し最後の時まで支援します。
「生きててよかった。生きてもらって良かった。」と本人も家族もそして介護側も、悔いのない思いでケアできることを支援します。

代表者役職

理事長

代表者氏名

奥村 卓史

代表者氏名ふりがな

おくむら たかし

代表者兼職

主たる事業所の所在地

郵便番号

610-0121

都道府県

京都府

市区町村

城陽市

市区町村ふりがな

じょうようし

詳細住所

寺田乾出北45

詳細住所ふりがな

てらだいぬいできた

お問い合わせ用メールアドレス

uihm@circus.ocn.ne.jp

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

0774-56-1950

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

9時00分~18時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

FAX番号

FAX番号

0774-56-1955

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

9時00分~18時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2000年8月29日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2000年12月21日

活動地域

市区町村内

中心となる活動地域(県)

京都府

最新決算総額

1億円~5億円未満

役員数・職員数合計

85名

所轄官庁

京都府

所轄官庁局課名

府民生活部府民力推進課
このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

高齢者

 

子ども、障がい者、福祉、保健・医療、地域・まちづくり

設立以来の主な活動実績

平成12年12月21日 NPO法人水度坂友愛ホームを設立
平成13年 3月 1日  デイサービス事業開始(デイサービス友愛)
平成13年 7月 1日  居宅介護支援事業開始(居宅介護支援友愛)
平成15年12月 1日  認知症対応型共同生活介護事業開始(グループホーム友愛)
           デイサービス友愛、居宅介護支援友愛を城陽市寺田水度坂より
           城陽市市辺へ移転し「青谷ケアセンター」とする
平成16年 2月21日  認知症予防教室「うたのゆりかご」開始
平成16年10月 1日 もの忘れ予防教室「スリーA」開始
平成20年10月15日  小規模多機能型居宅介護事業開始(ゆうあいの家)
          「寺田ケアセンター」とする
平成21年 4月 1日  寺田ケアセンターへ「居宅介護支援友愛」を移設
平成22年11月 1日  寺田ケアセンターに「グループホームゆうあい寺田」と
          半日デイサービス「デイサービスゆうあい寺田」を開設
平成26年 4月 1日  「デイサービスゆうあい寺田」を半日から1日に変更する
平成28年 3月1日  「デイサービス友愛」1日利用定員を18名に変更する
平成28年 4月1日 「デイサービス友愛」「デイサービス友愛寺田」地域密着型通所介護に移行

団体の目的
(定款に記載された目的)

水度坂友愛ホームの目的は通所介護や、グループホームの運営及び居宅介護支援事業等を通じて、高齢者や障害者の皆さんが、住み慣れた地域でお互いが支え合い、人間としての尊厳を大切にできる場所を提供するとともに、地域の方々の介護援助や介護学習を実践し、福祉の向上に寄与することを目的としています。
ご家庭で高齢者のお世話をしていくことは負担が大きく大変なことです。私たちは、お一人お一人を大切に、住み慣れた地域で、家族の絆を大切に、「生きててよかった、生きてもらっててよかった。」と、悔いがないようにご家族と共働し、最期の時までも人としての尊厳を保っていけるよう、安心し、安らかにすごせるような生活を支援させていただいています。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

・保健、医療又は福祉の増進を図る活動
・地域密着型通所介護・介護予防通所介護及びグループホームの運営
・居宅介護支援事業
・小規模多機能型居宅介護事業
・在宅介護者の介護指導学習会
・その他、法人の目的を達成するために必要な活動

現在特に力を入れていること

認知症は、ある日突然起こるものではありません。 最近は、認知症状を遅らせることや予防することも研究が進んできました。しかし、このまま放置すれば、今後飛躍的に増加が予想される認知症高齢者の発症や進行を予防することは社会的急務であり行財政の見地からも絶対不可欠な取り組みです。
私たちは、明るく豊かな老後のために介護予防に力を注いでいます。

今後の活動の方向性・ビジョン

平成28年4月1日より、デイサービスが「地域密着型」に移行したことで、城陽市との関係性が今まで以上に密接になりました。さらに、当法人が実施している地域活性化事業(認知症予防教室うたのゆりかご、認知症カフェ、スリーAゲームを取り入れた物忘れ予防教室2事業)と合わせて、介護予防の啓発と認知症予防に力を入れ、今まで以上に地域に寄与していきます。
家族との絆を大切にし、家族とともに本人の尊厳を守った支援を行っていきます。

定期刊行物

友愛だより

団体の備考

このページの先頭へ

協働実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

平成29年度 
 城陽市   166,900円
 京都府  100,000円(高齢者涼やかスポット事業)
 独)高齢・障害・求職者雇用支援機構 30,000円
 日本財団 720,000円
 日本郵便株式会社 900,000円
 ファイザー製薬(株) 50,000円

平成30年度
 城陽市  143,400円
 京都府  100,000円
 独)高齢・障害・求職者雇用支援機構 120,000円

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

企業・団体との協働・共同研究の実績

なし

行政との協働(委託事業など)の実績

平成29年度、平成30年度
 うたのゆりかご委託事業  408,240円
 認知症カフェ委託事業   632,000円
 認知症予防教室委託事業  345,000円
 花いっぱい運動       60,000円(現物支給)
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

1億円~5億円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

会計情報 CANPAN標準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
内訳 会費
791,000円
800,000円
812,000円
寄付金
316,913円
320,619円
 
民間助成金
1,670,000円
 
100,000円
公的補助金
1,682,140円
1,808,640円
1,595,240円
自主事業収入
254,338,099円
266,244,001円
273,106,871円
委託事業収入
 
 
 
その他収入
1,461,221円
5,331,728円
5,352,052円
当期収入合計
260,259,373円
274,504,991円
280,966,163円
前期繰越金
71,491,024円
72,031,513円
83,026,717円
<支出の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
当期支出合計
259,638,884円
262,829,871円
274,464,802円
内人件費
205,186,567円
204,027,371円
211,391,610円
次期繰越金
72,031,513円
83,026,717円
6,501,361円
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動資産
82,221,846円
 
固定資産
48,809,515円
 
資産の部合計
131,031,361円
 
<負債の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動負債
58,999,848円
 
固定負債
0円
 
負債の部合計
58,999,848円
 
<正味財産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
72,031,513円
 

会計情報 NPO法人会計基準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
内訳 受取会費
791,000円
800,000円
812,000円
受取寄附金
316,913円
320,619円
 
受取民間助成金
1,670,000円
 
100,000円
受取公的補助金
1,682,140円
1,808,640円
1,595,240円
自主事業収入
254,338,099円
266,244,001円
273,106,871円
(うち介護事業収益)
 
266,244,004円
 
委託事業収入
 
 
 
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
1,461,221円
5,331,728円
5,352,052円
経常収益計
260,259,373円
274,504,991円
280,966,163円
<支出の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
内訳 事業費
 
221,306,406円
 
(うち人件費)
 
170,515,612円
 
管理費
 
41,523,465円
 
(うち人件費)
 
33,511,759円
 
経常費用計
259,638,884円
262,829,871円
274,464,802円
当期経常増減額
 
11,675,120円
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
679,916円
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
10,995,204円
 
前期繰越正味財産額
71,491,024円
72,031,513円
83,026,717円
次期繰越正味財産額
72,031,513円
83,026,717円
6,501,361円
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動資産合計
82,221,846円
 
固定資産合計
48,809,515円
 
資産合計
131,031,361円
 
<負債及び正味財産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動負債合計
58,999,848円
 
固定負債合計
0円
 
負債合計
58,999,848円
 
正味財産合計
72,031,513円
 
負債及び正味財産合計
131,031,361円
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

総会
総会は正会員をもって構成し、定款の変更、解散、合併、事業計画及び収支予算並びにその変更、事業報告および収支決算、役員の選任または解任、その他運営に関する重要事項について議決する。
理事会
理事会は理事をもって構成し、定款で定めるもののほか、総会に付議すべき事項、総会の議決した事項の執行に関する事項、その他総会の議決を要しない業務の執行に関する事項について議決する。

会員種別/会費/数

・正会員 179名
入会金 1000円,年会費 5,000円

・賛助会員48名
 入会金  -円,年会費 1,000円

・団体会員 0団体
入会金  -円,年会費 5,000円

加盟団体

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
0名
40名
非常勤
2名
35名
無給 常勤
0名
0名
非常勤
8名
0名
常勤職員数
40名
役員数・職員数合計
85名
イベント時などの臨時ボランティア数

行政提出情報

報告者氏名

報告者役職

法人番号(法人マイナンバー)

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

 

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

未実施

監視・監督情報

このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

 

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら